ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by UFO

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  動画  子育て  UFO    

この世は一切 苦である


当ブログの最大のテーマは自己認識です。
本日は認識の洗脳がテーマです。これは自分の 『思い込み』 というのも自己洗脳になりうるのです。

●地名の話●
お釈迦様の仏教がこれほど日本の生活に深く根付いている理由は、お釈迦様が日本にいたことの証拠である・・・と以前か申しております。沼田には迦葉山という山がありますが、これとて釈迦十大弟子の大迦葉さまご縁の地であろうと思います。

そもそも地名として外国人の名前が残るというのはどういうことか?ということです。・・・大釈迦【青森県梵珠山】だの釈迦【茨城県古河】だのという地名にするというのは、お釈迦様と言えど外国の方の名前をわざわざ持ってくるか?という疑問が生じます。以前にも書きましたが、地名にまでするというのはただ事ではないのです。


●古事記と日本書紀
中学生の時、歴史の授業で『古事記』と『日本書紀』のことを学びましたが、当時、どうして同じような書物をほぼ同じ時代に遺さねばならないのか?と、大変不思議であり、おかしいと感じておりました。

古事記:和銅5年(712年)
日本書紀:養老4年(720年)

『古事記』 をなきものにしようとする勢力が編纂したのが 『日本書紀』 だと考えると合点がいきます。実際、日本書紀は東国のことがボロクソに書いてあります。意図的におかしな話も挿入されておりますので、大凡そまともな文献とは思えません。『古事記』の発見経緯などを考えてみても、『日本書紀』を正史にしようと背乗りした勢力がおり、今もその闇に支配されていると考えると筋が通ります。

●以前ブログに書きましたが、太陽系というと、太陽を中心に惑星が回っているだけと思う方は多いと思います。しかし実際には、太陽も銀河に向かって移動しており、その太陽を追うように惑星たちも回転しながら移動しているのです。
参考記事 → 生きている太陽系

繰り返しますが、本日は思い込み→ 認識の洗脳 について書いています。

お釈迦様は、この世は一切が苦であると申されました。
聖徳太子は「世間は虚仮なり。唯仏のみ是れ真なり」と申されました。
実際、今のこの世はほとんどが嘘です。間違った認識は間違った答えしか導きません。最初に打ち込んだパラメーターが狂っていれば、どこまでいっても出てくる答えは狂ったものでしかないのです。最初は数ミリだった誤差は、距離が離れるほどに拡大しますが、時代も同じです。間違った情報を真実と信じて文明を発展させると、時を経て、築き上げた文明はやはり間違ったものです。
原発などは間違った学問の成れの果てです。あまりに危険なので、人類が核を使い始めた時には、本当の地球人が警告のために地表人にコンタクトしております。正式な記録も残っておりますし、ネットでも話は公開されている通りです。

神々の光


お釈迦様もイエス様も、この世の苦から脱せよという教えです。イエス様はこの世に勝利せよと仰り、お釈迦様は解脱せよと説かれてますが、内容は同じことです。共に宇宙の法を説かれており、これが本来のにほんの教えです。おふたり共、にほんで学ばれました。



ここまでで既に私のはなしを馬鹿馬鹿しいと思う方もいると思いますが、それは個々人の自由です。
・・・私はデタラメなことは書きませんが、判断は個々人の自由です。

インスタグラムには書いておりますが、現生人類の現文明は終末のカウントダウン中です。
個々人の認識の光の増加によれば、それも回避はできるかもしれませんが、あまりに現代文明は私利私欲に走りすぎました。これを修正するのはほぼ不可能です。ファティマの聖母の話は着々と進行中です。

期待できるのは個々人が己の心を内省し、心の向きを修正し、ひとりでも多くの方が光の周波数に達することで救われることかと思います。この文明を救う事自体は、繰り返しますが不可能と思えます。
当ブログでは 自分の心の向きをチェックしましょうと書くのはそのためです。

急ぎで書いてますので、いつも以上にまとまりに欠けてしまいました。

最後に動画を貼ります。
このシリーズは心の光のチューニングの役に立つと思います。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 悪魔    UFO  大山咋神  

ふたつの魔 ふたつの神


ものごとは二面性があるとは、おそらく多くの人が理解しているかと思います。
コインの裏表、陰陽、男女、天地・・・・。
生まれた者は100%死にます。生と死は表裏一体。生には死が付きまとい、死ねばまた生まれ来るということです。

手賀川にて昇陽

実は知り合いがヤクザまがいの新興宗教に没頭しており、なんとかしたいと思っていたのですが、ここにきて縁を切ることにしました。
霊的盲者は悪魔を拝んでいても気づけないものですが、事実を検証すれば防げることも多いのです。しかし彼は事実を知る努力もせず、よくしてもらったとか助けてもらったからと言って、どんどん深みにはまっていきました。何度もやめておけと忠告しましたが、聞く耳を持ちませんでした。すでに真っ黒の蛇まみれで、どうしようもありません。( ノД`) 彼の業は彼自身が死後や次の人生で背負うことになりますが、自業自得です。
悪魔は友のふりをして近づいてくるとは何度かブログに書きましたし、甘い言葉をもって取り入って来るものです。
私自身も悪魔の甘言にそそのかされないようにと改めて戒めたいと思います・・・。

ほんのりと鮮やかに

ところで先日、恐ろしいビジョンを見ました。
それは多くの人が神と拝んでいる者が、実は悪魔の親分であったというものです。
ほとんどすべての人が神様だ神様だといって拝んでいるのですが、私を含めた少数の人にはどうみても左端そのものでした。ところが霊視を閉じるとなんということか・・・! 左端に見えていた者が神々しく輝いて君臨し、さながら本物の神様のようでした。ゾッとしました。

「悪魔も霊である。故に肉を持つものの目を騙すことなど容易いのである。それ故麦と毒麦を見分ける目を養う必要があるのである。」
これは以前に光から教えられた言葉ですが、続けて光は言われました。

「神に2つあり。悪魔もまた2つあり。この理をよく心に留めよ。」
「悪魔にとって神々は『悪魔』なのである。神々の光の世界は、真の悪魔にとっては『真っ暗闇』の世界である。」


以上のことから何を思うかは人それぞれです。
宇宙の基本法は自業自得、因果応報です。私を含め、ほとんどの方は減価償却どころか罪を上乗せの人生を歩んでいるといってもいいかと思いますが、日々心の向きに気を付けて参りたいところです。
南無遍照金剛。



見えない世界の方々は、陰に日向に私たちを守ってくださっています。そしていろいろなことを教えてくれようとしています。その映像も世界中で映されていますが、最後はその一例です。
少し古いですが、2013年2月に、ロシアに隕石が降ってきました。
この時の映像のことは当時からすでにいろいろな話が出ています。
UFOが隕石を小さく砕き、地表への被害を小さくした・・・・・というものです。
これは真の地球の方々の働きです。
見えない存在は地球にも宇宙にもたくさんいらっしゃいますし、町の中にもたくさんいらっしゃることはお伝えしておきます。信じる信じないは私には関係ありません。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >