ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 日本の面影 Glimpses of Japan

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  教育    聖歌  祈り  イエス様  

Hildegard von Bingen ~同じ山頂を目指す~

2016年にヒルデガルド・フォン・ビンゲンについて紹介しましたが、彼女の聖歌は時々聞いています。 【2016年のブログ記事
私もキリスト教徒としての前世があるのか、聖歌や讃美歌には昔から魅了され、今でも聖歌や讃美歌を聴きたくなることが時々あります。
とはいえ、キリスト教の暗黒史は大嫌いですし、帝国ローマが都合よく改変した現在のキリスト教にはまったく魅力を感じません。ただイエス様が大好きということと、イエス様の説かれた教えを身に着けたいという思いです。
日本神道は宗教としては高度に洗練されております。宗教の上に在る存在と言えます。天皇が世界の王の上に在るのと似ています。【王の上に白が乗っている、白は玉で玉体です。これが本来のスメラミコトであり天皇です。現在の神倭朝は人皇の時代です。】



いつも書いていますが、宗教・信仰というのは宇宙法のしづくですので、目指すべき山頂は同じなのです。山頂に至る登山道が違うだけであり、これを方便と言います。その人その人に合った入口があるということです。
同じ山頂を目指すのですから、宗教・信仰に基本的な部分では違いはないはずなのですが、自分の宗教が一番尊いという利己主義や、お前の宗教は間違いで我々が正しいなどという競争意識が芽生えると、その教えは忽ち魔界の教えへと変貌してしまいます。
このことを思えると、他と比較することの無意味さ、競い合うことの欲深さが感じられるかと思います。比較するなら過去の自身の至らなさと比較し、競い合うのなら、己の心の弱さと競い合うべきでしょう。比べる対象と競い合う相手を間違えています。
とはいえ、すでにこの世の宗教の多くが利己主義、利権に汚染されてしまっていますので、大切なのは個々の心の内に宿る別御魂【わけみたま:神様から分けていただいた魂】による良心・光による精査です。現代は自身でよく考えることがとても大事な時代です。地球はいま、滅亡までの執行猶予期間と考えるのがいいです。この文明は、いつ終わってもおかしくない程に堕ちました・・・。





ヒルデガルド・フォン・ビンゲンのことを解説されている動画がありますので貼っておきます。



よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛





-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
スポンサーサイト

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 祈り  育児      天皇  皇室    

内掌典

天皇陛下のご公務を、簡単に思っている人が私の周囲にもおりますが、それ以上に天皇のご公務に無関心な人が多いです。
そういう人たちが天皇を廃止しろだの女系天皇が必要だ!などと戯けた主張をします。日本の差別の象徴とすら言う輩もおります。
皇室のご公務をそれなりに理解している者が言うならまだしも、ろくに天皇のや皇室の業績やご公務を知らぬ者が反天皇的な主張をするのはおかしいことです。
天皇による日本と日本人の恩恵については少し知っておくことは、国際社会における日本人としての助けとなるはずです。


・・・天皇と皇室を支えている方々も多くおります。
宮中、皇居において、御神鏡を、つまりは天照皇大御神さまをお祀りする場所を賢所といいます。宮中三殿というのは聞いたことがあるかもしれません。
いずれにしても、皇祖である天照皇大御神さまをお迎えする場所ですので、皇居においては最も大切な場所です。
そこに、先の大戦から平成の時代まで57年という長い歳月を、お守りしていた方がおりました。
この方は高谷朝子様と申します。昨年ご逝去されましたが、現代の生活からはちょっと想像を絶するものです。これは後続の皆様におかれましても基本的には同じです。
天皇は地球の司祭と考えると分かりやすいですが、そういう方を戴いているにほんは、他の国とは役割が違います。



関連:高谷朝子のことば・・・綾瀬稲荷神社ホームページ(三遊亭円丈編集) 「~元内掌典~ 髙谷朝子のことば」。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宮中賢所物語 五十七年間皇居に暮らして [ 高谷朝子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/1/5時点)



そして当然ですが、そういう国に生まれたことも、ただの偶然ではありません。
この生命の機会をどのような想い、心で送るのがよいのか、それもまた宇宙は何も強制などしていません。

自らが蒔いた種は、時が来たら自らが刈り取るのである。



よき光と共に在れますように、
南無遍照金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  天皇  歴史  人権    

ウガヤフキアエズ神社にて


何度か、天皇がどれほど日本と日本国民の恵みに寄与されているかについて書いています。
他人から世話になったらその恩に報いるように生きるのが日本人の心の在り方であり、人としての心です。
しかしながら、天皇から受けている恩寵に反逆する者がおります。
天皇が巨万の富で私腹を肥やしているなどという者もおりますが、そのようなことを主張する者は完全な勉強不足で話になりません。「話せばわかる」というレベルにすら達していないのが現実です。
今はインターネットで多数の資料を検索できます。それらを使って学ばないというのは「聴く耳を持っていない」も同然です。いちいち議論するのは時間の無駄ですので議論はしません。よく調べてくださいとしか言えません。いつも書いているように、他人の話や意見よりも、自分の頭と感覚を使うことが大切です。

ひとつだけ認識すべきことは、大東亜戦争後、日本という国は消滅していたかもしれないという事実です。
歴史上、敗けた国の国民が拷問、虐殺や奴隷にされる、人権すら剥奪される事態もありました。
現在のCHINAが行っている、チベット弾圧、新疆ウイグルへの人民弾圧と洗脳強制などは、戦争などせずともCHINAがよその民を次々と殺しているのです。
対して日本は、そのような事態にならず、戦後わずか数十年で経済は欧米に追い付いてしまうほどの回復をしました。
それが可能だった原点は、天皇が日本国民を守ったからに他なりません。


立憲君主、国民主権、平等・・・これらの言葉を安易に語る人は、その重みを本当に理解されているのでしょうか?と、一部の人々の主張を聴いていると疑いたくなります。かつて安保闘争というのがありました。「安保反対!」と叫びながら、自分たちがどういうものに反対しているのかすら知らずに暴れまくった連中も多かったのです。ただ社会を混乱させただけです。


今の日本の教育に最も欠けているのは歴史教育と公民教育です。
歴史教育は「日本人としてのアイデンティティを育てること」です。
公民教育は「国民の権利と義務を正しく認識すること」です。



人から受けた恩寵を仇で返すどこかの民族もおりますが、日本にはそのような人は不要です。
いずにしても、昭和天皇様が日本国民の生命、生活を守ってくれというその想いから、今の日本は存在できております。
その恩を忘れ、日本を分断するような思想や主張、まして反日など許されざる行為です。


いつも書いていますが、すべての現象はひとりの心から発生します。
良いことも悪いこともです。
自分一人がどのような気持ちであろうと社会には関係ないなどと思うのはあまりに無知、無責任であり、己を知らなさすぎます。
自分一人がどれほど宇宙に愛されているか、社会に影響を与えているのかを、喜びと楽しみのうちに想えることを。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >