FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

アートアクアリウム 金魚の涼 その2

2012年09月06日
ART 大好き♪ 2
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆


アートアクアリウム展2012 江戸・金魚の涼

アートアクアリウムにはいろいろな趣向が凝らされていますが、まずはByoburium(ビョウブリウム)(屏風水槽)。
水墨画風の屏風の図柄は投影で刻々と変化していき、そこを金魚たちが泳いでいます。
いわゆる、動く屏風絵。





そして巨大金魚鉢の Oiran (花魁)。
1000匹の金魚が泳ぐ世界一大きな金魚鉢。この作品は江戸の遊郭を表現しており、乱舞する金魚は花魁とそれを目指す女達を表しているとのこと。
ライティングは七色に変化して、江戸の花街の艶やかさを演出。このライティングの変化がけっこう早いので、カメラ撮影の時は設定を変えて待ち伏せる必要がございました。





そして今回の目玉(?)であるThe Four Seasons Aquarium (水中四季絵巻)。
プロジェクションマッピングによって投影された、日本の美しい四季の景色の中を、本物の錦鯉が泳ぎます。
プロジェクションの映像と、本物の錦鯉の動き、そして錦鯉の影。ジャポニズムを見事に発揮してます。













金魚の涼とは謳っていますが、実は金魚というより熱帯魚?みたいなものもありました。
それがこちら。黄色やピンク、水色、黄色という、カラフルなお魚さんが泳いでいます。






Prisrium No.18 & No.12 。
多角形の造形屈折と照明の効果で、意外な視覚効果がありました。













こうした派手な演出だけでなく、落ち着いた雰囲気のコーナーもありました。
光や映像の添加物に疲れたら、ちょっと落ち着いた和風な一角で小休止できます。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Tomitaya photo 2012-09-04









ブログランキング・にほんブログ村へ




以上、アートアクアリウム2012からでした。
残暑が厳しいので、少しでも涼をお分けできましたなら幸いです。


今回の写真はこちらのアルバムに納めております。
2012-09-04

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(2)

There are no comments yet.

とみたや

◆シロクロ さん

シロクロさん、コメントありがとうございます!
アートアクアリウムはかなり涼しい演出でしたね。

身に余るコメントを頂き本当にありがとうございます~♪

2012/09/06 (Thu) 22:49

シロクロ

こんにちは。
コメント頂きまして、ありがとうございました!

うわー!
すっごく素敵なお写真!!
とても迫力があって、もう一度行ったような気持ちになれました。
同じものを撮っていても、全っ然違うものですね…。
こちらで拝見する方が、落ち着いた環境で見られるぶん涼めました~!

2012/09/06 (Thu) 22:18