ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 自転車   Tags: 自転車  レイングッズ  雨具  ポンチョ  レインウェア  

自転車用の雨具

自転車関連ですので、恒例の一文からです。
自転車は左側を走りましょう。

今使用している自転車用の雨具は、モンベルのトレッキングポンチョ というもので、かれこれ10年近く使っています。さすがにくたびれてきたので、そろそろ買い換えようかと思いいろいろと見ていますが、ポンチョの形はあまり進化していないような気がします。素材に関しては新しい繊維開発などの進化が見れますが、形はほぼ昔と同じようです。

なぜポンチョかといいますと、セパレート式はどうしても漕いでいる内に汗をかいて蒸れてくるのです。また、濡れた後にレイン・ズボンを脱ぐ際に濡れるわ汚れるわで大変不愉快です。。。(^_^;) 

その点ポンチョはかぶるだけなのでラクチンです。
ポンチョの利点を挙げてみます。
・かぶるだけなので、雨が降ってきたら首を通すだけでさっと着れて、脱ぐのも簡単。
・ゆとりがあるのでリュックを背負っていてもそのまま着れる。
・足元が開放されているので夏でも蒸れにくい。

ただし、ポンチョには大きな問題点があります。それは風によるバタつきです。ポンチョの形状からどうしてもバタバタはためいてしまうんですね。自動車に巻き込まれやしないかとヒヤヒヤしますし、バタつきは自動車の方にも非常に迷惑です。しかも風に煽られるということは走行中のフラつきに繋がります。雨の日のフラつきは即転倒に繋がりますので非常にリスキーです。

・・・通常のポンチョを通常通りの方法で着用すると、どうしてもバタバタしてしまいます。
そこで私はポンチョの着用をカスタマイズしております。背中側の脇の下にハトメを開けてゴムを通し、生地を前に回して留めてしまうのです。脇から背中にかけての余分な生地をたぐり寄せることでバタつきがかなり抑えられます。

ともあれ、今のポンチョがくたびれているのは事実なので、新調するため物色中・・・。
いま気になっているのは下の2点。↓






それと雨の日に便利なグッズをひとつ。
サンバイザーならぬ雨バイザーです。わたしも使っていますが顔に雨が当たらず視界が保てて快適です。




ちなみにレインコートは袖が付いているのでバタつきはほぼありませんが、自転車漕ぐので足回りがどうなのかという点と、リュックは別に防水しないといけないという点がネックです・・・。
   



ともあれ、雨の日の自転車はとっても危険がいっぱいです。
目立つ工夫をして、ルールを守った安全運転でまいりましょう。




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

20150621
今朝は気分の悪い夢を見た。
神社のような清浄な場所にいたが、おかしな者たちが来てここで汚い行為をしろという。

夢というのは、自分の経験や潜在意識から来るという話もあるが、実際はそれ以上の意味が含まれている。だがこれは多くの人は信用しない。
今の地球表面で『常識』と言われていることのほとんどは、カネの利権に絡まれている影響で嘘ばかりである。カネの切れ目が生活の終わりで食っていけなくなる為、常に新しいこと、珍しいこと、嘘をついていかねばならない。これは脅迫、恐喝行為とほとんど同じなのである。カネが人の生活と思考を脅迫しているのが今の地球文明であり、魔界である。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry06/21のツイートまとめ

Older Entry06/20のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >