ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 日々雑感

Category: 日々雑感   Tags:  育児  教育  健康保険  

食いつぶされる日本

日本の法律は海外から見るとザル という話は昔からありますが、
健康保険はかなりヤバいようです。
下の動画、有本さんの健康保険と外国人労働力の件に関するお話には以前から激しく同感です。

生活保護にしても悪用する者がおります。
日本人は他国にカネをばらまき、自国内は締め上げるようです。
外では愛層を振りまいて、家族には従属を強要する父親の姿を思ってしまいます。

ともあれ、今のままでは将来、日本人は世界に仕える奴隷のようになりそうです。


動きとしては、よその多くの国はにほんを潰すこと、自滅させることが最終目的です。
日本を大東亜戦争に引きずり出した欧米、シナの動き、歴史を見ると何か感じられるかもしれません。
自虐史観という言葉がありますが、自分をいじめることは他者をいじめることと同じです。その先にいい結果はありません。
他者に手を差し伸べるためには自分が確立していることが必要です。そうでなければ利用されてお終いか、共に奈落の底に堕ちるかです。



この頃の野党どもは、他人の揚げ足取りや悪口は言いますが、法律の穴を指摘するのを聞きません。
法律の修正すべき点は指摘しきれないほどたくさんあります。
野党にとっては突っ込みどころ満載で、国民の支持を上げる材料がゴロゴロしているにもかかわらず、それらには何一つ言及しません。知ってて放置しているとしか思えません。→売国

この国は国民の分断工作がかなりうまく進んでいるなと思わずにおれません。
国も個人も同じです。
よく内面を観察したいものです。


南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
スポンサーサイト

Category: 日々雑感   Tags: 育児    教育    障がい者  ハンディキャップ  介護  福祉  祈り    

白杖の方に助けられる


人はとかく他人と比較して、羨んだり妬んだり、あの人は偉いと思ったり、こいつは自分より下だと見下ししがちです。
人の価値と言うのは、何か一つの物差しで測れるものではありません。

誰かの役に立つというのは、ただそこに居たから・・・・ということもあります。
以下はそういう話です。

先日、駅に向かって歩いていたら、向こうから白杖の方が歩いてくるのが見えました。
道路工事中で、あちこちにカラーコーンや工事用フェンスが置かれており、ロープも張られていますので、白杖の方はかなり苦戦しているご様子でした。
見かねてお声をかけると、その方も駅まで行くとのことでしたので同行しました。

傍から見ると、私が彼を助けたように見えるかもしれませんが、
実際は私の方が救われました。

yasashiiTsue


というのも、私は少しモヤモヤした気持ちを抱えながら歩いていたのですが、
白杖の彼となんでもない会話を交わしつつ駅まで同道したことで、
私はモヤモヤした気持ちを切り替えることができたのです。

彼は
「工事中でいつもと全然勝手が違うので助かります」とお礼を言ってくださったのですが、
私がモヤモヤした気持ちを解消できたのは彼と出会えたからです。
こちらこそお礼を述べたい気持ちでした。


誰かのためになってくれるというのは、こういう場合も多々あります。
私は高齢者介護を通して、何もできないと言っているじいさん、ばあさんから多くのことを教えられてきました。
肉体が衰えて動けなくなっても、誰かに何かを教えたり、役に立っていることもあるのです。

卑下せず、投げず、焦らずに自分自身を生きること。
それが周囲を力づけたり教えたり、導いていることもあるのですから、
自分自身の人生を最後まで投げずに、丁寧に生ききること。
これが大切なことと思います。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛


奥之院 (1)

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Category: 日々雑感   Tags: 育児      祈り  

さみしさ、孤独

孤独やさみしさについては、当ブログでは何度も書いていますが。
少し訳があってツイッターで孤独感についてツイートしました。
以下少し変えてまとめました。

ハスの花


孤独が認知症の原因になると言われていますが、これは物理的な孤独という意味ではありませんで、精神的孤独のことと思います。これは介護現場に10年以上関わってきた経験からです。
一人でいることは他者から見れば孤独かもしれませんが、重要なのは、一人きりだと本人が感じていることです。孤独や寂しさを感じている心です。

施設では、面会者が誰も来ない高齢者でもしっかりと過ごしている方がおりますし、家族が足繁く面会に来ててもさみしいと言って泣く高齢者もいます。

周囲にたくさん人がいても孤独感を感じることは、多くの人が経験しいると思うのですが、孤独感抱く事があるのは高齢者も若者も関係ありません。
精神的な孤立感、孤独感こそが負の感情のスパイラルに導くのであり、これの最終的な対策は、自分自身をしっかりと生き切るという覚悟だと私は考えております。

KP_Yoshimi (9)


孤独感というのは自分のことしか見えていない状態と思います。
どれだけ多くの人のお世話になって生かされているのかを少し考えてはどうかと。
赤ちゃんの頃には両親はじめ多くの人のお世話になってきたはずです。
食べ物だって、生きるために多くの命が犠牲になってあなたを支えてくれました。

日々買い物をするにしても、それを作ってくれた人がおり、運んでくれた人がおり、販売してくれる人がおります。それらはあなた一人ではできないことです。この一事をしっかりと思ってみるだけでも、一人きりなんてことはありません。多くの人が見えないところで支えてくれています。

とりわけ、あなたが今まで食べてきた生命たちは、文字通り命を捧げてくれたのです。
あなただけのために。
これだけでもあなたは、あなた自身をしっかりと生きる責任があります。
自分の命をないがしろにしたら、今まで命を捧げてくれた者たちに、どう弁解するのでしょうか?
このことは毎日の食事のときに、少し考えたほうがいいと思います。
食事は日々の神事です。
いただきますという言葉には感謝と共に、私は生きる!という覚悟が必要です。他の命を頂くわけですから覚悟がいるのです


生きる意思がない者は、食べないことです。
働かざる者食うべからず、という諺もあります。
働くというのは意識をもって生きることです。仕事などという薄っペらなモノの事ではありません。

arigato


生きる覚悟があるからこそ、多いに楽しみ、多いに悲しみ、多いに感動するのです。それが生命の働きではないのでしょうか。
高齢になって楽しみがないと嘆かれるヒトは少なくありませんが、死ぬまでが人生なのです。
年齢を重ねて多くの人と交わり、物事と出会い、より広い見識と思考を身につけていてもおかしくないものを、いい歳をして視野が狭くなり自分のことしか見えないとは何ということでしょうか。
なんと情けない年齢の重ね方をしてきたのか!と思わざるを得ません。
人との関わり、モノとの関わりを長年経てきたのですから、視野が広くなっていて普通です。
年長者を敬えとは言いますが、「敬える」に値するでしょうか。
ここは私自身への戒めを込めて書いております。

生きる意味が解らないという方は、今まで食べてきた生命体に対してご供養の気持ちで日々を過ごされてはいかがでしょうか?
自分のことしか考えてないのなら、食べてきたものを供養するなど、思いもしないかもしれませんが。

桜田門 桜


孤独やさみしさを感じる方の生き方は、誰かが鐘をついてくれて初めて音が鳴るような、鐘のような生き方です。撞いてくれる人がいないと自分が何者かわからず、ただ寂しい、孤独、誰か来て、誰か助けて・・・と。
他人任せなので、何かあるとすぐに責任を他者に転嫁しがちで、不平不満も多いです。
自分で選び、考えずに生きているので、人生に責任など感じません。すべては流されて生かされている状態です。
自分で選ぶのは外からの刺激に対する反射や感情だけなので、当然ながら状況や感情に振り回されやすくもなります。
これは自分を生きているとは言えません。

自分自身を生きるというのは、自ら鐘を撞く生き方です。
自分の足で歩む人生。そこには選択する責任、覚悟が伴います。
自分自身で考え、判断し、思いを行動に移す生き方ですから、間違いを犯したら反省、修正もするでしょう。
言うこと、行うことに慎重になると思います。

座禅



自分のことしか考えないから寂しいのです。
さみしさや孤独感というのは、自己中な思考が原因と私は考えています。
自分のことしか思えないからさみしく孤独で哀れなのです。
意識を自分のことに集中してしまうから行き止まってしまうのです。

自分以外の生命、モノに思いを向けて見ると、いつも支え、見守ってくれている事に気付かれるかも知れません。
どれだけ周囲に助けられているかを知る者は、知った分だけの感謝を持てます。
自分の中の光に出会えた人は、自分のことに集中しても光と共に在り、孤独やさみしさとは無縁です。
どれだけ自分が支えられているのかを思ってみましょう。

butsuzo


よき光とともに過ごせますように。
南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >