FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

草ひばり ~日本の面影~

日本の面影 Glimpses of Japan

 

烏森神社01

ようやく秋の気配を感じる気候となって参りました。

秋といえばおいしい食べ物の恵み、澄み切った空、紅葉に秋祭り。
月のあかりと星の瞬き、知りぬける心地よい風。そして虫の声。
以前『虫めずる姫君』を紹介しましたが、今宵は虫のお話など。。。。。

私が敬愛する小泉八雲さんの作品に『草ひばり』というのがあります。
概略を紹介しますと・・・・・・・

小泉八雲は草ひばりを虫かごで飼い、その声を楽しんでいた。
毎晩美しい音色を奏でていた草ひばりだが、
ある晩、いつもよりひときわ高い声で鳴いていた。

・・・・・翌日、草ひばりは自分の足を食べた姿で死んでいた。
お手伝いさんは昨日、草ひばりに餌をやり忘れたということらしい。。。。。

この様なお話です。
このお話に出てくる『草ひばり』、ご存知でしょうか?
おそらく多くの方は初めて耳にする虫の名前ではないでしょうか。

でも、この歌声は、沢山の方が「聞いたことある」かと思います。

鳥のひばりも「声はすれども姿が見つけにくい」ですが、
草ひばりも同じように、声はすれども・・・・・・・。

それにしても日本の情緒溢れる名づけかたってとっても好きです。
虫に「ひばり」と付ける心、もみじを「狩る」という「紅葉狩」。
こうした四季折々の風情を言葉や生活に映し出す心は、
大切にしていきたいと思います。

コチラのリンクからその姿と声を聴くことができます。

烏森神社02

 
関連記事
スポンサーサイト



草ひばり 小泉八雲 虫の声


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 4

とみたや

★doisanさん

>草ひばりは初めて知った虫の名前です。
>自分のみを削ってでも生きようとしていたんでしょうか。すごい執念ですね。
-----
こんばんは!草ひばりという響きがとっても素敵だと思います。ひでわくさんの返事にも書きましたが、餌がなかったから足を食べたと、単純には考えられないようです。ひとつの作品として読む方がいいようですね。

とみたや

★ひでわくさん

> 凄い生態…お手伝いさんショックだったでしょうね…烏森神社…中の写真凄いよくこの前を通りますが…一度も毛氈観ていません♪
-----
草ひばりに限らず、何かの拍子で取れてしまった足を食べることは、沢山の虫であるようです。
小泉八雲さんの話は脚色もされていますし、虫好きの八雲さんならではの愛情もあるので、「事実」とは分けて読んだ方が言いようですね。
烏森神社。ちょっと気になる神社です。

doisan

Re:草ひばり ~日本の面影~(09/13)

草ひばりは初めて知った虫の名前です。
自分のみを削ってでも生きようとしていたんでしょうか。すごい執念ですね。

ひでわく

自分の足を…

 凄い生態…お手伝いさんショックだったでしょうね…烏森神社…中の写真凄いよくこの前を通りますが…一度も毛氈観ていません♪