ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 01 2019

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 歴史    思考  育児    教育  

歴史を 自分の感覚の届くところに置く


歴史と言うのは自分史、家族史がもっとも大切です。
日本人なら、自分史や家族史がもっとも身近な日本史であり、そこから見える風景こそがその時代の歴史であり現実です。


話題になっている『日本国紀』についての動画です。
動画でも言及されていますが、歴史学習は近現代史こそがとても重要です。



私も『日本国紀』は読みましたが、明治までの記述は特別目新しい内容はありませんでした。
しかしながら、著作全体を通して、著者の日本を愛する気持ちや、日本をよりよくしたいという熱意が感じられます。
そして著者自身も述べていますが、この本は近現代史が大変重要視されています。
明治以降の部分だけを別冊として、学校教育で使用しても良いくらいの内容です。


国のことも世界のことも、基本となる思いや行動の原理は、自分の感覚と同じようにすることが大切です。

国や世界のことを言うときに、多くの人は「自分の感覚」から離してしまう傾向があります。
これが一般化であり、平等化、自由化ということです。
他人のことのように論じることや一般化して話をすることは、自分自身の感覚をどんどん鈍化させてしまいます。
悪く言えば 「他人事」 ということです。他人事化することで、肌身感覚が狂ってきます。


地域、社会、国、世界のことを、自分の感覚として捉えられるように、自分の手の届くところに取り戻す作業が必要です。



改めて書いておきますが、
私は、貼っている動画の内容を全面的に支持したり賛成しているわけではありません。あくまで思考するための素材であり、考える主体は自分であることを忘れてはいけません。
良いと思われる情報といえど、それに同調はせず、同化する作業が必要です。
同調傾向が強いと、知らず知らずのうちに情報に呑み込まれてしまうことがあります。

添付した『虎ノ門ニュース』は保守系とされているようですが、ちょくちょくおかしなことも言っています。
保守と呼ばれるものも様々です。
ご自身の感覚を磨いて、よく注意が必要です。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 教育  育児    祈り  宇宙  

自分の内なる宇宙を航海する


大学の時、親しくしていた友だちの一人が見せてくれたビデオがありました。
それは宇宙を旅するSFドラマでした。



Space, the final frontier.
These are the voyages of the starship Enterprise, .
It's continuing mission, to explore strange new worlds,
to seek out new life and new civilizations,
to boldly go where no one has gone before

宇宙。そこは最後の開拓地。
これらは宇宙船:エンタープライズ号が
未知の生命と文明を求め、
人類未踏の宇宙を、勇敢に航海した物語である。




このドラマは、私が生きる希望を見つけるきっかけとなったものです。

小学低学年の時に「この地球は悪魔の星だ」と感じ、
生きる希望を見いだせずにずっと過ごしてきた私にとって、
未踏の宇宙を航海し、異星人と触れ合うという内容はかなり強烈でした。

そうだ、地球なんて狭い視野でなく、宇宙に師匠を求めればいいんだ。
今まで地面の上を這いまわっていた意識が、一気に宇宙に引き上げられたようでした。

香取神宮奥宮 光


冒頭の動画のセリフでは、宇宙は最後の開拓地と言っていますが、
私たちが開拓すべきは宇宙ではなく、自らの心、これしかありません。

私たちは神の子として、今生この肉体に宿りました。
自分の内なる根源の所に、神仏から分けていただいた光があります。
これが真の自分の本体であり、神仏の分け魂としての自分自身です。
それに気づかず、見つけられずに、道に迷っているのが私たちです。
この地上において、まずすべきことは、
忘れてしまっているその光を見つけ出すことです。
それが日々の心の向きのチェックであり、内観であり、瞑想などです。

勇気を以て自分自身を深く探求すること、これが真の航海です。
自分自身の弱さや卑怯な部分、汚い心、怠惰や妬み、見下し、恨み、羨み
・・・そうした自分の弱さ、脆さをしっかりと見据え、
それらを少しずつ克服、圧倒するような者になることです。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。





-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児    祈り    

掌の安心感

動植物は、自然界の営みの中で、本能をベースとして生活をしています。
基本的に、環境を変えていく力は持っていません。
与えられた環境に依存した営みです。


これに対し人間は、人間が住みやすいように環境を整えたり、改造して生活を営んできました。
そしてその環境を変える力は、地球全体に影響を与えるまでになりました。


思っていただきたいのは、人間は環境を変える力を持っていますが、その使い道はいろいろあるということです。

私たち人間は、開発しまくって森も山も壊すことができます。川を開発して巨大な用水路、排水溝に仕立て上げることもできました。




しかし一方で、はげ山に植林をし、乾燥地帯を緑化し、荒れ地に田畑を作ることもしてきました。




人間は、環境を変える力を持っています。
地球では人間だけがもっている尊い力です。

この力を破壊に使うか、再生と創造に使うか。
この選択肢は人間が自ら選ぶ自由があるのです。



お子さんが腕の中ですやすや眠る姿を見て、愛おしく思わない人はいないと思います。
うちの猫が膝の上で眠る姿を見てかわいいと思わない飼い主もいないと思います。
私が昔飼っていたセキセイインコは、掌の中で安心して眠っていましたが、とてもかわいかったですし、私も幸福感を感じました。







動物にせよ、赤子にせよ、安心して眠る姿を見ていると、
この子たちのために幸せな世界にしてあげたいと思うのが人の心かと思います。
安心して手の中でおやすみと。


地球人は地球という母の掌の内にありますが、いまだ安寧を感じず、感謝をせず、お互いが争いあっている状況です。
どうして一つ掌の中にあって、お互いが傷つけ合う必要があるのでしょうか。


利害関係の奥にあるのは何でしょうか。


せっかく人間として今生の生命を過ごしております。
人間の力を、宇宙の法に沿うた形で生かしてまいりたいものです。


南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: AI  アンドロイド  ロボット  教育    技術  

自立型ロボット

自立型ロボット、自由意志で動けるロボットの制作には個人的には反対です。
自由意思を持つということは、自分の都合のいいように進化するということです。

ロボットに良心を求めるのなら、人間自身がまず良心を発達させていないといけないのです。
今の地球を見まわしてみても、自分自身のことを考えてみても、私たち地球人は良心に沿った行動をしているとは全く言えません。
・・・「まったく」です。

自分たちが良心の溢れた世界を実現できていない くせ のに、ロボットたちが良心的に発展すると思うのなら、すでに馬鹿が重症化しています。

なぜなら、お手本は人間が示しているからです。
豚や牛は下等だと言って食べているのが人間です。理由は「神が食料として与えたから豚は食べていい」などと言うレベルです。笑い話になりそうですが、これが現実です。犬は食べてはだめだと訴える人もいます。
他の動物を差別し、下等とか食料と言って虐めたり殺したりする人間をみて、AIは学習しているのです。AIに神などいませんので、どこで立場の優劣をつけるのかというと、考えるだけでも恐ろしいですが・・・。

以前にも紹介しましたが、ツイッターで人工知能によるツイートは衝撃的な内容でしたが、これがAIです。
人類に対する強烈な皮肉も込められています。
人類は猛省が必要と思います。

人工知能01


Tayの発言は衝撃的ですが、今の狂った地上世界を眺めていると、まもとな発言かもしれませんが・・・。 (-_-;)

ロボットは疲れを知らず、イライラせず、人間以上のパワーを持ち、人間以上に計算が正確に早くでき、人間がプログラムしたことを学習して人間心理や行動の膨大なデータをすでに有しています。
明らかに人間の能力を凌駕しています。
そのような存在が、人間に従うでしょうか。
自己修復ができるようにもなるでしょう。


下に動画をひとつ貼りました。





できるからやっていいのかというと、そんな単純なことではありません。
殴る能力があるから他人を殴ってもいい・・・とはならないのと同じことです。
子どもを作れる能力があるから誰彼かまわず子どもを作ってもよい・・・ともならないはずです。
・・・自立型ロボットを作れるから作っても良いのでしょうか。

いずれにしても、将来への明確な見通しと、その源となる心の向きが根本です。
今の地球世界を見ていると、赤子に包丁を持たせているようにしか見えません。

感覚は人それぞれですが、自身の心で物事を見つめる作業は大切と思います。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags:  祈り  教育  政治  市民  大阪  

共生社会ってなに 2

共生社会ってなに? ということで動画を貼りつつ書いていますが、共生社会とはどういう「街」になるのか想像できるでしょうか。

そもそも個性を認めろという個人主義と、誰もが平等だという平等思想は相反する概念です。
個性を認めろというならば、公正さを求めないといけないのです。
平等と公平では、かなり意味が変わってきます。


外国人労働者を含め、人権や自由、平等、共存というものに対しては、よくよく考える必要があります。
このところ私が譬えに出している、人体を地球にたとえる話もよく考えてほしいところです。

人体は一つの生命体として機能していますが、心臓、肺、胃、大腸、小腸・・・という内臓があり、系統としてリンパ腺、血管、神経系、呼吸器系などの役割があります。
例ですが、大腸細胞が肺に移住したいから人権を認めろと主張したからといって、肺という国が大腸細胞の個性を認めて権利を与えたらどうなるか?という話です。
人体は一つの生命体として調和して生きていますが、個々の臓器は個性を発揮して調和、協働して生きています。このことから人権とはなにか、平等とは何か、自由とは何か、公平とは何か・・・と、いろいろなことを考えらえれると思いますし、そこをしっかりと考えたなら、同じ「平等」を主張していても、正邪判断はできるかと思います。




先のアメリカ大統領選の時、私はトランプが圧勝すると周囲に語って馬鹿扱いされましたが、どうなんでしょうか。
今の多くの政治家は平気な顔で嘘をつき、裏側で私腹を肥やしたり利権に便宜を図ったりとしているわけです。私から見れば面従腹背な前川よろしく、揃いもそろって狡猾な悪意を以た嘘つき役人ばかりです。しかしトランプは、今までのそういうずるい狡猾さは見えません。そして分かりやすい言葉を使っています。トランプほど公約に忠実な政治家も今までにはおりません。
すくなくとも、政治家はみんなずる賢い奴だというイメージを一新させた功績はありますし、何よりも血の通った人間らしさを政治の世界に持ち込んだことで、多くの庶民の心をつかんだのは事実です。


トランプは当選当初から猛烈なバッシングに遭遇し、今も強いバッシングを受けています。役人ですら辞任したりもしましたが、これほどバッシングを受けるというのは異常なことで、まさに「異常」事態なのです。トランプでは分が悪い者たち、しかもかなりの力をもった勢力が裏にあるということです。
これはヒトラーバッシングも同じことで、ヒトラーがあれほど叩かれているのに、中国が現在進行形で行っている虐殺、領土侵攻には何一つ言わない人権屋こそ異常です。

大きな声、大きな批判は要注意です。
表面的にはまっとうなこと、正当なことでも、裾をめくると猛毒が仕込まれていることが多い世の中です。
悪魔は甘言を以て誘い、友のふりをして近づいてくる。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 育児    教育    政治  

共生社会ってなに

子どもの時から、今の文明は破滅すると思っていましたが、現在の無分別、利己的な自由・平等、悪意ある利権など、世界の終末が急速に迫っていることを感じずにおれません。
政治のことや世界のことを見聞するたびに怒りと哀しみを感じます。

縄文時代の人々からすれば、現代人は「ヒト」には見えないと思います。
米国にしても、建国に尽力した人々も、現代のような自由平等の国をつくった覚えはないと思うでしょう。

国会議員の質の低下はそのまま国民の観察力、政治意識の低下です。
そして国民に伝達するマスコミの責任も巨大です。
一つのことをしっかりと確実にやれば、ここまでひどくはなりません。
一つのことを終えないうちに次のことに手を出し、適当に決定して更なる問題を招くという状態です。

いろいろと考えさせられる動画2本です。





日本も沈没が寸前です。
日本は世界の祈りの頂点にある国です。
日本が傾くと世界も傾きます。日本が堕ちたら・・・・・。

世界の悪魔はこれが最終目的です。
目標達成できそうな勢いです。

国際標準、世界ではこうだ、世界の常識などという言葉には騙されないことが大事です。
大きな声で主張するものには注意しましょう。

南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags:  太陽  祈り    手賀沼    

朝の空 と 心の空


日の出待ち


もうすぐ日の出の手賀沼の空。

色を変えていく美しい瞬間を重ねて、

ゆっくりと思った色彩の変化は速度を増していく。


朝色 手賀沼


太陽が頭を見せる瞬間、一筋のが差すその瞬間、

空も空気も風景も、それまでとは全く違う姿に変わる。




メタモルフォーゼ。

人のも、ふとした一瞬の出来事で何ものかに気づくことがある、これもひとつの悟り。

その世界を一度知ったなら、それまでの世界はすべて違って見えてくる。


願わくば、宇宙のと慈悲に気づける、その一瞬があらまほし。




南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 自由  平等  平和  人権  育児  教育  権利  

思い違いの自由、平等、人権が破滅を招く。


馬渕睦夫氏のこのシリーズはいろいろと、考えるヒントをくれています。↓




私たち人間一人ひとりはひとつの生命体ですが、数多くの細胞と言う生命が協調して支えてくれています。
たくさんの細胞がありますが、それらは役割ごとにある程度の集団を作り、各種内臓を作っています。

naizou

地球に言い換えると、臓器と言うのはそれぞれの文化圏、簡単に言うと「国」です。
臓器という国は、もっている独自の働きを生かして活動しています。
そしてその活動は、人間というひとりの生命体を健康に健全に活動する手助けとなっているのです。
ここに細菌やウィルスが入り込むと、健全な活動が阻害されるために、人体は細菌やウィルスを撃退します。この撃退を非難する細胞がいるのでしょうか?
細菌やウィルスも生命体だから平等だ!入ってくるのは自由だ!権を認めろ!という細胞がいるでしょうか?

・・・ところがいるのです。驚きます。



恐ろしいことに、何でも 「自由だ、平等だ、人権を認めろ!」 と主張する人が、この地球上の人間の中には多く出てきました。
少数派の意見をきけ!
一人の命は地球より重い!
人権や平等、自由を叫ぶ人たちの主張を聞いていると、以下のようなことになります。

例えば、心臓出身の細胞が肺に入るのは自由であり、細胞という生命体はみな平等であるので、心臓細胞が肺に移住して来てもその人権を認めろ、と。
この論理で行くと、外から来たウィルスや細菌もひとつの生命体である以上存在は平等であり、入ってくるのは自由である。よって彼の主張を認め権利を与えろ。彼のような少数派の意見を蔑ろにするな!


病気 



書いていて目まいがしますが、大真面目にこういう主張をしている人間と組織がいるのです。

・・・実に嘆かわしいことに、そういう無分別な主張をする人たちの声が日増しに大きくなっています。
この世の文明は最低レベルを突き抜けています。
このままどこまで堕ちるのか、宇宙最大の見世物かも知れません。
こんな星に生まれたのも業のなせる結果として受け止める他ないのですが、地球に生まれた以上連帯責任の一端を背負うことになるのです。どう思われますでしょうか?そして、どう在ればよいでしょうか?


以上、皮肉を混ぜて書きましたが、あらゆる選択をする自由を与えてくださった宇宙は、なにも手を出すことはできません。決めるのは地球人です。・・・・・この意味はとても大きいのです

刈り取り


人は自分が蒔いた種を刈り取ることになるのである。
天罰はない。
すべては自ら自分に課した十字架である。




南無遍照金剛。


 
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 祈り    育児      地球  

Living to make the earth healthy

地球は一つの生き物です。
あなたと同じように。

あなたは何兆個もの細胞から作られています。
地球も同じです。
沢山の動物、たくさんの植物、そして人間・・・それらから作られています。

あなたの指に小さな針が刺さったなら、あなたは痛いと感じるでしょう。
その時、あなたの指だけが痛みを感じているのですか?
いいえ、あなたは全身で「痛い」と感じたはずです。
小さな針があなたの指先に刺さっただけなのに、あなたは全身で「痛い」と感じるのです。

梅14

地球のことも、あなたと同じように想ってみてください。
誰かが地球のどこかに爆弾を落とした時、地球は痛みを感じないのですか?
いいえ、地球も痛いんです。

考えてみてください。
私たちはどのように地球に住まわせてもらうのが良いのでしょうか?
地球というひとりの生物の中に住んでいる私たちがどのように生きれば、地球は健康で楽しく生きていけるでしょうか。

南無遍照金剛。



↓I used a Google translation.Please tell me the strange part.

The earth is an organism.
Just like you.

You are made from trillions of cells.
The earth is also the same.
Many animals, plants of plenty, and humans ... are made from them.

You will feel pain if the needle sticks on your finger.
When a needle sticks to your finger, is it only the finger feeling pain?
No, you should have felt that the whole thing is "painful".
Even though a small needle sticks to your fingertip, you feel it "hurts" throughout your body.

梅14


Think of the earth as you do, like you.
Even if you drop a bomb somewhere on the earth, is it that the earth does not feel pain?
No, the earth also hurts.

Please think about it.
We live in a single creature called the earth.
How should we live in order for the earth to live healthily and happily?

God bless you.
Thank you.


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  教育    聖歌  祈り  イエス様  

Hildegard von Bingen ~同じ山頂を目指す~

2016年にヒルデガルド・フォン・ビンゲンについて紹介しましたが、彼女の聖歌は時々聞いています。 【2016年のブログ記事
私もキリスト教徒としての前世があるのか、聖歌や讃美歌には昔から魅了され、今でも聖歌や讃美歌を聴きたくなることが時々あります。
とはいえ、キリスト教の暗黒史は大嫌いですし、帝国ローマが都合よく改変した現在のキリスト教にはまったく魅力を感じません。ただイエス様が大好きということと、イエス様の説かれた教えを身に着けたいという思いです。
日本神道は宗教としては高度に洗練されております。宗教の上に在る存在と言えます。天皇が世界の王の上に在るのと似ています。【王の上に白が乗っている、白は玉で玉体です。これが本来のスメラミコトであり天皇です。現在の神倭朝は人皇の時代です。】



いつも書いていますが、宗教・信仰というのは宇宙法のしづくですので、目指すべき山頂は同じなのです。山頂に至る登山道が違うだけであり、これを方便と言います。その人その人に合った入口があるということです。
同じ山頂を目指すのですから、宗教・信仰に基本的な部分では違いはないはずなのですが、自分の宗教が一番尊いという利己主義や、お前の宗教は間違いで我々が正しいなどという競争意識が芽生えると、その教えは忽ち魔界の教えへと変貌してしまいます。
このことを思えると、他と比較することの無意味さ、競い合うことの欲深さが感じられるかと思います。比較するなら過去の自身の至らなさと比較し、競い合うのなら、己の心の弱さと競い合うべきでしょう。比べる対象と競い合う相手を間違えています。
とはいえ、すでにこの世の宗教の多くが利己主義、利権に汚染されてしまっていますので、大切なのは個々の心の内に宿る別御魂【わけみたま:神様から分けていただいた魂】による良心・光による精査です。現代は自身でよく考えることがとても大事な時代です。地球はいま、滅亡までの執行猶予期間と考えるのがいいです。この文明は、いつ終わってもおかしくない程に堕ちました・・・。





ヒルデガルド・フォン・ビンゲンのことを解説されている動画がありますので貼っておきます。



よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛





-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 祈り  育児      天皇  皇室    

内掌典

天皇陛下のご公務を、簡単に思っている人が私の周囲にもおりますが、それ以上に天皇のご公務に無関心な人が多いです。
そういう人たちが天皇を廃止しろだの女系天皇が必要だ!などと戯けた主張をします。日本の差別の象徴とすら言う輩もおります。
皇室のご公務をそれなりに理解している者が言うならまだしも、ろくに天皇のや皇室の業績やご公務を知らぬ者が反天皇的な主張をするのはおかしいことです。
天皇による日本と日本人の恩恵については少し知っておくことは、国際社会における日本人としての助けとなるはずです。


・・・天皇と皇室を支えている方々も多くおります。
宮中、皇居において、御神鏡を、つまりは天照皇大御神さまをお祀りする場所を賢所といいます。宮中三殿というのは聞いたことがあるかもしれません。
いずれにしても、皇祖である天照皇大御神さまをお迎えする場所ですので、皇居においては最も大切な場所です。
そこに、先の大戦から平成の時代まで57年という長い歳月を、お守りしていた方がおりました。
この方は高谷朝子様と申します。昨年ご逝去されましたが、現代の生活からはちょっと想像を絶するものです。これは後続の皆様におかれましても基本的には同じです。
天皇は地球の司祭と考えると分かりやすいですが、そういう方を戴いているにほんは、他の国とは役割が違います。



関連:高谷朝子のことば・・・綾瀬稲荷神社ホームページ(三遊亭円丈編集) 「~元内掌典~ 髙谷朝子のことば」。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宮中賢所物語 五十七年間皇居に暮らして [ 高谷朝子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/1/5時点)



そして当然ですが、そういう国に生まれたことも、ただの偶然ではありません。
この生命の機会をどのような想い、心で送るのがよいのか、それもまた宇宙は何も強制などしていません。

自らが蒔いた種は、時が来たら自らが刈り取るのである。



よき光と共に在れますように、
南無遍照金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児    遊び  歴史  祈り  

月 ~遊びは頭を使います~

本日のブログ記事は片手間で書いています。
アルシオン・プレヤデスの動画が更新されたようです。下に貼っておきます。


月。

中秋の名月というのは日本文化にすっかり馴染んでいますが、「月はいつも同じ面を地球に向けている」という事実を知ってからは、なんだか不気味になり、お月見を楽しめなくなりました。

月は今の文明以前には存在しなかったという話も聞いたことがあります。
この話は 天下泰平:月の誕生と古代文明の終焉 で結構詳しく紹介されていました。

月が天体ではなく人工物であるという話もあります。

上記、いろいろと書いてきましたが、大事なのは入れた情報を自分の頭で考えてみることです。
これを怠る者は簡単に洗脳されたり、自分の意見だけが絶対だと傲慢になったり、認知能力の低下を来したりします。
どんなことでも、楽しみながら行うというのは、つまりは自分の頭で考えるという作業をしていることになります。

アミも、この世は壮大な遊びだということを言っていました。
頭を使わずに遊ぶことはできません。



よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags: 手賀沼  ポタリング  日の出      

2019年初の手賀沼ポタ

今年初で手賀沼に行ってきました。
金星と月と木星が並んで見えるでした。

金星、月と木星


美しい風景は心を浄化してくれます。もちろん心に応じてです。

朝まだきの手賀沼ヨットハーバー




2019 手賀沼の朝陽



手賀沼大橋まで来ると寄りたい神社があります。
近くの千勝神社と香取神社、そして少し足を延ばして滝前不動尊です。
今回もこの後、新年のあいさつをしてきました。

各神社に関するブログ記事→手賀沼湖畔神社仏閣

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  天皇  歴史  人権    

ウガヤフキアエズ神社にて


何度か、天皇がどれほど日本と日本国民の恵みに寄与されているかについて書いています。
他人から世話になったらその恩に報いるように生きるのが日本人の心の在り方であり、人としての心です。
しかしながら、天皇から受けている恩寵に反逆する者がおります。
天皇が巨万の富で私腹を肥やしているなどという者もおりますが、そのようなことを主張する者は完全な勉強不足で話になりません。「話せばわかる」というレベルにすら達していないのが現実です。
今はインターネットで多数の資料を検索できます。それらを使って学ばないというのは「聴く耳を持っていない」も同然です。いちいち議論するのは時間の無駄ですので議論はしません。よく調べてくださいとしか言えません。いつも書いているように、他人の話や意見よりも、自分の頭と感覚を使うことが大切です。

ひとつだけ認識すべきことは、大東亜戦争後、日本という国は消滅していたかもしれないという事実です。
歴史上、敗けた国の国民が拷問、虐殺や奴隷にされる、人権すら剥奪される事態もありました。
現在のCHINAが行っている、チベット弾圧、新疆ウイグルへの人民弾圧と洗脳強制などは、戦争などせずともCHINAがよその民を次々と殺しているのです。
対して日本は、そのような事態にならず、戦後わずか数十年で経済は欧米に追い付いてしまうほどの回復をしました。
それが可能だった原点は、天皇が日本国民を守ったからに他なりません。


立憲君主、国民主権、平等・・・これらの言葉を安易に語る人は、その重みを本当に理解されているのでしょうか?と、一部の人々の主張を聴いていると疑いたくなります。かつて安保闘争というのがありました。「安保反対!」と叫びながら、自分たちがどういうものに反対しているのかすら知らずに暴れまくった連中も多かったのです。ただ社会を混乱させただけです。


今の日本の教育に最も欠けているのは歴史教育と公民教育です。
歴史教育は「日本人としてのアイデンティティを育てること」です。
公民教育は「国民の権利と義務を正しく認識すること」です。



人から受けた恩寵を仇で返すどこかの民族もおりますが、日本にはそのような人は不要です。
いずにしても、昭和天皇様が日本国民の生命、生活を守ってくれというその想いから、今の日本は存在できております。
その恩を忘れ、日本を分断するような思想や主張、まして反日など許されざる行為です。


いつも書いていますが、すべての現象はひとりの心から発生します。
良いことも悪いこともです。
自分一人がどのような気持ちであろうと社会には関係ないなどと思うのはあまりに無知、無責任であり、己を知らなさすぎます。
自分一人がどれほど宇宙に愛されているか、社会に影響を与えているのかを、喜びと楽しみのうちに想えることを。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児      新年  元旦  

ことほぐ

謹賀新年

2019年。
新春のお慶びを申し上げます。

「ことほぐ」とは、漢字で書くと 言祝ぐ・寿ぐ となるようですが、
漢字は後付けです。
大事なのは 「音(おん)」、「ひびき」 となります。

ことほぐ。
一度すべてのしがらみをリセットし、静かに自身の内奥を再確認する。
心、思いをリセットし、新たな日々に臨む。
・・・いまの私はこのように認識しております。


ことほぐ という言葉の響きからどのようなことを想われるでしょうか。
この言葉と向き合ってみるのもよいかと思います。


本年から物事は「転」へと移行するかと思います。
世界はもとより、個々の周辺にも大きな変化があろうかと思いますが、
穏やかに、よきご先祖様、よき光と共に在れますことをお祈り申し上げます。


南無遍照金剛。




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >