FC2ブログ

 このブログでは「習慣」についてもくどくど書いております。これは、私自身への戒め、警告を含んでおりますので、書いた私自身もたびたび読み直して反省の道具にしています。時々は自分が書いたとは思えない内容もあり、これは戒めのために書かされたものと思うことがあります。何ごとも「自分を見つめることを習慣化すること」が大切と思います。ダイエットする本を買って読んでも、実践なくしてダイエットはできません。本に書...

Read more

今の時期は、蓮の花が咲き始めてきれいです。蓮の花の後は暑さが本格化して夏本番になりますね。私は湿気の多い、夏とその前後の季節は苦手ですが、美しいもの、カラフルなもの、やさしいもの、おだやかなもの・・・・そういったものと共に在ると、心が喜んで過ごすことができます。それはこうしてアップしている花であったり、空であったり、人であったり様々ですが、気忙しい日々の中に、そうしたものに気づいて楽しめる、喜べる...

Read more

日本人なら誰でも敬意を払う 『君が代』 の話です。おかしな者が来るので最初にお札しておきます。【+-+-悪霊、邪気の侵入を禁ずる。+-+-】自分が支え、世話になる国の国歌、国旗に敬意を払えないというのは、人として何かが欠落しております。国歌に敬意を払うといっても、卒業式などで歌わないダメだ!と言っているのではありません。歌う歌わないのは個々の自由です。ただ、教師が国歌を否定したするのは職務放棄です。『学習...

Read more

人は、自分の意見に縛られやすいです。自分の考え方と違うことを言われると、イラっとした経験があると思いますが、こうした反発的感情を覚えること自体が、自分の考え方に固執している可能性があります。その固執した思考は、本当に正しいものなのか?と考え直してみることは、これは内観、内省です。アカデミーというのは、おおよそが固定観念の集団で、違う思想を持つものを排除します。排除することでますます自分たちの利権、...

Read more

現代のテクノロジーは、古代と比較すると大変に退化したものです。最先端科学に携わって、謙虚に研究されている方々がそう言っております。例えばギザのピラミッドは、現代の最先端建築技術をもってしても再現が不可能とされています。古代の巨石文明を知っていくと、古代人が未開で劣った世界で暮らしていたなどとは口が裂けても言えないはずです。文字がないのは未開人で、文明は文字と共に発展したというのも、悪しき学校教育の...

Read more

あまり書きたくない界のバカ騒ぎの話です・・・毒出しです。ここ十年程のマスコミの劣化には呆れるやら頭にくるやら、まことに反吐が出そうなレベルです。それに踊らされている野党陣営の腰抜け具合には、この国への絶望感すら感じずにはおれません。モリカケなどを一年以上も追及していたマスコミですが、きちんとした証拠を挙げられず、うやむやの内に終焉させたマスコミへの信頼は地に堕ちました。少なくとも私は・・・。それで...

Read more

原罪という言葉は日本人にはあまり馴染みがないと思います。キリスト教はミトラ教を乗っ取り、自分たちの都合のいい様に改変してキリストを祀り上げて利用してきました。神の名のもとに有色人種を差別し、土地を強奪するだけでなく殺戮の限りを尽くしました。私に言わせれば、イエス様を冒涜する者共です。私はヨーロッパの芸術、音楽なども大好きですが、キリスト教に関しては問題視しております。白人の精神構造については武田氏...

Read more

コンデジを購入してから、スマホで写真を撮る回数が減りました。それでも時々、GPS記録のついでにスマホで写真を撮ることがあります。スマホで撮った写真は、やはりスマホクオリティと言いますか、いまひとつシャキッとした画が出ません。でも、時々ですが、おぉ!こんな画が撮れた! と思うものがあります。この紫陽花もその一つです。↓この一枚は、私自身の気持ちが動いた時のものです。神社のアジサイがきれいだなと思いな...

Read more

6月1日はお世話になっている稲荷狐様にお礼と、今月の守護のお参りに行きました。その帰り、根津神社に呼ばれたので途中下車して参拝させていただきました。参拝して帰るとき、帽子に何かが落ちてきました。見るとヤマモモでした。鳥たちが盛んにヤマモモをついばんでおり、食べこぼしなどがポトポトと落ちていました。せっかくなので、落ちた実を拾い集めて持ち帰らせていただきました。量はそれほど多くないので、ヤマモモのシロ...

Read more

根津神社の唐門での撮影です。釘隠しの一種でしょうか。神社建築には朱色が尊ばれますが、これは赤とは違います。なぜ朱色がいいのか疑問でしたが、これは大明神様(神様)の光を再現しているのが元のようです。大明神などいるのか?龍を想像上の生き物と思っている人がいますが、空想の生き物ではありません。同じように、稲荷狐などの眷属さまや神仏も、見える人には見えます。実在するのです。「見える」人を吉外とか精神を病ん...

Read more

私は子供の時から「人間に独創性などない」と思っています。例えばNASAが「新しい惑星を発見した」と言っても、その惑星は発見される前からそこに存在していわけです。世間を騒がしたiPS細胞にしても、もともと存在していたものを発見したわけで、人が作り出したわけではありません。「発見」というものは、もともとそこに存在していた、在ったわけです。新たに生み出したものではありません。人の創造性というのは、在るものをこ...

Read more

銅矛は、出土するものは錆びついてしまったものばかりで、鋳造当初の姿はあまり馴染みのない人の方が多いと思います。→銅矛の画像出雲の荒神谷遺跡では、銅剣、銅矛などが多量に出土しました。↓ 下の記事には、青銅器の説明とともに、銅矛の本来の姿が掲載されております。ご覧のとおり、銅矛には縞模様があります。これは鋳型から出した後に研磨する角度を変えることで生み出すのだそうです。時々「刃が研がれていない状態」と解...

Read more