ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 06 2018

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児    祈り    介護  子育て  

習慣化

 このブログでは「習慣」についてもくどくど書いております。
これは、私自身への戒め、警告を含んでおりますので、書いた私自身もたびたび読み直して反省の道具にしています。
時々は自分が書いたとは思えない内容もあり、これは戒めのために書かされたものと思うことがあります。

座禅

何ごとも「自分を見つめることを習慣化すること」が大切と思います。

ダイエットする本を買って読んでも、実践なくしてダイエットはできません。
本に書かれた内容を実践してはじめて価値があるのです。




実践するうえで考えねばならないことは、習慣化できるか否かということです。
ダイエットにしても、無理なダイエット、期限付きのダイエットでは長続きしませんし、リバウンドの可能性が極めて高くなってしまいます。
やるからには二度とリバウンドしないという決意が必要になるということです。

ダイエット


決意と書くと仰々しいですが、これは「習慣化すること」と私は思っています。
習慣と言うのは日常的な行為ですから、そこには気負いや頑張り、無理があってはいけません。
起床後に多くの方はトイレに行くと思いますが、そのときに「よし!トイレに行くんだ!」と気合を入れて頑張る人はいないと思います。
起きたらトイレ・・・これは習慣化された動き、オートマチック化された動きです。

ダイエットの話でいうと、「よーし!ダイエットやるぞ!」と思ったら、その時点ですでに負け・・・と思った方がいいと思います。(;^_^A
頑張るというのはすでに日常ではなく、非日常なのです。どこかに、或いはいつか必ず無理が生じて挫折するのがオチです。


介護


私はダイエットはしませんが、介護の仕事をしているので、同僚や利用者さんの心理や思いをよく感じ取れるようになりたいと思っています。そこで始めたのが自己反省なのですが、入浴の時には、自分の発した言葉、行動、思ったことについて反省することにしています。→言行心(言葉、行動、心)の点検
これは既に習慣化されており、入浴と同時に一日の反省することが当たり前になっております。

トイレに入った時は、その直前に交わした会話について、相手の言った言葉の意味や雰囲気について思いを巡らすことにしています。これなどほんの数秒、数分ですが、これだけで自分の考え違い、受け取り方の解釈の違いに気づかされることが多いです。相手が何を言わんとしていたのか、どういう思いで言葉を発していたのかに気づくことも少なくありません。



長くなるので本日はここまで。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 草花愛ずる◆Flower   Tags:    祈り  古代蓮の里  

行田市 古代蓮の里

kodaihasu (8)


今の時期は、の花が咲き始めてきれいです。
の花の後は暑さが本格化して夏本番になりますね。



kodaihasu (40)




私は湿気の多い、夏とその前後の季節は苦手ですが、
美しいもの、カラフルなもの、やさしいもの、おだやかなもの・・・・
そういったものと共に在ると、心が喜んで過ごすことができます。

それはこうしてアップしている花であったり、空であったり、人であったり様々ですが、
気忙しい日々の中に、そうしたものに気づいて楽しめる、喜べる、感謝できると理想的と思います。

kodaihasu (9)




良きと共に在れますように。
南無遍照金剛。




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  祈り  家庭  介護  

君が代の歴史

日本人なら誰でも敬意を払う 『君が代』 の話です。
おかしな者が来るので最初にお札しておきます。【+-+-悪霊、邪気の侵入を禁ずる。+-+-】



自分が支え、世話になる国の国歌、国旗に敬意を払えないというのは、人として何かが欠落しております。
国歌に敬意を払うといっても、卒業式などで歌わないダメだ!と言っているのではありません。歌う歌わないのは個々の自由です。ただ、教師が国歌を否定したするのは職務放棄です。『学習指導要領』には国歌を生徒に指導できるように、という規定があり、教師になる者はそれに同意することが前提条件なのです。ですので、国旗、国歌を侮辱、否定する教師は教員資格剥奪されても仕方がありません。


国歌、君が代のことです。

なんでもそうですが歴史を知ることは大切です。→ 生い立ち、歴史、事の発端 ということです。自分が誰の子か分からずに苦しんでいる方は多いです。同じように、自分が何ものか分からなくて苦しむこともあります。これは「はじまり」を知らないことが大きく影響しているのではないでしょうか。

君が代の歌詞の歴史はかなり古いです。
『古今和歌集』の 賀歌 343 にその初出があるそうです。 雅歌とは、お祝いの歌です。おめでたいことです。
この歌を詠んだのは誰かと言うと、「題知らず 讀人知らず」ですので、誰が詠んだ歌かは不明であり、この歌のお題も不明であるということです。
わが君は 千代にやちよに さざれ石の いはほ(巌)となりて 苔のむすまで


 『君が代』のことも、竹田恒泰氏が詳しく解説されている動画がありました。↓



今の世相を見ていると、なんでも批判し、足を引っ張り、陥れたりすることに力を注イでいるように思えます。
今の国歌『君が代』がいやだというなら、別のものを提示して、賛同者を増やしていけばいいだけの話で、今あるものに対して罵詈讒謗する必要はないのです。ここにもその人の持つ心の問題が見えてきますが・・・。


物事はすべて、個々の心から始まります。自分がどこを信じ、どこに思いを向けているのかが大切です。
自分の 『キミ』 を思える人が増えますように。

南無遍照金剛。

【関連】
ジョン・ウィリアム・フェントン
・日本における国旗国歌問題

・日の丸、君が代問題

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 育児    教育  

固定観念

人は、自分の意見に縛られやすいです。
自分の考え方と違うことを言われると、イラっとした経験があると思いますが、こうした反発的感情を覚えること自体が、自分の考え方に固執している可能性があります。
その固執した思考は、本当に正しいものなのか?と考え直してみることは、これは内観、内省です。

ikouinaridou


アカデミーというのは、おおよそが固定観念の集団で、違う思想を持つものを排除します。排除することでますます自分たちの利権、思考が強化され、固執はますます強くなります。
この過程は個人の場合でも同じことで、意見に聞く耳を持たないことは、自分自身への固執を強化する方向へ行きます。

アカデミーでは自分の研究結果が否定されると、権威が落ち、食いっぱぐれることにもなりますので、のちにあの結果は間違いでしたと言うことは困難です。
名誉、お金、利権など、大きな荷物が不随しているのです。
お釈迦様もイエス様も身一つで説法しました。これは「荷物」は少ない方がいいというこのを譬えを表しております。
現代社会ではお金に支配され、お金が人を使役している世界ですから、お金がなければガスも水道も家も失います。大きな「荷物」を背負って生活しているのです。
これを幸せな世界、当たり前の世界と思っているなら、それはそれで幸せなのかもしれませんが、果たしてどうでしょうか。




他人の言葉には耳を傾けた方がいいです。
特に悪口や批判にはよく耳を傾けてみてください。そこには自分が気づかない自分の行動、言葉、心がよく表れています。
悪口、批判は検証し、自身の成長になる部分はよく取り入れ、不要な部分は切り捨てることが大切です。
過剰に反応してすべてを否定してはいけません。
過大に受け入れて、自身をいじめることもダメです。

思考の軸足を持つことは大切ですが、それは固定観念に縛られることとは違います。
自分を持つことは大切ですが、自分の考えに固執することとは違います。
常識を身に着けることは大切ですが、常識を鵜呑みに信じることとは分けねばなりません。


思いはすべて光に照らしたときに、そは光の思いに適っているか否かを考えるように習慣づけること。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


信仰の骨髄


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  古代  歴史  育児    教育  

古代の巨石文明の人々は石をこねた?

現代のテクノロジーは、古代と比較すると大変に退化したものです。
最先端科学に携わって、謙虚に研究されている方々がそう言っております。
例えばギザのピラミッドは、現代の最先端建築技術をもってしても再現が不可能とされています。

古代の巨石文明を知っていくと、古代人が未開で劣った世界で暮らしていたなどとは口が裂けても言えないはずです。
文字がないのは未開人で、文明は文字と共に発展したというのも、悪しき学校教育の洗脳のようなものです。古代人には文字などという低次元のものは必要なかったという方が真実に近いです。文字は目に頼る人を洗脳しやすい→騙しやすいのです。
暴力で人民を支配してきた地球人ですから、残された文字情報というものの信ぴょう性は限りなく低いです。自分に都合よく書くからです。共産主義国では最高位が書記長というのは、歴史は書記が作り上げるからです。→捏造、我田引水、転利。。


古代の巨石文明の驚異的な石組みの技術は、下に貼った動画の中でも言っておりますが、石を粘土のようにこねくり回して積み上げたかのように、髪の毛すら隙間に入らない精密なものです。動画とは別の科学者も、マグマのような状態から取り出して石を形成したようだと言っておりました。
当然ですが、現代地球のテクノロジーでもこのように石を組み合わせるのは不可能です。

>


石はとても不思議です。
後世に何かを確実に伝えたいのなら、石に刻むのが最良かもしれません.
古代においては石に情報を記憶させることもできたかもしれません。石からDVDディスクのように情報を引き出しているのを夢で見たことがあります。何しろ磐船が飛行していたのです。また、石でできた治療用ベッドや枕、石から治療薬を生成したりもしておりました。
地球においては、石はまだまだ未知な部分が多いと思います。
本当に地球のことを想える人が多勢を占めるなら、石も喜んでその力を発揮してくれると思っておりますが、そこに至る前にまた滅ぶのが現実のようです。

何度も書く通り、今の文明の終焉は目前です。感じている方も多いはずです。
よき光と共に穏やかに過ごせますように。

南無遍照金剛。
赤土のサル 合掌


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: ニュース  人権  報道  放送  

無能マスコミども

あまり書きたくない界のバカ騒ぎの話です・・・毒出しです。

ここ十年程のマスコミの劣化には呆れるやら頭にくるやら、まことに反吐が出そうなレベルです。
それに踊らされている野党陣営の腰抜け具合には、この国への絶望感すら感じずにはおれません。

モリカケなどを一年以上も追及していたマスコミですが、
きちんとした証拠を挙げられず、
うやむやの内に終焉させたマスコミへの信頼は地に堕ちました。少なくとも私は・・・。
それでなくとも朝日の捏造記事や、朝鮮や支那への忖度態度が続いていたので、
もはや日本のマスメディアは日本国民の敵と認定してもよさそうです。
そういう私の思いは、武田氏が簡潔にはっきりと語っておりました。まったく同感です。



先日のシンガポールでの米朝首脳会談では、押し売りエヌHKなどは大人数で取材に行ったそうですから、巨大なブースが必要となり、莫大な使用料を払ったでしょう。・・・国民から無理やりむしり取った受信料という巨額のカネからシンガポールに落としたので、シンガポールにはいい利益になったかもしれません。一方で日本人にはそれに見合う報道内容がされたでしょうか?他の報道機関が報じた内容以上のものがあったか?

報道機関は、何のために報道をするのか? ということがまったく見えていないように思います。
マスコミは権力の監視役 という言葉がありますが、意味をはき違えたバカが多すぎます。


また、殺人事件などがあると、被害者の写真や家庭状況などがつぶさに報じられたりしますが、これは人権侵害と思います。
私が知りたいのは加害者がどういう容貌で、どんなことをしたのか。どういう経緯だったのか等、あくまで加害者の情報です。
「死人の人権よりも生きている被疑者の人権が大切」と言った議員もおりますが、被疑者の人権を守らねばならないの事実としても、加害犯人の人権となると話は別です。
他人の命、人権を奪ったなら、己の命、人権が奪われても仕方ありません。昔の武士なら他人を斬ったら自身も自刃です。「人を呪わば穴二つ」という諺【ことわざ】もあります。他人様を傷つける、命を奪うなら、それなりの覚悟をしろと。覚悟もないバカに人権など与えるやさしさなど不要です。
人権団体は日本人に対するヘイト助長をしてないで、本当の「人権」に基づいた言動をしろとも言いたいです。


まぁ日本社会も、よくぞここまで地に堕ちたものだと思います。


こんなバカの極みの世界にも、光ある方々が多数でておりますのがせめてもの救いです。
彼らと共に在れるように、自分自身の磨きをしっかりとしないといけません。
最後は自分自身のレベルが問題です。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

汚いことを書いたので最後は浄化のために写真を貼ります。
神々の光


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育  

原罪 ~original sin~

原罪という言葉は日本人にはあまり馴染みがないと思います。

キリスト教はミトラ教を乗っ取り、自分たちの都合のいい様に改変してキリストを祀り上げて利用してきました。
神の名のもとに有色人種を差別し、土地を強奪するだけでなく殺戮の限りを尽くしました。
私に言わせれば、イエス様を冒涜する者共です。
私はヨーロッパの芸術、音楽なども大好きですが、キリスト教に関しては問題視しております。

十字軍


白人の精神構造については武田氏が分かりやすくまとめて下さっております。
下に動画をつけておきます。
武田氏も、白人に対する気持ちを語っておりますが、私も同じような思いがあります。

「白人最低だな」というコメントもありますが、批判するのは簡単ですが、
白人のように全滅させるなど、道徳性の高い日本人にはそれはできません。
私たちがそういう人たちと一緒に生きていくためには、
相手がそういう人間だと理解したうえで折り合いをつけていくしかありません。
これをよく弁えていたのが昔の日本人です。
部落というのは、感覚の違いによる棲み分けという性格がありました。
これを解放した明治政府も問題が大きいです。





よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower   Tags:  育児  教育    祈り  アジサイ  

スマホで紫陽花

コンデジを購入してから、スマホで写真を撮る回数が減りました。

それでも時々、GPS記録のついでにスマホで写真を撮ることがあります。

スマホで撮った写真は、やはりスマホクオリティと言いますか、いまひとつシャキッとした画が出ません。


でも、時々ですが、おぉ!こんな画が撮れた! と思うものがあります。

この紫陽花もその一つです。↓

神社のアジサイ


この一枚は、私自身の気持ちが動いた時のものです。
神社のアジサイがきれいだなと思いながら眺めていると、この一角で視線が止まりました。
とてもいい波動が出ていたのと、
稲荷狐さんの「ここだよ」という意思を感じたので、一枚だけ写しました。


この神社のアジサイは、今年は例年以上にクリアな色彩を放っているように感じます。
氏子さんたちによって、いろいろと新たな試みが始まっているのも影響していると思います。

良い気持ち(フィーリング)は、その場(フィールド)を高次元に高めます。
よき氏子、参拝者と、稲荷狐さんやよき霊の皆様の共同作業です。
よいフィーリングがよきフィールドを形成していきます。
決して人の力だけではどうにもできないものです。

ご先祖様をきちんとお祀りされているご家庭は、
介護をしていてもよく伝わってきますし、よく導き、ご加護してくださっております。

介護でお困りの方は、ご先祖様をきちんとお祀りすることをお勧めいたします。
仏壇など不要です。
コップ一杯のお水と、少しのお供えもの、そしてできればお線香をあげて労ってください。
ご先祖様のご苦労へのいたわりと、ご自分まで血が受け継がれている歴史に思いを向け今ここに存在することに感謝することがご供養です。

ご先祖様と自分の関係に回向すること。
すべては輪廻、因果応報です。
悪しきスパイラルから解脱し、よきスパイラルへ涅槃すること。


よき光と共に在れますように。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: Foods!   Tags: 育児    祈り    食事  食育  家庭  

鳥たちの落としもの

鳥たちの落としもの


6月1日はお世話になっている稲荷狐様にお礼と、今月の守護のお参りに行きました。
その帰り、根津神社に呼ばれたので途中下車して参拝させていただきました。

参拝して帰るとき、帽子に何かが落ちてきました。
見るとヤマモモでした。
鳥たちが盛んにヤマモモをついばんでおり、
食べこぼしなどがポトポトと落ちていました。

鳥たちの落としもの


せっかくなので、落ちた実を拾い集めて持ち帰らせていただきました。
量はそれほど多くないので、ヤマモモのシロップを作るため、現在寝かせてあります。

お参りに行って、思わぬお土産を頂きました。

日々の小さなことが喜びです。
よき光と共に在れますように。

南無遍照金剛
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 建築浴◆Architecture shower   Tags: 祈り      育児  神々  神社  

釘隠し

根津神社 唐門にて


根津神社の唐門での撮影です。
釘隠しの一種でしょうか。


根津神社20180601


神社建築には朱色が尊ばれますが、これは赤とは違います。
なぜ朱色がいいのか疑問でしたが、これは大明神様(神様)のを再現しているのが元のようです。


大明神などいるのか?
龍を想像上の生き物と思っている人がいますが、空想の生き物ではありません。
同じように、稲荷狐などの眷属さまや神仏も、見える人には見えます。
実在するのです。

「見える」人を吉外とか精神を病んでいると言う人が多い地球表面世界ですが、
見えない人こそが吉外であり、精神を病んでいることに気づいておりません。
「自分が見えていない」というのはそういうことです。→ 認知症

このような人が多勢を占めていることから、
お釈迦様はこの世は苦である、解脱せよと説かれました。
イエス様はこの世に勝てと教えております。



よきと共に在れますように。
南無遍照金剛

龍神様の雲


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 建築浴◆Architecture shower   Tags: スナップ  東京  建築  

WATERRAS




青空のWATERRAS

駿河台、御茶ノ水、神田。
この界隈はたいへん気持ちがいいので、いつも長居したくなります。

本日もよき光と共に在れますように。
南無遍照金剛
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags:  教育  育児    祈り  宇宙  

偉大な人々と宇宙クラウド

は子供の時から「人間に独創性などない」と思っています。

例えばNASAが「新しい惑星を発見した」と言っても、その惑星は発見される前からそこに存在していわけです。
世間を騒がしたiPS細胞にしても、もともと存在していたものを発見したわけで、人が作り出したわけではありません。
「発見」というものは、もともとそこに存在していた、在ったわけです。
新たに生み出したものではありません。
人の創造性というのは、在るものをこねくり回して違う形にしたり、複数のものを混ぜ合わせて違う形にするのが関の山で、無から有を生み出すことはできません。
そういう意味で、人が想像できるものは、宇宙のどこかに既に存在しているものであると言えるのかもしれません。

クラウド



以前から不思議に思っているのは、偉人と言われる人たちは、みな同じようなことを説いていることです。
私はその共通するものを、「所有から離れること」と解釈していますが、これは個々人によって言葉や表現がいろいろ違ってくると思います。
いずれにしても、自己を錬磨した偉大な人々が同じようなことを説いていることは注目に値します。

これは、「山の頂理論」と同じかもしれません。
山にはいろいろな登山道がありますが、それは最終的には同じところ、つまりは山頂に到達するということです。
時代も場所も異にしながら同じような真理に到達するということは、同じものを見たからと結論できます。

無知



エジソンという人がこんな言葉を残しています。
「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる」。
これは、「人事を尽くして天命を待つ」というのと似ているなと、私は思っていますが、
この1%のひらめき、インスピレーションというのはどういうことでしょうか。
私の下手な説明より、分かりやすい動画があります。↓



私は以下のように考えております。
宇宙には凡そすべてのものが既に存在しており、それは宇宙クラウドに保存されています。
人が理想をもってひたむきに努力をしていると、宇宙クラウドに保存された情報の周波数とリンクしやすくなり、リンクが繋がった瞬間に宇宙クラウドから一瞬で情報がダウンロードされ、それが1%のひらめきとして人間には認識される。

クラウド


人の想いにも周波数があり、想いがどこに繋がっているのか、そしてその想いが集積されると現象としてこの世に具現化される。
当ブログでは思いには力がある、すべては思いから始まると何度も書いている通りです。

最新科学とアミの世界が少しずつ近づいているのを感じるのですが、いずれにしましても、自分がどこに理想を置くのか、そして何を思って意識的に生きるのかが大切と思います。

いつもながらまとまりのない文章ですが、何かを感じ取っていただけたなら幸いです。

南無遍照金剛。
関連記事:TOKANA 宇宙に意識はあるのか?


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児      歴史  

銅矛とシマのこと

銅矛は、出土するものは錆びついてしまったものばかりで、鋳造当初の姿はあまり馴染みのない人の方が多いと思います。→銅矛の画像
出雲の荒神谷遺跡では、銅剣、銅矛などが多量に出土しました。
↓ 下の記事には、青銅器の説明とともに、銅矛の本来の姿が掲載されております。

銅矛

ご覧のとおり、銅矛には縞模様があります。
これは鋳型から出した後に研磨する角度を変えることで生み出すのだそうです。
時々「刃が研がれていない状態」と解説されていますが、これは間違いと思います。
もし武器として鋳造するのなら、縞模様などつける必要がありませんので、最初から祭具として鋳造されていると思います。

この縞模様 【綾杉状の文様】 を見ていつも思うのは、埃及です。
ツタンカーメンの黄金の仮面は、映像や画像でご覧になったことがあると思います。見比べてみて下さい。

「しま」と言えば、日本のことを「大八州」、「大八島」ということがあります。
「しま」というのは大変重要です。
というのも、『古事記』の国産み神話では、その舞台が「おのごろじま」と言います。
大陸ではありません。
日本列島も周囲が海で、これは水濠であり、日本自体が島です。
城には周濠があり、やはり島です。
重要な古墳にも、やはり周濠があります。

余談ですが、スペイン語では Cima は 頂上、最高、完成などの意味だそうで、言葉の繋がりはありそうです。

二子山古墳


いずれにしましても、島は、外部から結界された聖地という意味もあります。
人も島です。
周囲を空気という堀が守っています。個々人の霊域です。
空気という堀に何を通して何を遮断するのかは、個々人の心次第です。



よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >