ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: ぽたPhoto  

矢切の渡の対岸は柴又帝釈天だよ その1 「自転車(63277)」

今日も蒸し暑い一日でしたが、午前中に大切な用件は済ませたので、昼からポタリングに行きました。先日は松戸の矢切の渡まで行ったので、今日はその対岸にある葛飾柴又は帝釈天へとチャリンコを飛ばしました。

松戸から江戸川にかかる葛飾橋を渡りまして、河川敷沿いに下りますと、右に見えてくる杜。これが葛西神社の杜です。詳しくは文字リンクしてますのでそちらに任せますが、ちょうど神楽殿の準備中で、きれいな壁絵を拝見することができました。鶴の飛ぶ姿が優雅でした♪

葛西神社 葛西神社神楽殿

ここから少し戻って半田稲荷神社へ! ここは江戸名所にもなった有名なお稲荷様なんでございます。見るからに愛されてきたお寺さんだと分かります。

半田稲荷神宮半田稲荷パネル表示

左:稲荷社本殿/真中上:稲荷神社鳥居/真中下:神泉遺構/右:本殿額と鳳凰のレリーフ

創建は和同年間(奈良時代ですね)とも言われる古刹でして、歌舞伎や芸能界、花柳界、魚河岸などなど、たくさんの講中があり、、月詣も盛んだったとの記載があります。疱瘡やはしか、安産の神様として知られたとのことで、境内には神泉遺構が。昔は湧水井戸だった筈ですが、今はもう水はありません。井戸跡を囲む石柵には寄進者として市川団十郎の名前があったりしてビックリでございます。

お稲荷様

このお稲荷様、右はお子様連れでございます。かわいい!!

お稲荷さんが、なぜに芸能や花柳界から信奉を集めるのか。。。。。??

1764年から81年の頃、赤頭巾に赤法被、赤い脚半と全身真っ赤な衣装に赤い幟をもちながら、「葛西金町半田の稲荷、はしかも軽いが、疱瘡も軽いな、運授安産守りよ・・・♪」 と歌いながら江戸市中をチラシを撒きながら歩き回ったそうです。これが京や大阪にまで評判となって広まり、芝居や狂言で演じられ、さらには浮世絵に描かれるほどの江戸名所となったというのです。

ここから更に、葛飾柴又へ足を伸ばしましたが、それは次回。・・・・今夜は北欧紅茶のセーデルブレンドでまったりしました。

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry矢切の渡の対岸は柴又帝釈天だよ その2 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155766)」

Older Entryコーヒーミルの使い勝手 「コーヒーあれこれ(147)」

 

Comments
Edit★こまねこ0930さん
こんにちは!

>お子様連れのお稲荷様はじめて見ました~!
私もここ数年で知りました。

>子連れの狛犬さまに遭遇されたことはございますか~???
はい!たくさんの子連れ狛犬ちゃんと遭遇しています!このブログのカテゴリー「ぽたりんぐ」では、かなりの数を紹介していますよ~。
Edit★doisanさん
>とても整った感のある神社ですね。(暑いから参拝者がいなかったのでしょうか)
-----
一番上の葛西神社はとっても手入れが行き届いていました!
半田稲荷様は歴史感じる古めかしい雰囲気でしたよ。
Edit★makoto_kobiさん
>『矢切りの渡し』、僕は「細川たかし」の歌も好きです♪
-----
私も好きです!
連れて逃げてよ~ ついておいでよ~♪
Edit★ななこ712さん
>そういう歴史を知ってて見る景色は、違って見えるんでしょうねぇ。。。♪
-----
歴史大好き人間ですので!
ちょっとしたモノにでも、これにはどんな由来がぁぁと気になってしまうのです(笑)。
Edit★ひでわくさん
> 帝釈天しかいけてなくて…周辺散策の参考に致します…「矢切の渡し」も柴又側からしかを見ていませんので渡ってみましょう♪
-----
私もまだ渡し舟に乗っていませんので、今度乗りたいです!
Editわぁ~  。゚+.(・∀・)゚+.゚ !!
お子様連れのお稲荷様はじめて見ました~!
狛犬さま好きのとみたやさんに質問です
'`ィ (゚д゚)/★
子連れの狛犬さまに遭遇されたことはございますか~???
ぜひ、見てみたいものです(ノ´∀`*)
EditRe:矢切の渡の対岸は柴又帝釈天だよ その1(07/27)
暑い中、熱射病にはならなかったですか?
とても整った感のある神社ですね。(暑いから参拝者がいなかったのでしょうか)

EditRe:矢切の渡の対岸は柴又帝釈天だよ その1(07/27)
『矢切りの渡し』、僕は「細川たかし」の歌も好きです♪
EditRe:矢切の渡の対岸は柴又帝釈天だよ その1(07/27)
物知りですねぇ。。。(゚ー゚*)

そういう歴史を知ってて見る景色は、違って見えるんでしょうねぇ。。。♪

Edit凄い歴史なんですね…
 帝釈天しかいけてなくて…周辺散策の参考に致します…「矢切の渡し」も柴又側からしかを見ていませんので渡ってみましょう♪
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >