ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 03 2017

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  教育  祈り  稲荷狐  神仏    

ページの紹介です。 白狐の話

本日は記事の紹介のみです。

インスタグラムやブログにもちょくちょく書いておりますが、稲荷神様の眷属である稲荷狐のお話です。
紹介するのは稲荷の総本山とされる伏見稲荷神社の関連のページです。

霊の世界を知っておくことは、ご先祖様への供養や、ひいては自身の死後の行き先の道標ともなろうと思います。
というのも、世間ではピンピンコロリがいいと、つまりは寝たきりにならず、認知症などにもならずにコロッと死ねるのがいいと言われますが、コロッと死んだ場合、自分が死んだと認識できないことが多いようです。
自分が死んだと思えない場合は冥土に行けず、当然生きているように振る舞います。これは霊的に見ると冥土に還れない迷子ということです。また、場所やモノ、人への思いが強すぎると、冥土に誘われても拒否し、執着する場所、モノ、人のそばから離れられず居座る地縛霊となったりもします。

古代蓮2016



以前にも書きましたが、311の後、タクシー運転手の多数が霊と遭遇したと言っております。これは亡くなった人が、自分はまだ死んでいないと思っていることに由来します。自分の死を認識できていないのです。
そういう意味では、死ぬ準備といいますか、心構えといいますか、自分の死をきちんと納めることが大切ということと思います。その為には、この世への執着をいかに手放していくのか、という心の練習が必要です。
これが私が常日頃書いている 心の点検 です。


霊の世界を信じなくともそれは自己責任ですが、霊の世界の知識を持っておくことは、死後の助けにもなろうというものです。
今回、下に白狐さんのお話をリンクしますが、そういう世界のあるのです。


白狐のお話 ← リンクをしております。クリックしてお進み下さい。

良き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  神仏    祈り  

お彼岸 心 思い

光る葉


昨日は寒い天気でしたが、本日は晴天の心地よい一日です。


何度かブログにも書いていますが、自分に都合の良い願い事が叶うことが「ご利益」ではありません。
願い事がいつまでも叶わないことがご利益だったりするということです。

例えば事故や病気は、しないに越したことはありません。
しかし宇宙の愛は、自分の傲慢さや鈍感さを矯め直すために、事故や病気に合わせることもあるのです。


人は自分の都合でものごとの良し悪し、吉凶を判断しがちです。
しかし、魂は永遠の旅路を繰り返すのですから、宇宙という大きな視点から見ると、たった一回の人生のうちに起きる事故など些細なことでしかありません。その些細な事で、心から自分の過ちや思い違いに気づき、改めることができたなら、それは人生において、魂にとって、たいへん大きな収穫になります。


話は変わりますが、春のお彼岸のお話です。
先日、私が勤めている老人ホームの男性の利用者さんが、ばあさん(奥さん)が横に寝ていたと教えてくれました。しかも母ちゃんもいたんだよと言うのです。この方は昨年も同じようなことをおっしゃっていました。
昔は酒癖が悪く、母親も奥さんもけっこう苦労されたようですが、今は老人ホームでの生活ですが、とても穏やかで他人にもやさしく過ごされております。母親も奥さんも嬉しいのではないかと思います。
・・・・お彼岸だから会いに来てくれたのかもしれませんね。お水でもお供えして、少しお話してあげるといいかもしれませんよとお伝えしました。
人の真心はかならず届きます。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。。。。。。






駒木 諏訪神社



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  神仏    

見えない世界はいつもとなりに♪

当ブログの先頭記事を更新しました。
高校時代の恩師の教え・・・と言っても当時すでに故人でしたが・・・を書いたメモが出てきたのがきっかけです。

本日はブログにリンクも貼ってる 櫻井識子さんの紹介です。

この方のブログにたどり着いたのは3年ほど前だったと思います。 ← かなり曖昧です。もっと前かもしれません。。。(^_^;)
初めてこの方のブログを開いた時、巫女さんが見えました。
とてもやさしい表情で微笑んでいらっしゃったのが印象に残ってます。
その時は幾つかの記事を流し読みして、こんな人もいるんだ~、すごいな~と思って終わりました。
この方は普通の巫女さんではなく、「ほんとうの」巫女さんなんだな~と。


2016年半ばくらいから思い出すことが多くなり、気になっていました。
今年になって、図書館を見ると置いてあったので、先月から在庫分を読み進みております。

私は介護の経験から死後のことや見えない世界のことを知ったり感じることがあるのですが、識子さんのブログや著書は、私が曖昧に感じていることをクリアに説明して下さっており、あの時の感覚はこういう事か~とか、そうそう、こういう感じだ~ということが多く大変勉強になっております。


見えない世界を 「怖い」 と思う方は多いかもしれませんが、その世界のことを少し知れば、とってもやさしく、楽しい世界だと思うはずです。
もちろん自業自得の厳しい面は厳然として実在するのですが、それでも私達の本当の源:光の世界はいつもやさしく、自分ひとりしかいないという状況でもいつも一緒に歩んで下さっています。

親を求める子の如く、素直に神仏を求めよ。愛子(いとしご)を捨て置く神仏にあらず。(← 恩師の教えです。)

櫻井識子さんのブログ、著書は清浄でやさしい雰囲気に満ちておりますので、ご興味があればブログなどにも訪問下さい。
・桜井識子オフィシャルブログ ~さくら識日記~

おことわりしておきますが、私は識子さんの回し者ではありませんし、面識もございません。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神さまと繋がる神社仏閣めぐり [ 桜井識子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児    教育  

恩師の教えメモ

私の恩師【故人です】の教えを少しまとめました。
完全に私の個人的なメモですが、何かお役に立つことがあればと思います。



行とは行う行為にあらず。行いを積む心なり。
行とは思うことにあらず。その思いに生きんとなす心なり。
行とは言挙げなすことにあらず。あらわす心なり。
即ち行とは、言うこと、行うこと、思うことの、言行心を一つとせる、いくることそれ自体なり。

行とは即ち行じ進まん心なり。
唯あるものは、自ら為さんとなすことに向かいて、よりよき結果の生まれんことをひたに思い祈る心と、為しつつ常に感謝の念に満ち溢れゆく心のみ。

活かしつつ行いてこそ信仰も生命ある如く立ち動くなり。

谷中の紅梅


その不幸、その暗黒をもたらすものはその精神なり。又そを去らしむるもその精神なり。僅かなりとその精神を直し、その悲しき不幸を生む根本を直すことに心がけよ。さらば其の効果は何に依りて現れん。即ち不幸も哀しみも悩みも煩いも災も、芽吹き悦びとなる。
世の中のここも極楽こも地獄 苦楽は人の心なりけり。



人はこの世に人として生まれ出づる時、当然神の子として神の愛を受くべき力を有せり。神はまた、総て世の人のために愛を発し給えり。さあれその人々の過ちたる精神は、よくその愛を受くべき力を失わしむ。
心あたかも濁れる水の如く、曇れる空の如き祈りは、少しの功を奏せず。忘れるべからず。


佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  教育  お守り  信仰  

ルーマニア ~世界の中のにほん~

私はつい先日知ったのですが、ルーマニアには、マルチショールというお祭りがあるそうです。

18世紀までは、冬が終わって春を告げる3月1日を新年としてお祝いしていたのだそうです。

ブカレスト大学のブログから引用です。
マルチショール

・こんな記事もあリました。→マルチショール

引用中にも書いてありますが、マルチショールというのは小物ですが、基本の形は赤と白の糸を巻きつけたものです。
マルチショールというものは、8000年前の遺跡からも発掘されているようです。
ダキアの時代から続いている風習のようです。
ダキアというのは、托枳尼眞天様ともご縁が深いようです。日本においては豊川稲荷が有名です。

ダキアの信仰は「魂の不滅」で、「死」は、生きる場所が変化するだけのものと考えられていたという説明が Wik iなどにもありますが、古代霊性の高い時代の人々にはこれは世界標準の常識です。本来の霊性がどこで捻じ曲げられるのか、みなさんも見当がつくかと思います。(-_-;)

赤と白の糸、小さなアイテム・・・これを見ていると、日本のお正月や神社、お守りを連想しますが、実際、願い事を叶えてくれるアイテムとして、魔除けとしてなどとしても用いられているようです。【Mărţişorの説明でこちらのリンクより


厳しい冬から、徐々に太陽が力を盛り返す時季は、どこの人でも嬉しい気持ちになるのは当然です。

アルチショールの紅白のアイテムはとってもかわいいと思います。
ささやかな所によろこびを感じられると幸福かもしれません。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 < >