ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 建築浴◆Architecture shower  

時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」



昨日に引き続き横浜市開港記念会館です。

 

日本と言う東洋の小さな島国が、開国をし、

西欧列強の国々に負けないよう賢明に生き抜いた時代。

凄まじい勢いで文化発展遂げ、大国ロシアの艦隊を沈めたあの瞬間。

日本という小さな国が、世界の弱く小さな国々に夢と希望を与えました。

 

横浜市開港記念会館は、横浜開港50周年を記念し、

市民の寄付金により創建されました。大正6(1917)年のことです。

 





横浜開港からロシア艦隊撃破までの苦難。

関東大震災を乗り切った窓枠。

復興にかけた当時の人々。




そして今、また日本に大いなる苦難が襲い掛かっています。 

まだまだ・・・おそらく今以上の苦難が来る様な気が致します。 

次の時代の扉を開ける勇気と覚悟が

わたし達一人ひとりに求められているように感じます。

足元を見直し、心と生活を立替える時代・・・。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

■横浜市開港記念会館HP:http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry横浜媽祖廟(天后宮)

Older Entryジャックの窓とステンドグラス

 

Comments
Edit■とみたやからです
幕末から文明開化、日露戦争までの時代がとっても好きで、その時代のことを思うと、ついつい感傷的になってしまいます。
戦後の復興のような、一途な気持ちが国に満ち満ちていたことは想像できますが、現代はあまりも軟弱に思えます。
EditRe:時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん(09/17)
20数年前、ここで入社式をした記憶が。
バブル期採用でしたからアホみたいに同期がいましたから、会社の講堂なんかには入りきらんかったのです。
まだ建っているんだなぁ、ここ。懐かしいなぁ。
EditRe:時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん(09/17)
過去より幾多の困難を乗り越えてきた日本人。

昔より数段に科学や技術が発達している中で生きている現代人の
底力を発揮しないと昔の人たちに笑われてしまいますね。
EditRe:時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん(09/17)
重い扉・・・・・
色んな思いが ありますね

EditRe:時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん(09/17)

おはようございます

重い扉も ひとりひとりの力を合わせたら
きっと開けると思います
ひとりひとりに
今 ひと握りの勇気が求められているのかもしれません
そして 光さす方向に導いてくれる優れたリーダーも
必要かもしれませんね

南アフリカのアパルトヘイト社会を描いた映画『遠い夜明け』を観て、そういう想いに今 いっそう駆り立てられています

お仕事 お疲れのことと思います
どうぞ 水分補給をしっかりと・・おからだを大切に
EditRe:時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん(09/17)
ハイ…自立の扉…覚悟してあけなきゃいけませんね♪

 安全神話…結局異論封じ…欧米との違いは真実は一つにする集団心理かもしれませんね♪
EditRe:時代の記憶を超えて 新たなる扉を開かん(09/17)
重い扉ですね・・・・
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >