FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

足立区六月の八幡神社

2012年10月14日
日本の面影 Glimpses of Japan 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆





















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



写真は足立区六月(ろくがつ)の八幡神社とお隣の炎天寺にて。ひと月前になります。

自転車を初めて自分でオーバーホール掃除をしまして、グリップやサドル、ディレイラーのグレードアップ、チェーンも新調しての調整走行で訪ねました。思いがけずに祭礼の神輿に遭遇しましたが、これは雨に現れるなと思うと同時にパラパラ・・・・数分の雨。 子供たちと一緒に雨宿り。 これは縁起が良いな~と思いました。

自転車共々、清めの雨に現れた気が致します。

「清めの雨」。
このことば、なんて美しく気品があるのでしょう。

神社へ行くと、時々手水舎に「洗心」と書かれた額が掛かっております。
手水の水で手と口をすすぐ訳ですが、それ以上に大切なのは心の邪気を洗い流すことです。
人は心にたくさんの邪心を抱いているものですが、手水舎の水で、そうした邪気を払うということですね。
これは簡易式の「禊」と同じ意味ですから、そうした「こころ」をきちんと意識することが肝要です。習い事でもそうですが、「かたち」だけやっていては意味がありません。お題目さえ唱えていれば救われるなんてのも同じで、まったく意味がないですね。今の家庭ではそういう「こころ」の部分をきちんと伝えていく必要があるのではないでしょうか。

祭礼でのほどよい雨は、祭礼の気持ちに神様が感応してのお喜びの証ですから、大変にめでたいことです。家を建てる時の地鎮祭や上棟式でも、適度な雨が降るというのは縁起物で喜ばれたものです。何でもかんでも雨は鬱陶しいとか、ウザいとか言わず、天地諸天善神と共にあることを思って生活できればよいのではないでしょうか。


私如きが偉そうなことを言って恐縮ですが、最近身の回りのことを見ていると、色々と本気で心配になります。

「建具屋カトーの決心」は、なんだか現実味を帯びてきます・・・。


関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.