ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 動物  交流  見えない世界  

動物と人間のコミュニケーション

動物と人間はコミュニケーションができるのか?という話です。
動物が飼い主を助けたりする行動がありますので、相手の状況を理解する力は持っているのでしょう。また、飼い主が話している内容を全てではないにしても、ある程度は理解しているのは確かです。ここまでは一般的にも理解できるかと思います。

では、動物が喋るというと信じられるでしょうか。
少なくとも稲荷狐という霊体は喋ります。それも人間よりはるかに高度な知性と知識があります。
写真を撮るときにポーズを取ってくれる稲荷きつねさんや狛犬さんも・・・写真にはその姿は映りませんが(笑)。【狛犬も実際におります。】
霊体の話をすると現代人の殆どはキチガイ扱いしますが、霊体の世界を少し知ると、霊体を信じない人の言動こそキチガイに思えてきます。

動画を紹介します。アニマル・コミュニケーターであるアンナさんと黒豹のコミュニケーションの話です。


黒豹のディアブロはヨーロッパの動物園から連れて来られたが常に苛立っており、近づく人を常に威嚇していた。そこでプロのアニマル・コミュニケーターであるアンナがディアブロと対話をおこなうことになった。

飼育員は、最初はアンナが語るディアブロの気持ちを信じなかったが、アンナが知るはずもない事について尋ねられて驚いた。
アンナによると、ディアブロはこう尋ねたという。
「私と一緒にいた二匹の子どもたちはどうなったのか?」 と。
ディアブロがヨーロッパの動物園にいた頃、隣の檻に仔ライオンが2頭いたという。ディアブロは親のいないその2頭の仔ラインをとてもかわいがっていたという。ところが自分はよその地へ連れて来られ、あの子達がどうなったのか心配でたまらないという。ディアブロのイライラの原因はこのことだった。
更にディアブロは「自分にこんな酷い名前をつけたのは誰か?名前を変えてほしい」と要望したという。 ディアブロというのは英語ではデビル・・・悪魔ということであった。
事情が分かったためディアブロは「スピリット」という名前に変えられ、仔ライオンのことは現状を伝え心配ないことも話した。
するとその日からスピリットは寝床から出るようになり、新しい環境での生活を受け入れ始め、リラックスするようになった。

 動画は2013/11/19 に公開。


邪推しようと思えば、アンナさんが、ディアブロのことを以前の動物園に尋ねていて、仔ライオンのことを知っていたとも考えられます。
しかしながら、これは余談ですが・・・アンナさんは黒豹スピリットから前の動物園のある情報を聞き、それを前の動物園のオーナーに尋ねたところ、そのオーナーは真っ青になってしまったそうです。それはそのオーナーしか知らないことだったからです。・・・アンナと黒豹のコミュニケーションは幻想?でっち上げ?・・・・シェアした黒豹の話を信じる信じないは認識の壁の問題です。ご自身で考えてみてください。

こういう話が出てくると、必ず出てくるのが実証実験をして動物とコミュニケーションできるか証明しろというバカです。そして実験に協力するとイチャモンをつけて否定し、追い込み、自殺させたり殺したりもしてきたのが魔界:地球の歴史です。自分の価値世界に反することは何をやっても難癖つけて排除するのが最初から決まっているのです。千里眼事件というのがありました。研究者などイチャモンつける者が多いのです。


霊体のこと、稲荷狐さんや狛犬さんのことも、見えない人には証明したくてもできるわけがありません。科学的に証明できないものは存在しないなどという連中とは関わりたくありません。話しても時間の無駄、心の浪費です。キチガイだバカだと言いたければご自由にどうぞですが、余計な干渉は御免です。
やさしい世界をぶち壊す今の地球表面世界は心底大キライです。見猿言わ猿聞か猿が本当はいいのでしょうが、僅かでも理解してくれる人はいるので、それだけが光です。

やさしい世界になりますよう、悪霊、バカどもは消滅することを祈願します。
南無遍照金剛。。。




Instagram
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry07/29のツイートまとめ

Older Entry07/28のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >