FC2ブログ

ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by

Category: 日々思うこと   Tags:  育児  教育    祈り    

宇宙意識の海 ~宇宙クラウド~

ここ数回、「主体」について考えています。

以前から書いていますが、私は自分自身の内なる光を見たことがあります。
【 当ブログ記事:The Inner Light.
これが肉体や物質に隠された自分自身の本体であり、魂です。
私たち一人ひとりが 『宇宙の分霊』 であり、私たちは神の子、光の子である由縁です。
魂は、宇宙意識から誕生した意識体です。
意識するしないに関係なく、常に宇宙意識と繋がっている存在です。

しかし、物質化した肉体に宿ると、宇宙意識との繋がりが極端に弱くなります。
物質・肉体が、宇宙意識との交信を妨害する絶縁体になるようです。
宇宙意識との通信が障害される・・・。

ノイズ 電波障害


その為、私たちは自分の本然たる魂の声を聞くことがなかなかできません。
肉体に宿ると、肉の奥底に魂は幽閉されてしまう、そういう状態だからです。
このような状態で
「主体的に生きている」
と主張したところで、本当に主体として生きているのか?という疑いは拭えません。
神仏を知らず、宇宙の愛を知らず、生きる意味を知らず、
果たしてこれで「生きている」と主張できるでしょうか。


自分の本体が魂なら、
主体的に生きるということは、
魂の意志を尊重した生き方であるはずです。
肉体をもって生きる以上、本体たる魂の思い通りに生きることは不可能ですが、
本然たる姿:魂としての自分を思い出すこと。
魂にアクセスする方法を手に入れること。
これがとても重要になってくるかと思います。


ダイビング


自分の心の奥底を進んでいくと、本然たる自分:魂がいます。
これもまた私の体験からいうことですが、
この、魂という本然たる
自己を更に突き抜けると、
不思議なことですが、宇宙に出ます。


宇宙



私の実感としては、そこが宇宙意識なのだろうと思っています。
ここに出ますと、他者がどのような感覚で、どのような状態で、何を思っているのかが分かるのです。
相手の中に入ってしまうのです。
この状態で宇宙を見たら、おそらくすべてのことが理解できるだろうと思います。

感覚としては、レアンドロエルリッヒ作 スイミングプール でプールの下から見上げているような感覚で他者の様子が見えます。



これを見た時に思ったのは、
すべての個々の生命と意識は、
宇宙意識という海に繋がっているのだ、ということです。
ですから、自分自身を突き詰めた先、
或いは、
自分という枠を無限に広げた先では、
自他の境界がなくなるということです。



この感覚を体験すると、
さて、
自分の主体というのはどこにあるのか?という疑問が生じます。
自分と他者を区別する境界はどこにあるのか?
そもそも「主体」などあるのか?

自分も他者も、宇宙意識で繋がっているのだから、
自他を区別することなどできるのか?
自他を区別する必要があるのか?
自他を区別する意味はどこにあるのか?
・・・・
という、膨大な課題が思われます。
それと同時に、
いろいろな出来事、物事、因果、人生、魂・・・
あらゆる事象についての理解ができそうな気がします。

この体験はほんの一瞬のことでしたし、
もしかしたら、ただの妄想かも知れません。
それでも、この体験は私にとって、
考え方そのものが根底から変わるできごとでした。




「主体」について、まとまりのないことを書いてきましたが、
読者の方々に、なにかの助けになれば幸いです。


余談ですが、下に添付した動画の中に、トーラスというのが出てきます。
私は、主体、自我という言葉から、このトーラスの絵が一番しっくりきます。
トーラスは、神社の狛犬さん抱えていることがあります。



狛犬さんと毬


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 心の言葉◆Words   Tags: 教育  育児    転生      エドガーケイシー  

暗闇に光を通すのも、自分の心次第です。

前世の記憶を持っている人がいますが、ほとんどの人は前世の記憶など分かりませんし、その記憶にアクセスすることも困難です。
それ故に前世があったことすら否定する人がおり、死後の世界を信じない人もいます。

ハスの花


死後の世界がないのなら、
何のために生きているのか?
死んだ人を弔う必要性があるのか?
死んだら無になるのなら、どうして哀しいと思うのか?
・・・多くの疑問が出てくるのです。
死後の世界を否定する人はこれらの質問になんと答えるのでしょうか。

科学で捉えることができることなど、人間でいうなら爪の垢程度ですが、それすら気づけないのが現代社会です。
まともな科学者は、科学の至らなさを語っています。


死後の世界や魂、輪廻転生の話は、信じない人に実例をいくら示しても、何を言っても徒労です。
話せばわかるというのは「聴く耳」がある場合に限り有効で、それも「理解できる可能性が1パーセントはある」という程度です。
多くの場合は先入観や自身の思考、世間体などに縛られて抜け出せません。
自分自身で「おかしい」と思って、調べることができるかどうか。
自分以外に自分を救えるものなどいないということです。
自分自身が気づけるかどうかということです。
生活を流し運転している者に、気づきがあるのは、絶望的に少ないです。


お釈迦様は思考、感情すら所有の問題になると説かれていますので、心の点検はほんとうに難しいこととは思います。
それでも、毎日の中で数秒でも自分の行動、言葉に意識を向けることができるなら、そこに守護の方々も感応され、急速に心眼が開かれる方もおります。→ 「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」、回心、改心。

密封された箱の中に閉じ込められていても、針ほどの穴が開いたなら、一気に光が差し込むようなものです。状況が変わってきます。その針ほどの穴をあけるのは、自分の心がどこに在り、どこに向いているのか、この一点に尽きます。
当ブログで毎度毎度書いている、心の向き は、そういうことです。





なん百、なん千回と転生の旅を続けてきた私たちです。
神仏、宇宙の分魂である私たちが、神仏の元に立ち返れないはずがありません。
よき認識の復活を祈願いたします。

南無遍照金剛。


光る葉






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags:    精神  育児  教育  家庭  子育て  

Heaven Is For Real

クリスマスです。

佳き光とともにあれますように。


311でなくなった人がタクシーに乗って帰宅しようとした話。
原爆で一瞬にして蒸発した人々が未だに広島の街を歩いている事実。
靖国で遭おうと言って戦地へ赴き、約束通り靖国に集う英霊たち。

見えないから存在しないのではありません。
もし見えないものは存在しないというのなら、愛する気持ちも、優しい思いやりも存在しないのでしょうか?


本日は動画の紹介です。
・・・臨死体験というと、ただの幻覚だという方もいます。大人は天国のイメージが教育されているのでそういう幻覚を見るという方もいますが、ではなぜ、子どもが同じような体験を話すのでしょうか。
どうして美しい光の国、花の国、色彩の国という同じようなはなしが時代を越えて伝わっており、人種、年齢、性別、場所・・・あらゆる条件を超えて同じような話になるのでしょうか。
偶然ですか?では、どうして同じような幻覚を見るように、私達の肉体は作られているのでしょう?

現世、現し世(うつしよ)、現身・・・うつしよ。
何を映す世界なのでしょうか。


「認識」は心の向きに影響します。
よき認識の元、佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる   Tags:  世界情勢  霊性      転生  

暦の晦日 地球の晦日

不忍池夏景


今月も晦日になりました。
一日の無事に感謝です。

本日は神棚の掃除と榊の入れ替え、部屋の掃除の後、お灯明を灯して短い瞑想していました。
・・・バカが出てきたのですが、こんなの相手にするだけ時間の無駄だと守護霊さんに言われました。(^_^;)

本日のブログはきれいな花の写真に添える内容ではありません。(-_-;)

思ったことは、パナマ文書が表に出た時は一時大騒ぎになりましたが、日本ではさほど話題になりませんでした。
政府に税金を一方的にむしり取られる制度は本来違法ですが、国やそれが定める支配構造を疑わない人にとっては疑問すら思えません。本来自分が稼いだカネなら、本当に自分のために成るところへ融資するのが正常です。税金とは本来ひとり一人が「自分のために成ることに使われるもの」へ納めるのが筋というものですが、役人共は貴族にでもなった気で好き勝手に使い込みをします。しかも国民一人びとりの為になるようなことには僅かしか融資しません。ベーコクなどゼイン金の大部分が軍事費です。バカの世界です。しかも世界中に紛争の種を撒き散らし、それをイスラムのせいだと言ってはドンパチするのです。自作自演の軍事費循環システムです。

花コスモ


人は本来、本当にするべきことは多くありません。
それは野生の動植物を見ても感じられるかと思います。
人が本当にしないといけないことは、魂を磨くことです。
仕事は魂磨きの方便でしかありませんが、現実世界はカネの制約のために、老後の生活すら不安になる魔界です。
一生懸命働いて、定年まで働いて、どうして老後に カネ の心配をしないといけないのでしょうか?
カネのシステム自体が欠陥であるか、あるいは利権がらみの者たちが抱え込んでいるか。
いずれにせよ狂った社会です。労働と賃金が見合っていないのが資本主義経済というお馬鹿システムです。

美人


何度も書きますが、魔界転生というのは地球に生まれることです。
おかしな教育、間違った認識を学校で教えこむため、前世で徳を積んだ光の者すら闇に落とされるのが今の地球環境です。これは妄想や想像で書いているのではありません。


縄文時代は見えない世界を具体化しようという文化でしたが、現代は見える世界の積み重ねでしかありません。
大事なのはいつの時代も見えない世界のことです。
見えない魂、神仏の世界をこの世にも現すという思想がなければ、よい文化、文明は生まれません。
心性を磨くために、どのように物質世界を構築するのがよいのか?
物質世界は心を磨く道具であり、堕落や享楽、支配、隷属、恐怖、殺人に使うものではありません。


長くなってしまいました。
この世の現実を見ると、書きたいことが尽きませんで、文章もまとまりません。。。
今の地球表面世界は、水がいっぱいに入ったコップで、表面張力で保っている状態です。
一滴の水が落ちれば崩壊します。一滴を落とすも保つも、一人ひとりの思い次第です。
心は現実世界に作用する力があります。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。





-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags:  育児    転生  宇宙    教育    

親がキライ 我が子が憎い

我が子が憎いって?
でも自分が肉を分けた人。
そこには責任を持たなくちゃいけない。
たとえ憎くても、ね。

親がキライだって?
でもここまで育ててくれたんだろう?
キライでも全然かまわないじゃないか。
ただ、育ててくれた恩義には応える責任はあるよね。

光の木


感情は感情、恩は恩。
親も子どもも肉を分けた関係、ただそれだけの関係でしかないんだよ。
ちょっと冷たい言い方だったかな?
でもね、魂は肉体とは関係ないのさ。
魂を磨き上げる方便、とでも言ったらいいかな。
肉体は、この星で魂を成長させるために与えられた乗り物に過ぎないからね。だから年を経て壊れていくのさ。
でもね、魂は歳をとって老化したり、壊れたりしないのさ。
それこそが本当の「自分自身」だからね。

魂は、長い肉体転生の旅を経て今の肉体に宿るんだよ。

かつてお世話してあげた魂のところへ、今度は自分が子どもとして生まれてお世話になっているかもしれない。
いい行いが今度は自分が恩恵を受ける身としてかわいがられるかもしれないね。

前世でひどい仕打ちをした相手に、今度はその人の子どもとして生まれるかもしれない。
そうなったら自分がしたことのしっぺ返しがくるかもしれないよ。
親子関係がうまくいかないかもしれない。
・・・でも努力次第で、前世のことは前世のこととして、良い関係を作り直せる可能性だってあるんだよ。それができる可能性を宇宙は与えてくれているからね。


今の人生は辛いかい?
今の人生はかなしいかい?
それもこれも、すべては因果応報の宇宙の愛がそうさせている。自分自身の前世からの課題だよ。

次の人生のために土台を作っておこうと思えるといいね。

今の地球の人間は、多くが転生すら信じないらしいけど、それならどうして生きる価値なんかあるんだい。
そんなちっぽけな考えだから、平気で人のおカネで遊んだり、他人をだましたり、悪いことも平気でするのさ。


宇宙は自業自得の愛の世界だよ。
いいことも悪いことも自分自身にもどってくるのさ。
満ちてきた潮が引くように、引いた潮がもどってくるように、自分でやったことと同じものが自分の魂にもどるんだよ。
宇宙からもらった光を、大事に育てていくことが肉体の時の一番だいじな仕事だよ。
もらった光を消してしまうか、少しでも光を大きくできるか、すべては自分の行いと、言葉と、心次第なんだよ。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >