ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: ぽたPhoto  

我孫子さんぽ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155766)」

我孫子宿

今日はオフで、またまた我孫子へお散歩。我孫子駅から旧宿場町沿いに歩きます。

1.割烹旅館 角松本店。嘉納治五郎がよく通ったといいます。この料理屋の前身は松島屋という宿で、明治17年明治天皇後座所となった由緒ある旅館でしたが、のち角松に経営が移りました。  

2.脇本陣跡・小熊邸。小熊家は宿場の問屋兼名主を勤め、脇本陣としての家柄も持っていました。見事な茅葺屋根が威風堂々としています。 

3.脇本陣の道を挟んでほぼ向かい側にある本陣跡の碑。 

4.割烹料亭・鈴木屋旅館

5.渡辺材木店。もとは回春堂医院。明治当時は我孫子で唯一の医院でした。地元の人は"カイシンドウ"呼んでいたようです。

我孫子宿をもどり、子之神道を進みます。

子之神道を行く

1.子之神大黒天への道標。

2.金八稲荷神社のお稲荷さん石像。顔つきがおもしろいです。創建・名称の言われ等は不明です。

3.4.世界で一番小さな蝶々園:あおむし君のおうち!今回の散歩の目玉で~す!

出窓がある外壁にあおむし君木琴が備え付けられています!ハート型の音符の色のとおりにスティックで叩くと・・・・・・あの歌が聞こえてきます。これは楽しいです。

三角のユニークな外観のお家。その出窓に注目してね!よ~く見るといろんな形のさなぎがたくさん!この家に住む菅野さんが卵から成虫になるまで大切に育てている蝶々たちで、年間25種3000匹が展示室の出窓から飛び立っていくといいます。

 

5.子之神(ねのかみ)大黒天、大黒さまらしい「打ち出の小槌」型の絵馬。

6.どんないばらの道でもすり切れることなく小判の形を踏み残すという「金のわらじ」が鈴なりに奉納されています。

7.子之神大黒天 白花山延寿院本殿。・・・・・康保元年(964)建立。子の神様と大黒天を祀る名刹です。大正7年(1918)に我孫子の中心地にあった延寿院甲子寺がここに移転し、本尊の不動明王も併せて移されました。
商売繁盛、諸病平癒、家内安全、厄除けなどの祈願寺として親しまれ、とくに足腰の疾患には利益があると言われています。
毎年10月第4日曜には柴燈護摩火渡りが行われ、山伏姿の僧侶や一般信者たちが炎が残る煙道を裸足で歩きます。

この辺りは6世紀頃の古墳が多数あったとのことで、古くから人が生活を営んでいたようです。

旧村川別荘も楽しみにしていたのですが、今日は開いていませんでした。■公開は水~日曜の9:00~16:00、市民ボランティアによるガイドありとのことです。

ここから文学散歩道を進み、白樺文学館前を通過していくと、昔ながらの店構えが懐かしい大正煎餅さんがあります。東京は中野の大正煎餅からのれん分けされたお店で、ガラス瓶に入ったお煎餅が魅力的です。日曜定休。■我孫子市緑1-10-11

昔ながらのお煎餅

大正煎餅の先で右手に曲がると天神坂がありまして、我孫子の文学の象徴的な坂です。

大正時代、我孫子は白樺派の文人たちが次々と移り住み、芸術村の様相を呈し、「北の鎌倉」とまで呼ばれました。
文人たちは手賀沼べりからのこの天神坂をこよなく愛しました。というのも、石段を上りきった左側には白樺派の中心人物で、民芸運動提唱者の柳宗悦(やなぎむねよし)さんと声楽家の兼子夫人の旧邸三樹荘跡があります。現在は個人の住居のため非公開ですが、三樹荘の名の由来となった3本のシイの巨木が庭の奥に立っているのが見えます。
右側は柳の叔父であり、明治15年(1882)に柔道の総本山である講道館を創設した嘉納治五郎さんの別荘跡。この高台からは手賀沼の美しい風景が見下ろせます。 

天神坂 治五郎邸跡

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer EntryAED講習会について 「自分らしい生き方・お仕事(216689)」

Older EntryBLSとAED 「自分らしい生き方・お仕事(216689)」

 

Comments
Editヨッシー3131さん
>実際、蝶を飼育して増やしてるんですね!
>そんな偉い方が近くにいらっしゃるとは・・・。
-----
ちょうちょうへの愛情あふれるお宅で、素晴らしいです!こんな生き方もすてきですよね!
Edit+ルコ+さん
>わあ~、こんなふうに散歩を楽しんでみたいです。
>とっても気になったので「あおむし君のおうち」でネット検索して
>インタビュー記事がのってるサイトを読んできました^^
-----
あおむし君のおうちは本当に小さな小さなお家でして、出窓もごく普通の大きさの出窓です。でもとってもすてきなお家でして、絵本の世界から飛び出したような感じですよ~。こういう生き方もすてきですよね!
Editmakoto_kobiさん
>情緒があるところですね♪
-----
そうですね。でも関西育ちの私には少々物足りないんですよね~。
EditCHRISTINE♥さん
>割烹旅館なんていってみたいなぁ。
-----
私も入った事はありませんが、一度お泊りしてみたいとは思いますね~。
Editdoisanさん
はしょりはしょりですので、自分ではかなり未消化の部分がありますが、そういっていただけると嬉しいです♪
EditRe:我孫子さんぽ(03/04)
【あおむし君のおうち】は楽しそう。
木琴をたたいてみたい衝動に駆られます。
実際、蝶を飼育して増やしてるんですね!
そんな偉い方が近くにいらっしゃるとは・・・。
EditRe:我孫子さんぽ(03/04)
わあ~、こんなふうに散歩を楽しんでみたいです。
いつも思いますが、説明がお上手ですね。
それから、あおむし君のおうち、行ってみたいです。
とっても気になったので「あおむし君のおうち」でネット検索して
インタビュー記事がのってるサイトを読んできました^^
益々行ってみたい・・・私もこういうことができる人になりたいなあって思います。
Editおはようございます☆
情緒があるところですね♪
EditRe:我孫子さんぽ(03/04)
(^^)わぁ~風情があって散歩も楽しいでしょうね。
割烹旅館なんていってみたいなぁ。
我孫子はいったことがなかったので、とてもよくわかりました。お散歩、お疲れ様でした(*^^*)
EditRe:我孫子さんぽ(03/04)
たくさんの写真とわかりやすい説明で感心しました。(見ながら「へ~~」と思わず口に出てしまいましたよ)
行ったことがないところでも、このように説明してもらうと一緒に歩いたような錯覚になります。
ありがとうございます。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >