ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 12 2017

Category: ぽたPhoto   Tags: 育児    滝前不動尊  香取神社  我孫子市  千勝神社  

手賀沼湖畔神社仏閣お礼参り

NIKON D7000 を下取りに出して、コンデジに買い換えました。
キャノンの G7X MarkⅡ です。
慣らし撮りで数日使いました。
わたしは神社巡りなどでは輪行をすることが多いので、カメラが小さいのは助かります。
輪行というのは、電車などに自転車を積んで、最寄り駅などから自転車移動をすることです。

本日は手賀沼湖畔の神仏様に、一年のお礼を伝えに行って参りました。
今年は数回しか訪ねていません。訪問回数がここ数年で一番少なかったです・・・。
本日もいつも通り、千勝神社 → 高野山香取神社 → 滝前不動尊 の経路でした。

千勝神社です。我孫子市高野山新田108 
【御祭神】
日本武尊 (やまとたけるのみこと)
水速比売神 (みずはや ひめがみ)
上記が一般的な表記ですが、こちらは孝元天皇さまご縁地のようです。

ChikatsuJinja


こちらは高野山香取神社です。
狛犬さんがとってもやさしい表情をされていますが、この方の背中側に一号墳の墳丘があります。

katori_komainu


ここは世界的に有名な方のご縁の古墳だそうで、名前を聞いたら驚くと思います。
こちらの神社には何かと引かれるので、ご縁を聞いたときはなるほど!と思いました。

katori_honden


最後は滝前不動尊ですが、こちらは我孫子に来た当初から、私はかなりのご縁です。
高野山香取神社とともに、我孫子に行くと寄りたくなる場所です。
大きな不動堂の右手(向かって左手)に小さなお堂がありますが、こちらは大師堂です。
新四国相馬霊場八十八ヶ所の36番札所。
かつては茶店があり、霊場巡礼や、藤の花見客で賑わったそうです。

takimae_hondo


久しぶりに訪ねましたが、いろいろ変わっていました。
パンフレットができたようです。↓
takimae_panf


こちらは湧水所ですが、新たに石囲いができていました。【←記憶にはないのでおそらく最近と思います。】
takimae_water


ちなみに、手賀沼界隈からも日本第一の霊峰は見えます。
私はあの貴き山を 「ふじさん」 とは呼びません。

takimae_fuji

高野山香取神社も台地の上なのできれいに見ることができます。
美しい山は見えるだけで身の浄化になると思います。
古代、どこの国々にも山を崇拝する信仰がありました。アニミズムは日本だけの信仰ではありません。
現在一神教の者たちが諍いあっていますが、その理由が何か感じられると思います。
日本は八百万神々、多神教、自然はご神体という信仰で、これはホピやインディアンと同じ信仰です。これが本来の神仏の崇め方の基本です。そうした信仰を持っている民は穏やかで素直です。これを逆手に取る者どもが悪魔憑きです。
ホピやインディアンやにほん人は、相手をだまし討ちにするなど考えもしません。それは天界に逆らうことだと知っているからです。
おおよそ、日本以外の殆どの白人国家、およびシナ、半島はよく考えて欲しいものです。

それにしても酷い世界になりました。
縄文の先人たちは、人類がここまで堕ちるなど想像できなかったと思います。
今の地球表面文明はロスタイムです。
この時間を光の増加に使うか、相変わらずの欲と争いに費やすかで、終焉のあり方も変わるかもしれません。
逆に言うと、神仏、眷属様の慈悲を思うにはいい時代かもしれません。
アミの本に書いてる内容をよく思うと、
こんな人類ですら、神仏に愛されていることを感じられるかもしれません。

佳き光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日々雑感   Tags: 育児      祈り  神々    

冬至 ~復活の太陽~



本日は冬至。
かつては世界中で冬至は祝福の日だったようです。
いうまでもなく、冬至を境に夜が短くなってきます。
昼の時間が長くなるということで、太陽神の力が復活する境目の日です。
ミトラ教でも、『不滅の太陽の誕生日』としてお祝いされていたそうです。
シュメールでも一年の終わりと始まりの日でした。
参考URL:こちら

何度も書いていますが、かつて太陽の下、世界はひとつでした。
それが、国を主張し、人々を区別して奴隷化する貪欲が始まったのが今の地球人の不幸です。

star


めぐりというのは、そのまま『魂の転生の旅』を象徴しているように思います。

古代のことを知るにつけ、空やお月様、太陽、々、銀河への思いが強くなります。
古代人は天体観測をよく行いました。
子どもの頃は、その理由が理解できず、どうして天体観測なんだろうと思ってましたが、
単に方位を知るとか、暦を作るためというものではないことは感覚として感じていました。

やはりそこには天界との繋がり、神仏のがあることを、最近は強く感じます。

私は現代文明の終焉は近いと確信しておりますが、新しいを抱えた若者が多数出てきていることも知っております。
それ故、神仏のを宿した方々による、新たな文化、文明にメタモルフォーゼするかもしれないと、僅かな希望、期待も込めております。
今の文明はこのまま進めば確実に滅亡ですが、への変化がもしも達成されたとしたら、それは第二のノアの箱舟だろうと思います。
太陽の復活に重ねて、現代地球人のの復活を祈願いたします。【もちろん私自身ののメタモルフォーゼが必要です。】

南無遍照金剛。

star_ring

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: ART 大好き♪   Tags:  育児    教育  

人生はアート

「アートは苦手」、という方をたくさん知っていますが、本来アートが苦手な人などおりません。
アートが苦手という方の多くは、学校教育の美術や工作などの授業が苦手だったか、あるいは、その教育のせいで苦手を思わされてしまった方々と言う方が正しいように思います。

と言いますのも、アミの本でも言っておりますが、この世は楽しみの場であり、生きること自体がアートだからです。仮想実験の場と言ってもいいと思います。

何度も書きますが、人は何度も魂の転生をしています。男に生まれたり女に生まれたり、猫や犬、魚、牛、山羊・・・もろもろの生命に転生することでその立場を経験して魂のログに積み重ねていきます。そして現在は地球の生命体として、地球人として生きており、いままでの魂の経験から今の人生を歩んでいます。

コスモス 秋桜


アートとは、遊ぶ心であり、楽しむ心です。
自身が楽しまないで、どうして楽しい空間、楽しい時間、楽しい人生を送れましょうか。
この世は他人のためにならなくともいいのです。「他人のために」と思えるなら、それは素晴らしいことですが、まずは自身の魂を喜びに導いてあげることが大切です。

何かの集まりに行って、一人だけぶすっとしていたら、周囲の人たちはいろいろ気兼ねしてしまうでしょう。その人は「私はなにもしていないでしょ」と言っても、実際は周囲に多大な気兼ね、気苦労をさせているものです。
それと同じで、自身の人生を楽しめない者は、周囲に何がしかの苦労を背負わせているものです。

お釈迦様もイエス様も、まず自身が悟りを開かないと他人を導くことはできませんでした。
楽しみも同じです。
まず自分自身が人生の楽しみ、生きる意味を見出すことが大切ではないでしょうか。
自身が生きがい、楽しみ、喜びを見つけられない内はまだまだ半人前であると、私は思っております。
高齢者は喜びや楽しみを見出す達人であってこそ、齢を重ねてきた意味があるのではないでしょうか?

自身が楽しんでいると、自然と周囲も楽しくなるものです。

高齢者の部類に入る方は特に、人生の喜びや楽しみをたくさん抱えて人生を終えられるようにお過ごし下さい。

良い光とともにあれますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >