ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    自由  

愛 アイ そして 左端 

神道に限らず、世界標準においては右上位です。
くらいが高いほど右手側にいらっしゃる、ということです。
箸や鉛筆を右に持つのも意味があるのです。
昔はギッチョは親がきちんと直していましたが、現代は意味がわからず「個性だ」とか言ってそのままにすることが多いようです。何が『自由』かはよく考えないといけません。何が自由で平等なのかすらわからない人が多いとなると、そこに平和など存在できないのです。

以前は私も「知らなかったのなら仕方ないよね」と思っていましたが、『知らないことは罪なのだ』と言われたことがあります。これは私にとって耳の痛い言葉でした。要は知ろうとする努力が足りない、怠慢ということになるのかと思います。(;´∀`) マザー・テレサは愛の対極が無関心であると言いましたが、それに通ずることなのかとも思いました。

人は時に悪魔の囁きに操られます。食欲や性欲などはその典型です。そして現代地球表面世界では誤った「常識」が大手を振っているので、知らず知らずのうちに悪魔の手の上で弄ばれている状態です。
物事を判断する基準を持つこと、そして知ることは、悪魔から身を守るためには必要だということです。

やや話はそれますが、金縛りには足元から来る場合と頭側から来る場合がありますが、足元からのものは良からぬ霊が関わっていることも多いです。悪魔囁きというのも、よく心を見つめているとある傾向があるようです。それは左側です。
有名な悪魔を「サたん」と言いおそらく誰もが聞いたことがあるかと思います。これは左端です・・・・。

上記のことを考える時、いつも思うのが『ホルスの眼』と『隻眼』です。

ホルスの眼とは、簡単にいうと左目は月を表し、右目が太陽を象徴するというものです。ここも右上位です。
隻眼とは片目になった人のことですが、左端のことを思う時、オーディンとネフェルティティのことも思います。
下は画像検索のオーディンですが、左目をつむっています。図によって右目が閉じていたりいろいろではありますが・・・。
オーディン

ティティの胸像は左目に玉が入っていません。
左端や悪魔の囁きのことを考えると、この左目を閉じる隻眼の姿は、悪魔にだまされないための暗喩ではないかと思っています。

悪しき思い、事故、選択・・・左に注意。これは私の個人的な戒めです。他人がどう思うかは知りません。
ただし、左からの思いには要注意であることは確かですので、己の心を見つめる時間は大切だと思います。

思いは瞬時に位置します。これは思うこと即ち天国か地獄かということで、いまいる足元こそ分かれ道であるということです。

珍しく3日続けての更新でした。
光とともに歩めることを祈ります。
南無遍照金剛。。。

天照皇太神宮




Instagram
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer EntryKiriorigami 創作小学生 りゅうせい君とちしゅう君

Older Entry08/01のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >