ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感  

電気的身体

最近考えていることのメモ書きです。

冬の静電気は不愉快です。ドアを開けようとノブに手をかけようとするとバチっと静電気が走り痛い目にあったことは、多くの人が経験しているかと思います。冬は人もアースを垂らして生活しようぜと冗談で言っていたことがありますが、あながち間違いではなかったかなと最近思います。
というのも、電気生物学やプラズマ宇宙論というのを知り、最近はアーシングも知りました。
かねてより天空浮舟は星のエネルギーを使って飛行したと聞かされていたので、星のエネルギーとは一体なんぞや?と思っていました。その答えが電気生物学やプラズマ宇宙論、アーシングにあるのではないかと最近思います。また、ピラミッドはかつて水の中にあった事から、水と石のパワーも昔から興味のあるところです。

先日思わぬ質問をされて考えた事があります。それは電気ショックの事です。人が意識を失い心肺停止になったらどうして叩いたりせずに電気ショックを与えるのか? 考えた事もありませんでした。心臓マッサージは電気を介さず、まずは物理的に心臓を動かす事で心臓に電気を発生させる行為です。心臓は電気信号で動くのですね。電気ショックは電気を与えて心臓を動かすわけです。
神経シナプスの情報伝達にも電気信号が使われていますので、肉体というのは電気的です。人の身体も水とミネラルが主成分ですので、それ自体が伝導体です。

冬の静電気バチバチは身体からの放電現象ですので、電気過剰状態。これを電気的に中和してやる事でバランスが保たれるということです。肉体の病気が身体的電気のアンバランスから発生すると考える理論もあります。これでいくと、肉体電気を調整すればあらゆる不調が改善されるはずです。

エネルギー発生装置を考えると、太陽系はまさに無限のエネルギー発生装置です。マクロ的には電子と中性子の関係が太陽系の太陽と惑星の縮図です。星雲からマクロの電子までが永久機関としてのエネルギー・ループを構成しているのですから、このシステムが解明できれば無限エネルギー発生装置も可能であり、誰もが無料でエネルギー恩恵に与ることができます。
これはニコラス・テラスが既に発明していたという話もありますが、いずれにせよ、本来は地上もエネルギーも水も、生きるに必要なものはすべて星が与えてくれているはずです。動物たちは実際にそうして生きているのです。

本日はここまで。
関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry09/01のツイートまとめ

Older Entry

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >