ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 自転車

Category: 自転車   Tags: 自転車  ルール  マナー  道路  交通法  安全運転  

自転車の乗りかたと公共の場

久しぶりの自転車のお話です。

自転車記事のお決まりでまず書きます。↓
自転車は道路の左側を走りましょう。
車と同じ方向に進むのが決まりです。


お父さんお母さんは、自転車のルールもきちんとお子さんに教えてあげてください。
そのためには自身も自転車のルールを学ぶことが必要です。

自転車は子供から老人まで、だれでも、いつでも、どこでも使えるとっても便利な道具です。
危険運転が増えると免許制になって課金されたりして、その自由さが奪われかねません。これでは自分たちで自分たちの首を絞めていることと同じです。

安全が大事、安全第一と言いながら町中に監視カメラを設置された今の都会の風景は、さながら監獄で監視されている服役囚のようです。自分たちで自由や安全意識を守らないと、なにもかもが規制・監視の下に置かれてしまうのです。自転車も同じです。

説教がましくなり申し訳ありませんが、自転車の危険運転をする人を毎日見かけます。
とりわけ大人の女性の無謀運転がやたら多いです。(-_-;)
スピードを落とさす左右の安全を確かめずに飛び出してくるのが、ほとんど大人の女性というのが気になっています。
こういう飛び出しでの事故は車の方が被害者といってもいいのです。車でひいた人の気持ちも考えみましょう。


自転車はあなたものですが、走る道路はよそ様のものだと思えればいいかも知れません。これは道にゴミや吸殻を捨てるバカ共にも思ってほしいことで、公共の場はよそ様の家だと思って扱ってほしいと個人的には思っています。

公共のものは自分たちの税金でできたものですから自分の財産でもあります。
そして他の方も使うものですから自分のものでもありません。
自分のものは大切にするはずですし、よそ様のモノを手荒に扱う人もいないかと思います。そう思えると、公共施設や公共の場をどのように使うといいのか、誰もが気持ちよく使えるのかという思いにも届くかもしれません。

これは地球に対しても同じことです。
地球は人類のものではありません。
宇宙の善なる神仏のものです。
地球に生かされている身の程を思いましょう。
地球に対する感謝からよそ様への思いやり、奉仕の心まで持てると最善かも知れません。

自転車ひとつから地球の話になりましたが、これはなにも大げさはなしではありません。
自転車ひとつからあらゆる思いにまでつながります。
自転車に限らず、この世のものはすべて宇宙の思いに繋がるのです。
たかだか自分ひとりの存在と思う方は、人ひとりの行い、言葉、心の向きの大きさに気づきましょう。

ともあれ、自転車の安全運転は、自分自身を守る以上に、他人をも守ることに繋がります。

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。

自転車のルールはネットで検索すればたくさんでますが、こちらからもどうぞ。←文字リンクしました。
 きちんと学んで、お子さんと自分自身を守りましょう。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
スポンサーサイト

Category: 自転車   Tags: 自転車  レイングッズ  雨具  ポンチョ  レインウェア  

自転車用の雨具

自転車関連ですので、恒例の一文からです。
自転車は左側を走りましょう。

今使用している自転車用の雨具は、モンベルのトレッキングポンチョ というもので、かれこれ10年近く使っています。さすがにくたびれてきたので、そろそろ買い換えようかと思いいろいろと見ていますが、ポンチョの形はあまり進化していないような気がします。素材に関しては新しい繊維開発などの進化が見れますが、形はほぼ昔と同じようです。

なぜポンチョかといいますと、セパレート式はどうしても漕いでいる内に汗をかいて蒸れてくるのです。また、濡れた後にレイン・ズボンを脱ぐ際に濡れるわ汚れるわで大変不愉快です。。。(^_^;) 

その点ポンチョはかぶるだけなのでラクチンです。
ポンチョの利点を挙げてみます。
・かぶるだけなので、雨が降ってきたら首を通すだけでさっと着れて、脱ぐのも簡単。
・ゆとりがあるのでリュックを背負っていてもそのまま着れる。
・足元が開放されているので夏でも蒸れにくい。

ただし、ポンチョには大きな問題点があります。それは風によるバタつきです。ポンチョの形状からどうしてもバタバタはためいてしまうんですね。自動車に巻き込まれやしないかとヒヤヒヤしますし、バタつきは自動車の方にも非常に迷惑です。しかも風に煽られるということは走行中のフラつきに繋がります。雨の日のフラつきは即転倒に繋がりますので非常にリスキーです。

・・・通常のポンチョを通常通りの方法で着用すると、どうしてもバタバタしてしまいます。
そこで私はポンチョの着用をカスタマイズしております。背中側の脇の下にハトメを開けてゴムを通し、生地を前に回して留めてしまうのです。脇から背中にかけての余分な生地をたぐり寄せることでバタつきがかなり抑えられます。

ともあれ、今のポンチョがくたびれているのは事実なので、新調するため物色中・・・。
いま気になっているのは下の2点。↓






それと雨の日に便利なグッズをひとつ。
サンバイザーならぬ雨バイザーです。わたしも使っていますが顔に雨が当たらず視界が保てて快適です。




ちなみにレインコートは袖が付いているのでバタつきはほぼありませんが、自転車漕ぐので足回りがどうなのかという点と、リュックは別に防水しないといけないという点がネックです・・・。
   



ともあれ、雨の日の自転車はとっても危険がいっぱいです。
目立つ工夫をして、ルールを守った安全運転でまいりましょう。




Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Category: 自転車   Tags: 自転車  育児  教育  ルール  マナー  

自転車の基本ルール 左側走行しよう

先日国道6号線を自転車で走っていた時に、驚くべき光景を目撃しました。
車道を逆走しているおばさんがいたのです。しかも日傘をさしてです。\(◎o◎)/!
こんな人が事故で死んでも自業自得ですが、巻き込まれた車の運転手は悲惨です。
己が見えないというのは恐ろしいと思います(自分も気をつけないとね)。

ツイッターやブログでもちょくちょく書いていますが、
自転車は左側走行が絶対基本です。
右側走行をしていて自転車やくるまと出会い頭衝突した人・子どもを私は何人も知っていますし、
私も、交差点の右角から出てきた自転車と何度か衝突した経験があります。(-_-;)

お子さんのいらっしゃるお父さんお母さんは
自身も含め、自転車の左走行を徹底するようお願い致します。
これは狭い道ならなおのことです。

自転車左走行


警視庁の自転車の交通安全ページのリンク貼っておきます。
お時間があれば、お子さんと一緒に学んでみるのもいいかもしれません。
画像をクリックすると警視庁のHPに飛びます。
自転車警視庁

自転車は、子どもからお年寄りまで分け隔てなく使える便利な道具です。
免許などいりません。
こういう便利なものに余計な規制をかけられたりするのは、それを利用する側にバカがいるからです。そういうバカが増えすぎると、どんどん規制が強くなり、迷惑がられ、どんどんと厳しい規制がかけられます。自分たちの便利な生活の首を絞めることになってしまうのです。
自転車を使うのは自分だけではありません。他人も使うのです。他人が使いにくくなるような行為は慎まないといけないのです。これが連帯責任というものです。
たばこも、歩きタバコやポイ捨てするバカが多いから、喫煙者全体が肩身の狭い待遇を強いられてしまうのです。心ない人の行為が、マナーを守る人の自由を奪っているのです。

こういう感覚を日々の生活で子どもに伝えていく、話を交わす、家庭教育とはそういうものではないでしょうか。
他者を思いやる気持ちや配慮は、日々の生活の中で十分育てられるのです。
これは積極的にお子さんに伝えていかないといけないことです。
そして、自分を守ることが周りを守ることとなり、それが他者への配慮というものにつながっていきます。

愛するわが子を交通事故から守るために、お父さんお母さんの教育も重要です。
そしてお父さんお母さんの認識自体も大事です。



Instagram

ブログランキング・にほんブログ村へ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >