ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: ART 大好き♪   Tags: 切り折り紙  

イトトンボの飛行 「☆手作り大好きさん☆(425708)」

今日は仕事の後、帰りが遅くなりそうなので深夜の更新です。

 

切り折り紙は引き続きイトトンボ試行中です。

アオイトトンボやヤマイトトンボ、キイトトンボ、ベニイトトンボ・・・・などなど、

イトトンボにもいろいろ種類がありますが、

私はアオモンイトトンボというのが大好きです。

複眼や胴体、尻尾の先にメタリックブルーを輝かせる、美しいトンボです。

イトトンボ2 切り折り紙
イトトンボ2 切り折り紙 posted by (C)とみたや

 

私が小さい頃、男の子に人気があったトンボは、

オニヤンマやギンヤンマといった、大型で強そうなトンボでした。

ヤンマは確かに魅力的でしたが、

私はヤンマよりもイトトンボが好きでした。

 

あまりに細くて見つけにくい姿はまるで世を忍ぶかのようです。

美しい色彩を遠慮がちに放ちつつ、

まるで枝や葉っぱを労わるように、静かにふわりととまる姿

かっこいいな~と思っていました。 もちろん今もそう思っています。

イトトンボ2後ろから 切り折り紙
イトトンボ2後ろから 切り折り紙 posted by (C)とみたや

今思うと、なんと年寄りくさい少年だったでしょう・・・

小さい頃から大きな声や音、騒々しい雰囲気などが大嫌いでしたので、

まぁ性分なのでしょうね、

生き物にも静かで地味で、小さいけれどもしっかりと生きているものに愛着を感じるのは・・・

 

イトトンボは飛ぶ姿には、ブ~ンという逞しい羽ばたきや飛行は似合いません。

蝶のような「ふわり」とした軽い飛行です。

かと言って、蝶のように風にあおられる弱々しい飛行でもなく、

自分の意思を持った、しっかりとした飛行なのです。

 

この辺りも私がイトトンボを愛する所以であります。

切り折り紙では翅の処理が難しいな~。

トンボに関してはscissorhandsさん

いとも簡単に切り折りされているのには驚嘆いたします。

しかもちゃんと自立してるし、勉強させていただかねば。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry冬の広場 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

Older Entry浅草 鷲神社の正月 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

 

Comments
Edit■FreeWingsさんへ
>器用ですねぇ~。
>こんなこと、とても私にはできません。
>それにしても、美しい、素晴らしい!
>ぜひキリ番ゲットして、いただきたいものです(^^)。
-----
このブログでは器用といわれますが、実際は不器用であります。それは私の友人がきちんと証明してくれますが(^_^;)
Edit■himekyonさんへ
>遅ればせながら、おめでとうございます。ご無沙汰ばかりですが、今年もよろしくお願いいたします。
-----
いえいえ、遅れてなどいませんよ~。ブログは3日からの営業でしたので♪


>オニヤンマよりもギンヤンマよりもイトトンボ、繊細な少年だったのですね。。そのままに成長して今も繊細な切り折り紙、写真にいかされているのですね。
>そんな心がほしいガサツなhimekyonです(>。<)
-----
繊細というか、気が小さいのかも・・・(笑)
今年もよろしくお願いいたします。
Edit■我流切紙人さんへ
>シザーハンズ様のトンボ君はほぼ実物サイズを目指すことで軽量化を達成しておりましたので、それが自立型を目指すうえのポイントのひとつかもしれませんね。
-----
こんばんは、シザーハンズさんのトンボは惚れ惚れしますね。バランスの取り方も絶妙ですし。
大きさはやはり原寸を模していましたか。

>尚、いただいたトンボ君の型紙の素晴らしさは前人未到の領域ですので大切に伸ばしていってください♪
-----
ありがとうございます。
伸ばせるかどうか分かりませんが、カイゼンを続けております(^^;)

>あと個人的に関心があるところは、シザーハンズ様との共通点であるニスを使用していないというところです。この点も好みの作品の傾向との関係性がありそうで興味深いところで御座いますね。
-----
ニスについては、単純に作業が面倒くさいと思ってます。(汗)
同じ理由で糊付けも今のところしない方針です。道具が増えるのがイヤなんですよね~。面倒くさいので(^0^;)
Edit■ハニープー0316さんへ
>オニヤンマやギンヤンマ 私も 苦手で 
>小さい頃は 男の子が せっかく
>『あげる』と言ってくれてるのに 
>恐いと 泣いていました
-----
はい、かつての恐竜時代には翅を含めると横幅2メートルほどになるトンボさんも居たようで、まさにナウシカの世界です。
ヤンマの仲間は大きいので、顎をカチカチ鳴らされたら怖いですよね~。


>糸トンボの どこか 儚げでいて でも 凛としたものを 持っていて
>その 生きざまを 見抜く力を 小さい頃から もっていらした とみたやさんは・・・・・・


>只者ではないわ (o´ω`o)ぅふふ
>((●≧艸≦)プププッ
-----
幼い頃はそこまで考えては居ませんでしたが、特別視はしていましたね~。
Edit■ぽむん♪ぽむん♪coco♪さんへ
>神様とんぼって言いませんでした?
-----
おそらくそれは「ハグロトンボ」という、翅の黒いトンボさんですね。


>とても優しい姿で、よく部屋の中に入って来てくれたような・・・・(笑)
>そ~っと優しく手に乗せて外へはなしていました♪
>手荒にしてはいけない、丁重に扱うのが似合う
>・・・そんな気持ちになる とんぼ♪
-----
そうですね、ちょっとの衝撃で壊れそうな印象ですよね。
ただ、不思議な飛行の仕方は飛ぶというより浮いているような感じですよね。それが魅力でした。
Edit■doisanさんへ
>トンボにもいろんな種類があるんですね。
>とみたやさんのトンボはじっと見ていると
>今にも飛んでいきそうな雰囲気が漂っています。
>その観察力は小さい頃から養われてられたんですね。
-----
ありがとうございます。
でも、褒めすぎです。
単に人間が信じられなかったからですね~(^_^;)
Edit■pippianoさんへ
>糸とんぼ
>細いボディにしなやかさと強さを併せ持った
>美しいとんぼなのですね
>沖縄にも 羽根が黒くてボディが玉虫色の
>あれ・・なんだったかなぁ リュウキュウハグロトンボ・・??
>ちょっと 記憶が曖昧ですが、きれいなトンボがおります。
-----
こんばんは。おそらくそれで合っていますよ♪


>とみたやさんの 子ども時代に
>うちの息子があまりにもそっくりでしたので
>とても うれしくなりました。
-----
あらら、そうでしたか。
凶と出るか吉と出るか~なんて、自分の事を振り返るとちょっと怖いですが、jR.くんなら大丈夫でしょうね♪
Edit■ひでわくさんへ
> 素敵探し…小さな時から繊細な心をお持ちで…糸蜻蛉…探すのが難しい生き物…作品にちゃんと生かされて♪
-----
こんばんは。
繊細というか、斜に構えていただけなんですかね。
可愛げのないガキだったと思いますよ。(^^)
EditRe:イトトンボの飛行(01/04)
器用ですねぇ~。
こんなこと、とても私にはできません。
それにしても、美しい、素晴らしい!
ぜひキリ番ゲットして、いただきたいものです(^^)。
---
ブログへのコメント、ありがとうございました。
EditRe:イトトンボの飛行(01/04)
遅ればせながら、おめでとうございます。ご無沙汰ばかりですが、今年もよろしくお願いいたします。

オニヤンマよりもギンヤンマよりもイトトンボ、繊細な少年だったのですね。。そのままに成長して今も繊細な切り折り紙、写真にいかされているのですね。
そんな心がほしいガサツなhimekyonです(>。<)
Edit軽くする工夫
シザーハンズ様のトンボ君はほぼ実物サイズを目指すことで軽量化を達成しておりましたので、それが自立型を目指すうえのポイントのひとつかもしれませんね。
尚、いただいたトンボ君の型紙の素晴らしさは前人未到の領域ですので大切に伸ばしていってください♪
あと個人的に関心があるところは、シザーハンズ様との共通点であるニスを使用していないというところです。この点も好みの作品の傾向との関係性がありそうで興味深いところで御座いますね。
EditRe:イトトンボの飛行(01/04)
オニヤンマやギンヤンマ 私も 苦手で 
小さい頃は 男の子が せっかく
『あげる』と言ってくれてるのに 
恐いと 泣いていました

糸トンボの どこか 儚げでいて でも 凛としたものを 持っていて
その 生きざまを 見抜く力を 小さい頃から もっていらした とみたやさんは・・・・・・


只者ではないわ (o´ω`o)ぅふふ
((●≧艸≦)プププッ
Edit糸とんぼ
神様とんぼって言いませんでした?

とても優しい姿で、よく部屋の中に入って来てくれたような・・・・(笑)
そ~っと優しく手に乗せて外へはなしていました♪
手荒にしてはいけない、丁重に扱うのが似合う
・・・そんな気持ちになる とんぼ♪
EditRe:イトトンボの飛行(01/04)
トンボにもいろんな種類があるんですね。
とみたやさんのトンボはじっと見ていると
今にも飛んでいきそうな雰囲気が漂っています。
その観察力は小さい頃から養われてられたんですね。
Editおはようございます

糸とんぼ
細いボディにしなやかさと強さを併せ持った
美しいとんぼなのですね
沖縄にも 羽根が黒くてボディが玉虫色の
あれ・・なんだったかなぁ リュウキュウハグロトンボ・・??
ちょっと 記憶が曖昧ですが、きれいなトンボがおります。

とみたやさんの 子ども時代に
うちの息子があまりにもそっくりでしたので
とても うれしくなりました。
Edit素敵探し…
 小さな時から繊細な心をお持ちで…糸蜻蛉…探すのが難しい生き物…作品にちゃんと生かされて♪
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >