ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags:  育児  信心    

いい信心 太陽の下 日本

千鳥ヶ淵夢譚其二



知り合いの婆さんがガンになり余命半年と言われたそうです。言うまでもなく末期です。
「私は悪いことしていないのにどうしてガンになどなったんだろう」と嘆いていますが、私には彼女の左肩越しに黒いものが見えました。

「私は悪いことをしていないのに・・・」という言葉を口にする方は、自分自身を見つめる作業が疎かになっているケースが多いです。きちんと人生を精査する気持ちが必要です。

いろいろと話しを聞かされました。
私は知りませんでしたが、彼女はあるエセ宗教の信者でした。
彼女はそのエセ宗教の信者として長く過ごし、その間多くの方をこのエセ宗教に勧誘したそうです。
もちろん彼女はエセ宗教とは夢にも思っていないから勧誘したのです。
黒いものとガンはその業といっていいかと思います。
彼女は世話好きで気前もよく、人としては良い方でしょうが、エセ宗教はいけません。
信心するのなら、やはり良い神社、良い仏閣を拝むべきです。これもまたインターネットで調べることのできるいい時代です。
いい神社仏閣といっても、立派なところという意味ではありません。神仏は質素を好まれます。
いいものはいい事に使うことはすでに愛です。


「願い事が叶えばご利益」と思う程度の人が多いのかと思いますが、神仏はあなたの下僕ではありません。
私たち人間のほうが神仏の下僕なのです。
ここは認識が大事なところです。
神仏のいい下僕であることは人の務めです。
初詣でする際にも、ここを認識しているかどうかで「願い事」も天地の違いです。


よき思いで過ごせるようになりたいです。
今月も無事に晦日を迎えることができました。感謝です。
南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entryうまれかわりのはなし 地球巡礼者

Older Entry死んでも無にはなりません

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >