ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: ぽたPhoto  

松戸ふしぎ発見!~子連れ狛犬だらけ~ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155766)」

今日は午前中、職場の健康診断でした。天気がよく風もなかったことと、膝の回復も快調なので、旧水戸街道てくてく歩きに移行!小金宿~上本郷間を歩きました。
                 小金宿八坂神社の石碑
小金宿八坂神社は移転され、現在はサティが建っています。ここから南下すると小金宿のメイン通りです。

旅籠:玉屋

↑旅籠:玉屋です。格子戸にれんじ窓にせり出した屋根など、江戸時代の姿そのままですね。それにしても旅の籠で「はたご」って、情緒があっていいですねぇ。

国道6号線に合流して千住方面へ道なりに進み、武蔵野線をくぐった所に蘇羽鷹(そばたか)神社という変わった名前の神社が。地名も「二ッ木」と個性的。この一帯は鎌倉時代末期から千葉頼胤(よりたね)の城館があったとのこと。神社はその千葉氏の守護神だそうです。周辺地名の「上ノ台(うえのだい)」「作台(さくだい)」などがありますが、城館の存在を示した名残のようですね。

蘇羽鷹神社 蘇羽鷹神社不動尊

鳥居の右手にある天保11年(1840)の出羽三山等供養塔に俳句が刻まれています。

  松杉をほめてや風のかをる音

芭蕉ですね~。境内には力石が無造作に置かれていました。神社の裏には縄文時代前期(6000年前)の二ツ木向台遺跡があります。

さらに進むと八ヶ崎入口信号で道は二又に分かれます。右に入り今日のお楽しみ法王山萬満寺へ。


萬満寺

山門・本殿ともに新しいのですが素晴らしいです!実に清々しい雰囲気のお寺さん。松戸にもこんな素晴らしいお寺があったのね!と嬉しくなっちゃう魅力的なお寺さんです。寺前で直角に曲がる道がなんともいい味を出して風情がありますヨ!

なぜ新しいのか・・・・・・・・・・・・明治41年3月に、近くを通る当時の成田線(現在の常磐線)蒸気機関車の煙火による火災があり、仁王門を残して全ての堂宇が焼失しちゃったのです。昭和に入って本堂などの再建が進み今日に至っているんですね。
でも萬満寺はかなり重要なお寺だったことは容易に想像できます。
太田道灌、豊臣秀吉、徳川家康を初めとする歴代将軍の保護を受け70石の寺領を受ける朱印寺として栄えたとのこと。

ここの仁王様は黒光りして迫力満点!国の重要文化財です。祭礼の時は仁王様が解放され、「仁王様の股くぐり」が行われます。くぐった者は一年間無病息災に、特に子どもは健やかに育つといわれています。江戸期には疱瘡除けとして隣国にも噂が飛び、江戸詰めの大名や旗本の代参も盛んだったようです。

萬満寺仁王門 萬満寺本堂

このお寺ではさらに嬉しい出会いがありました。松戸の歴史ガイドもされている方に遭遇しし、この辺りの歴史をはじめ、見所やお得な情報などを聴くことができました。名刺も頂きました~。 

萬満寺の脇には明治時代の神仏分離で分けられた王子神社がありまして、ここの狛犬は子連れでした。

王子神社の子連れ狛犬ちゃん この王子神社、見ものは柱の狛犬!迫力!

王子神社本殿と柱の狛犬

道を進み、再び6号線を横切りますと妙見神社。あれ?また子連れ狛犬!向かって左にいた狛犬は玉緒を咥えています。

馬橋妙見神社狛犬 馬橋妙見神社狛犬玉緒を咥える

山間の熊野神社に行きました。またまた子連れ狛犬!右のちび狛犬は頬ずりしちゃってるし、左のチビ狛犬は親の下からちょこんと顔を出して何かを見ています。かわいすぎます!!

熊野神社左狛犬子ども付 熊野神社右の狛犬子ども付

熊野神社の丘を下り再び丘を登ると・・・・・京都の嵯峨野のような光景が!ここを登ると・・・・

松戸市新作の竹林 安房須神社

安房須(あわす)神社です。歴史がありそうですが謎めいた雰囲気です。境内には力石があり、狛犬は・・・・・またもや子連れです!!それにしても子連れ狛犬が集中していますね、この地域は・・・。

力石の説明標 安房須神社の力石 安房須神社の子連れ狛犬

歩を進めて北松戸は上本郷に入ります。この辺りは昔いろいろあったような雰囲気が感じられて、少しドキドキします。下の写真はその一端でしかありませんが、吉田松陰に佐藤久太郎、二ツ井戸、妙見宮を改めた明治神社などなど、いわくありげな感じです。

ふしぎの二ツ井戸跡 松蔭宿泊のお寺前 佐藤久太郎受難碑

本福寺まえの吉田松陰脱藩の説明を読んでいると、おじさんが声をかけてきました。(後で分かりましたが、本福寺の方でした!)この辺りの歴史を述べ始めました~。話を聴くと、風水を使ってこの辺りを整備したと思われる節が多々あるとのこと。一直線上にお寺や神社が配置されているんですね~!地図を見て確かめると、確かにその通り!しかもお寺さんの並び方や名前にもある法則性が見て取れるのですね~。

これは絶対に何かありそうです! 松戸のふしぎ発見! しばらくこの周辺の歴史をちょいと調べてみよう。。。。。

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry印鑑で運気アップ! 「暮らしを楽しむ(626114)」

Older Entry春の突風襲来 「今日のこと★☆(678704)」

 

Comments
Editpetit bonbonさん
車の運転が・・・・あまり好きではないんですよ~。ですからもっぱら徒歩と自転車です(^^;)
EditRe:松戸ふしぎ発見!~子連れ狛犬だらけ~(02/25)
歩くことが少なくなってしまった今日この頃。
車でビューンと用事を済ませてしまうことが多く・・・
歩いてみるといろんな発見がありますね☆

松戸の地を散策しているような気分にさせていただきました♪
Edit富士山の・・・・
ふもと・・・浅間大社に行ってまいりました。。。
そこの狛犬ちゃんも お子を連れていましたぁ~♪
可愛いよねぇ~♪
Editdoisanさん
長い文にお付き合い頂きありがとうございます。
膝はまったく問題ありませんでしたよ~!
まだまだ寒いですね~。
EditSpiga&Elyseeさん
長~い文にお付き合いいただき恐縮です。
好き放題かってにやってますので・・・・(笑)
でも、身近なところを知るって、本当に楽しいですね。
Editヨッシー3131さん
>芭蕉の【松杉をほめてや】は、やはり、
>当時も立派な松や杉だったんでしょうね!
>法王山萬満寺の門も、立派で見ごたえがあります。
-----
長々の文にお付き合いいただき恐縮です。
法王山萬満寺の山門は本当に見ごたえあります。
EditRe:松戸ふしぎ発見!~子連れ狛犬だらけ~(02/25)
行ったことない、また知らなかったところへバス旅行にでも連れて行っていただいたような気がしました、とみたやさんのバスガイドのもと。

膝のお疲れは出ませんでしたか?
EditRe:松戸ふしぎ発見!~子連れ狛犬だらけ~(02/25)
いつもなんとなく通り過ぎている
身近な場所にも
ちょっと見方を変えれば
新しい発見が色々あるんでしょうね。
近くのお寺や神社を
覘いてみたくなりました。(^_^)
EditRe:松戸ふしぎ発見!~子連れ狛犬だらけ~(02/25)
水戸街道にも歴史ありですね!
芭蕉の【松杉をほめてや】は、やはり、
当時も立派な松や杉だったんでしょうね!
法王山萬満寺の門も、
立派で見ごたえがあります。
松戸の歴史ガイドさんや、
お寺の方の話なんかも参考になりますね!
散歩には是非活用したいものです。
狛犬の表情も、見ていて結構面白いです。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >