FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

東国から西国へ

2014年07月18日
日本の面影 Glimpses of Japan 2
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
印西市の笠神のことが残っていますが、少し脱線です。。。

あるブログのキャプチャーからです。

縄文の東国

↑ 『日本とユダヤのハーモニー』さんより転載


東国に関して、『古事記』と『日本書紀』では評価がかなり違いますが、東国を平定云々という話からも、かつては東国がにほんの中心だったと考えられます。文字による記録以前は東国こそがにほんの中心だったのではないかと。古墳にしても、東国の古墳の数は関西の比ではありません。環状列石は東国に多く発掘されています。ちなみに、青森県には縄文時代初期の遺跡が多く発掘されています。
三内丸山遺跡HPに、青森の遺跡と他の遺跡の年表がありましたので転載します。
遺跡青森


・・・何度か書いていますが、世に出る情報というのは操作されます。とりわけ文字による記録というのは改ざんされやすく、それをもって民衆を洗脳するには非常にお手軽な手段となります。

その悪しき例が秦の始皇帝です。始皇帝は儒者を皆殺しにして、書物を焚書しましたが、これは都合の悪い真実を燃やして隠蔽し、新たに自分に都合のいい内容を文字で捏造したということにほかなりません。現代に伝わる文書記録は、そういう操作がされていると考えて扱う必要があります。

第二次大戦後ですら、アメリカは日本の尺間法を否定して「センチメートル」を強要しました。言うまでもなく、米国では「インチ」を使っています。なにか思うことがあるかと思います。・・・・歴史や文化というのはこうして破壊され、忘れさせられるのです。アイデンティティの剥奪です。地球の歴史はこういう次元の低い、慾と見栄の争いの歴史です。

ともあれ、にほんの歴史が東国から西国に移ったのは、文字による記録が定着したのと同じ頃だったように思います。これは裏を返せば、歴史書の捏造定着完了ということかもしれません。

なんせ『壬申の乱』という、前代未聞の事件がありました。東国と西国・・・どうにも学校で習った歴史はおかしな感じがします。



Instagram ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(2)

There are no comments yet.

とみたや

ひでわくさんへ

政治を筆頭に嘘と欺瞞ばかりの社会は嫌いです。
病気でもそうですが、ひどい目に合うのは「弱い部分」です。
社会構造上、弱い部分というのは言うまでもなく低所得層の国民です。

>  道具は使い方なんですね♪
ひでわくさんの言葉には、シンプルですがいろんなことを考えさせられています。
ありがとうございます。(^_^)

2014/07/19 (Sat) 21:18

ひでわく

真実は隠せない♪

 真理は刻々と追及され…真実はどのように覆い隠すも現れてですね…常に事実を受け入れる人でありたいと♪

 道具は使い方なんですね♪

2014/07/19 (Sat) 09:26