ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 日本の面影 Glimpses of Japan

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  農業  新嘗祭  神嘗祭  

神嘗祭 新嘗祭

秋祭りなどがあちこちで行われると思います。
祭りというのは、出店で飲み食いしたり、酒を飲んでワイワイ楽しむのが目的ではありません。もろもろの恵みに感謝を捧げる感謝祭というのが本義です。

祭


自分のルーツを辿っていくと、肉体の系図上のご先祖さまに行きつきますが、ヒトの本体である魂のルーツは宇宙、神仏に行きつきます。
肉、魂どちらも、その根源になる方がおられるからいま私たちがここに存在できるのです。
祭りはその肉の源であるご先祖様と、魂の源である宇宙(神仏など)をお祀りし、お礼と感謝を捧げるものです。
この思いは、どんな民族も当り前に持っていたものですが、間違った科学や間違った教育が広がると、その感謝、畏敬の思いが薄らいでしまいます。神仏を蔑ろにするというのは、己自身を蔑ろにすることです。こうして滅びた文明はアトランティスやレムリアなどです。

心が現象を起こすというと、現代人の多くが信じませんが、それがそもそもの間違いです。この話はブログのトップ、記事にも何度か書いていますが、また別に書きます。

話を戻します。
秋の祭りというと、日本においてはなんと言っても神嘗祭、新嘗祭です。



お神楽などの舞踊、歌などは、ご先祖様や神仏に奉納するのが本義です。
つまり本来は人々にお披露するなどというこの世的な目的ではありません。




食事も本来は神仏やご先祖様にお供えし、それをお下げしたものをいただくわけです。
そのお下がりを私たちがいただくわけですから「いただきます」となります。

収穫祭というのはこれだけ豊作になりました!神様仏様ありがとうございます!と言って、まずは作物を育んでくれた天地神仏に感謝して奉納、お供えするのです。
作物のお世話をされている百姓、農家というのはまさに神仏に直接奉仕されている実に尊いお仕事です。感謝です。


何度も書きますが、食事の時間はモラルやおもいやり、ご先祖様や神仏について考えるには大変よい時間です。
たくさんの世界に繋がっています。
お子様のうちから精神的な豊かさを養うためにも最高の時間ですので、ぜひ食事の時間を大切にされますように。



南無遍照金剛
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
スポンサーサイト

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 祈り  教育  育児      

ペリリュー

戦争に対する認識、思いもさまざまです。

土田喜代一氏


井上和彦氏ペリリューの生き残りであった土田喜代一氏のことを話されておりました。




■関連記事:iRONNA 両陛下パラオをご訪問が意味するもの 帰還兵が語るペリリュー島の激闘、そして帰還 『月間正論』2015.06


戦争は美化できません。
それがどれほど感動的であれ、殺し合いを肯定することはできません。
しかしながら、その時にどのような思いがあったのかを思うと、これはやはり涙を禁じ得ないものがあります。





ペリリュー島および硫黄島の日本軍の戦い方は人類史上最も激しいものとして後世に遺ると思います。

『ペリリュー 楽園のゲルニカ』という漫画があります。全五巻。
やさしい画風ですが、内容は当然ながら凄惨です。↓




自分たちの祖父、曾祖父の時代、どんな思いで戦争に臨んだのでしょうか。
戦争に反対する人も当然おりました。
では、戦争を回避する術があったでしょうか。
戦争は自動車事故と同じように、こちらが安全運転をしていても向こうからやってくることがあります。
その時、国としてどのように対応するのが最善でしょうか。

私個人は、戦車や戦艦、戦闘機、軍隊を見るのも嫌いな人間ですが、国防に携わる自衛隊をはじめ多くの人たちの活動には心から感謝をしております。
ただ、軍人というのはいいものではありません。
日航機撃墜事件でも自衛隊が関与していたとも言われています。911の自作自演、中東の紛争、ユダヤなど、すべての争いの根源に何があるでしょうか。これを滅せない限りこの世の混乱は終わらないような気がいたします。
既に今の文明は崖っぷちです。
何を思い、心をどこに向けて生きるのが良いのか、個々のうちに光の見つかることを祈願いたします。

南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  祈り  教育  育児    

秋のお彼岸 ~自分の過去世への供養も~

大東亜戦争で戦死した方々は、多くの方がすでに転生されて今の世界に戻っているようです。
戦争では、強大な力に巻き込まれ若くして命を落とした方々も膨大な人数です。それ故転生のサイクルも早いのかもしれません。

光芒


転生など信じないという人もおりますが、信じようが信じまいが転生して今の肉体の人生があります。
それまでの転生の人生経験の集大成として今の命があります。

今生の人生までにどういう思いを大切にして何をやってきたかによって今の人生で遭遇する課題は違ってきます。

今生で
理不尽な出来事に遭遇し、「私が何をした!?」 と喚くことは簡単です。
不幸な出来事に遭遇して「どうして私だけこんな不幸が続くのか!」と怒りを持つのも簡単です。
でも、≪前世を背負って今生がある≫ という視点を持つと、
今生で遭遇するあらゆることに不満や不平を思うこと自体が無知の醜態、我儘、自己中、反抗・・・そういう類のものであることが理解できます。



偉そうに書いていますが、私自身も不平不満、どうして自分が!と思うことはよくあります。それでも、そう思うことは悪しきことだという認識が根底にあるので、心を反省することはできます。ここが大切です。


話を戻しますが、
今生で出会うさまざまなことを魂磨きの課題として向き合うか、単なる不平不満のネタにするかは天地ほどの違いがあります。
そして不平不満を思ううちは、何度転生しても同じことの繰り返し、不思議絵の階段のように、同じ思いを何度も繰り返すだけです。同じ時間のループに囚われている状態です。

不思議絵の階段


私も含め、多くの人はこのような無限ループの中で過ごしているといっても過言ではありません。


心の向きは、宇宙、光、神仏、よき思いの方向に向くことがいいのですが、
何をもって『よき思いの方向』とするのかが非常に大切です。

人は、自分の思い通りになることが良いことだと錯覚しがちですが、これは間違いです。こう言うと 「では、よき思いとはどういうものかを教えてくれ」と言う人がおります。

文字にすると、やさしさ、親切、他人のため、幸福、愛などいくらでも書けはしますが、エゴが混ざったやさしさや幸福、愛もあるのですから、言葉や文字では伝えることは不可能です。文字は人を騙しますし、何より、本当の気持ちの数パーセント程度しか表現できません。
各々が自身の心をよく見つめ自分のエゴや欲をよく排除しつつ、神仏のよき思いに心を向ける努力のうちに、感覚として磨いていくことです。つまり、個々人が毎日、自分の心の点検、見直しをして、自身でよりよい方向に修正する他ないのです。


今の自分は過去世の賜物です。
歴史で学習したその時代に、かつての自分が生きていた時代があります。
供養とは、ご先祖様に感謝を捧げると同時に、
過去世の自分自身にも感謝や労りを捧げることです。
すべての過去があって今の自分の意識、感覚、心があるのです。


血肉を分けてくださったご先祖様への感謝、そして過去世で自分を育ててくれた多くの人々やご縁の皆様への感謝。そういうことまで思えると良いのかと思います。

よきお彼岸をお過ごしください。
南無遍照金剛。

kodaihasu (9)




関連記事:
この世とあの世
Reincamation ~輪廻転生~
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >