ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 02 2011

Category: 草花愛ずる◆Flower  

梅花びら散る谷中かな 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

本日は雨で冷え込んでます。

今日は夜勤明けのオフ。

 

一枚目の写真は谷中蓮華寺の紅梅

色が濃く

香りが一帯を包み込んでおります。

寺の紅梅

 


そして先日来紹介してきた

谷中天王寺の枝垂れ梅は


光も桃色

 

最期の輝きを纏いつつ

ハラハラと花びらを落し始めました

 

陰日向

 

 

梅爛漫



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ     人気ブログランキングへ

 


ついにデジイチ・デビューでございます。

まずは「カメラ」として使えるように慣れなくては!

いろいろ弄ってとりあえず洗面台のココットに入れた花飾り。

洗面台にて

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: ぽたPhoto   Tags:  

ソライロ

空と雲 青と赤

ソラ ノ イロ ハ

カナシイ カイ

 

ソラ ノ イロ ハ

ヤサシイ カイ 

 

ソラ ノ イロ ハ

ミテイル ヒト ノ  ココロ ガ

ウツッテ イルダケ

 

ソラ ノ イロ ハ

アナタノ イマ ノ

ココロ ノ イロ

 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower  

梅灯 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

梅の色

谷中の枝垂れ紅梅が

きれいに

かわいく灯って

この春の一番の収穫♪


人気ブログランキングへ        にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower  

松戸坂川 河津桜咲いたよ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

坂川にて

 

今年もまた

 

松戸の坂川 

 

河津桜が咲きました

 

 

ぽんぽんぽんと

 

いつも同じようなアングルになってしまい

 

変わり映えがしないかな~なんて思ったりしますが

 

 

目で見る分には

 

飽きることなく

 

いつまでも眺めていたいと思えます 

 

 

 

 

河津桜咲いた!

 

河津桜の濃い桃色

一足早い春爛漫を振りまいております♪

 

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ   人気ブログランキングへ

 

********** お ま け **********

谷中天王寺の枝垂れ梅

まだまだピンク色が爆発中です♪

桃色玉 緑玉

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags: 灯り  ガラス  スナップ  荒川区  

灯点し頃

家のともし火

 

ちらほらと

灯点し頃の街角は

 

その家ごとの

あかり模様とあかり色

 

灯りのひとつ一つに

哀しみや愛情が宿っている

 

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ    人気ブログランキングへ

当ブログのコメント欄でのお返事は基本割愛させていただき、

コメントいただきました方々へは

ブログ訪問と可能な限りのコメント記入という形で

お返事していくことに致します。

いつもたくさんの応援をありがとうございます!

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags: 谷中  スナップ    

珈琲片手に谷中散歩・・・のつもり

珈琲を飲みながら

バタバタしておりますが

珈琲でも飲みながら

下町:谷中をぶらりぶらりと写真散歩でも・・・

川むら

 

谷中の街灯

 

谷中安立院

 

古い建物

こちらは和菓子の岡埜栄泉さん

明治33年創業

谷中 岡埜栄泉

 

護国院大黒天
 

当ブログにもよく掲載させていただく谷中護国院さん。

道を挟んだ向かいのビルの地下にステキなショップがございます

それが上野桜木町の石見銀山群言堂さん

無駄のない 質素だけど豊かな生活

そんな雰囲気を感じるショップさんで大好きです

鉱山の面影



人気ブログランキングへ    にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower  

梅咲く谷中 天王寺 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

目立つ子

 


枝ぶり

 

 

 

 

大仏様の後ろで

 


雪わんこ

 

写真は先日の谷中:天王寺の枝垂れ梅ですが・・・

気がつけば

小一時間ほども

この梅の木の周りにおりましたとさ

 

でも

梅の花が咲くと

春近し

嬉しいですね


葉の間の春


     にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ   人気ブログランキングへ

写真はフォト蔵からアップしております。

写真をクリックするとより大きな画で見ることができます。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower  

谷中:天王寺に雪と梅 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

雪の日 寺の片隅

 

昨夜から降り続いた雪

雪の景色は大好きですが

都会の雪はすぐに消えるか解けてなくなってしまうので

ちょっと味気なしです

 

梅しぐれ

 

本日は夜間業務明けでしたが

谷中にチョット用事がありましたので

用事ついでに天王寺で写真を撮ってみました

 

香り満つ

 

可愛い梅の花が

雪明けのお天道様に照らされて

赤やピンクやみどりや黄・・・・・

意外とたくさんの色を纏っています

 

雪とけて 春よ生めうめ 梅の花♪



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ   人気ブログランキングへ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags: 日暮里駅  ライト    日記  

夜の日暮里

雪積もる

先日の雪ですが な感じでした。

もちろん一夜限りの白化粧でございました

夜 日暮里の屋根

写真は日暮里の夜2点。

 

建造物が光に照らされて色々な表情を見せてくれます。

日中は何でもないと思えるものも、

夜、

灯りに照らされると「別物」に見えることもございます。

例えば地下駐輪場へ通じる通路も、

灯りに照らされると、ちょっとワクワク♪

秘密基地への通路のように見えます。

格納庫へ

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ     人気ブログランキングへ

コメントへのお返事、申し訳ございませんがしばらく割愛させていただきます。

ごめんなさい。 m(._ _)m

ブログ更新も当面スローペースで参ります。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感  

寒い日が続きます 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

寒い朝

昨日は雪が降り、

今日もまた寒い一日でした。

しばらく寒さが続くそうですね。

体調を崩さないよう、

しっかり食べて

しっかり睡眠をとりましょうね。

寒い雲

 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto  

谷中築地塀を歩く 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

今日はオフ・・・

洗濯やら掃除やらした後

谷中を散策しました

 

谷中好きやなぁ~・・・と言われそうなくらい

谷中出没率が高いですね

・・・切り折り紙・・・アップしてませんが切っておりますよ~

 

築地塀2 

谷中のシンボル的存在の築地塀

この界隈も年数を経た家屋が取り壊れて

昔ながらの佇まいは年々減少するばかり

古民家オタクとしては悲しい限りでございます

 

築地塀の写真手前に歩きますと

真っ赤な山門がございまして

この季節は赤門に橙が添えられて

築地塀のモノクロの世界が一気に華やいだ雰囲気に変身します

ちなみに赤の山門は加納院の門です。

紅の門に橙 

更に道を進むと防災公園 初音の森を眼下に見て

人がすれ違うのもやっとという 「蛍坂」 が右手に展開されます

江戸時代、坂下の宗林寺付近は蛍沢と呼ぶ、蛍の名所であったそうで、

坂名はそれにちなんだのでしょうね

 

坂の途中 左手に谷中コミュニティーセンターへ下りる階段があり

階段途中の小休広場にステキな街灯 

そして紅梅が咲いております

蛍坂に春 

 

蛍坂を下り切り住宅街に入ると

白梅が・・・

遊ぶ子供たちを見守ってました

蛍坂下の春

 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

*****おまけ

本日は珍しくお買い物なんぞをしちゃいました。

買い物先は後藤の飴屋さんです。大正11年創業の老舗です。

先ずは一番右、あずきキャラメル大粒は私の手に収まらないデカさです。

まねき猫チョコ!

そして真ん中が後藤の飴屋さん限定 『まねき猫チョコ』

猫好きなら思わず買ってしまうパッケージングがいい仕事してます

一番左がほうじ茶飴。飴屋さんですからやはり飴は外せません。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags: 葛飾区  半田稲荷  鏝絵    

夜の稲荷詣

夜の稲荷詣

このブログには何度か登場いただいた半田稲荷でございます。

過去記事はコチラ

創建は和銅ともいわれ、かなり古い神社です。

享保(1716~35)の頃には

麻疹、疱瘡、安産に霊験がありとして江戸市中に広く信仰され、

奉納された石柵の柱や袖石にha

 市川団十郎、尾上菊五郎などの名前が見え、

当時の繁栄ぶりがよく分かります。

 

半田稲荷神社・・・夜に訪ねるのは初めてですが、

とてもいい雰囲気です。

とりわけ拝殿天井の大きな鳳凰の鏝絵は、

灯りに照らされ、

昼よりも夜の方が見応え迫力美しさが勝っておりました。

稲荷神社鏝絵


 

撮影地:半田稲荷神社_葛飾区東金町4-28-22

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ    人気ブログランキングへ

本日は職場から自宅までチャリンコ転がして帰宅しました。

寄り道しながらの走行距離は27km+α。

寄り道しながらの走行距離は27km+α。

チャリ乗りなら「大した距離じゃないじゃん」という距離でございます。

が!しかし、私は軟弱チャリダーです。

帰宅後、ふくらはぎと太ももがピクピクしちゃいましたよ・・・情けなし!

とはいえ、

今年初の20km超えでしたので、この程度でいいか。

・・・・なんて言っているユルさが軟弱なんですが

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: ぽたPhoto   Tags:  浅草寺  スナップ  

朝の浅草

今日も割合あたたかい一日でした。

浅草はいいですね。

本日の写真は朝の浅草でございます。

厩橋の朝
厩橋の朝



雷門の朝
雷門の朝

 

仲見世の朝
仲見世の朝


塔の朝
塔の朝

簡単ですが明日は早いのでこれにて失礼致します。

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower  

松戸の梅にメジロ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

今日の関東は暖かい日差し。

空が晴れているとジッとしていられない性質(たち)ですので

やはり出かけてまいりました~。

陽を浴びて

 

出先は割合近い松戸でございます。

秋の紅葉が素晴しかったので、

梅はどうなのかな~と思いまして下見気分♪

 

メジロさんが梅の花に遊んでいたのでカメラで狙いますが・・・

R10のフォーカスはジィ~ジィ~~と、ちょっと遅いので、

動いている生き物を撮るのはなかなかに難しいのです。

メジロさん

 

で、梅の方はといいますと、

あまりお会いできませんでした。

少ないながらにお会いした梅たちに感謝。

紅さく丘で

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

補記:

松戸坂川の桜が少しだけですが開いておりました。

桜も楽しみですね。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words  

旧正月■掛け声いろいろ

テクスチャ

今日は節分・・・・旧正月でございました。

さて、豆まき。

豆まきの時の掛け声には種種あるようでございます。

*以下の印象は私個人の受ける印象でございますので、感じ方には個人差があります。

 

「鬼は外!」 しか言わないところもございます。(亀戸天神など)

「鬼やらい」とか「追儺(ついな)」の正当な後継者みたいな感じがします。

鬼を外に出すことをメインに据えているようで、

浄化作用、お清め、解毒とか厄払いとか禊ぎとか・・・

「悪いものを出す、洗い流す」というデトックス的な印象を受けます。

 

それとは逆に、「福は内!」しか言わない所もあるそうですね。

(成田山新勝寺や愛知の大須観音など)

たくさんの福が来ますようにという願いが感じられますね。

また、悪いことを口にすることで穢れるという思想もございますので、

鬼とか悪とか、余計なことは口にしないという姿勢も感じます。

 

そして「福は内! 鬼も内!」という掛け声をかける地方もございます。

(金峯山寺蔵王堂・・・奈良県吉野郡吉野町)

なお、奈良市の元興寺では「福は内、鬼は内」です。

寺に元興神(がごぜ)という鬼がいて、悪者を退治するという言い伝えがございます。

いずれにせよ、鬼も受け入れるという懐の深さを感じさせます。

 

毎年節分の時には同じことを考えます。

誰しも心の中には鬼が住んでおり、

鬼にそそのかされて悪口を言ったり、立腹したり、良からぬことを考えたり・・・

こうした心の中の鬼とどう折り合いをつけて生きていくのか。

私にとっては終生の課題でございます。



        人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan  

縛られ地蔵と大岡越前守■日本の面影 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

今日の東京は暖かい日差しに包まれました。

朝夕は冷えましたけどね・・・。

さて・・・本日も水元公園近くからです。

日本の面影シリーズですので文が長くなります

 

しばられ地蔵の梅 

八代将軍:徳川吉宗の治世・・・或る夏の昼下がり・・・

日本橋のさる呉服問屋の手代(てだい)が、荷車に反物を満載して南蔵院の門前を通りかかりました。

ここらで一服と門前に車を止め、境内の銀杏の木陰に涼を取る中に、ついウトウトと一眠り。

目覚めてみると、さぁ大変! 門前に置いた車がない! 

こりゃぁ てぇへんだ! てな訳で、番所へ駆け込みましたとさ。

しばられ地蔵のお寺

取調べを行ったのは、皆さまもご存知、大岡越前守忠相であります。

「寺の門前に立ちながら、泥棒の所業を黙って見ているとは不届き千番な地蔵である!

 直ちに召し捕って参れ


地蔵はグルグル縛られて、車に乗せられ江戸市中を引き廻されて南町奉行所へ。

この様子を見た江戸庶民は大騒ぎ。

前代未聞の地蔵の詮議を見物しようと、我れ先と奉行所の白洲になだれ込みます。

見事に縛られてます

頃を見計った越前守は、門を閉めさせ、

「天下のお白洲へ乱入するとは、不届至極、その罰として反物の科料申し付ける!」

鶴の一声、奉行所にはその日の内に反物の山ができました。

この、山と積まれた反物の中に、盗品二反が紛れ込んでいるのが判明しました。

吟味の末、盗人はお縄となり、これにて一件落着。

しばられ達磨


大岡越前守は地蔵尊の霊験に感謝し、立派な御堂を建立し、盛大な縄解き供養を行いました。


以来 ”しばられ地蔵” と呼ばれまして、盗難除け、足止め、厄除け、さては縁結びまで、

あらゆる願い事を聞いて下さる地蔵尊として知れ渡り、

お願いするときは荒縄で縛り、願いが叶えば縄解きするという風習が生まれたといいます。

 

『大岡政談』や『江戸名所図会』にも登場する実話でございます。

 

しばられ地蔵が祀られているのは業平山東泉寺南蔵院。【東京都葛飾区東水元2-28-25】

このお寺の「業平山」がどうもおかしい・・・

というのも、業平というのは旧本所・・・現在スカイツリーが建設されている付近です。

ちょっと調べてみましたら、

昭和4年旧本所中之郷(墨田区吾妻橋三丁目)から移転してきた寺ということだそうです。

人気ブログランキングへ        にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >