FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYからどうぞ。

藤阪の思い出 ~スケッチ~ 「アート活動しよう!(43)」

2008年04月19日
アート関連 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆

大阪にいた一時期、枚方市に住んでいました。枚方市に藤坂というところがあり、古い町並みが残っていました。韓国人ツアー客がたくさん来る土地でもありましたが、理由は王仁(わに)博士ゆかりの土地だからです。王仁ってなんですか~?って方はここを訪ねてくださいね~。ちなみに枚方市という土地は百済王との関わりが非常に強い土地柄で、百済王神社や百済宮跡など、あちらの影響が多分に残されています。

藤阪の酒蔵

この地域は非常に風光明媚な土地でして、自転車で10分も行くと、湧水で野菜を洗ったりしている姿を身近に見ることができる倉治(くらじ)という町がありました。「くじら」ではありませんよ~。(下の写真が倉治地区の洗い場。洗濯や野菜の土落とし日常的に見られます。)

倉治地区の洗場

倉治には機織の神社(機物神社)があります。この先に天の川が流れており、七夕伝説発祥の地とも言われています。(そういう場所は他にも多数ありますが・・・)そこから数分足を伸ばせば、『枕草子』にも書かれている桜の名所『交野が原』が広がり、春には桜を愛でる人でかなりの賑わいを見せていました。

話を藤坂に戻しますが、藤阪には天保8年創業小北酒造がありました。酒蔵などが遺っていましたが、平成10年、アパート建設のため取り壊しになりました。その頃の写真を撮っておけば~!と非常に悔しい思いをしましたが、取り壊される前年の平成9年、偶然にもスケッチをしていました。下のスケッチがそれです。(写真撮っておけばなぁ・・・)

小北酒造の酒蔵

小北酒造を代表する銘柄が『天杯』です。明治時代後期、村長をしていたのが小北酒造の親類で、その方が「天皇杯」を頂いたそうです、それを記念して生産したのが『天杯』だと聞きました。

・・・・・また長くなりました。

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
ご訪問、ありがとうございます。
心と魂を深く見つめることを大切にしています。
日々の生活は、そのまま魂の修養道場です。

初めての方は『当ブログについて』からどうぞ。
各記事へはカテゴリー一覧か、indexからどうぞ。

Comment(0)

There are no comments yet.