FC2ブログ

ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 香取神社

Category: サイクリング記録など   Tags: 育児    滝前不動尊  香取神社  我孫子市  千勝神社  

手賀沼湖畔神社仏閣お礼参り

NIKON D7000 を下取りに出して、コンデジに買い換えました。
キャノンの G7X MarkⅡ です。
慣らし撮りで数日使いました。
わたしは神社巡りなどでは輪行をすることが多いので、カメラが小さいのは助かります。
輪行というのは、電車などに自転車を積んで、最寄り駅などから自転車移動をすることです。

本日は手賀沼湖畔の神仏様に、一年のお礼を伝えに行って参りました。
今年は数回しか訪ねていません。訪問回数がここ数年で一番少なかったです・・・。
本日もいつも通り、千勝神社 → 高野山香取神社 → 滝前不動尊 の経路でした。

千勝神社です。我孫子市高野山新田108 
【御祭神】
日本武尊 (やまとたけるのみこと)
水速比売神 (みずはや ひめがみ)
上記が一般的な表記ですが、こちらは孝元天皇さまご縁地のようです。

ChikatsuJinja


こちらは高野山香取神社です。
狛犬さんがとってもやさしい表情をされていますが、この方の背中側に一号墳の墳丘があります。

katori_komainu


ここは世界的に有名な方のご縁の古墳だそうで、名前を聞いたら驚くと思います。
こちらの神社には何かと引かれるので、ご縁を聞いたときはなるほど!と思いました。

katori_honden


最後は滝前不動尊ですが、こちらは我孫子に来た当初から、私はかなりのご縁です。
高野山香取神社とともに、我孫子に行くと寄りたくなる場所です。
大きな不動堂の右手(向かって左手)に小さなお堂がありますが、こちらは大師堂です。
新四国相馬霊場八十八ヶ所の36番札所。
かつては茶店があり、霊場巡礼や、藤の花見客で賑わったそうです。

takimae_hondo


久しぶりに訪ねましたが、いろいろ変わっていました。
パンフレットができたようです。↓
takimae_panf


こちらは湧水所ですが、新たに石囲いができていました。【←記憶にはないのでおそらく最近と思います。】
takimae_water


ちなみに、手賀沼界隈からも日本第一の霊峰は見えます。
私はあの貴き山を 「ふじさん」 とは呼びません。

takimae_fuji

高野山香取神社も台地の上なのできれいに見ることができます。
美しい山は見えるだけで身の浄化になると思います。
古代、どこの国々にも山を崇拝する信仰がありました。アニミズムは日本だけの信仰ではありません。
現在一神教の者たちが諍いあっていますが、その理由が何か感じられると思います。
日本は八百万神々、多神教、自然はご神体という信仰で、これはホピやインディアンと同じ信仰です。これが本来の神仏の崇め方の基本です。そうした信仰を持っている民は穏やかで素直です。これを逆手に取る者どもが悪魔憑きです。
ホピやインディアンやにほん人は、相手をだまし討ちにするなど考えもしません。それは天界に逆らうことだと知っているからです。
おおよそ、日本以外の殆どの白人国家、およびシナ、半島はよく考えて欲しいものです。

それにしても酷い世界になりました。
縄文の先人たちは、人類がここまで堕ちるなど想像できなかったと思います。
今の地球表面文明はロスタイムです。
この時間を光の増加に使うか、相変わらずの欲と争いに費やすかで、終焉のあり方も変わるかもしれません。
逆に言うと、神仏、眷属様の慈悲を思うにはいい時代かもしれません。
アミの本に書いてる内容をよく思うと、
こんな人類ですら、神仏に愛されていることを感じられるかもしれません。

佳き光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: サイクリング記録など   Tags: 手賀沼  千勝神社  香取神社  神社  

冷たい雨で冷えています   千勝神社 香取神社

昨日は雪が降っていましたが、今日もまた寒いです。

今日はオフなので切り折り紙と、あとは仕事関係のことなどで過ごします。

abiko shrine


写真はお世話になっている千勝神社香取神社、共に我孫子市高野山です。
高野山は「こうやさん」ではなく、「たかのやま」と読みます。
因みに 高野山新田 の方は「こうのさん しんでん」となっています・・・。(^_^;)
・・・基本的に「音」は大事なのですが、ちょっといい加減だと思います。

神社千勝神社を、私は「せんしょう じんじゃ」と書いていますが、
正しくは「ちかつ じんじゃ」 のようです。



なかなかブログには手が回りませんが、ツイッター、インスタグラムで失礼しています。

寒い日が続きますので、心身に気をつけて過ごしましょう。



Instagram ブログランキング・にほんブログ村へ



茨城県牛久 千勝神社

我孫子市の千勝神社はこちらが詳しいです。
 サイト:神社探訪・狛犬見聞・注連縄の豆知識 → 我孫子市千勝神社-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: サイクリング記録など   Tags: 手賀沼  福満寺  紅葉  太子堂  地蔵  香取神社  石仏  

柏市の福満寺 紅葉

もろもろの用事で、ブログはサボっています。
年内の更新はもしかすると最後かもしれません。(汗)

最大の理由は・・・仕事でのストレス。
どこかの会社のように、レールが曲がっていても気づけないようです。(^_^;)

・・・とにかく基本部分が問題というストレスが満載ですので、
時間があれば心の周波数リセットの為に、
手賀沼界隈の歴史訪問と読書に時間を割いています。
PCはほぼ立ち上げていません。


手賀沼界隈も気になる遺跡や地名がたくさんです。

今日の写真は柏市大井の香取神社福満寺からです。

まずは香取神社脇の小さな祠の石像さんです。坊主頭に見えますが、お不動様でしょうか。



香取神社に向かって左手に石碑群があります。将門さんの看板がデカイです。(^_^;)



お堂の左手に、手賀沼八景のひとつ「大井の晩鐘」の福満寺鐘楼門があります。



鐘楼をくぐると下り坂で、下ったところで六地蔵様がお出迎えでした。



今年は紅葉を撮ってませんが、偶然にも福満寺というところで紅葉と出会いました。

こちらは観世音菩薩堂前です。






そして太子堂からずらりと並ぶ小さなお堂たち。圧巻です。






この辺りも神代からの歴史を感じます。

物言わぬ古墳群が語ってくれます。そしてお地蔵さまの存在は大きいです。

池には中の島があり、弁財天様が祀られていました。

写真の鳥居は私の身長より小さなものです。



こちらが福満寺の本殿です。



福満寺本殿に向かって右側に、小さな祠。

こちらが平将門さんの祠です。

大々的な看板とは裏腹に、こじんまりと祀られています。




思い出すのは、中学生の頃。

歴史の教科書に金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅の写真がありました。

不思議な魅力を感じ、それを切り取ってノートに貼っていた時期があります。

最近はお地蔵さまにこだわってポタリングしていましたが、

地蔵さまに胎蔵界曼荼羅が見え、地球の力と優しさを感じます。(^^)


そろそろ年末年始の準備をする時期ですね。
すす払いも大事です。
元気に年の瀬、年明けを迎えられますように♪





*****福満寺の説明は、『ちばの観光まるごと紹介』というページの説明を転載します。


福満寺は、奈良時代の創建と伝えられています。
青々とした竹林と古木に囲まれた境内には、多くの貴重な寺宝や史跡が残されています。

観音堂には、住職一代に1回御開帳が許される聖徳太子作と伝えられる仏聖観音菩薩が安置されています。幾多の火難を逃れたことから、火防観音の異名が付いています。
本尊(阿弥陀如来)の宝前には、宝塔に入れた仏舎利が安置されております。
観音堂に納められた格天昇龍図は、上野寛永寺の山春性院の住僧で、後に当寺の住職となった恵深和尚の作。狩野派の流れを汲んでいます。


ブログランキング・にほんブログ村へ




Instagram
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: サイクリング記録など   Tags: 亀有  香取神社  例大祭  

亀有 香取神社の例大祭














ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


写真は亀有香取神社例大祭です。

祭りはいいです♪

祭ばやしを演奏した小学生~中学生のお子さんたち、お疲れ様でした。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >