FC2ブログ

【お知らせ】29日のワークショップで使う型紙のつくり方説明動画をアップします。クワガタカブトムシ型紙を切り抜いて作ります。型紙を改定して、昨年より仕上がりはかっこよくなったと思います。実物サンプルは白い紙で作りました。見やすいです。学名も印刷したので、切り抜いて標本のようにしたりできます。そして、切り抜いた後の紙は、木のように丸めてジオラマに使ったりもできます。余った紙も、そのまま捨てられるより、...

Read more

最初の入力値が間違っていると、その後どんなに発展しても、向かうところは破滅しかありません。途中で入力値の間違いに気づけば修正もできますが、今の地球文明は、間違いを指摘した者や間違いに気づいた人間は、ことごとく抹消 → 粛清されています。考えてみても、支那がチベットに侵攻を続け、何十万と言うチベット人を虐殺していても国連や先進各国は何もしません。それどころか支那マネーに群がり、死に体の金融利権を守るた...

Read more

日々感じる違和感は、そのまま放置しないで、記憶の倉庫に保管しておくことが大切と思っています。違和感と言うのは心の流れに引っかかった淀みですから、そこには必ず何かのメッセージが込められています。後からその違和感の意味が分かったり、新たな視点のヒントとなったり、自分の間違いの気づきになったり・・・・必ずなにかのためになります。とはいえ、違和感すら感じない人もいるようです。そういう人は、自分の世界しか見...

Read more

ものすごい猛暑が日本列島を覆っておりますが、体調管理に十分に気を配ってお過ごしください。暑い時に大事なことは休息と水分補給です。高い湿度を含んだ空気は肺と心臓への負担になります。心肺機能への負担は精神にも響きますので、こまめな休息は大切です。こまめな水分補給といっても、ごくごく飲むとバテる原因となります。血も薄まり意識障害を起こしやすくなりますので、口内を潤す程度の量で、こまめに行うといいと思いま...

Read more

以前にも書きましたが、私は小学3年生の時、今の文明世界が狂っていると感じて、今の地球社会に見切りを付けました。目の前にあり余る食糧があるのに・・・飢餓にあえぐアフリカの人たちにそれを持っていく手段もあるのに・・・お金や国々の思惑をはじめとした実にくだらない理由で、モノも手段もあるのにそれが阻害されてしまう世界を正常と思うでしょうか。(これも以前に書きましたが、)そういうことを言ったら「お前が言って...

Read more

私は、百度という言葉が好きではありません。嘘も百回言えば本当になるとか、真剣にそう思っている人もいるようですが、心根が知れます。神社にもお百度参りと言うのがあります。神社の境内に「百度」と刻まれた石柱があるのを見たことがある人がいるかもしれませんが、これも私は大嫌いです。私には「嘘も百回・・・」と同じ行為にしか見えません。お百度参りというのは、本当にかなえたい願い事を願掛けする行為です。何度も神仏...

Read more

まずは下界の汚い話です・・・2018年07月07日 は オームによるテロに関わった7人の極刑が実施されました。大きな禊です。このニュースを聴いた瞬間から違和感があり、全員の刑の執行はされていないと感じました。死んだはずの人が生きていたという話は世界中にありますし、ヒトラーも南極、アメリカに逃げたという話もあります。この世的には死んだことにした方が都合がいいというのは良くある話で、当然裏でいろいろなことがあ...

Read more

私は小学生の時に、この世が狂っているおかしな世界だと感じて生きることの意義を感じられませんでした。その思いは社会人になっても続き、ようやく10年程前に神仏の存在を感じるようになってから、生きることの意味や生きがい等を見出しました。・・・・長かったです。私を悩ませ続けたものの一つが「常識」というやつです。「普通」と言い換えてもいいかもしれません。「普通」というのは、個々の家庭、集落、町、地域、地方、国...

Read more

蓮の花には、光を内包したような輝きがありますね。とても好きな花です。見ていると、やはりインドや仏教を思います。心の中にも、きれいな蓮の花を咲かせたいものです。南無遍照金剛。...

Read more

ものごとの習慣化について。自分の言行心点検は、トイレの時間だけでもかなりの気づきや考えの修正ができます。私はトイレの時間にそうした点検をすることを習慣としてます。最初に始めた時こそ、ある程度意識的に行う必要がありましたが、あるていど習慣が身についてくると、 トイレに入る=直近の言行心のことを考えるということが自然にできるようになりました。これは言い古された例えですが、コップの1/2に水が入っているの...

Read more