ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 06 2018

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  古代  歴史  育児    教育  

古代の巨石文明の人々は石をこねた?

現代のテクノロジーは、古代と比較すると大変に退化したものです。
最先端科学に携わって、謙虚に研究されている方々がそう言っております。
例えばギザのピラミッドは、現代の最先端建築技術をもってしても再現が不可能とされています。

古代の巨石文明を知っていくと、古代人が未開で劣った世界で暮らしていたなどとは口が裂けても言えないはずです。
文字がないのは未開人で、文明は文字と共に発展したというのも、悪しき学校教育の洗脳のようなものです。古代人には文字などという低次元のものは必要なかったという方が真実に近いです。文字は目に頼る人を洗脳しやすい→騙しやすいのです。
暴力で人民を支配してきた地球人ですから、残された文字情報というものの信ぴょう性は限りなく低いです。自分に都合よく書くからです。共産主義国では最高位が書記長というのは、歴史は書記が作り上げるからです。→捏造、我田引水、転利。。


古代の巨石文明の驚異的な石組みの技術は、下に貼った動画の中でも言っておりますが、石を粘土のようにこねくり回して積み上げたかのように、髪の毛すら隙間に入らない精密なものです。動画とは別の科学者も、マグマのような状態から取り出して石を形成したようだと言っておりました。
当然ですが、現代地球のテクノロジーでもこのように石を組み合わせるのは不可能です。

>


石はとても不思議です。
後世に何かを確実に伝えたいのなら、石に刻むのが最良かもしれません.
古代においては石に情報を記憶させることもできたかもしれません。石からDVDディスクのように情報を引き出しているのを夢で見たことがあります。何しろ磐船が飛行していたのです。また、石でできた治療用ベッドや枕、石から治療薬を生成したりもしておりました。
地球においては、石はまだまだ未知な部分が多いと思います。
本当に地球のことを想える人が多勢を占めるなら、石も喜んでその力を発揮してくれると思っておりますが、そこに至る前にまた滅ぶのが現実のようです。

何度も書く通り、今の文明の終焉は目前です。感じている方も多いはずです。
よき光と共に穏やかに過ごせますように。

南無遍照金剛。
赤土のサル 合掌


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >