FC2ブログ

先日オアゾに立ち寄りましたが今になってしまった!! と悔やむことしきり・・・・なぜなら・・・ オアゾ内にあった宇宙基地がなくなるから・・・・わたしの愛する JAXA i が 本日を以って閉館だったのです!! 宇宙航空研究開発機構・・・・JAXA。その情報発信拠点として開館したのが2004年9月14日。より身近に宇宙を知ってもらう為、 宇宙から見た地球の映像や本物のロケットエンジンの展示、宇宙服のレプリカ...

Read more

 Merry Christmas  あなたは わたしの サンタクロース  そんなに悲しい顔 しないでね誰の役にも立たないなんてそう思ってしまうことはよくあることだけれど でも あなたがいるからわたしは 頑張れる あなたを愛する わたしが ここにいる あなたを愛している人はわたしの他にもいるの  鳥が海の深さを知らないように魚が空の広さを知らないように 目には見えないか...

Read more

引き続き都内のイルミめぐりです。光都東京2010を後にしまして国際フォーラム方面にゆっくり移動・・・  国際フォーラムでは『マルシェ・デ・ノエル』が開催中でした!マルシェ・デ・ノエルって何やろ・・・? モミの木のクリスマスツリー発祥の地はフランスはアルザス地方。そこの都市:ストラスブールで1570年から行われている、フランスで最も長い歴史を誇るクリスマス・マーケット・・・ということだそうです。昨年の国際フォ...

Read more

今日23日は皇居に行って、そのままイルミネーション巡り。皇居にて記帳をした後、日没まで時間がありますので、とりあえずは日比谷公園の様子を見てきました。いやぁ、ごく一画ではございますが、これほど素晴しい色づきを見れるとは思っておりませんでした。すごくきれいでした~~。これは最盛期にも来るべきですね。 じつは日比谷公園で撮影の前から、どうもカメラのピントが合いにくいのでございます。・・・気のせいか?...

Read more

本日2度目の更新です。 このブログでアップする富士山は、ほとんどが自宅屋上からのもの・・・ だからいつも同じアングルになってしまいます。 ですので、トリミングを変えて富士山が大きく見えるように切り抜いてみました。 すこし迫力が増したような、あまり変わらないような・・・・生で見る光景には適いませんが♪     ...

Read more

このところすっかり掲載してない切り折り紙ですが、毎日せっせと切ってはいるんです。あ、もちろんですが、スピードもクオリティも、全然作家レベルではございませんのであしからず・・・。 以前掲載したトナカイさんはクリスマスに向けて増殖中。そしてお正月用に数を増やしているのはイセエビくん。 さて、本日は作家さんを紹介。『ちょこんとビーズクラフト』 というブログで動物の可愛いビーズ作品を作っているyosh...

Read more

 夜の東橋からスカイツリー方面。隅田川に光が映り、幻想的な雰囲気を醸しております。  そしてこちらは浅草寺の本堂。夜も美しいですね! 本堂もすっかり以前の姿。久しぶりに本堂の大提灯に会えました。変わらずお見事です♪  そしてこちら二天門も、更に美しくなりました。紫のライトアップで二天さまが迫力満点です♪  浅草羽子板市の歴史は意外と新しく、 江戸末期頃、羽子板に流...

Read more

二天門の修復おわりといふ報聞きて後しばらく経ちぬ17日 久しぶりに浅草寺を訪ふ年末の恒例羽子板市が賑わしく露店も数々立ち並び客引き掛け声賑やかに いつも以上の活気満ち溢れおるなり  いと香ばしき揚げ団子の香おでん屋の湯気焼き鳥の煙 線香の芳香此処は寺社であるぞよと奮闘するかの様にて妙におかしく感じられる異人の顔多数交わり国際都市の様相濃くなりぬ  本堂裏手の銀杏葉は本堂にみご...

Read more

本日も寒い一日でしたが、ちょっと浅草へ行っておりました。 アサヒスーパードライホールの壁にスカイツリーが綺麗に入り込んでおりました。 吾妻橋から眺める光景ですが、ちょっと妙ちくりんな建築がにょきにょき生えてきているように見えます。 スカイツリーが完成したらどんな街に成長していくのでしょうか。私的には墨田水族館(仮称)が一番楽しみだったりするのですが♪   ...

Read more

冬ざれに こんじきの花 輝けり冬ざるる野に陽を満たしひかり珠朝露の宝石宿す冬の花   この花は、手賀沼朝日を撮った日の花です。あまりに綺麗だったので拙い句をひねってみました。 職場近くに正岡子規終焉の家屋(子規庵)があり、先日初めて内覧してきました。いうまでもなく、ドラマ『坂の上の雲』ですっかり有名ですね。句をひねろうと思ったのは、その影響もあったりなかったり・・・    ...

Read more

廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行来にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は仏くさけれど、さりとは陽気の町と住みたる人の申き・・・・・・小説『たけくらべ』より 18896年11月23日。24歳8ヶ月という短い生涯を閉じた樋口奈津さん。11月に、五千円札の肖像で知られる樋口一葉さんを訪ねるポタリングをしました。  1894年12月「おおつ...

Read more

*昨日に引き続き、手賀沼の日出から*  太陽が顔を出す前の手賀沼の空ひときわ明るいのは金星でしょうか    空がジワジワ明るんで空も沼も・・・そして大地も優しいトワイライトで満たされますこのほんの瞬間は日の出を待つ者にとって最大のご褒美です       お日様がすっかり顔を出したらさぁ大変!  あっという間にあたりは金色に包まれて急速に明るくなってしまいます 急げや急げ!デジイチ抱えたおば様が手賀大橋を駆け回る 私...

Read more

戸定が丘歴史公園の紅葉があまりに綺麗だったので、引き続き戸定が丘の紅葉でございます。鮮 赤影紅葉の戸定公園 戸定が丘の紅葉紅葉を受ける手 輝く 紅葉を堪能した後は、江戸川河川敷に出て、先日の夕富士でございました。    ...

Read more

松戸市戸定が丘歴史公園。 徳川昭武が1884年に建設。1951年には戸定邸とその敷地が、昭武の子:武定から松戸市に寄贈されます。1991年に戸定が丘歴史公園として整備・一般公開されました。 とにかく紅葉が見事でございます。ただ・・・この日は風が強く、カメラに収めることが困難・・・ ということもあり、戸定邸に初めて入ることになりました。 戸定邸の入り口を入ると、廊下が伸び、廊下の途中左手に蔵、右...

Read more

見事な紅葉を見せてくれたのは千葉県松戸市の国指定重要文化財:戸定邸のある戸定が丘歴史公園でございます 近い場所ということで今まで特に注目しておりませんでしたがこの界隈かなり美しい紅葉が展開されることを発見しました さて戸定邸最後の水戸藩主:徳川昭武(あきたけ)の邸宅として1884年に建設されたそうです*昭武は最後の将軍:徳川慶喜の弟です戸定邸からの眺望は江戸川の煌きが美しく天気がよければ富士を...

Read more

松戸で途中下車江戸川河川敷に出ました 夕暮れ時の河川敷は開放感に満ち満ちて帰宅する人々のシルエットがとっても印象的です 江戸川河川敷からは左手に建設中のスカイツリーと右手には富士山の美しいシルエットが並び川面に染み入る夕暮れの色がとってもキレイでした    ...

Read more

いやぁ、今朝の豪雨は半端ございませんでした。所用で新宿に出ましたが、道が激流の『川』に豹変しておりましたょ・・・。 雨は昼までには上がりましたので、仕事を終えてからはブログ友達のhimekyonさまの影響もあり、新宿のイルミネーションとやらを見るために徘徊しておりました。ただね~、夜の手持ちは辛いのよ。。。。   * himekyonさまのブログは、家に居ながら登山気分を味わえるステキなブログです♪...

Read more