FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

Yokohama - KING 眺望 nm('2011','10','12','17')

2011年10月12日
建築浴◆Architecture shower 8
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆

本日2回目の更新です。

朝に、神奈川県庁本庁舎のエントランスを掲載しましたが、

県庁の屋上からの眺望を掲載してみます。

 キングの塔

先に横浜開講記念開館の記事を載せましたが、

その時、館内の案内をしてくださったワタナベさん。

実は県庁の屋上からの眺望は、ワタナベさんからの情報でございます。

では屋上に参りましょう。

 キングの塔への階段

キングの塔へ登る階段は年季が入っております。

鉄骨に組まれた木板がとっても味わい深く、

私は数分、この階段を鑑賞しておりました(笑)

ただしこの階段、現在閉鎖中で塔に登ることはできません。

県庁屋上

屋上に出ると、展望台が設けられておりました。

残念ながら、この展望台に腰をかけるとあまり眺望は望めません(汗)

やはり端っこまで行って眺める方が断然おススメです。

県庁からの眺望

県庁からの眺望

横浜港が一望!

開放感が溢れてすばらしく気持ちがいいです♪

無料でこのパノラマを堪能できんですからおススメです。


県庁からの眺望

眺望は港方面だけでなく、

街の方も見ることができます。

先日はジャックからキングを見ましたが、

今回はキングからジャックを見下ろしてみました。


廊下の意匠

本庁舎も歴史がある建築ですから、

あちこちに散りばめられた意匠の数々を堪能してみてはいかがでしょう。

以上、神奈川県庁本庁舎の紹介でした。



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ     人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(8)

There are no comments yet.

とみたや

■doisanさんへ

県庁や府庁も国民の財産ですから、本来出入りは一画を除いてできると思います。
それにしても景色のいい場所でうらやましいですよ、神奈川県庁♪

2011/10/13 (Thu) 13:50

とみたや

■tamakazoさんへ

神奈川県庁も昭和初期のものですから、
年季はかなりのものですね。
横浜がこれだけ発展するなんて、江戸の人々には想像もしえなかったでしょうね。

2011/10/13 (Thu) 13:45

とみたや

■ひでわくさんへ

> あらら…ジャックの塔は此処からが好いですね…港も趣きが…知りませんでした(笑)…早い時期に入館致します♪
-----
ひでわくアレンジの眺望を楽しみにしております(笑)
ジャックの塔は、時間がなくてベストポジションをゲットできませんでしたので、ひでわくさんのを楽しみにしております♪

2011/10/13 (Thu) 13:43

とみたや

■pippianoさんへ

そうなんです、なかなかKINGから眺めるってのはありません。
海との距離も本当にちょうどいいですね。

2011/10/13 (Thu) 13:42

doisan

Re:Yokohama - KING 眺望(10/12)

一般人が県庁の屋上に上がれるなんて驚きです(*_*)
ドラマに出てくるような風景で、その場所に身を置くと
しばらく動きたくなくなりそうな気がします^^;

木版の階段の保存には気を配られてるでしょうね。

2011/10/13 (Thu) 12:40

tamakazo

Re:Yokohama - KING 眺望(10/12)

へー、神奈川県庁ってこんなに歴史ある建物だったんだ。
知らんかった。
一応1年間だけですが、神奈川県民でした。

2011/10/12 (Wed) 22:54

ひでわく

Re:Yokohama - KING 眺望(10/12)

 あらら…ジャックの塔は此処からが好いですね…港も趣きが…知りませんでした(笑)…早い時期に入館致します♪

2011/10/12 (Wed) 21:48

pippiano

Re:Yokohama - KING 眺望(10/12)


わぁ 楽しい!
港のほうから眺めるKINGは よく見かけますが
KINGからの眺めって お初です
港の船と KINGが語り合っているかのような距離感も
よいなぁ・・

木のステップを支える鉄骨
やわらかいものと ハードなもの・・
ふたつの質感の組み合わせが面白いですね
そして歳月を経たものだけが持ちうる温かみも感じます

2011/10/12 (Wed) 21:24