ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 02 2016

Category: Foods!   Tags: 貨幣  食事  食育  教育  食べる  ペット  動物    

ペットショップ と スーパーのお肉

ペットを売らないペットショップ。殺処分待ちの犬を紹介する新たな試みが話題という記事が目に留まりました。
少し前の記事のようです。抜粋、転載します。↓



岡山にあるペットショップがペットを売るのを辞め保護施設で殺処分を待つ犬を紹介するサービスを始め話題になっています。

ペットショップでは犬や猫にお値段を付けて販売するのが通常です。ガラスケースに入れられた犬や猫。売れなかったらどうなるの?皆さん考えたことがありますか。以前、ペット流通の裏側という記事を書かせて頂いたのですが、「商品」にならなかった犬や猫は殺処分されてしまうのです。そのことに疑問を感じた岡山のペットショップが今回、思い切った方向転換をしました。

・ペットの販売から保護犬の里親探しに方向転換をしたショップがこちらの「Chou Chou岡山店」岡山県動物愛護センターや、岡山、倉敷両市の保健所の殺処分待ちの犬達を引き取り、店頭で展示・迎え入れてくれる家族を探しているそうです。完全ボランティアで始めた為、場所代やペット達のご飯代はすべて自己負担になるそうです。

・同店の運営会社社員で事業責任者の沢木崇さん「毎日多くの犬や猫が殺処分されているのに、新たなペットを販売していいのか」と悩んだ末、この試みをスタートさせました。

「NPO法人 犬猫愛護会 わんぱーく」に登録し譲渡会も積極的に行なっています。とはいえ、すべて自己負担で賄われているといつか限界がきてしまいます。この先どうなってしまうのかという心配の声も上がった中、新しい展開がChou Chouさんを待っていました。
多くのメディアが取材に!

→動物愛護活動に力を入れている女優・杉本彩さんも来店しました。多数のメディアに取り上げられることにより注目度があがり関連商品の売り上げが上がり、この取り組みを続けていくことが可能に!

→飼育コストは店の負担になるが、事業への共感から店頭やオンラインでの関連商品の売り上げが伸びている。従業員が今まで以上に自分の仕事にやりがいを感じるなど、メリットの方が大きいという。

→ 野良犬や捨て犬を保護している岡山県動物愛護センターや、岡山、倉敷両市の保健所にスタッフが月に数回赴き、重い病気がないなどの条件を満たした犬を引き取り、店頭で展示して飼い主を探す。

日本では一年間に20万頭以上の犬や猫が保健所に収容され、その内の十数万頭が殺処分されています。そして、この数にはペットショップを含む流通の過程で殺処分された動物達の命は含まれていないとのこと。

今現在、日本には15,000軒を超えるペットショップがあると言われておりその経営手法には多くの問題が残されています。今回、日本初ともいっていい新しい取り組みを始めた「Chou Chou 岡山店」さん多くのメディアが取材にきて社会にも一石を投じたのではないでしょうか。「Chou Chou 岡山店」さんの活動が多くの人に知ってもらいペット産業や殺処分について皆さんの認識が広がり、そして、何より一日でも早く殺処分という悲しい運命を辿る犬や猫がいなくなる日がくることを願います。


記事にも書いていますが、売れなかったペットは殺処分されます。ペットショップにとって犬猫小鳥などの動物は『商品』です。『商品』は売れなかったら廃棄されるのです。命をカネで買い、売れなければ捨てるわけで、これをどのように感じるかは人それぞれかと思います。

しかしペットショップの殺処分と同じことが日々の食卓でも行なわれています。鶏肉、豚肉、牛肉などの動物の肉です。精肉されて肉片になっていますが、元は鶏豚牛などの動物ですから生きていたのです。殺されて肉にさばかれお店に並んでいるだけで、ペットショプと何が違うでしょうか?
肉も売れ残ったものは廃棄されます。売れ残ったペットが処分されるのと何が違うでしょうか?

貨幣価値と生命倫理はよく考えないと、貨幣という悪魔の奴隷です。
貨幣の常識に呑まれないように過ごしたいものです。


南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: Foods!   Tags: ジャイナ教  七つの大罪    育児  食育  こころ  

日々の神事 食事

本日も食事のお話です。

数年前の夜勤でのことです。職場のある方からメールが来ました。弁当を食べないまま職場に忘れて帰ってしまったので迷惑でなければ食べて下さいとのことでした。冷蔵庫を見ると確かにお弁当箱がありましたが、そのお弁当箱の小さいことにびっくりしました。(;^_^A
翌日、洗った弁当箱をお返ししてお礼を言った際に、あの量で足りるの?と尋ねましたところ、あれで十分だと仰っていました。

このとき思い出していたことがあります。中学生の頃に聞かされた言葉です。
「女性は殺生に関する罪が男性よりも少ない。殺生と言う意味では、女性は男性よりも神々に近い。」
・・・これは、女性は男性よりも少食であると言えばわかりやすいのかと思います。
食は他の生命を殺して摂り込むことですから、やはり手を合わせて頂くのは宇宙の「当たり前」の礼儀なのかと思います。

仏教では不殺生戒というのがありますが、これを更に徹底的に行ったのがジャイナ教です。アヒンサーというそうです。これは他の物を害してはならないということのようですが、その厳格さは、歩くときに虫を踏んで殺さないように掃きながら歩くと譬えられるほどだったようです。
お釈迦さまやイエス様は「思うことすら『自由』ではない」と申されましたが、ジャイナ教でも、他者を傷つけるようなことを思うことすら罪であると考えているようです。これを実践せよというのは一般的にはあまりに厳しいと思えますが、因果応報輪廻転生の宇宙の基本法としては非常にまっとうな考えだと思います。

さ~い~た さ~い~た


先日ネットで調べ物をしていると 七つの大罪 というものが目に留まりました。↓ ウィキからの引用です。

七つの大罪は、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスの著作に八つの「枢要罪」として現れたのが起源である。キリスト教の正典の中で七つの大罪について直接に言及されてはいない。八つの枢要罪は厳しさの順序によると「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」である。

興味深かったのは、罪の最初に 暴食 が来ていることでした。
・・・余談ですが姦通罪は江戸時代では死罪もありました。→重罪です。現代の感覚には獣化退行を感じてしまいます。(-_-;)

話を戻します。。。食は生命維持の基本です。肉体を維持するためには、最低限の食事摂取は必要です。食べることは、他の生命を絶ちきり、己に同化する行為です。ですから、貪り食うことはそれだけで業を作ることになる・・・これは誰でも理解できることと思います。惰性で食うことは基本的に罪悪だと言えそうです。・・・食事の必要量は人によって違うと思いますが、自身の必要量をきちんと考えて食べることは、それだけでも慈悲の心だと思います。

食事は毎日だれもが行う神事である。

食は他者との関係や信頼、愛といったことに思い広げるにはもっとも身近な行為であるように思います。

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 和同開珎  商売    夏の禹  

和同開珎と『あきない』のこと

私の大嫌いなカネの話です。

日本最初の流通貨幣とされるのが『和同開珎』です。多くの方は名前くらいは知っているかと思います。
慶雲5年:708年に、秩父でニギアカガネが発見され、朝廷に献上されました。
朝廷は、勅使を遣わし祝山【いわいやま】に神籬(神霊の宿るところ)を建てて金山彦尊を祀り祝典を挙げたとされます。
ニギアカガネの発見が、にほんで最初の流通貨幣『和同開珎』につながりました。
時の天皇様は元明天皇です。『古事記』を世に出した偉大な方です。

■和銅産出の地:聖神社:こちらからどうぞ。

歴史の授業で習ったかと思いますが、和同開珎が流通したと言っても、当時はまだ貨幣の価値などほぼありませんでした。一番大事なのは現物です。この価値観は現代社会でも同じはずなのです。飢饉などで作物が収穫できなければ、いくらカネがありあまっていても、それは単なる紙くず、鉄くずでしかありません。

いつも思うのですが、貨幣社会と言うのは、仕事の内容と賃金の価値がまったく見合っていません。地球上の賃金格差がそれを示しています。奴隷制度はカネ支配という形でいまなお続いているのです。

こんなことがありました。
郵便配達員の知人が、賃金のことで上司と話をしたことがあります。上司が言ったのは、お前はただ配達をしているだけだと。生産性のあることをしているわけではないと。ここでいう「生産性」とは、カネを直接的に儲けることです。
彼は上司にこう言われて思ったそうです。
上司だって、直接カネを儲けることをしているわけではないではないかと。郵便局内のことをしているだけだと。配達員が全員ストライキを起こしたらどうするのか?お互い様ではないかと。
彼が思ったことをどう思われるでしょうか。

ぬいぐるみを作って販売している知人もいますが、彼女は自分の作ったぬいぐるみの販売価格は、手間暇に見合った報酬とは決して思えないと言います。それでも自分の作ったもので喜んでくれる人がいるし楽しいから作り続けられると言っています。

伝統工芸の作り手さんなどは価格価値に見合っていない代表選手かと思います。貨幣価値など介入できる世界ではありませんが、貨幣価値のせいで絶滅の危機に面しています。

sakura nanohana

貨幣は便利かもしれませんが、そのせいで原発村などと言うキチガイ転利バカ役人がはびこっているのです。
というのはかつて中国で起こった王朝名です。と言います。商売の元はおそらくここからか出たと思っていますが、私は商売というのは基本的にキライです。子供のころからカネは不浄なものと思っていましたので、決して右手では扱いませんでした。これは今でもそうです。
商がなぜ忌なのかは書きませんが、江戸幕府も身分制度:士農工商では最下位に置きました。まともだと思います。
商は夏禹という偉大な方が起こした夏という国を滅ぼしましたが、このことからもやはり商には注意が必要と思います。

余談ですが、夏の禹は日本にも縁がある方です。 ■参考リンク PDFが開きます。→ 大禹の治水


江戸幕府が奨励した朱子学なども、今ではほとんどの方は興味すらないかもしれませんが、と商=カネの関係は地球人の大きな課題かと思います。
光ある貨幣のであることを祈ります。
南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: Foods!   Tags: 断食  食事  小食  

食事のこと 甲田光男さんなど

食事のことです。
とはいえ、いまブログを書いているのは糞土師さんの記事をツイッターで見たからです。
食うことと出すことは同じことなので、もっとうんちのことは考えられてもいいのかと思います。
ノグソフィア 糞土師のひとりごと

うんちをするということは、小学生の頃からいろいろ考えました。食う量を減らせばうんちも少なくて済むじゃないかと思い、少食への興味も沸きました。
小食への興味は最初は天狗や仙人の話でした。天狗も仙人も、彼らは霞を食って生きることができるという昔ばなしは衝撃的でした。しかもそれで空を飛んだり不思議な技を使ったというのですから、更にびっくりです。。。!

私が子供の頃に印象に残っている親の言葉に、「働かざるもの食うべからず」というのがあります。これを度々聞かされて育った私は、食べることに一種の罪悪感を感じて生きてきました。
そして2年前にある真実を知って以来、肉、魚はきっぱりやめました。ただ、駅の蕎麦は稀に食うことがありますので、その程度のものは摂取しております・・・。ベジタリアンでも気軽に外食できる食堂が増えることを願っています。(^^♪

甲田光雄さんを知ったのは昨年ですが、彼の「食わないことは他の生命に対する慈悲なのだ」という言葉には真実を感じます。甲田さんは小食治療を勧めていらっしゃいます。
遥か昔の人々は、現代人よりよほど食わずに生活していたことは確実です。例えばマチュピチュを考えてもみてください。彼らが腹いっぱい現代日本人のように食っていたと思うでしょうか?彼らもほとんど食わずに生活していたのは確実です。

小食、断食で興味深いのは鶏のことです。
養鶏業の方々は知っているそうですが、鶏に断食をさせると羽が生え変わり、生命力が再燃して産む卵の状態もよくなるそうです。
■参考 → 鶏・一万羽の断食

日本の飽食は世界的に悪魔的です。食料廃棄量を知ると、自分がいかに巨大な業を作っているかを思い知ります。おカネで他所から奪ってきた食料の多くを捨てているのですから。
食べ過ぎが病の原因の大きな割合を占めていることも、多くの方は聞いたことがあると思います。

己を知ることは難しいことですが、おもての現象を自身に置き換えてみることで見えてくることも多いように思います。
佳き光と共にありますように。
南無遍照金剛。


おまけの動画です。ご興味があればどうぞ。↓




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 聖徳太子    東国  太陽    

聖徳太子と「ひのもと」のこと

歴史は新たな遺跡発掘などで刻々と修正されています。

聖徳太子について少し調べていて、面白いものがあリました。
聖徳太子といえば奈良の法隆寺が有名です。斑鳩宮、太子道など、考古学的にも貴重な遺構がたくさんあります。
そして浪速:大阪には太子ゆかりの四天王寺があり、七星剣が納められているとか。
私はかつて京都にも奈良にもアクセスしやすい土地に住んでいたので、聖徳太子は馴染み深いのです。でもその反面、地方の伝承や神社寺院のことはあまり知られていないようです。

本日の聖徳太子のことは、埼玉県行田市荒木の天州寺です。
聖徳太子の木像が有名なようで、毎年2月22日に、この太子立像がご開帳されるお祭りだそうです。

行田市太子立像


そういえば千葉には蘇我という地名もあります。その近くの木更津には鎌足という地名もあったかと思います。鴻巣生出塚窯跡遺跡などで焼かれた埴輪は房総半島などにも運ばれており、その運搬範囲は広大です。これは地方豪族程度が云々の次元ではないように思えます。そして東に行けば鹿島、香取両神宮があり、共に太古からの歴史があります。

古代の朝廷が関西にあったという歴史認識には、私ははなはだ懐疑的です。
太陽を拝むなら東が良いはずです。
そもそも日本、ひのもとというのは太陽と共にあるのですから、文字通り東の国こそが ひのもと ではないでしょうか?
また、朝廷というのは朝に神々の宣託を受け、それに基づいて政(まつりごと)を行うわけですから、日の昇る東に行くほど聖なる場所とされるはずです。
そういえば聖徳太子は「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」(日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや・・・)と書いた文書を隋に送ったという話もありますが、日の昇る国の聖地はやはり東国だと思いますがいかがでしょうか。

藤原の息のかかった『日本書紀』が東国人は鬼だの悪党だのと何度も書いているのは、東国の栄光を妬んだものと思われます。また、墾田永年私財法なども、東国に山ほどあった古墳の破壊、つまりは歴史の隠ぺい工作が目的と・・・個人的には思っています。

ともあれ聖徳太子さんの縁日はもうすぐです。

佳き光と共にあれますように。
南無遍照金剛


■関連リンク
せきどよしおの仏像探訪記・・・
鹿野山神野寺・・・関東最古の聖徳太子ゆかりの寺です。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 豊受大神  天照皇大神  金星  

天体観測と稲荷神様

メール更新ですので、後ほど修正するかもしれません。
今日2月6日は初午でした。稲荷神様のお祝い日です。稲荷神とは主神:宇迦之御魂神様だけではありません。豊受大神様、八幡神様なども稲荷神様です。

稲荷というと稲荷狐さんですが、そもそも稲荷とはイナ吏です。吏とは役人、遣い、眷属という意味です。ではイナとは何か? 占星など興味がある方は分かると思いますが、金星を司るのがイナンナという女神様で、一般的にヴィーナスとされる方です。イナンナはイシュタルとも呼ばれています。神々の名は、時代や地域によってローカル名になりますが、これは考えてみればば当たり前です。日本においてイナ→イネの神というと豊受大神様です。真の日本人なら天照大御神様と共に毎朝ご挨拶申し上げているかと思います。

日本のアカデミーでは豊受大神様は謎の存在とされています。その原因のひとつは日本の神を日本独自の神と考えるからです。勿論真実を葬った勢力がいたからでもあります。豊受大神様と同じように、他の日本名の神々様も別の名で世界中でお祀りされているのです。古代においては国境などありませんから、日本でお祀りされる神々が世界でもお祀りされていて当然なのです。逆も然りです。
天体観測は古代に遡れば遡るほど精度が増します。古代の人々が神々様に近いところにいたからと考えるのが普通です。

初午の日にこんなことなどを考えました。
真の神々の復活とご開運を願います。
よき神々の光のうちにあれますようにとお祈りいたします。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


123456789101112131415161718192021222324252627282902 < >