FC2ブログ

7月も最終日となりました。本日も穏やかに過ぎ越しできますことを祈念いたします。本日の最後に、ひと月の無事に感謝できる1日でありますことを・・・。自分の心を修正すべき思いとして、負の思い、負の感情があります。恨み、妬み、罵り、羨望などです。ツイッターに、興味深い動画が上げてありました。最初の内は、ここに登場する人々には自分が!自分だけが!という思いが見えます。人になれ🤗 pic.twitter.com/ZWaOXMaYtm— 槍...

Read more

みずがめ座δ(デルタ)流星群は見ごろですが、他の流星群もこれから見頃になってきます。天体を観測することは、古代人も大変重要視しています。星を読むことはとても大事なことだったようです。私はいまだにその意味するところが理解できていませんが、星々のやさしさは感じられます・・・。星めぐりの歌7月31日は、火星が大接近するそうです。火星と言えば、私はすぐにロシアの少年:ボリス君の話を思い出します。前世で火星に住...

Read more

今までたくさんの身体障害者や高齢者とご縁を頂いてきました。そのかかわりの中で教えてもらった真実のひとつは、健康というのは、肉体の状態のことではない ということでした。身体が不自由であれば、生活するのにストレスが増えるのものですが、健康な人は、身体の衰えや欠損を超越したポジティブさをお持ちの方々でした。彼らは「今」の肉体の状態に不便はありますが、常にたのしいことを見つけようとしていました。ある人は足...

Read more

介護の仕事では、利用者様の態度や雰囲気、言葉などを観ることが大事です。相手を観るわけです。相手を観るのは誰かというと、言わずもがな私です。ここで少し考えていただきたいのは、相手を理解するためには何が必要かということです。相手を理解するためには、相手を知ることが大事です。当り前です。相手の行動パターンや思考パターン、生活歴、年齢、身体能力、病歴、今の健康状態・・・多岐にわたります。しかし、それらの情...

Read more

れいわ新選組から、重度障がい者2名が当選しました。船後靖彦氏 →  難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症) 木村英子氏 →  脳性まひ↑氏名、病名をリンクしています。多くの一般人にはなじみのない病気かも知れません。この機会に少しだけでも理解いただけると、関係の仕事をしている私としては嬉しいです。記事にある通り、いずれも手足を自由に動かすことが難しい障害です。これは一般の人たちにはなかなか理解が難しいのかも知れ...

Read more

人は誰でも間違いをします。もし同僚などが間違いに気づかないでいるときに、そっと間違いを教えてあげる気持ちも大切です。その時に、相手が気分を害さないように伝える 私流のことを書いています。間違いを教えてあげること、教えられること。1では 間違いを教えることの意味を考えること。教えることで自他共に向上することを目指す。目指す地点を見据える。2では、伝えにくさはの要因の一つは、自分と相手との関係を自分で勝...

Read more

他人が間違いをして気づいていないときに、そっと教えてあげることについて書いています。間違いに気づかずに生きていくことは、学びの機会を失うことです。あなたが誰かの間違いに気づいたときに知らんぷりをすると、その人は死ぬまでその間違いに気づくチャンスがないかもしれません。そして私自身も、自分が間違っていることを教えてくれる人がいないなら、間違いに気づかず、一生おなじ間違いを繰り返すかも知れません。■間違...

Read more

同僚のQさんが、ミスをしました。Qさんは自分がミスをしていたことに気づいていません。あなたはQさんがミスをしていることに気づきました。あなたはどんな行動をとるでしょうか。人のミスを教えてあげることは、意外と難しいと感じている人は多いと思います。私には、言いにくいことを伝えるときの 「とっておき」 があります。■なぜミスを伝えるのでしょうか?まず最初に大事なことは、そのミスは伝える必要があるのか?という...

Read more

大嫌いな政治のことです・・・。「今回の選挙は盛り上がりに欠ける」と、保守論客とされている方が仰っていましたが、そうなのでしょうか。山本太郎氏の れいわ新選組 は、かなり熱いようです。野党陣の中においてはとびぬけて勢いがありますし、他の野党とは比べ物にならないほどの熱意があります。私は障がい者・高齢者介護の世界に生きているので、れいわ新選組の動きはかなり興味深いです。・・・山本太郎氏には、私はあまり...

Read more

政治系のツイッター・・・見ていると、ネトウヨだの安倍信者だ、パヨク、サヨクだのと、レッテルの貼り合いが酷いです。レッテルを貼っていると、自分の主張以外はなかなか理解ができません。コインのウラかオモテかしか見えていないのだろうと思います。コインには裏表があります。物事を見るときに、オモテの意見とウラの意見があります。コインをテーブルに置いた状態で見ると、反対側の意見は見えません。ウラが表になっている...

Read more

当ブログで書いていることは、同じことの繰り返しです。取り上げる素材や表現は違いますが、根底にあるものは同じです。自分自身を生き切ること。自分の心の内に大黒柱を、御柱を立たせること。  真の御柱祭、自分自身の神事です。いうまでもありませんが、自己中になれということではありません。物事を考えるときに重要な視点が、私にはあります。次の通りです。今の自分の人生は、自分が取捨選択してきた結果である。今の自分...

Read more

ツイッターで、弱者が自分を守るために、自ら声を上げないと守ってくれない社会なんておかしいよねという意味のツイートを拝見しました。これは本当にそう思います。人の心で大切な姿勢のひとつは、他者:相手の立場になって考えてみることです。思いやり、気遣いもここが原点です。 諸々の人の悩みをわがことに思ふぞ信仰【のり】のはじめなりけりしかしながら、少し考えてみますと、困っていること、悩んでいること、改善して欲...

Read more

当ブログでは皇室、天皇のことも少し書いていますが、女系天皇は破壊工作であると断言しておきます。こんなものを支持する人は偽日本人です。まことの日本人はこんなもの支持しません。また、天皇は悪魔だの、権力の象徴だの言っている人もいますが、これも間違いです。天皇や皇室の表層しか見ていない者の妄言です。その手の人たちは幕末から明治維新を経た後の西洋からの干渉についてほとんど理解されておりません。幕末、にほん...

Read more

ひとつ前に、自転車が右折するときの注意点を書きました。続きです。「注意する」というのは、自己管理であると同時に、リスク・マネジメントです。自分の身を守るために、どうすることが安全かという基本姿勢のことです。自身の安全は、周囲の人々の安全に繋がることも多いのです。私が中学までは、『人は右、車は左』 と教わりました。少し調べてみたら、どうやら今もそのようです・・・。道路交通法 第十条 歩行者は、歩道又...

Read more

先日、道を歩いていると、道路のコーナーから自転車が飛び出してきました。あやうく衝突するところでした。その自転車は T 字路を右折してきたのですが、角をインコースに入ってきたのです。【下図】図をご覧いただくと、右折するときに右の角に向かっていくのがどれほど危険かは認識できると思います。車は左側走行なのですから、右の角に向かって自転車をこぐのは、自ら出合い頭事故になるように特攻するようなものです。街を見...

Read more

巨大セコイアのリスト というのが wiki にありました。グーグルで 『世界の巨木』 を検索すると、圧倒される木々の写真も見れます。実際に巨木と会った人なら、木の偉大さを実感されているかもしれません。2009年 【平成21】 に公開された、『アバター』という映画がありました。現在第2作目を制作中のようです。ここに登場するスカイピープルと呼ばれる異星人は巨人です。そして彼らの世界には豊かな自然と巨木が地表を覆っ...

Read more

■悪いものを生かしてやる私が心掛けているイライラへの対処法について書いています。3回目で、ひとまず今回で最後です。まず、だいじな認識があります。怒りやイライラは、決して敵対すべきものではないということです。怒ることはいけないことだ、憎むことは悪いことだと言われますが、自己内省が強い人の場合、自分は怒ってばかりいて、なんてダメ人間だ!と自己嫌悪に陥ることがあります。こうした自虐行為は避けるべきですし...

Read more

■自身の中にある負を認識すること前回に引き続き、私自身が心掛けているイライラへの対処法について書いています。自分がイライラするときに感じているのは、どうしてこの状況に自分がイライラするのか? ということです。ここで私は、思い当たることがあります。イライラするのは、何かがきっかけで湧いてくる感覚です。では、何がきっかけになるのか、ということを突き詰めていくと、私自身の中に、感応する原因があることに気...

Read more

いろいろな局面でイライラする場面があると思います。イヤな思いにさせる人や出来事は、日々目の前に現れます。この時、イライラを誘発したモノにフォーカスすると、それに対する憎しみや恨み、呪い、嫌う気持ち・・・そういう思いが更に湧いてきます。例えばいじわるをしてくる人に対しては、誰しもイヤな気持ちになるものです。この時、負の攻撃に対して、自分も負の力で対抗すると、負の感情が激突して互いにイヤな感情の渦に巻...

Read more