FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

意富比大神宮

日本の面影 Glimpses of Japan
4月20日は、ちび輪を連れて船橋に行きました。
柏駅から東武野田線で、船橋着が12時10分頃でした。

目的は延喜式内意富比大神宮と飛ノ台史跡公園博物館、そして行田の大円道路です。


まず意富比神社は、「おおひ だいじんぐう」と読みます。
一般的に「船橋大神宮」と呼ばれているとのことです。
景行天皇41年4月湊郷に創立と伝わるそうですが、もっと古いかもしれません。
詳細は文字リンクしてますのでそちらをご覧ください。

OohiJinja



次の一枚は灯明台で、和洋折衷の珍しい形です。

燈火台


この後、なんやかんやで柏までちび輪を漕いで帰ることになりましたが、
まさか30キロ近くもちび輪を漕ぐことになろうとは思いませんでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ

4月から職場が変わり、新しいことを覚えることに必死です。(^_^;)
年下の先輩は、あまりの覚えの悪さにイライラしているかと思います。

ブログをアップしたら、明日の準備をしないといけません。。。
やるべき仕事をきちんとできるまでが、まずは最初の目標です。
今週中に軌道に載せたいです。
関連記事
スポンサーサイト



船橋市 意富比神社 船橋大神宮 天照大御神 大和武尊


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 2

とみたや

ひでわくさんへ

一般的には灯台ですね。
関西では住吉や明石の燈明台が有名です。
ひでわくさんのおっしゃる品川などを含め、港で賑わった宿場などでは燈台はお馴染みですね。
とみたや的にはアレクサンドリアの大灯台が一番気になります。
天の磐舟の時代はそれよりはるか昔のことです・・・貨幣や文字などといった、低次元の産物など不要な高度な世界でした。

  • 2014/04/24 (Thu) 22:14
  • REPLY

ひでわく

灯明台と言うのですね♪

 品川でも見かけている建物…何だか記憶に残ってしまう形です(笑)…水を打った様な凛とした空気感…日本独特の場所ですね…始まりは簡単明確な行為から度重ねて儀式に…心に残すべき風景です♪