FC2ブログ

車に乗っていると、歩行者にいらだったり、自転車に苛立ったりすることがあります。歩行者になっているときは、車や自転車の運転が荒いなと思ったり、なんて危険な運転をしているのかと思ったりします。自転車のカテゴリーではよく書いていますが、自転車に乗っていれば、自分は自転車に乗っている人の代表です。自分の運転が乱暴であれば、私以外の自転車に乗っている人全員が「乱暴な運転をする」と見られてしまいます。ですから...

Read more

度々書いていますように、お釈迦様もイエス様も、宗教を興そうなどとは考えておりませんでした。仏教もキリスト教も、のちの者たちが創りました。ここを忘れると、この宗教こそ世界を救うだの、我が尊師に帰依するなどと、間違った認識に惹かれてしまいます。お釈迦様もイエス様も、人として只どのように存在すればよいのか、人の生き方を求道され、示されたのです。現代の地球人が〇〇教という組織集団にこだわり、〇〇教の教勢を...

Read more

いま読んでいる本があります。『原典訳 原始仏典』上巻 中村元 編』 というものです。まだ読み始めたばかりですが、読んでいて思うことがありました。それは、「供養」というのは、『聖書』でいうところの祝福に当たるのではないかということです。私自身の今後の学びのひとつとして、ここに記しておきます。中村元 - 原始仏典 ダンマパダ の解説よき光と共に在れますように。...

Read more

お客様に対して「申し訳ございませんでした」と謝罪した後に弁解を加えると、印象は悪くなります。以前勤めていた介護施設でのことです。利用者の林田さん(仮名)が、食事の後にヘルパーを手招きしました。ヘルパーの石田さん(仮名)が対応しました。林田さんは「おかずに砂利が混ざっていたよ。ガリっとして驚いたけど大丈夫。今後気を付けてね。」と言いました。砂利が入っていたとされるのは、白菜と小エビの炊き合わせでした...

Read more

今月15日くらいだったでしょうか、奉仕という文字が来ました。その数日後に、「自分が反省して修正すればそれで終わりということではありません。相手、他の生命があることです。」と教えられました。奉仕という言葉から、私がすぐに思い出すのは、イエス様が弟子たちの足を洗ったというエピソードです。タイトル:キリストの洗礼者の足、1509/1510年頃の木版画。:Albrecht Durer(ドイツ、1471年-1528年)。冒頭の話。このブログ...

Read more

久しぶりに写真の投稿です。12月18日は、朝もやが深かったです。私は朝もやや朝霧が大好きです。冬の朝に、大地から立ち上る水蒸気なども。水蒸気や靄がたちこめていると、その日はとっても嬉しい思いに満ち満ちます。地球が呼吸をしているなぁと思います。大地の生命が息づいていることを感じて、嬉しくなるのです。こちらは近くの公園の松の木です。とても立派です。いつもこの松の木には元気づけられています。私の住んでいるす...

Read more

私の周囲では、トランプ大統領を嫌う人が多いです。得ぬHKをぶっこわす! の立花孝志氏のことも、私の周囲ではキライという人が多いです。フィリピンンのドゥテルテ大統領に関しても、私の周囲では嫌う人が多いです。私は、上記の3名はキライではありません。というのも、少なくとも彼らは言っていることと行いの差が小さい(ように見える)からです。率直にものを言う点は好感が持てます。 ■関連:間違いを教えてあげること、...

Read more

私は「地球が温暖化している」という話には懐疑的です。京都議定書が採択された当時から懐疑的でした。私の場合、科学的にというより、活動している人たちから感じるものですが、温暖化肯定説・温暖化否定説 両者の話を聞いても、やはり地球は温暖化している説に疑問は多いと感じます。あくまで私個人の判断です。個々人が判断してください。The concept of global warming was created by and for the Chinese in order to make ...

Read more

外国語を勉強するときに大切なポイントの一つは、自分の生活に関わることから学ぶのが効果的と言われます。自分の日常と関係のない単語を覚えても、それを使う機会がなければ忘れていくだけですし、外国語は生きた会話ができてこそだと思います。会話ができて、その上で読み書きできるとさらに良いのかと思います。少なくとも、一般人レベルでは、海外旅行で困らない程度の会話力が優先さるかと思っています。会話力がUPする勉強法...

Read more

過去記事の補足的な意味も含めて書きます。今の若い人は知らないかもしれませんが、私の子どもの頃、みかんの入っていたネットでリンゴをつくりました。ヘタの部分を中に押し込む形がとても魅力に感じていました。今思うと、これはトーラスの形です。根源、力、神、宇宙などの基本形です。子どもの頃からこの世に絶望していたせいで、社会人になるまではこの世は無という認識で過ごしていました。高校時代には老荘思想にのめり込み...

Read more

食べ物のカテゴリーでは、命について考えることをメインに書いています。生きることは食べること。食べることは殺生をすることです。他の生命を殺すこと。今回は卵のことです。卵は雌鶏が産むので、卵を産まないオスは <廃棄処分> されます。多くの方がそうだと思うのですが、この映像は何度見ても胸が痛みます・・・。↓もっと知られるべき。養鶏産業が隠している卵の裏側。卵を産めないオスのひよこは、お金にならないため生ま...

Read more

古代の建築は美しいです。エジプトの神殿は有名ですが、世界のあちこちに古代の建造物が残っています。ペトラ遺跡もまた、美しい建築を残しています。かつては水の恵みも豊かだったそうです。水がなくなるというのは、よくない心の人間が増えたことも関係しているのかと思います。Best 2017 HD Petra Lost City of Stone Documentaries new 2017いつも思うのですが、これほど巨大なアーチや出入り口があるというのは、それなりの身...

Read more

瞑想や座禅、最近ではマインドフルネスという用語も見ますが、その定義はいろいろあるようです。効果も、 ・集中力が高まる ・リフレッシュ・休息 ・心の平穏などいろいろ挙げられています。wikiによる瞑想と座禅の説明は下↓ のようです。私は座禅会などの体験はしていますが、出家してませんので、本格的な瞑想や座禅がどういうものかは知りません。私を含め、これを読まれている方々の多くの人は一般生活者かと思います。も...

Read more

前回は、プチ瞑想の手段として、手印を組むことをしたことを書きました。イラっとしたら、さっと法界定印を組んで、感情に呑まれないように実践しました。半年ほどこれを続けていると、実際に法界定印を組まなくても、心の中で印を組むイメージをするだけで対処できるようになってきました。私が法界定印を組むにしても、イラっとした自分に気づけるから印を組めるのです。イラっとした感情に任せて怒鳴ったり、手を出したり、いじ...

Read more

自民党・公明党の与党の多くの議員も新興宗教のカネの亡者です。自分の地位・名誉・利権、所属団体第一です。これでは、国がまともな道を歩むのも不可能です。日本国民を食い物にする、人の皮をかぶった悪魔たちのお話です。↓日本会議と安倍晋三を解説。上の動画の人も言っていますが、天皇陛下が「国民の生活なんて二の次だ」 「国民の生活なんてどうでもいい」などと言うはずもなく、また、思うはずもありません。いつも書いて...

Read more

前回、自分がイラっとするきっかけや状況が見えてきたので、それにどう対処したらいいのかを考え始めたことを書きました。イラっとした感情を克服するためには、まずはイラっとしている自分に気づくことが必要です。自分が悪い態度を取らないようにするためには、自分がとっている悪い態度がどういうものかを知っていないといけません。毎日の終わりに、今日一日の自分の態度や言葉、心の動きを反省してみると、自分がどのような態...

Read more

前回書いたのは、私は人を怒らせる名人と呼ばれた時期があったことと、その結果、他者を傷つけたことに気づかされ、自分の性格を修正すべきと痛感したことでした。この傲慢な体験から、自分の性格を修正する方法をいろいろと調べるようになりました。もちろん、何からやればいいのか分からないまま、手探りの状態でした。とにかくまずは自分の態度や言葉、語気に気を付けるようにしましたが、忙しい日常の中ではイライラした態度を...

Read more

私は短時間瞑想、プチ瞑想を実践していますが、実践してから心が平穏になっていることは実感しています。自分が苦手な状況に遭遇しても、以前よりは冷静に対処できるようになっています。イラっとする状況でも、感情に飲み込まれないようになってきました。プチ瞑想を始めたきっかけや、効果などを書いてみます。度々書いていますが、私は子どもの頃からこの世がロクでもない世界だと感じて嫌気がさしていました。ですから常にイラ...

Read more

長くなります・・・・・。ふと目に留まったツイート。50代の男性が、結婚ができなくてさみしいそうです。これ本当に自分の将来としか思えなくて鬱 pic.twitter.com/MV2m1Q0WqS— あらいぐまアスペル (@goatsucker_s) December 2, 2019 これを読んでどう思うかは人それぞれかと思います。ただ、コメントにもありますように、この新聞投稿者は自己否定観や被害者意識が強いような印象を私は受けます。↓ の意見は手厳しいですが、概ね...

Read more

私は、自分自身を 『鐘』 にたとえることがあります。鐘には撞く人が必要です。孤独を感じる人やさみしさを感じている人は、鐘を搗いていない状態かと思います。鐘を搗いてくれる人が 『いないと思っている』 状態。そういう人にとって生きる意味や楽しみというのは、誰かに撞いてもらう人生です。他人に鐘を搗いてもらうことで生きがいを見出し、喜び、楽しむ人生。ここで思うのは、鐘を搗いてくれる人を待っている人は、自分自身...

Read more

昔、私の知人がマンションを購入したのですが、そこはかつて多くの古墳があった場所でした。敷地の一角にはお稲荷さんの祠もあったそうです。私はそういう場所に建てた物件は購入しないほうがいいと思っています。そのマンションのことを少し調べてみました。・マンションの建設着工日にブルトーザーが横転して1人が下敷きになり死亡。・翌年にはクレーン車が横転して建築中のマンションの一部損壊。作業員2名が死亡。・土地を売却...

Read more