FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

笠間稲荷神社へ 其一

2013年09月19日
日本の面影 Glimpses of Japan 1
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆


今日は笠間へ行ってました。
陶器を見に・・・ではなく、笠間稲荷神社へ参拝です。
このところ笠間と伏見がやたらと気になっていましたが、
伏見は距離的にちょっと大変なので、まずは笠間へ。

笠間駅からはまっすぐ直進なので、初めてでも迷いません。
道々の青いアサガオがとてもすがすがしいでした。

門前通りは工事中です。







参道にも青いアサガオが咲いていました。
奥に見えるのが楼門です。



楼門は参拝してから写真を撮りました。雲がちょうど真上にあっておもしろい絵になりました。(^^)



こちらは手水舎です。
かなり凝った彫りが施されていました。



稲荷狐様に何かお供えしようと、門前仲見世を覗きましたら、丸井さんがありました。



ごま餅いなりというのがありましたので、ふたつ購入。
持ち帰りとなるとゴミも出るので、「ここで食べます」とお店の方に伝えました。
すると数分後、小さな折りたたみテーブルの上にお茶まで付けて下さいました!



拝殿までこのまま持っていくのは憚られますので、
ひとつはお先に頂きました。
お店の方は丸井の名の通りほんわか和む雰囲気のおばさまです。
お心遣いに感謝いたします。 そして、ごちそうさまでした。

もうひとつのおいなりさんは、ペットボトルのラベルをラベルを剥がして包み、
そのまま拝殿までこっそり持って行きました。
拝殿まで行って気づいたのですが、
笠間稲荷神社ではお供え用の棚などはありません。
なので、お供えは賽銭箱の前の下に置いて参拝いたしました。
もちろん直置きできませんので、
脱いだ帽子の上にペットボトルラベルで包んだままのお供えとなりました。

下の写真が拝殿です。向かって左手の松が立派。
そして右手には立派な藤棚がありました。



参拝後、藤棚の脇にある腰掛けで、お供えしたおいなりさんを頂きました。



で、改めてお稲荷様についてです。
稲荷神社はキツネを祀っているのではありません。
ご祭神は宇迦之御魂神【うかのみたまのかみ】さまと申します。
下の写真は笠間稲荷神社の脇の説明板です。
稲荷神社についての基本的知識です。

お稲荷さまとは


ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(1)

There are no comments yet.

ひでわく

少し前に母と故郷で寄った場所♪

 茨城と栃木の県境が母の故郷…益子と笠間に寄って帰宅…懐かしく拝見致しました♪

2013/10/07 (Mon) 06:07