FC2ブログ

水は低きに流れ、球は低きに転ぶ。人の行足(おこない)も、無意識下(こころなきうち)に低きをさして運ばれ行くものぞ。しかも、千日の労を要して登れる高さも、ひとたび転落せば、一時も要することなし。高きを願う者は、踏破すべき幾多の坂を持てど、高き道への一歩は、光に近づく一歩なることを確信して歩むべし。---------------サービスであれ、ものづくりであれ、よりよいモノを作り上げるためには、常に向上心とその先の...

Read more