FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

闇と光◆短所と長所の活かし方

2008年12月26日
お出かけ記録 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
※20130315加筆・修正

北千住は東京芸術センター前。そこに光り輝くモニュメントがあります。

東京芸術センター前


ステンドガラスのように見える土台部分は、子どもたちの絵です。

さらにこのモニュメント。。。4本の白く輝く煙突のような部分から強烈なスポットライトが天空に向けて発射されています。

光の光線



携帯のカメラでは光線を写すのに大苦戦でしたが、なんとか映っていますね。

・・・それにしてもこの季節、
きれいなイルミネーションを見るたびに
自分の心の闇(ダークサイド)の存在も気になります。

疑いや偽り、怒り、驕り、慾。 羨み、妬み、恨みなど、
自分の中の 「闇」 と闘うこと。
ここで勝利をあげることができたら、それはもう悟りの境地かも。。。。。


私もね、
若い頃は「闇」を消そうと努力したものですが、
闇あってこその光だと思うようにな年齢になりましたよ。.

そう、今回のテーマは、自分の中の「闇」とどう付き合うのか。
人には短所も長所もありますが、短所を無くそうとしても無駄骨です。
だって、「短所」も自分の一部なのですから、
それを否定することは、「自己否定」そのものじゃありませんか。

ここに、【短所を否定してはいけない】道理がありますね~。
長所を伸ばすために工夫を重ねること。
例えば苦境に立ったときに自分の短所に目を向けてみて下さいよ。
・・・・・自殺しか考えられませんね、もう・・・・(笑)。


そうならないために、いい面、長所をどんどん伸ばして下さい。
例えば、今までの自分は 短所:長所 = 10:1 だったとします。
長所をコツコツ大きく育てていくんです。
そうすると 短所:長所 = 10:100 となっちゃったとしたら!
自然と短所は小さな存在になりますよね。


そう! 短所を包みこむくらい、大きな大きな長所に育ててください。
これが理想です。

・・・でもね、いくら長所が大きくなっても、短所は消えないんですよ、これが。
ただですね、
ここで落ち込んではいけません!
これは悪いことばかりじゃないんですよ。


長所がどんどん大きくなってくると、
短所の奴は
「ヤバい!このままじゃ俺は忘れ去られてしまう!」
と危機感を持つんです。
そうすると、短所の奴は忘れられまいとして、
ちょくちょく表に出てくるようになるんですね。(笑)
結果として長所に協力するようになってくるんです。


たとえば何か仕事がスムーズに運んでいる。
「俺も捨てたもんじゃないな~」なんて有頂天になっていると、
短所の奴が出てきてささやくんですよ。
・・・小声で。(笑)
「おい、おまえ。俺がいるんだから、調子に乗ってるとミスするぜ」って。(笑)
「お前にはこんな面があるんだからな。せいぜい気をつけることだ」とか何とか言ったりして。
こうなってきますと、
今まで必死に矯正しようとしたり、なくそうとしてきた短所が、
最大の相棒になるんですよ。
だって、短所って自分の悪い面ですから、最悪の自分を知っているんです。
そんな奴がささやいてくれるんですよ。
その声を聞いたら、改めて注意できるじゃないですか。
「はっ! そうだ! 俺には悪い癖がある!気を付けよう」と思えますよね。
自分の最大の弱点自身が教えてくれるんですから、ありがたいと思いませんか?
しかもその間、自分は長所を伸ばす努力をして、
長所を以前よりパワーアップしています。
長所を使って、短所が教えてくれたことを点検すればいいですよね。


ここまでくると、
「いやぁ~、俺の短所もようやく『使える』ようになってきたな~」と(笑)、
わが子の成長を見るようで、妙に嬉しくなったりします。


ですからみなさん、自分の短所をいじめるのは止しましょう。(笑)
自分の短所をいじめる時間を、長所を育てる時間に使いましょう。
その方がよほど実りが多いですから。


よき光と共に在れますように。



関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.