ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags:  にほん    ニュース  

感覚の違い ガラパゴス化も道

感覚の違いというのは、現実に生きていくための大きな壁となり、時として殺し合いにもなります。
ここでも問題となるのは己の欲、突き詰めれば所有欲です。

己の考えに縛られること、子どもへの執着、パートナーへの愛着、己の肉体への執着など挙げれば切りがありませんが、すべては所有欲が苦しみを生み、それが悩み、対立、攻撃、嫉妬、妬み、野望、最終的には破滅となります。

『竹鶴ノート』というのがあるそうです。言うまでもなく、昨年の某テレビ局のドラマのモデルになった方です。ニッカウィスキーのHPから絵を転載しますが、ここには働き方のことも書かれていました。クリックで大きく表示されます。↓。

竹鶴さん

上記ノートに書かれているように、退出時間が来たら家に帰り家族揃って夕餉を過ごすのが人の自然であるという意味の一文は、誰も異論はないと思います。ところが今の地表文明では『経済』の理由で、遅くまで残業して働き、定年が来たら一層カネの苦しみに脅迫されて過ごすことになります。これはすでに尋常な事態ではないのですが、そうは思えない人もいます。

東海道新幹線で焼身自殺した事件があり、電車での火災事故への対処、荷物チェックを徹底しては云々とやたら言っていましたが、私からすれば完全に焦点のすり替えです。焦点は、電車内での火災への対処よりも、なぜ焼身自殺したのか?ではないのでしょうか。【今回のこの事件もどうにもおかしな点が多々ありますね。『神の手』かも知れません。・・・ともあれ巻き込まれた方々は堪りません・・・。】 この事件の詳細はまだ時間を要するでしょうが、生活苦があったというのは事実かと思います。そしてその思いは、多くの善良な民が思っていることでしょう。役人政治家というのは民衆から毟り取ったカネで生きているのですから、民衆の安寧を再優先で考える必要があります。
余談ですが昨年のこの時期にも焼身自殺がありました。あれは憲法を変えようとする抗議だったようです。。。

憲法解釈の件も同様です。私の周囲にも軍備充実をすべきという人がいるのですが、銃を突きつけてきた相手に銃をつき返したらどうなるかということです。攻めてきたらどうするのか?という人もいますが、挑発に乗ったら破滅しかありません。先の戦争と同じ轍を踏むことになります。

世界標準という悪魔の言葉もあります。世界中が軍備拡大をするのだから日本も軍備拡大すべきだという間違った理論です。

何度も書きますが、にほんというのは世界の聖地です。火と水は生命が生きる基礎です。にほんは火と水の豊かなる風土、水に囲まれた城、島です。地球に宇宙法を具現するあめつちがにほんです。
それゆえ愚かな戦争などしてはいけません。自衛隊以上のものは持ってはいけないのです。愛と平和の象徴としてにほんは存在するべきであり、それが務めです。いうなれば今の世界標準とはまったく正反対の道を歩むこと、ガラパゴス化こそがにほんの存在意義と言ってもいいかと思います。

地表に生き残る、生き延びることが勝者だとお考えなら、それは大きな間違いです。より高次元の世界は肉体などありません。

バカを相手にするのは時間の無駄です。話してもわからないからバカというのです。『話せば分かる』というのもウソです・・・これはにほんの近所にそういうクニがあるので理解できるかと思います。見極め、見切りは必要です。

感覚の違いの溝を埋めるのはかなり大変な作業なのです。その為に棲み分けという方法もあります。
欲は際限なく拡大します。感覚の違いも欲が大きく影響します。

今月も日々気をつけて過ごしたいと思います。
み光のうちに過ごせますようお祈りいたします。

南無遍照金剛。。。


Instagram     ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry07/01のツイートまとめ

Older Entry06/30のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >