ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 日々雑感

Category: 日々雑感   Tags: ニュース  人権  報道  放送  

無能マスコミども

あまり書きたくない界のバカ騒ぎの話です・・・毒出しです。

ここ十年程のマスコミの劣化には呆れるやら頭にくるやら、まことに反吐が出そうなレベルです。
それに踊らされている野党陣営の腰抜け具合には、この国への絶望感すら感じずにはおれません。

モリカケなどを一年以上も追及していたマスコミですが、
きちんとした証拠を挙げられず、
うやむやの内に終焉させたマスコミへの信頼は地に堕ちました。少なくとも私は・・・。
それでなくとも朝日の捏造記事や、朝鮮や支那への忖度態度が続いていたので、
もはや日本のマスメディアは日本国民の敵と認定してもよさそうです。
そういう私の思いは、武田氏が簡潔にはっきりと語っておりました。まったく同感です。



先日のシンガポールでの米朝首脳会談では、押し売りエヌHKなどは大人数で取材に行ったそうですから、巨大なブースが必要となり、莫大な使用料を払ったでしょう。・・・国民から無理やりむしり取った受信料という巨額のカネからシンガポールに落としたので、シンガポールにはいい利益になったかもしれません。一方で日本人にはそれに見合う報道内容がされたでしょうか?他の報道機関が報じた内容以上のものがあったか?

報道機関は、何のために報道をするのか? ということがまったく見えていないように思います。
マスコミは権力の監視役 という言葉がありますが、意味をはき違えたバカが多すぎます。


また、殺人事件などがあると、被害者の写真や家庭状況などがつぶさに報じられたりしますが、これは人権侵害と思います。
私が知りたいのは加害者がどういう容貌で、どんなことをしたのか。どういう経緯だったのか等、あくまで加害者の情報です。
「死人の人権よりも生きている被疑者の人権が大切」と言った議員もおりますが、被疑者の人権を守らねばならないの事実としても、加害犯人の人権となると話は別です。
他人の命、人権を奪ったなら、己の命、人権が奪われても仕方ありません。昔の武士なら他人を斬ったら自身も自刃です。「人を呪わば穴二つ」という諺【ことわざ】もあります。他人様を傷つける、命を奪うなら、それなりの覚悟をしろと。覚悟もないバカに人権など与えるやさしさなど不要です。
人権団体は日本人に対するヘイト助長をしてないで、本当の「人権」に基づいた言動をしろとも言いたいです。


まぁ日本社会も、よくぞここまで地に堕ちたものだと思います。


こんなバカの極みの世界にも、光ある方々が多数でておりますのがせめてもの救いです。
彼らと共に在れるように、自分自身の磨きをしっかりとしないといけません。
最後は自分自身のレベルが問題です。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

汚いことを書いたので最後は浄化のために写真を貼ります。
神々の光


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
スポンサーサイト

Category: 日々雑感   Tags: 教育  

原罪 ~original sin~

原罪という言葉は日本人にはあまり馴染みがないと思います。

キリスト教はミトラ教を乗っ取り、自分たちの都合のいい様に改変してキリストを祀り上げて利用してきました。
神の名のもとに有色人種を差別し、土地を強奪するだけでなく殺戮の限りを尽くしました。
私に言わせれば、イエス様を冒涜する者共です。
私はヨーロッパの芸術、音楽なども大好きですが、キリスト教に関しては問題視しております。

十字軍


白人の精神構造については武田氏が分かりやすくまとめて下さっております。
下に動画をつけておきます。
武田氏も、白人に対する気持ちを語っておりますが、私も同じような思いがあります。

「白人最低だな」というコメントもありますが、批判するのは簡単ですが、
白人のように全滅させるなど、道徳性の高い日本人にはそれはできません。
私たちがそういう人たちと一緒に生きていくためには、
相手がそういう人間だと理解したうえで折り合いをつけていくしかありません。
これをよく弁えていたのが昔の日本人です。
部落というのは、感覚の違いによる棲み分けという性格がありました。
これを解放した明治政府も問題が大きいです。





よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Category: 日々雑感   Tags:  教育  育児    祈り  宇宙  

偉大な人々と宇宙クラウド

は子供の時から「人間に独創性などない」と思っています。

例えばNASAが「新しい惑星を発見した」と言っても、その惑星は発見される前からそこに存在していわけです。
世間を騒がしたiPS細胞にしても、もともと存在していたものを発見したわけで、人が作り出したわけではありません。
「発見」というものは、もともとそこに存在していた、在ったわけです。
新たに生み出したものではありません。
人の創造性というのは、在るものをこねくり回して違う形にしたり、複数のものを混ぜ合わせて違う形にするのが関の山で、無から有を生み出すことはできません。
そういう意味で、人が想像できるものは、宇宙のどこかに既に存在しているものであると言えるのかもしれません。



以前から不思議に思っているのは、偉人と言われる人たちは、みな同じようなことを説いていることです。
私はその共通するものを、「所有から離れること」と解釈していますが、これは個々人によって言葉や表現がいろいろ違ってくると思います。
いずれにしても、自己を錬磨した偉大な人々が同じようなことを説いていることは注目に値します。

これは、「山の頂理論」と同じかもしれません。
山にはいろいろな登山道がありますが、それは最終的には同じところ、つまりは山頂に到達するということです。
時代も場所も異にしながら同じような真理に到達するということは、同じものを見たからと結論できます。

無知


エジソンという人がこんな言葉を残しています。
「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる」。
これは、「人事を尽くして天命を待つ」というのと似ているなと、私は思っていますが、
この1%のひらめき、インスピレーションというのはどういうことでしょうか。
私の下手な説明より、分かりやすい動画があります。↓



私は以下のように考えております。
宇宙には凡そすべてのものが既に存在しており、それは宇宙クラウドに保存されています。
人が理想をもってひたむきに努力をしていると、宇宙クラウドに保存された情報の周波数とリンクしやすくなり、リンクが繋がった瞬間に宇宙クラウドから一瞬で情報がダウンロードされ、それが1%のひらめきとして人間には認識される。

クラウド


人の想いにも周波数があり、想いがどこに繋がっているのか、そしてその想いが集積されると現象としてこの世に具現化される。
当ブログでは思いには力がある、すべては思いから始まると何度も書いている通りです。

最新科学とアミの世界が少しずつ近づいているのを感じるのですが、いずれにしましても、自分がどこに理想を置くのか、そして何を思って意識的に生きるのかが大切と思います。

いつもながらまとまりのない文章ですが、何かを感じ取っていただけたなら幸いです。

南無遍照金剛。
関連記事:TOKANA 宇宙に意識はあるのか?


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >