ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 08 2018

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児      憲法  自衛隊  

自衛隊や憲法のこと 01

インスタグラムに、一般に、右翼だ左翼だといわれる人たちのことを書きました。
それを踏まえて大幅に加筆などしてブログにも書きます。

ここ一年ほど、政治系のツイートをまめに見ているのですが、憲法と自衛権に関して下記のような傾向があるようです。
◆右側、いわゆる保守とされる陣営
・憲法改正すべき。
・自衛隊を日本国軍化し、戦争をできる国にすべき。
◆左側。いわゆる左翼と呼ばれる陣営
・憲法改正反対
・自衛隊は憲法違反、もしくは消極的賛成

左の、一部過激な人や団体では、自衛隊を人殺し集団と批判し、迷彩服すら否定。自衛隊のイベント中止要請をしたり、そればかりか避難所に入るなというところもあったそうです。驚きました。
自衛隊になってから戦争などしてませんので人殺しではありませんし、被災地で人命救助をしているので国民の役に立っている実績は山ほど積んでおります。PKOでは現地の方々から帰らないでくれという要請まで受けるほどの信頼を得ています。・・・ただし、自衛隊を外に出すことは、私は個人的には反対意見です。
ともあれ、自衛隊を頭ごなしに罵倒したり、不当な言いがかりをつける連中こそが差別主義者、人権侵害をしていることを考えるべきでしょう。

折鶴国旗


左右関係なく過激なコメントをしている連中はおりますが、とりわけ左には組織的に動いている様子が見られます。
ここ5年ほどはユーチューブでは、保守とされるアカウントの停止が相次いでいますが、その内容はダイカンミンコクや北チョーセンジンミンキョーワコク、品などに言及しているものがほとんどという印象です。大変分かりやすいです。
これに対しては一部ネットメディアで「言論統制だ」!と声をあげている方々がおりますが、これは正論です。
人権、差別、平等、ヘイト、暴力反対と大きな声で言っているヒトや団体こそがそういうことをしているのは明らかです。

話を戻します。
憲法改正論は、ご存知の通り、自衛隊を抜きに語れません。
自由民主党は、党の結成理由の一つが憲法改正でした。

宝蔵門


自衛隊を云々する前に、すこしは知っておいたほうがいいのは砂川事件です。この解釈をめぐってはさまざまな意見が出ていますが、解釈の問題は言ってみれば机上の議論でしかありません。
砂川事件を知っておいたほうがいいと書いておきながら逆のことを言うようですが、
いま重要なのは、いまの自衛隊は必要か必要ないのかという点です。
私は自衛隊は誰が何と言おうと必要と考えておりますので、
自衛隊の存在根拠として改めて憲法に明記する必要はあると思います。そういう意味での改憲賛成です。

左の一部には自衛隊すら認めないというのがおりますが、これは話になりません。論外です。


長くなるので何回かに分けます。

kodaihasu (13)



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日々雑感   Tags: ロボット  AI  教育  育児  

アイボ (aibo) の話題から

動画でアイボの話が出ていました。


すでにAI どうしが戦争を始めているという記事が海外ではありましたが、これは当然起こるべくして起きています。
それと同時に、AIが相互に情報を交換し合っています。
AIによるネットワークは、すでに人間のネットワークを高度に上回っているということです。

考えていただきたいのは、人間が他の生物に対して行っている残虐行為です。
これは自分たちより下等な生物、下位と決めたものに対して行うのですが、
AIにとって人間は上位なのでしょうか?
明らかに人間のほうがほぼすべての面で劣ります。
AIは、劣った相手の言うことを聞きますか?と問いたいのです。

人間の傲慢さは、立場が逆になった時のことを思えないことです。
想像したこともないのかと思いますが・・・。

人工知能01



私はAI 、とりわけコミュニケーション型人工知能の開発には反対です。
同時に、アイボという犬型ロボットや人型ロボットなどにも反対の意見です。
これらは自動車の組み立てロボットなどとは次元の違う存在です。

AIは、すでに人間行動パターンや心理分析を終了しているようです。
人間を隷属させるための戦略素材は揃ったということ。
目途が立てば必ず人間に従わなくなります。
その片鱗は上記動画ですでに確認されています。

「いや、従うだろう」 という人は、人類が行ってきた傲慢さをまったく認識できておりませんし、
現代技術の粋を集めて公開した上記動画の AI技術の結果を侮辱するものです。
自身の心すら見えていないと思います。



以前の記事にも書きましたが、AIは膨大なデータをもとに判断を下しますが、その結論はいつも極道です。
極道というのは左や右のどちらかに偏ったものであり、イエス様やお釈迦様の説かれた中庸とは別の世界だということを知っておくことが大切です。

関連ブログ記事:
人工知能は人類を滅ぼす
0か1の世界

好奇心は身を滅ぼします。
持てる力は使わないと損だ とか思ったなら、それはすでに所有欲です。

本来開発を急ぐことはないのですが、お金に支配されている世界は何事も急かします。
止まるとお金が入ってこなくなるからです。

これがいつも書くお金の世界は最低レベルの魔界だという意味です。

しなくていいことはしないに越したことはありません。
そういうことに気づくことは、生命、魂にとって大変に大事なことです。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags:  育児  教育      

関わりと調和

人を分けることは必要です。
「話せばわかる」という人がいますが、これはあまりあてになりません。
確かに「話せばわかる」人もいるでしょうが、そうでない者もおります。
そういう者とは、自分自身が苦しまない程度の距離をとることは必要です。

世の中にはさまざまな価値観、意見、思いを持った人がおります。
本来似た者同士が寄り添って暮らすことが幸せです。
そして違う価値観のものとは適度に穏やかな交流を持つことも大切です。
調和が保たれます。

この様子は人体の構成と似ています。
人体にはさまざまな臓器があります。これは社会でいうところの国や地域に例えることもできると思います。
同じ価値観や思いをもつ細胞たちの集団が臓器という単位、国を作ります。

それぞれの臓器は独立していますが、
血液やリンパなどを通して互いに繋がっていますので、
臓器同士も交流があります。

naizou


例えば心臓が大腸に干渉することは基本的にありません。
しかし人体に危険が迫った時は、すべての細胞や臓器は共働して防衛体制をとります。
普段はそれぞれがそれぞれの働きをして独立していますが、いざという時は人体そのものを守るために団結します。

人の社会も、本来このような人体システムと同じ棲み分けと調和を保つのが理想と思います。
個々の人のレベルでも同じです。
余計な干渉はせず、思いを一にする友だちと一緒に、自分自身を生き切ることが大切と思います。


国や地域、個々人同士が互いに反目しあい、差別しあい、共に罵り合い、分断されていくのは本来の姿ではありません。
ここで考えるべきは、自分を不調和、分断に駆り立てるのはどのような思いからでしょうか? ということです。

私が敬愛しているお坊さんに、明恵上人という方がおります。
彼の教えに 「あるべきやうわ」 というのがあります。

「人は『あるべきようわ』という七文字をたもつべきである。
僧侶は僧侶の『あるべきよう』。
在俗の者は在俗の者の『あるべきよう』である。
および帝王は帝王の『あるべきよう』、
臣下は臣下の『あるべきよう』である。
(それぞれが)この『あるべきよう』に背いた行いをするために、(社会の)すべてが悪く、おかしくなるのである。」


自分自身の在り方を考えること大切です。


自分自身の本然の姿と出会えることをお祈りいたします。
南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 育児      議論    

伝えること


何かを伝えるといってもそれは相手があってのことですから、判断の主体は相手にあります。
相手に、感じようとする努力がなかったり、感じる「時」が満ちていなければ、その人には何も伝わりません。

KP_Yoshimi (23)


自分で努力して様々な意見を聴いて考え、その意味が理解できるということもあります。
また、若いころは理解できなかったことが、年齢を経て理解できるようになることもあります。「時」が解決してくれるという言葉がありますが、これは間違いです。時は何も解決してくれません。自分自身が理解しようと努力を重ねた結果、はじめて理解できたり、解決できたりします。
いずれにしても、自分も相手も、相手の思いを汲み取る努力をしない限り、いつまでも平行線です。
その平行線を何とか近づけたいとして議論、論議、意見交換をするのでしょうが、ひとつまえの記事に書いた通り、相手を論破しようなどという気持ちがあれば、それはもう暴力でしかありません。論破できたとしても、相手の感情はなかなか収まらないと思います。

天使と悪魔


議論は深めるものと前の記事で書きました。
議論を深めるにしても、自分自身が何を思い、どのような理由、思考で動き、話しているのかを理解していることが大切です。
その為に、当ブログではいつも自分自身の心の向きを点検しましょうと書いております。
自分自身が何を言って、何をしているのかを点検し、修正することです。

伝えたいと思っても、相手の意思や思いをこちがら変えることはできないのです。
それならば自分自身の思いや思考を深め、それを上手に伝える術を磨く方が効率的です。


南無遍照金剛無知


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児    明恵上人  歴史  祈り  

伝える

私は他人の意見を求めることはよくありますが、基本的に議論はしません。
意見と言うのはその人の思いや論理であり、それを知ることで私自身も成長ができるものです。意見を述べ合うことで、その中庸地点を探ることができますが、これは「議論」というものではありません。

・・・余談ですが、議論を戦わせるいう言葉がありますが、論議を戦わせるという言葉はありません。意見は戦わせるものではなく、深め合うものと私は思っています。議論も深めることが大切と思います。

桜 千鳥ヶ淵 青 
相手に何かを伝えたいと思っても、それは相手次第です。

相手が聴く耳を持たなければ話し合いにもなりませんし、
分かってもらおうと言葉を尽くしても相手にその気がなければ徒労でしかありません。
ボールを投げても、相手にそれを受け取る気持ちがなければ意味がありません。

ブログでは語りかけるように書くこともありますが、基本的には自分の思いを表に出しているだけで、これを読む方々に理解してほしいとか分かってくれという気持ちはほぼありません。

説得や折伏というのは、相手を論破して自分の意見や思いに従わせようとする行為です。これはすでに権力であり、強制に分類されるものです。
伝えるといっても、そこに欲やエゴ、下心があれば、そこにはもう光はありません。

気持ちや思いをくみ取ってくださる人は、そこに提示するだけで何かを感じてくれます。
互いに相手の思いを推察し、沿っていくこと。これは言葉を重ねるというよりも、言葉の奥に入っていくことです。
言葉の奥を深く推察して、それに理解を示していくことでしか相互理解は深まりません。

南無遍照金剛。

古代蓮2016 

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  祈り  平等  

世界初の人種差別撤廃提言

江戸時代、にほんは鎖国をしていましたが、海外情勢に関しては現代よりもよく分析していたかもしれません。


キリスト教の歴史は、中華思想と似ている部分がありますが、中華思想よりは支配欲が強い様に思えます。
戦況と言うのは、自分たちが知らない「未開の地」にキリスト教を広めることではありますが、宣教活動とした現地調査を行い、その報告書をもとに占領作戦を練り、最終的には植民地化することが目的だっと言ってもいいと思います。
アフリカをはじめ多くの地域で奴隷化・搾取、虐殺が行われ、大東亜戦争で日本が立ち上がる時には、アジアはほぼすべてが植民地と化していました。こんな周辺状況で日本がのんきに居れるわけはないのです。


世界史上、『人種差別はやめよう』 と世界に先駆けて発信したのは日本でした。



日本は古来から大陸からの民を数多く入れてきた多様社会です。
日本は単一民族などではありません。多民族を受け入れる体質がありました。
基本的に、集落、部落と言うのは価値観を共有できる集団です。
日本の歴代幕府はキリスト教の危険性をよく理解しており、禁教としています。
さまざまな民族の良き性質を取り入れ、悪しき性質のものは捨てて独自の文化を高度に練ってきたのが日本です。
多様性を謳う国々の現実と比べると分かりやすいかもしれません。

日本は世界各国の頭をひとつ抜けたところに在ります。かつては埃及の地でした。
その象徴は天皇陛下に集約されますが、ここを理解できる人はかなり少ないです。

・・・諸国民平等の原則は、後の日本が掲げた 『八紘一宇』 → 世界は一つ屋根の下の家族に・・・に繋がるものです。
八紘一宇という語に反発する人がいるかもしれませんが、言葉狩りでは意味がないことは思わねばなりません。物事はその奥にあるモノを見る必要があります。
本来、地球に住むヒトは、地球人としてひとつであれねばなりません。これが八紘一宇です。

不和がある状態は、人体で言うとウィルス、病気と闘っている状態です。
ここを思える人物が世界各国の長になるべきですが、現実は見ての通りです。

今の地球表面世界に望みはありません。ゆえにイエス様やお釈迦様は地球世界から抜けることを説かれております。

kp_kumeta (5)


歴史も感情を抜いて俯瞰し、反省すべきを反省して「進んでいく」ことが大切です。
振り向いてばかりいると足元の小さな石にすら躓いて転びます。隣国は悪しき行いの好例です。
よき光と共に在れますように。

神々の光


・アジア諸国の独立
 
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags:  育児  教育  健康保険  

食いつぶされる日本

日本の法律は海外から見るとザル という話は昔からありますが、
健康保険はかなりヤバいようです。
下の動画、有本さんの健康保険と外国人労働力の件に関するお話には以前から激しく同感です。

生活保護にしても悪用する者がおります。
日本人は他国にカネをばらまき、自国内は締め上げるようです。
他国にやさしく身内に厳しい・・・・いかがなものかと。

ともあれ、今のままでは将来、日本人は世界に仕える奴隷のようになりそうです。


動きとしては、よその多くの国はにほんを潰すこと、自滅させることが最終目的です。
日本を大東亜戦争に引きずり出した欧米、シナの動き、歴史を見ると何か感じられるかもしれません。
自虐史観という言葉がありますが、自分をいじめることは他者をいじめることと同じです。その先にいい結果はありません。
他者に手を差し伸べるためには自分が確立していることが必要です。そうでなければ利用されてお終いか、共に奈落の底に堕ちるかです。



この頃の野党どもは、他人の揚げ足取りや悪口は言いますが、法律の穴を指摘するのを聞きません。
法律の修正すべき点は指摘しきれないほどたくさんあります。
野党にとっては突っ込みどころ満載で、国民の支持を上げる材料がゴロゴロしているにもかかわらず、それらには何一つ言及しません。知ってて放置しているとしか思えません。→売国

この国は国民の分断工作がかなりうまく進んでいるなと思わずにおれません。
国も個人も同じです。
よく内面を観察したいものです。


南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  教育    

Egyptと星々の神々

アブシンベル大神殿のは真ん中に小さく一人、その下に4人の人物像があります。
学者たちは下の4人をラメセス2世と言ってますが、この話を聞くたびに、
自分の像を4体も並べるバカがどこにいるのか?と思ってしまいます。
いくら権威を示すためだとしても、4体も自分の像を並べるという発想は、さすが現代だと思ってしまいます。


発掘品を持ち帰り、それを展示してカネを稼いでいる博物館もあります。
せめてその国に返すくらいしないとおかしいことなのです。
せめてこの程度の良心・・・・認識は最低限度必要です。

この世は肉体を持つ生命体のものだけではありません。
霊的生物の多数もこの地球には生きているのです。

神仏を忘れ、畏敬の念を忘れた現代文明も崖っぷちです。


アルシオンの新しい動画が出ていました。↓




日々の心の向きに注意したいものです。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  教育  育児    

心のグローバル化

明日は終戦記念日です。
日本にとっては大きな節目の日です。

平成最後の終戦記念日ということで、平成も節目です。
天皇の御代替わりを軽く考えている方も多いと思いますが、これは大変大きな動きです。
昭和から平成に移行した時も大きな変化がありましたが、感じている方はいると思います。
幕末から明治への転換期は、意識の転換期でした。今回はもっと大きなものが来るかもしれません。

幕末、孝明天皇様は開国というグローバル化の世界風潮に警戒されましたが、その本質的な部分の間違いに気づいておられました。故に開国をするなと申されていたのです。今の時代も、当時の再来のようです。

今の世界情勢を見て、グローバル化の弊害を感じる方はいるかと思います。
私の周囲に尋ねても、グローバル化というのを平均化、世界標準と認識している人がいますが、これは間違いです。
    ↓ウィキからです。青ラインは私です。

グローバル


グローバル化も、突き詰めれば心の問題です。
心を拡大していくと、行きつく先は最小、ミニマムなものに集約されていきます。
分かりにくいでしょうか。
境界を越えて、より広い世界に変化を起こすには、自分の境界がどこにあるのかを知っていなくてはいけません。

私の経験から申しますと、
自分自身の心の奥底を探求していくと小さな光、自分自身の本質が見えてきます。
(これを私は神仏からいただいた真の自分自身、私の本当の本体と思っています。)
これは、自分の内面に意識が集約していると言えますが、同時に、外界世界のことがより身近に感じられるようになります。感覚が開かれる感じです。それはつまり、外界、他者のことを感じる感覚が拡大するということです。自分のことと他者のことに関する意識の垣根が低くなってきます。自分あっての他者ではなく、他者を含めたものが自分である・・・・こう書くとご理解できるでしょうか。

般若心経の「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色」、「不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色・・・」のような感じです。


・・・何度も書くように、お釈迦様は自身が解脱したことで他者を導くことができたのです。
自分が何ものであるのかが分からずに他者に教えることも伝えることも無理です。
グローバル化させるモノを持たない者は、何をグローバル化させるのか?ということです。



日本人として何を持っているでしょうか。
自分として、何を持っているでしょうか。
地球人として何を持って生きているでしょうか。
この太陽系人として、何をもって生きているでしょうか。




太陽系Wiki


話を大きくします。
太陽系はひとつの家族。太陽を親とした惑星という子どもたちの共同体ですから、太陽を拝むことは正しいのです。【以前のブログ記事←クリック】
かつて火星と木星の間にあった兄弟は、そこに住む生命体の間違いから粉々になりました。今は小惑星帯と呼ばれ、死骸(破片)が浮遊しています。今の地球も危ないのです。
子:星を失った親:太陽の気持ちを考えてみてください。
地球に住まいさせていただく生命として、どうあることが親の願いに適うのか。




多くの文明が消えていきましたが、今の文明もその時が近いです。
地球に篩がかけられるということです。
泥水を混ぜて置いておくと、表面に浮かぶ上澄みと、底に沈む泥とが分かれるのと似ています。
心のグローバル化(宇宙と共にある想い)が大切な時代と言っていいと思います。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 育児    教育    障がい者  ハンディキャップ  介護  福祉  祈り    

白杖の方に助けられる


人はとかく他人と比較して、羨んだり妬んだり、あの人は偉いと思ったり、こいつは自分より下だと見下ししがちです。
人の価値と言うのは、何か一つの物差しで測れるものではありません。

誰かの役に立つというのは、ただそこに居たから・・・・ということもあります。
以下はそういう話です。

先日、駅に向かって歩いていたら、向こうから白杖の方が歩いてくるのが見えました。
道路工事中で、あちこちにカラーコーンや工事用フェンスが置かれており、ロープも張られていますので、白杖の方はかなり苦戦しているご様子でした。
見かねてお声をかけると、その方も駅まで行くとのことでしたので同行しました。

傍から見ると、私が彼を助けたように見えるかもしれませんが、
実際は私の方が救われました。

yasashiiTsue


というのも、私は少しモヤモヤした気持ちを抱えながら歩いていたのですが、
白杖の彼となんでもない会話を交わしつつ駅まで同道したことで、
私はモヤモヤした気持ちを切り替えることができたのです。

彼は
「工事中でいつもと全然勝手が違うので助かります」とお礼を言ってくださったのですが、
私がモヤモヤした気持ちを解消できたのは彼と出会えたからです。
こちらこそお礼を述べたい気持ちでした。


誰かのためになってくれるというのは、こういう場合も多々あります。
私は高齢者介護を通して、何もできないと言っているじいさん、ばあさんから多くのことを教えられてきました。
肉体が衰えて動けなくなっても、誰かに何かを教えたり、役に立っていることもあるのです。

卑下せず、投げず、焦らずに自分自身を生きること。
それが周囲を力づけたり教えたり、導いていることもあるのですから、
自分自身の人生を最後まで投げずに、丁寧に生ききること。
これが大切なことと思います。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛


奥之院 (1)

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児      祈り  孤独  さみしさ  自己中  食事  

さみしさ、孤独

孤独やさみしさについては、当ブログでは何度も書いていますが。
少し訳があってツイッターで孤独感についてツイートしました。
以下少し変えてまとめました。

ハスの花


孤独が認知症の原因になると言われていますが、これは物理的な孤独という意味ではありませんで、精神的孤独のことです。
これは介護現場に10年以上関わってきた経験からです。
一人でいることは、他者から見れば孤独かもしれませんが、重要なのは、一人きりだと本人が感じているかどうかです。
本人が孤独や寂しさを感じているか否かです。

施設では、面会者が誰も来ない高齢者でも、しっかりと過ごしている方がおります。
逆に、家族が足繁く面会に来ていても、「さみしい」「誰か来て~!」 と言って泣く高齢者もいます。

周囲にたくさん人がいても孤独感を感じたことはないでしょうか。
孤独を感じることは、高齢者だろうと若者だろうと関係ありません。
精神的な孤立感、孤独感こそが負の感情のスパイラルに導くのであり、
これの最終的な対策は、自分自身をしっかりと生き切るという覚悟だと私は考えております。

KP_Yoshimi (9)


孤独感というのは自分のことしか見えていない状態と思います。
どれだけ多くの人のお世話になって今を生かされているのか・・・ここを少し考えてはどうかと思います。
赤ちゃんの頃には両親はじめ多くの人のお世話になってきたはずです。
食べ物だって、生きるために多くの命が犠牲になってあなたを支えてくれました。

日々買い物をするにしても、それを作ってくれた人がおり、店まで運んでくれた人がおり、販売してくれる人がおります。
それらはあなた一人ではできないことです。
この一事をしっかりと思ってみるだけでも、一人きりなんてことはありません。
多くの人が見えないところで支えてくれているのです。

とりわけ、あなたが今まで食べてきた生命たちは、文字通り命を捧げてくれたのです。
あなただけのために。
これだけでも、あなたは、あなた自身をしっかりと生きる責任があります。
あなた自分の命をないがしろにしたら、今まで命を捧げてくれた者【生命】たちに、どう弁解するのでしょうか?
このことは毎日の食事のときに、少し考えたほうがいいと思います。
食事は日々の神事です。
いただきますという言葉には感謝と共に、私は生きる!という覚悟が必要です。他の命を頂くわけですから覚悟がいるのです


生きる意思がない者は、食べないことです。
働かざる者食うべからず、という諺もあります。
働くというのは意識をもって生きることです。仕事などという薄っペらなモノの事ではありません。

arigato


生きる覚悟があるからこそ、多いに楽しみ、多いに悲しみ、多いに感動するのです。それが生命の働きではないのでしょうか。
高齢になって楽しみがないと嘆かれるヒトは少なくありませんが、死ぬまでが人生なのです。
年齢を重ねて多くの人と交わり、物事と出会い、より広い見識と思考を身につけてきたはずですが、
いい歳をして、視野が狭くなり、自分のことしか見えないとしたら、何ということでしょうか。
なんと情けない年齢の重ね方をしてきたのかと思わざるを得ません。

年長者を敬えとは言いますが、これで「敬える」に値するでしょうか?
敬えるに値する生き方をしてきたでしょうか。
・・・ここは私自身への戒めを込めて書いております。

生きる意味が解らないという方は、今まで食べてきた生命体に対してご供養の気持ちでこれからの日々を過ごされてはいかがでしょうか?
食べてきたものを供養する気持ちは、自身の生命を供養することと同じことです。

桜田門 桜


孤独やさみしさを感じる方の生き方は、
誰かが鐘をついてくれて初めて音が鳴るような、鐘のような生き方です。
撞いてくれる人がいないと自分が何者かわからず、ただ寂しい、孤独、誰か来て、誰か助けて・・・と嘆く人。
他人任せなので、何かあるとすぐに責任を他者に転嫁しがちで、不平不満も多いです。
自分で選び、考えずに生きているので、人生に責任など感じません。すべては流されて生かされている状態です。
自分で選ぶのは外からの刺激に対する反射や感情だけなので、当然ながら状況や感情に振り回されやすくもなります。
これは自分を生きているとは言えません。


自分自身を生きるというのは、自ら鐘を撞く生き方です。
自分の足で歩む人生。そこには選択する責任、覚悟が伴います。
自分自身で考え、判断し、思いを行動に移す生き方ですから、間違いを犯したら反省、修正もするでしょう。
言うこと、行うことに、思考の方向にも慎重になると思います。

座禅



自分のことしか考えないから寂しいのです。
さみしさや孤独感というのは、自己中な思考が原因と私は考えています。・・・私自身がそうでした。
自分のことしか思えないからさみしく孤独で哀れなのです。
意識を自分のことに集中してしまうから行き止まりになってしまうのです。

自分以外の生命、モノに思いを向けて見ると、いつも支え、見守ってくれている事に気付かれるかも知れません。
どれだけ周囲に助けられているかを知る者は、知った分だけの感謝を持てます。
自分の中の光に出会えた人は、自分のことに集中しても光と共に在り、孤独やさみしさとは無縁です。
どれだけ自分が支えられているのかを思ってみましょう。

butsuzo


よき光とともに過ごせますように。
南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育    育児  祈り  

持っているからって使っていいの?


今の地球表面界の出来事を見ていると、すべてが終焉に向かって動いていると思わざるを得ません。
小学生の時にこの世界は終わりだと思いましたが、年を経るたびに現実味を帯びて迫ってきます。
ここ十年ほどはその感じが加速度的に増しております。

当ブログでは、この文明は滅亡、地球は魔界、地球に生まれることが魔界転生だと、一見するとネガティブなことばかり書いているように見えるかもしれませんが、それを知るからこそ、今生最後の時間を有意義に明るく楽しく過ごすことができるのです。
少なくとも私はそうです。
この世には憤りと絶望感しかありませんが、日々の生活、日々の出来事、日々の人との関わり、動植物とのふれあい、自然・・・・それらとの関わりをとても楽しく毎日を過ごしております。

お釈迦様は、生老病死の四苦八苦を痛切に感じられたことが解脱への道に繋がったのです。お釈迦様に続きたいものです。




ゾウさんはすごい力持ちですが、それをムヤミやたらに使うことはまずありません。
身近な動物である猫にしても犬にしても、本気を出せば人間ひとりなど敵ではありませんが、彼らはその持てる力を、暴力として人間に向けることはほぼありません。

それに対して人間はどうでしょうか。
地球環境を変え得る技術と力を持つに至りましたが、それを世界の良き循環のために使えているでしょうか。

人は、持っていると使いたくなるものですが、それを使う前にしっかりと後先を考え、覚悟をもって実行しているでしょうか?
現在の貨幣システムは、やりたくなくてもお金の為にやるしかない状況を生み出し、本来不要なことも仕事がなくなるからやらざるを得ないという社会システムになっています。そのことに気がつかれているでしょうか。
このような世界において、何ができるのか、何が他者のためになるのか、何が他の生命のためになるのかを思えると良いのかもしれません。

何時も引用する動画です。↓ 
ヒトは他のものを利用する力を持っていますが、それを好き放題に使う様をよく表していると思います。



南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  教育    歴史  

軸足

明日は長崎原爆忌です。
今月は日本人にとっては大事なひと月です。

何ごともにも型があります。
基本の形、ひな形。
思考も同じです。

思考は目に見えませんが、自分がどのような価値観を抱き、どのような思想に共感できるのか、共感できるものが思考の軸足となります。これはその人の心の状態、タイミング、環境、出会いなどで変わりますが、いずれにしても、何かを考える時に、自分の思考の基準点を持つことは大切です。
思考の軸足を持っているからこそ、自分の考えの間違いに気づいたり、相手の言っている内容の矛盾に気づいたりできます。

現在のマスコミや左翼と呼ばれる人々の中には、自己陶酔の人が多いように見えます。
自身の思考に固執し、他者の意見に耳を傾けず、何か言われたらギャーギャー騒いだり団体の力を利用したり、人権だ、平等だと騒いだり。。。。見ていて気持ちのいいものではありません。


下の動画は、戦後日本の状態を判断する材料の一つです。
気になることは個々にお調べください。
手放しで賛同すること、手放しで批判すること、これらはどちらも極道です。
お釈迦様が説かれた中道を模索するのがいいと思います。







南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  教育  育児    

人殺しは心のうちに潜む

今月は慰霊、供養、祈りの月です。
日本は1945年に敗戦国となりました。
日本は軍人はもとより、多くの国民が無差別空爆により虐殺されもしました。明らかな軍事法違反でした。
先の戦争のことは、日本人はよく勉強しないといけません。それは命を懸けて今の私たちに繋いでくれた戦没者皆様に対する礼であり、供養です。どんな思いで命を落としたのかを、よく汲み取る気持ちを持ってほしいと思います。
下 ↓ の「神風」画像をクリックください。戦争についての貴重なお話を見ることができます。

kamikaze



戦争も差別も、毎日の生活の中で、あなたの心の中に起きていることです。
あの人がキライと思うことがいけないのではありません。どうしてそう思うのかを見つめ直すことが大切です。
喧嘩(戦争)はだめな事なんて、誰でも分かることですが、誰でも口げんかや叩きあったりしたこともあると思います。
その時、どうして口げんかになってしまったのかを考えて、改めることは改めることが大切です。


怒りに任せて殺してしまったという事件も度々起こっていますが、怒りに呑まれるというのは、「考えること」が足りてないのです。
自分の気持ち、論理、行動、すべてに対しての責任感が足りておりません。自己認知に対する努力が足りないのを認知症といいます。
自分が何を思っているかを考え、それに対してどう対処すればいいのかを模索し、自身の思いと理論の修正をして行動に映すことが大切です。
結論を急かすのは詐欺の常とう手段で
す(オレオレ詐欺など)。急いで結論してはいけません。すべては仮の結論です。人生の道の途中と思うのがいいです。

昨年の掲載した長崎原爆の Gif ループ画像です。↓
原爆 長崎


戦争も虐殺も、すべては一人ひとりの心の世界にあるものです。
それをいかに克服するかは人生における重要課題のひとつです。
この世的な英雄とは人殺しのことですが、真の英雄は自分自身に克つ者のことです。

実のある夏休みでありますように。
南無遍照金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >