ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 建築浴◆Architecture shower   Tags: 三渓園  横浜  建築  古民家  

三渓園:急 縄文の風吹く家

引き続き三渓園からの写真です。

今回の三渓園訪問で一番インパクトのある建築、

旧矢箆原家住宅(キュウヤノハラケジュウタク)【重要文化財】でございます。

昔むかしの事じゃった
昔むかしの事じゃった posted by (C)とみたや

巨大な茅葺屋根が特徴の、合掌造の民家でございまして、

白川郷は御母衣(みぼえ)ダム建設に伴なう移築だそうです。

 

私の父方の田舎家が、ちょうどこのような感じの民家でございまして、

私には馴染みのある間取りが、懐かしさを誘いました。

夏の日の午後
夏の日の午後 posted by (C)とみたや

上写真から感じていただけるか分かりませんが、

夏の日差しと家屋内の闇との対比が、清涼感を一層引き立て、

誠に快適な空間が展開されております。

見た目にも涼を誘う『日本家屋の妙』と言えるかと存じます。

この一枚は、かなりお気に入りでございます。

 

さてさて、ブログ開設初期の頃にも書きましたが、

日本家屋の特徴は、

縄文時代の「土間」に、板の間、さらに畳敷きと、

生活様式を継ぎ足して来たことです。

日本家屋には、縄文の精神がしっかりと受け継がれているのですね。

物語る
物語る posted by (C)とみたや

中国や韓国は、

西洋と同じく、椅子とテーブルという様式で歴史を紡いで参りましたが、

同じアジアの日本は、あくまで「床に座る」という様式を育ててきました。

この一点を考察するだけで、

既に日本文化の特異性が明らかでございます。

 

現在、日本は世界市場の「ガラパゴス」・・・などと揶揄されたりしますが、

日本文化が育んできた技術力・精緻な仕事が、

世界最高品質を維持していることを考えると、

日本家屋から見る生活様式と、そこに流れる精神世界は、

世界がもっと勉強し、今以上に評価されて然るべきではないでしょうか。

 

世界と歩みを一にすることは大切ですが、

日本文化の稀有な存在価値を世界に理解してもらうことは、

国の大事な事業だと考えております。

薪のある生活
薪のある生活 posted by (C)とみたや

囲炉裏に火
囲炉裏に火 posted by (C)とみたや

矢箆原家住宅では、毎日囲炉裏に火を入れているとのことでした。

煙で家を燻すことで、害虫予防と建物を傷みから守るそうです。

 

煙草を吸う人が、「煙草のタールで肺に虫がつかないようにしているのだ」と言った・・・

という、笑い話がございますが、ご愛嬌でございますね。

裏口の夏
裏口の夏 posted by (C)とみたや

奥座敷の夏
奥座敷の夏 posted by (C)とみたや

屋内の暗がりは、外が猛暑であるという片鱗すら感じさせません。

都会ではやかましいセミの泣き声も、ここでは大変やさしく響いて参ります。

 

 

屋根裏へあがりますと、家の構造が分かり面白いですね。

屋根裏探検
屋根裏探検 posted by (C)とみたや

玄関を見下ろす
玄関を見下ろす posted by (C)とみたや

ラフカディオ・ハーンは、

日本人は幸せを感じるのが大変上手な民族だ・・・と書いておりますが、

こういう家屋からも、幸せ上手の日本人を感じることができます。

それは『小欲知足』という言葉に集約できるかもしれません。

 

小欲知足・・・・この言葉を、消極的だと感じる人もいるでしょう。

でも、私は、 

今ある環境を最大限に生かしきるという、

生きることに貪欲なまでの逞しさを感じます。

 

天寵に感謝しつつ、自他共々に幸福になる。

自分を生かし切り、他をも生かし切る。

そういう 『生き切る覚悟』 のようなものを感じてなりません。

 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer EntryYOKOHAMA MORNING 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

Older Entry三渓園:破 日本建築美 猛暑にも涼なり

 

Comments
Edit◆pippianoさんへ
>お写真でひんやりと涼ませていただきながら
>ひとつひとつの言葉をじっくりと 味わいました
>ラフカディオハーンの言葉 ステキですね
>もっと もっと・・と
>手を伸ばして生きることよりも
>身の回り数メートルにある 気づきと幸せを大切にしたいと思います

>私の母方の祖父の家も 土間と 板の間と 畳の間が同居する家でした
>祖父母が他界してもう40年ちかくになりますが、今も
>あのときの ひんやりした家の匂いや セミの声 波の音
>みんな憶えています
-----
子供の頃に体験した本当の記憶は、年を経ても忘れるどころか熟成されてくるように思います。
子供の頃に本物に触れる、体験させるというのは、やはり無駄にはならないと、自分の経験から感じるところでございますね。
Edit◆tooko36さんへ
>以前、飛騨高山で合掌造りの茅葺屋根を見ました。
>時間が無くて中には入れなかったのですが、こんな和みの空間だったんですね。
>何だか可愛い座敷童子が出てきそうです^^

>わたしも、外国よりも日本が一番古い国だと思っています。
>実際、古い古文書によると、日本の本当の歴史が改ざんされているそうです。
>日本は太平洋に沈んだムー大陸の一部ですし
>日本列島が北海道が頭で龍体の形をしてるのも、何か意味があると思います。
-----
あー、そういう話、ありましたよね!
私も夢中でその手の本を読み漁った時期がございます。
信憑性はともかく、自分の国に誇りをもって、世界にも誇れる国になってほしいものです。
Edit◆゜*☆rui☆*゜さんへ
>風通しが良くて、夏でもエアコンいらずな涼しさって感じがします。
>昔の人達は、こうして暑い夏を乗り切ってきたのでしょうね・・・。
>独自の知恵と技術が詰まった日本家屋、見直されてもいいような気がします。
-----
いや~、まったく風通しのいい日本家屋はいいですよ~。
ただ、冬は相当冷え込みそうですが、どうなのでしょうね。
Edit◆jun281さんへ
>白川郷のかなり大きい茅葺の家ですね
>中には土間や囲炉裏が有って癒される空間ですね
>民家の中から外を見た写真が素晴らしいです
>本当にそこに居る様な錯覚を起こしますね
>屋根の茅葺も厚く骨組みの木材もしっかり組まれていて
>大地震がきても大丈夫ですね 現代のビルよりしっかりしていますね    ぽち
-----
ありがとうございます。
天然素材という事が安心させるのでしょうかね~。
日本建築、ステキです。
Edit◆doisanさんへ
>前ブログのお写真よりすっかり時代がさかのぼった建物ですね。
>囲炉裏にそういう効果があったとは知りませんでした。
>昔の人の知恵には感服してしまいます。
>まさに温故知新です。
-----
はい、一気に1700年代へ。。。だそうです。
昔の方々、どうやってそういう効果を知ったのでしょうね~。
Edit◆ぽむん♪ぽむん♪coco♪さんへ
>今ある環境を最大限に生かしきるという、生きることに貪欲なまでの逞しさ
>美しい生き方だと思います♪
>わたしもそう在りたいと意図しています♪
-----
はい、私もそうありたいですね(^^)
Editおはようございます

お写真でひんやりと涼ませていただきながら
ひとつひとつの言葉をじっくりと 味わいました

ラフカディオハーンの言葉 ステキですね
もっと もっと・・と
手を伸ばして生きることよりも
身の回り数メートルにある 気づきと幸せを大切にしたいと思います

私の母方の祖父の家も 土間と 板の間と 畳の間が同居する家でした
祖父母が他界してもう40年ちかくになりますが、今も
あのときの ひんやりした家の匂いや セミの声 波の音
みんな憶えています
EditRe:三渓園:急 縄文の風吹く家(08/20)
以前、飛騨高山で合掌造りの茅葺屋根を見ました。
時間が無くて中には入れなかったのですが、こんな和みの空間だったんですね。
何だか可愛い座敷童子が出てきそうです^^

わたしも、外国よりも日本が一番古い国だと思っています。
実際、古い古文書によると、日本の本当の歴史が改ざんされているそうです。
日本は太平洋に沈んだムー大陸の一部ですし
日本列島が北海道が頭で龍体の形をしてるのも、何か意味があると思います。


EditRe:三渓園:急 縄文の風吹く家(08/20)
風通しが良くて、夏でもエアコンいらずな涼しさって感じがします。
昔の人達は、こうして暑い夏を乗り切ってきたのでしょうね・・・。
独自の知恵と技術が詰まった日本家屋、見直されてもいいような気がします。
EditRe:三渓園:急 縄文の風吹く家(08/20)
白川郷のかなり大きい茅葺の家ですね

中には土間や囲炉裏が有って癒される空間ですね

民家の中から外を見た写真が素晴らしいです

本当にそこに居る様な錯覚を起こしますね

屋根の茅葺も厚く骨組みの木材もしっかり組まれていて

大地震がきても大丈夫ですね 現代のビルよりしっかりしていますね    ぽち
EditRe:三渓園:急 縄文の風吹く家(08/20)
前ブログのお写真よりすっかり時代がさかのぼった建物ですね。
囲炉裏にそういう効果があったとは知りませんでした。
昔の人の知恵には感服してしまいます。
まさに温故知新です。
Edit 『生き切る覚悟』
今ある環境を最大限に生かしきるという、生きることに貪欲なまでの逞しさ

美しい生き方だと思います♪
わたしもそう在りたいと意図しています♪
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >