FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

カブトエビと「脱皮」の不思議■切り折り紙 「☆手作り大好きさん☆(425708)」

2009年12月08日
ART 大好き♪ 16
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆

本日はとてもよいお天気でした。

寒暖の差が激しいので体調管理には十分に気をつけたいものですね。

さて、先日のレッドビューシュリンプの切り折り紙で

何とはなしにカブトエビの名前を出しましたので、

切り折り紙で作ってみました。

カブトエビ■切り折り紙切れ端作品
カブトエビ■切り折り紙切れ端作品 posted by (C)とみたや 

これは昨夜、外食先でちゃっちゃっと切ってみたものです。切れ端作品です。

今日はネットでカブトエビを見ながら切ってみました。

きちんと見てみると、やはり子供の頃の記憶だけではあやふやな点ばかりでした。

カブトエビ2 切り折り紙
カブトエビ2 切り折り紙 posted by (C)とみたや 

カブトエビは、よく「カブトガニ」と混同されてしまいますね~。

カブトガニのほうは海に生息していますが、

カブトエビは淡水、田んぼで見かけますね。

体長は・・・カブトガニは「でかっ!」という印象ですが、

カブトエビは頭から尻尾の先まで3~4センチくらいしかありません。


 

2億年前、すでに現在の形になっており、化石も出ています。

つまり、2億年前から同じ形態をしているのです。すごいね~。

こうして太古から現在まで生き残っている種を「生きた化石」などと言う事がありますが、

そういう意味では「銀杏」も《生きた化石》だってことはあまり知られていません。 

カブトエビ2 切り折り紙
カブトエビ2 切り折り紙 posted by (C)とみたや

カブトエビは脱皮で成長するのですが、

子供の頃は脱皮するたびに大きくなるという意味が分かりませんでした。

脱いでいくと小さくなるはずではないか?・・・・

殻より大きなものが中から出てくる不思議。。。

脱皮前の小さな殻には、大きな体の皮膚が折りたたまって入っています。

シワシワになって収まっていた部分に血液が流れ込み、

それがジワジワと広がって、より大きくなるというわけです。

ちなみに、カブトエビは一生のうち20回ほどの脱皮をして生体となります。

カブトエビ2 切り折り紙
カブトエビ2 切り折り紙 posted by (C)とみたや

カブトエビは、水田に水が張られて2~3日で孵化し、

ひと月ほどで産卵して一生を終えます。

先ほど記しましたが、脱皮が20回、このひと月の間に行われるのです。

産み落とされた卵は耐久卵といわれ、

寒さや乾燥を生き抜くことができます。

太古の昔から現代まで生き残ったのは、この耐久卵のおかげでしょうね。

 

カブトエビの一生はとっても短いですが、

私の一生よりも、ずっと遥かに充実した気持ちで死を迎えるのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

***********************

今日の気になるは・・・紙つながりで。


SIWA  和紙のスリッパ・ルームシューズ

であります。

和紙の暖かさは使った人にしかわからないでしょうが、

昔の日本人は和紙を衣類としても使用してきました。

肌触りも落ち着いていてたいへん快適なんですよ~。

平安時代から続く和紙の産地山梨県市川三郷町にある和紙メーカー「大直(おおなお)」と、

プロダクトデザイナー:深澤直人さんの素晴らしいコラボをお試し下さいませ。



和紙でできたバッグSIWA 紙和 バッグ フラット縦 レッド などもあります。

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(16)

There are no comments yet.

とみたや

***pippianoさんへ

コメントをありがとうございます。
見た目ほど繊細ではないのですが~(^_^;)
ありがとうございます。

脱皮は目に見えて不思議ですが、人間の身体も相当に不思議ですよね。
毎日何万個もの細胞が更新されて、私たちの身体を維持してくれているのですから、目に見えない脱皮を繰り返しているとも考えられますよね♪
神様は不思議なことをしてくださるものです。

-------------------------
>すごいなぁ
>100円玉の大きさと比べると いかに繊細な作業をなさっているのかが、よくわかりますね~
>外食のときに チャチャッとですか・・

>カブトエビの脱皮
>とても神秘的です
>自然界のプログラムの巧みさと偉大さは
>人間には到底かなうものではないなぁ・・なんて思いつつじっくり拝見しました

2009/12/10 (Thu) 00:57

とみたや

***doisanさんへ

コメントをありがとうございます。
仰るとおり、見ていても脱皮後はヘトヘトですね。
何といっても命がけですからねぇ。自分の脱いだ殻に絡まって命を落とすものがいるのですから・・・

それと和紙の製品、本当に暖かくって肌触りがいいんですよ~。お値段が高いですが・・・・
------------------
>脱皮にはものすごいエネルギーを必要とするようですがそれを20回も繰り返すから一生が短いのでしょうね。
>小さい体で頑張っているんだなぁと思うと私も頑張らねばと思いました。

>和紙は何故か温かみを感じますね。あのしわ具合が
>好きです。
>それがスリッパになってるなんて想像もつきませんでした。
>一度はいてみたいです。

2009/12/10 (Thu) 00:51

とみたや

*** *nemu*さんへ

コメントありがとうございます。
カブトエビはエビよりもミジンコに近い生き物だそうですよ~。(^^)
カブトガニは子供の頃に見たので、その巨大さと迫力にビビッてしまいました。友達はさんざん撫で回した挙句、その夜ジンマシンが腕中にでて「カブトガニの祟りだ!」と騒いでおりましたことも、今となってはよき思い出であります。

----------------------
>カブトガニは杵築で本物を見たことがあります。
>まさに「でかっ!」と思う大きさでした。
>脱皮すると言うのにもビックリした思い出があります。
>カブトエビは、子供が小学校の時ネットでタマゴを取り寄せて育てることに挑戦しました。
>見事に失敗でミジンコばかりが生まれました。
>これも今では楽しい思い出です。
>カブトエビ、切り折り紙で拝見しても形はそっくりですね~☆
>懐かしいことも思い出し楽しかったです。
>ありがとうございます。

2009/12/10 (Thu) 00:47

とみたや

***ひでわくさんへ

コメントありがとうございます。
流石にひでわくさんはご存知でした(笑)
折を如何にするかで紙の必要長さが大きく変わりますね~。
---------------
> 凄い…本物にそっくり…二次元で形を設計…長い切り抜きからなんですね♪

2009/12/10 (Thu) 00:43

とみたや

***ハニープー0316さんへ

そうそう、蛇の抜け殻でお金が貯まる。。。一向に貯まらないとみたやですが(^_^;)
カブトエビ、私の予想を超えてマイナーな生き物でした。

------------------
>脱皮と言えば 蛇の抜け殻は お金が貯まると言うらしく義理の姉さんから 頂いたものがあります

>カブトガニは ピン!とくるのですが
>申し訳ないことに カブトエビは わかりません・・・(>_<)

2009/12/10 (Thu) 00:41

とみたや

***やまもりきよちゃんさんへ

二度もお越しくださいまして、
ありがとうございます。
カブトエビをご存知でしたか~。
けっこうマイナーな生き物なのでしょうか、職場でも「なにそれ?」みたいな反応でした。(^^;)
私にとっては「懐かしい子供の頃の友達」です♪

---------------
>本日二度目(^^;おじゃましま~す♪

>そうそうこれこれ!カブトエビ!!!なつかしいな~(~O~) 最近の子は、知らないだろうな~・・・。

2009/12/10 (Thu) 00:38

とみたや

***我流切紙人さんへ

こめんとありがとうございます。(^^)
実はこの文章を書いているとき、我流さんのゴキブリに触れようかと思いました(笑)確かに「身近」ですよ~(^_^;)

それにしても脱皮というのは本当に命がけでして、まさに修羅場ですよね。それを何十回も繰り返すのですから、脱皮をする生物って心身ともに逞しいわ~と思います。
------------------
>よこりんひめ様のおっしゃる通り、脱皮は神秘的ですね。
>同時に脱皮に失敗して命を落としてしまう個体も相当数存在しますので、脱皮はまさに命がけの行為のように感じます。
>また、太古から生き延びているという意味では私の大好き?なゴキブリさんも立派な「生きている化石」だとは思うのですが、あまりにも身近な存在なために慣れ過ぎてしまって、かえって貴重な存在とみなしてもらえないのかもしれませんね……

2009/12/10 (Thu) 00:33

とみたや

***よこりんひめさんへ

コメントをありがとうございます。
本当に脱皮というのは神秘的でありますね。
何度も何度も殻を脱ぎ、体を更新していく様は、生きることに対する挑戦でもあるような気がします。
生命の危険を脱皮のたびに経験しているのですから、心身ともに強くなるでしょうね。
--------------------
>脱皮は実に感動的で神聖で神秘的で、なんて言うか・・・生命の底力を感じますね。
>うちは、爬虫類のひょうもんとかげもどきレオパードゲッコーを飼ってますが、月1、2回の脱皮をします。むいた皮は自分で綺麗に食べるんです\(◎o◎)
>(^_^;)それにしても、繊細なhobbyですね? 素晴らしい☆.。*・°☆.。*・°

2009/12/10 (Thu) 00:22

pippiano

こんばんは


すごいなぁ
100円玉の大きさと比べると いかに繊細な作業をなさっているのかが、よくわかりますね~
外食のときに チャチャッとですか・・

カブトエビの脱皮
とても神秘的です
自然界のプログラムの巧みさと偉大さは
人間には到底かなうものではないなぁ・・なんて思いつつじっくり拝見しました

2009/12/09 (Wed) 18:19

doisan

Re:カブトエビと「脱皮」の不思議■切り折り紙(12/08)

脱皮にはものすごいエネルギーを必要とするようですが
それを20回も繰り返すから一生が短いのでしょうね。
小さい体で頑張っているんだなぁと思うと私も頑張らねば
と思いました。

和紙は何故か温かみを感じますね。あのしわ具合が
好きです。
それがスリッパになってるなんて想像もつきませんでした。
一度はいてみたいです。

2009/12/09 (Wed) 12:36

*nemu*

Re:カブトエビと「脱皮」の不思議■切り折り紙(12/08)

カブトガニは杵築で本物を見たことがあります。
まさに「でかっ!」と思う大きさでした。
脱皮すると言うのにもビックリした思い出があります。
カブトエビは、子供が小学校の時ネットでタマゴを取り寄せて育てることに挑戦しました。
見事に失敗でミジンコばかりが生まれました。
これも今では楽しい思い出です。
カブトエビ、切り折り紙で拝見しても形はそっくりですね~☆
懐かしいことも思い出し楽しかったです。
ありがとうございます。

2009/12/09 (Wed) 08:39

ひでわく

凄い…

 本物にそっくり…二次元で形を設計…長い切り抜きからなんですね♪

2009/12/08 (Tue) 22:06

ハニープー0316

Re:カブトエビと「脱皮」の不思議■切り折り紙(12/08)

脱皮と言えば 蛇の抜け殻は お金が貯まると言うらしく
義理の姉さんから 頂いたものがあります

カブトガニは ピン!とくるのですが
申し訳ないことに カブトエビは わかりません・・・
(>_<)

2009/12/08 (Tue) 21:29

やまもりきよちゃん

Re:カブトエビと「脱皮」の不思議■切り折り紙(12/08)

本日二度目(^^;おじゃましま~す♪

そうそうこれこれ!カブトエビ!!!なつかしいな~(~O~) 最近の子は、知らないだろうな~・・・。

2009/12/08 (Tue) 21:01

我流切紙人

こんばんは♪

よこりんひめ様のおっしゃる通り、脱皮は神秘的ですね。
同時に脱皮に失敗して命を落としてしまう個体も相当数存在しますので、脱皮はまさに命がけの行為のように感じます。
また、太古から生き延びているという意味では私の大好き?なゴキブリさんも立派な「生きている化石」だとは思うのですが、あまりにも身近な存在なために慣れ過ぎてしまって、かえって貴重な存在とみなしてもらえないのかもしれませんね……

2009/12/08 (Tue) 20:25

よこりんひめ

Re:カブトエビと「脱皮」の不思議■切り折り紙

脱皮は実に感動的で神聖で神秘的で、なんて言うか・・・生命の底力を感じますね。
うちは、爬虫類のひょうもんとかげもどきレオパードゲッコーを飼ってますが、月1、2回の脱皮をします。むいた皮は自分で綺麗に食べるんです\(◎o◎)
(^_^;)それにしても、繊細なhobbyですね? 素晴らしい☆.。*・°☆.。*・°

2009/12/08 (Tue) 19:24