ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 12 2015

Category: ART 大好き♪   Tags: 絵画  スペイン  画家  ベラスケス  ラスメニーナス  

ディエゴ・ベラスケス 視線の妙


表題のベラスケスとはスペインの画家ですが、知りませんでした。
ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・ベラスケス(Diego Rodríguez de Silva y Velázquez)。
時代は日本では玉川兄弟が玉川上水を引いたり明暦の大火があった時代です。

先日あるラジオ番組で名前を聞いたとき、なぜか彼のことが気になりまして、珍しく検索しました。
彼の絵画の内、少し衝撃を受けた一枚があります。
ラス・メニーナスというものです。

画面中央に当時のスペイン国王フェリペ4世の皇女:マルガリータと女官たちが描かれているのですが、画面左に大きくキャンパスが置いてあり、ベラスケスが絵を描いている状況がそのままキャンパスに描かれています。そして何の絵を描いているのかというと、マルガリータ皇女の頭の右上奥に鏡があり、そこには国王と王妃が映っています。つまり、この絵画を見る人は、絵を描かれている国王と王妃の立っているその場所にいることになるのですね。

この絵を見る者は国王、王妃の視点となって、幼いマルガリータ皇女の愛らしい姿と自分たちを描くベラスケスなどを眺めるという、まさに生き生きといま目の前に展開されている一場面に遭遇しているような感覚になります。
とりわけ描かれた自分物たちの視線が生々しく感じられそうです。
実物を見てみたいと思いました。

それにしても調度品、部屋に差し込む光・・・・宮殿の日常の一場面に部屋の香りや空気の流れなどが感じられそうで、すばらしいです。

佳き一日でありますように。
南無遍照金剛。

エデン



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: カルタゴ  歴史  ローマ帝国  

カルタゴ

忘備録としての記事です。

かつて世界に国境はありませんでした。そしてその姿こそが本来の星の姿です。

昔から不思議に思っていたのが、ローマとカルタゴのことです。
ローマはカルタゴを徹底的に叩き潰し、焼き払い、挙句の果ては作物が育てられないように塩まで撒いたといいます。ポエニ戦争です。
ハンニバルという名称は聞いたことがあるかと思います。
なぜそこまで徹底的に叩きのめしたのか?

↓こちらのサイトに簡潔に歴史がまとまっていました。(vivonet)
カルタゴ簡易年表
カルタゴ(wiki)



いつも思うのは今の世界の波動の悪さです。
歴史上たくさんの文明が滅びましたが、いろいろな滅び方がありますが、今の世界を眺めていると、よき波動のものは存在しにくいのではないかと思えてきます。そして消えていった文化の、縄文やエジプト古王朝、メソポタミア・・・そうした古代文明はその代表のような気がします。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 真実  神様  仏様      

自分が信じている程度のこと

本日はクリスマスです。イブは有意義に過ごせたでしょうか。

梅雨の晴れ間のひかりを受けて

信心についてです。

先ほど悪霊の気配がしたので何かと思ったら、次の瞬間、玄関の手紙受けにポトリと何かが入りました。
英語で 『ヤング ブッダ』 と書かれた小冊子でした。(−_−#) 言うまでもなく正体はこいつです。

仏陀::お釈迦様は解脱して、もう地球には肉体を持って降臨しません。
以前にも書きましたが、解脱というのは地表という悪霊界に勝つことで、イエス様もこの世に勝ったと宣言されています。これはつまり、もうこんな悪魔の世界には肉を持って転生しませんよということに他なりません。

冊子を入れたのは降伏の下学の者ですが、解脱のなんたるかも分からずに他人の家に不浄霊をポスティングするなど甚だ迷惑ですのでやめて下さい。
霊が見えもせず分かりもしないのに、あの方は釈迦の生まれ変わりだなどと信じること自体が盲信だということを知りなさい。 こんなことは論理的に考えれば理解できるはずです。よく考えてみましょう。
これも何度かいていますが、神を信じる、仏を信じるというのは「自分が信じること」ではありません。自分が信じる程度の信心ならイワシの頭でも拝んでいろと言いたくなります。自分という主体が信じている・・・なんてものは信心ではありません。その程度で信じることは「信念」といいます。ここは多くの方が誤解をしている部分かと思います。信念は強さを与えてくれますが、間違ったものを信じていると、当然誤った影響力を広めてしまいます。

竹林に光注ぐ


降伏の下学を信奉する方々は本当のお釈迦様を冒涜しているのですから、何があっても自業自得です。この言葉を信じようが信じまいがそれも勝手ですが、他人の家に余計なモノを放り込んではタダでは済みませんので覚悟ください。しかもクリスマスの日に何という愚か者かと思います。

神様、仏さまを冒涜する連中は大キライです。


真の光とともにアれますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 戦場  平和  戦争    

遥かなるクリスマス

光とともにアれますように。

南無遍照金剛。






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags:  因果応報      

宇宙の平等感

悪魔は神に駆逐されるが故に、悪魔どもにとって神々は《悪魔のような奴ら》である。
悪魔は誰しも嫌いだと思う。しかし何を信じるかによって、神々の側に立つか悪魔側に立つかが決まる。何が良くて何が悪いかはよくよく気をつけて日々を過ごさないと大変なことになる。

地球は宇宙の監獄だといっても、多くの方は信じないと思う。しかしこれは本当である。地球はいわば更生施設である。更生を促すために、宇宙の愛は偉人を遣わせてくれている。イエス様や仏陀様、日本の天皇様などがそうである。

「人は平等だ」「みんな一緒にいることが良いんだ」などと、さも人道的と思われることを言う人がいるが、人は生まれながらに前世までの業を背負って来るのである。生まれながらにそれぞれの業の昇華程度は違う以上、生まれながらに平等などではない。これを信じられるか信じられないかでは、既に大きな差があり、本来それらは分けねばならないのである。『差別』の本義はこれに近い。

前世からの徳や業。
例えば貧しい者に施して生きた人と、他人を騙して金を貪ってきた者が、次の人生で同じスタートラインに立てるなどとは都合が良すぎなの考えである。これは子どもでも理解できる当たり前の道理である。他人から貪った者には生まれながらにペナルティが課せられているのであり、施して生きた者は更に高いレベルへ登るための課題が与えられることになる。死ねばみなご破算になるなどという考えはあまりにも都合の良いバカの戯言なのであるが、バカは今さえよければと利権を貪ったり自爆したり他人を蹴落としたりミサイルをぶっ放したりするから始末が悪いのである。業は死のうが生まれ変わろうが、宇宙の果てに逃げようが、どこまても付いてくるのである。
因縁因果応報は宇宙の初等教育程度の当たり前の法である。自分で選んで自分で思い、自分で行った言行心の責任はすべて自分自身で乗り越え昇華していかねばならないのである。この因果応報は誰にも公平、平等である。死んでも業は消えないのである。

正義と叫びながら他人の命を奪う行為が果たして正義なのか?という事を、自爆したりテロをしたりする者たちはよく考えるべきである。考えもなしに他人を殺したりすると自分たちが讃えている神々を冒涜することになるのである。

そして利権に群がる者たちの多くはテロリストよりタチの悪い巨大犯罪であること思うべきである。このような巨大すぎる業は、己の死後や転生後にはあまりに負担が大きいので、この重荷を子孫や親族に分割負担させる事があるようである。あまりに巨大な業を背負った者に対する宇宙の慈悲であるが、自分以外の業を与えられれば子孫にとっては迷惑この上ないのである。そのことに思い至らないのが今の利権に群がるハイエナ役人共であり、よく考え改めてもらいたいものである。

そして『自殺』は他人を殺すより重罪であることを忘れてはいけない。-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 教育  子育て    日本  道徳  

学校教育 道徳 両陛下から学べること多々

まもなく年末年始です。
「日本人はお願いすることが多すぎる」
私の知っている外国人の方の言葉です。
初詣でお願いし、受験だと言っては合格しますようにとお願いし、七夕では星にお願いし、クリスマスではプレゼントをお願いし、日本の神様は大変だと。
彼はクリスチャンですが、厳格なクリスチャンでは祈りとは感謝であると教育されるそうです。これを聞いて、足るを知るという言葉を思い出したのですが、まず、今ここに在ることへの感謝からはじまり感謝に終わる。
過ぎる願いは業になる。。。

文部省の方針では道徳教育の比重が増えたようですが、にほんには道徳教育のすばらしい素材が目の前にあるのです。
それが皇室です。
幸いなことに、日本文化は見直されていますし、若い世代の方々にも日本への関心が高まっているように感じます。
にほんの天皇さまは外国の王のように亡命しません。戦乱の世にあっても他国へ逃げず、常に民と共にアられました。

今の日本が保っているのは、いつも陰に天皇皇后両陛下が動いてくださっているからに他なりません。その働きは空気のように、常日頃は多くの方は気づきもしませんし注意も払っていないかと思います。しかしながら、外交、貿易、良好な関係など、すべての分野に渡って強い絆を繋いで下さているのは天皇皇后両陛下です。
両陛下のお言葉とお姿から、道徳や労り、配慮などの多くのことを感じられるかと思います。

両陛下のことを知らない方は、きちんと勉強してみてください。
両陛下がどのようなお言葉を述べているか。
両陛下がどのようなご公務をこなされているのか。

今はインターネットでよい教材がたくさんアップされています。それをお子さんと一緒に見るだけでも十分かと思います。
日本人はもとより、世界中がどれほど両陛下に救われているのかご理解できるかと思います。



天皇は「天下の皇(王)}であり、地球の最高位の方です。
文化遺産などでは地元の者ほど、地元の価値を分かっていないというのはよくありますが、これほどもったいないことはありません。
にほんの根を少し見直してみませんか。




動画はあくまで「動画」でしかありません。
そこからどんなエッセンスを得るのかは、みる人の心次第です。

どうぞ光とともにありますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags:  権威  道理  宇宙法    

どうして心臓は少し左にあるの?

心臓はどうして少し左寄りなの?

多くの方は、感情は胸に宿ることは理解できると思います。あまりに悲しい時は胸が締め付けられますし、期待でときめく時は胸が高鳴ります。緊張すればドキドキと胸が脈打ちます。心臓(胸)は感情と共にあり、愛情、喜怒哀楽、道徳などがそこに在るかと思います

比して脳(頭)が行なう分別は論理的であり、概念、説明、思想、理論を象わします。

脳と心臓は、もちろん相互に関係を持っていますが、瞬時の反応という点では心臓の方が正直なようです。

光芒

ここで冒頭の質問。なぜ心臓は少し左寄りなのか?

宇宙法においては右上位です。杖は右手に持ち、剣も右手に持つのが順当なのです。偉い人は右側に並ぶのも、右側が権威を現すからです。昔の人がぎっちょの子を直したのはこうした理由があるのですが、今はその意味すら分からなくなり、ぎっちょを「個性だ」と言います。何でもかんでも個性だ、自由だと言って許されるのも限度があります。
例えば『型崩し』というのがあります。基本となる型をきちんと学び知っているなら、それをアレンジすることはよき発展につながるかもしれません。ところが・・・基本を知りもしないで『型崩し』を真似ているとしたら、それは単なる無知であり、邪道に堕ちる危険性があります。最初のパラメーターが間違っていたら、そこから導き出される答えはすべて狂ったものでしかありません。

・・・いずれにせよ右側が上位というのは基本です。心臓がやや左にあるというのは、権威から少し退いているということになります。ここから何を感じますでしょう。
もしかしたら、心臓はバカ正直なので、少しでも自身の虚勢や嘘がバレないようにしているのかもしれません。あるいは己の身の程を知って一歩遠慮しているのかもしれません。
何を思って中心からやや左側にいるのでしょうか。

頭と胸の関係などを考えてみるのも、見えない世界、しいては霊や神々の世界と繋がるきっかけとなるかも知れません。

今日の関東はポカポカ陽気です。佳き光と共にありますように。
南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 悪魔    UFO  大山咋神  

ふたつの魔 ふたつの神


ものごとは二面性があるとは、おそらく多くの人が理解しているかと思います。
コインの裏表、陰陽、男女、天地・・・・。
生まれた者は100%死にます。生と死は表裏一体。生には死が付きまとい、死ねばまた生まれ来るということです。

手賀川にて昇陽

実は知り合いがヤクザまがいの新興宗教に没頭しており、なんとかしたいと思っていたのですが、ここにきて縁を切ることにしました。
霊的盲者は悪魔を拝んでいても気づけないものですが、事実を検証すれば防げることも多いのです。しかし彼は事実を知る努力もせず、よくしてもらったとか助けてもらったからと言って、どんどん深みにはまっていきました。何度もやめておけと忠告しましたが、聞く耳を持ちませんでした。すでに真っ黒の蛇まみれで、どうしようもありません。( ノД`) 彼の業は彼自身が死後や次の人生で背負うことになりますが、自業自得です。
悪魔は友のふりをして近づいてくるとは何度かブログに書きましたし、甘い言葉をもって取り入って来るものです。
私自身も悪魔の甘言にそそのかされないようにと改めて戒めたいと思います・・・。

ほんのりと鮮やかに

ところで先日、恐ろしいビジョンを見ました。
それは多くの人が神と拝んでいる者が、実は悪魔の親分であったというものです。
ほとんどすべての人が神様だ神様だといって拝んでいるのですが、私を含めた少数の人にはどうみても左端そのものでした。ところが霊視を閉じるとなんということか・・・! 左端に見えていた者が神々しく輝いて君臨し、さながら本物の神様のようでした。ゾッとしました。

「悪魔も霊である。故に肉を持つものの目を騙すことなど容易いのである。それ故麦と毒麦を見分ける目を養う必要があるのである。」
これは以前に光から教えられた言葉ですが、続けて光は言われました。

「神に2つあり。悪魔もまた2つあり。この理をよく心に留めよ。」
「悪魔にとって神々は『悪魔』なのである。神々の光の世界は、真の悪魔にとっては『真っ暗闇』の世界である。」


以上のことから何を思うかは人それぞれです。
宇宙の基本法は自業自得、因果応報です。私を含め、ほとんどの方は減価償却どころか罪を上乗せの人生を歩んでいるといってもいいかと思いますが、日々心の向きに気を付けて参りたいところです。
南無遍照金剛。



見えない世界の方々は、陰に日向に私たちを守ってくださっています。そしていろいろなことを教えてくれようとしています。その映像も世界中で映されていますが、最後はその一例です。
少し古いですが、2013年2月に、ロシアに隕石が降ってきました。
この時の映像のことは当時からすでにいろいろな話が出ています。
UFOが隕石を小さく砕き、地表への被害を小さくした・・・・・というものです。
これは真の地球の方々の働きです。
見えない存在は地球にも宇宙にもたくさんいらっしゃいますし、町の中にもたくさんいらっしゃることはお伝えしておきます。信じる信じないは私には関係ありません。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags:  アルフォンス・デーケン    

アルフォンス・デーケンさん 読み始め

浄化

心はいつ、どこから発生するのか。

人は生まれた瞬間から死へ向かって歩み続けます。
それ故、死を嘆き悲しむことは、生まれたことを嘆き悲しむことと同じであると言わざるを得ません。

私は子供のころから今の地球は狂っていると実感し、早く死にたい→ はやくこんな狂気の世界から出ていきたい と思ってきました。
祖先の霊や神仏のことを思えない世界はアトランティスと同じ結果がまっています。アトランティスでは脳の移植をおこない、首のすげ替えすらやりました。今の最新医療実験でもこれをやったそうですが、まるっきりアトランティスと同じです。大狂気時代とも言うべきでしょうか。

光の国からやってきたのはウルトラマンだけではありません。私たち自身も光の子です。
魔界に咲く一輪の花。
小さな小さな、路傍に咲く花。
光に向かって一生懸命に咲く路傍の小さな花。
そういう生き方ができれば上等だと思います。


今日から読む本です。
読み始める前にいろいろと思うことがあり、それはインスタグラムに書きました。



インスタグラムは私にとってはマイクロ・ブログな存在です。

朝はとてもいいお天気でしたが、午後になって鈍色の空になりました。
本日も無事の一日でありますように。

南無遍照金剛。



読み始めます。20151206。 子供の頃から死に対して関心があり、それ故魂や心などにとても興味あった。そのせいか幽体離脱や予言夢などの経験もしたが、それは今の世界に対する憎悪感からだった。 そんな時夜光虫の話を聞いた。 船旅で夜光虫のいる海域に来ると、海を眺めない様に乗客に促す必要があったというのだ。理由は、夜光虫のあまりの美しさに海に『落ちる』者が続出したからだという。何の悩みもない者が海へ入るという。理由を考えるに、本来魂は肉体という牢屋から出たがっている存在であり、あまりに美しいものなどに魅入られると不自由な肉体を脱ぐ手段を無意識のうちにとらせるという。 この話の真偽は分からないが、子供ながらに妙に納得した。そして自身の内にある魂は確かに肉体から出たいという強い思いがある事を実感した。 死というのは古い肉体を脱ぎ捨て新たなる肉体を『着る』ことである。魂は、肉体から離れて別の世界の肉体を着る事を繰り返す、宇宙巡礼者である。そして肉にある時の言行心が魂を修練するチャンスである。 ともあれ今の社会では色々と猥雑な決まりが多く、それ故死ひとつでも周囲へ迷惑をかけることも多い。読み始める前にこんな事を思ったりする。 #アルフォンスデーケン #本 #読書 #よく生よく笑いよき死と出会う #読書 #死生観 #死への道 #Books #AlfonsDeeken #上智大学 #終活 #人生ノート #死

とみたや (Tomitaya)さん(@tomitaya_jp)が投稿した写真 -


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: クリスマス  サンタクロース    トナカイ  

サンタクロースの涙 再アップ


今年も12月を迎えることができました。朔日。
最後の最初です。
毎月朔日にいつも思い出すことがあります。それは 「後のものが先になる」というイエス様の言葉です。
魔界の地球が無事に朔日を迎えられたことに感謝です。
今月もよき光とともにアれますようにお祈りいたします。



私がまだ肉を食っていた時ですが、あるインスピレーションのもとに書いたおはなしがあります。
それが サンタクロースの涙 です。

このおはなしはサンタクロースとトナカイ、そして妖精が登場するのですが、この世的なものに縛られていると、書かれてある「ほんとう」は理解できません。
「ほんとう」の一例ですが、妖精トントは実在しています。日本では座敷童と呼ばれている方々がお仲間です。(*´▽`*) 見たことのない方でも座敷童なら想像できるかもしれません。

そしてこれは余談ですが、面白いことに、赤鼻のトナカイことルドルフは、実はサンタクロースのトナカイには含まれていません。これもとてもいいエピソードがあるので、ご興味のある方は調べてみて下さいね。きっとお子さんも目を輝かせて聞いてくれると思いますよ。

・・・当ブログとして嬉しいことに、実はサンタクロースは8頭立てのソリなんです。8というのは神様の数字(と、少なくとも私自身は認識しています。)。そしてこのお話は2008年に初めてアップしています。はちつながりは嬉しいです。


サンタクロースの涙 1
サンタクロースの涙 2

クリスマスは家庭、会社や学校などでも12月の最大のイベントかと思いますので、 サンタクロースの涙 のおはなしを改めて紹介させていただきました。

実はまだこのおはなし(サンタクロースの涙)は製作途中だったりするのですが。。。。

ともあれ、よいひと月を過ごせますように♪






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >