ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by

Category: ぽたPhoto   Tags: ブログ  切り折り紙  インスタグラム      pray  育児  

当ブログについて Earth pilgrims

猿田彦大神様

とみたや のブログへのお立ち寄りありがとうございます。
自転車に乗って神社仏閣を訪ねるのが趣味です。
また、「きりおりがみ」というペーパークラフトを作ったりもしています。
最近はもっぱらインスタグラムで更新しております。こちらはほぼ毎日更新中です。
私にとって instagram は毎日の日記のようであり、マイクロブログのような存在です。  
↓写真も切り折り紙も、ほとんどこちらにアップしています。

Instagram



いいことも悪いことも、すべての事象は一人びとりの心から起こります。
人は肉体や能力の差、ハンディ がありますが、心はすべての人が平等に使える無限の能力です。
それ故、日々なにを思い、何を拝むのか。ここは非常に大事なところです。
心も肉体と同じように、日々の点検とメンテナンスがとても大切です。



!!原発は即時全世界で撤廃すべきです!!
原発は地球への負荷、後世への負の遺産、経済性すべてにおいて最悪です。
リンクです。→原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫さん



↓ツイッターは主に情報収集に使っています。
今年になって、私のこころの導師がTwitterをはじめられました。
ブログにも書いていますが、現代の地表人類の「禊」は近くなっています。
日々自身の心を見つめる時間を持ち、修正できますように。。。



とみたやのお気に入りのものたちです。←クリックでリンクが開きます。
食事と健康、心の向きなどについて参考になるかと思います。

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。

悪霊・転利役人どもの消滅を祈願いたします。


記録
《行うとは、思うことにあらず。その思いに生きんとなす心なり。》
《拝む心は神と人との天地に架けられたる唯一筋の橋に外ならず。》
《心なくして形式あれど、そは真の相にあらず。》
《かずかずの心の角が次々と おちゆくほどに幸は近づく》


熊本地震情報 2016年4月14日21時26分頃
東日本大震災 2011年(平成23年)3月11日午後2時46分頃






スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 動物  食事    食育    育児  教育    

動物と共に生きる ティッピ

クマが出ただけで大騒ぎでしたが、クマが出てきたのではなく、人間がクマの領域を強奪しているのが現実です。クマにも居住権があります。クマや野生動物が神々に裁判を起こしたら、人間は間違いなく有罪です。身の程を知るべきです。
居住環境である森や山にまで侵攻してきた人間どもをクマが攻撃するのはクマの正当防衛だと思うのですが、ご都合主義の人間は、「クマが出た」 と言って、悪いのはクマだと主張します。

以前、動物と会話をするアニマル・セラピストの事を書きましたが、本日も動物と話す女性の動画です。  【関連リンク→動物と人間のコミュニケーション

動物は「たべもの」なのか? 動物は「食材」なのか? ・・・・いつも思います。




佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: Foods!   Tags: ジャイナ教  七つの大罪    育児  食育  こころ  

日々の神事 食事

本日も食事のお話です。

数年前の夜勤でのことです。職場のある方からメールが来ました。弁当を食べないまま職場に忘れて帰ってしまったので迷惑でなければ食べて下さいとのことでした。冷蔵庫を見ると確かにお弁当箱がありましたが、そのお弁当箱の小さいことにびっくりしました。(;^_^A
翌日、洗った弁当箱をお返ししてお礼を言った際に、あの量で足りるの?と尋ねましたところ、あれで十分だと仰っていました。

このとき思い出していたことがあります。中学生の頃に聞かされた言葉です。
「女性は殺生に関する罪が男性よりも少ない。殺生と言う意味では、女性は男性よりも神々に近い。」
・・・これは、女性は男性よりも少食であると言えばわかりやすいのかと思います。
食は他の生命を殺して摂り込むことですから、やはり手を合わせて頂くのは宇宙の「当たり前」の礼儀なのかと思います。

仏教では不殺生戒というのがありますが、これを更に徹底的に行ったのがジャイナ教です。アヒンサーというそうです。これは他の物を害してはならないということのようですが、その厳格さは、歩くときに虫を踏んで殺さないように掃きながら歩くと譬えられるほどだったようです。
お釈迦さまやイエス様は「思うことすら『自由』ではない」と申されましたが、ジャイナ教でも、他者を傷つけるようなことを思うことすら罪であると考えているようです。これを実践せよというのは一般的にはあまりに厳しいと思えますが、因果応報輪廻転生の宇宙の基本法としては非常にまっとうな考えだと思います。

さ~い~た さ~い~た


先日ネットで調べ物をしていると 七つの大罪 というものが目に留まりました。↓ ウィキからの引用です。

七つの大罪は、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスの著作に八つの「枢要罪」として現れたのが起源である。キリスト教の正典の中で七つの大罪について直接に言及されてはいない。八つの枢要罪は厳しさの順序によると「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」である。

興味深かったのは、罪の最初に 暴食 が来ていることでした。
・・・余談ですが姦通罪は江戸時代では死罪もありました。→重罪です。現代の感覚には獣化退行を感じてしまいます。(-_-;)

話を戻します。。。食は生命維持の基本です。肉体を維持するためには、最低限の食事摂取は必要です。食べることは、他の生命を絶ちきり、己に同化する行為です。ですから、貪り食うことはそれだけで業を作ることになる・・・これは誰でも理解できることと思います。惰性で食うことは基本的に罪悪だと言えそうです。・・・食事の必要量は人によって違うと思いますが、自身の必要量をきちんと考えて食べることは、それだけでも慈悲の心だと思います。

食事は毎日だれもが行う神事である。

食は他者との関係や信頼、愛といったことに思い広げるにはもっとも身近な行為であるように思います。

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: Foods!   Tags: 水野南北  粗食  ベジタリアン    豊受大神  食事    

水野南北さんと粗食のこと

2012年の10月から肉、魚をまったく食べていません。
体重の現象などもなく、健康診断の各項目結果もまったく問題ありません。

肉絶ちをする以前も肉はあまり食べてませんが、
全く食べなくしてからは朝の寝起きがすこぶる良いです。
というか、実感としての変化はこのくらいしかありません。

ただ、以前にも増してこの地球というのがいかにいい加減な情報に毒されているかは感じます。

厚生労働省をはじめ、現代栄養学では「野菜1日350g以上」が理想と謳っています。
現代栄養学など流通・経済上の都合でしかありません。
本当に有用な情報を流通させると、食えなくなる人が増えてしまうのが現代の貨幣システムです。
この歪んだ貨幣システムの極みは原発利権に群がるウジムシどもを見ればよくわかりますが、
これが今の地球のレベルなんだなと、つくづく地球暮らしがイヤになります・・・。(^^;)

食事や栄養に関しては、サプリメントの宣伝を見てもウソが一目瞭然です。
「○○の栄養素を摂取するには何百グラム食べないといけませんが、
普通はそんなに食べれませんからサプリメントで補いましょう」・・・??
こんなふざけた事を平気で宣伝しているものも多数あります。(^_^;)
そもそも、普通に摂取できない量を「食べないといけない」などと言う方がオカシイです。
もし本当に謳い文句のようなら、そもそも人間の生存自体がサプリメントなしではありえないということになってしまいます。(^_^;)

偏食はいけないとか、バランスよく食べようなどもただの寝言ですので騙されてはいけません。
アンデスの高原の人はジャガイモばかり食いますし、イヌイットは氷の世界なので植物などほとんど食えず、肉ばかりです。パプアニューギニアの高原人はほとんどサツマイモばかりです。世界は偏食に満ちているのです。

それにしても、アレルギーや生レバー事件、狂牛病や鳥インフルエンザなどなど食に関してはたくさんの天啓が示されていますが、地表世界は自己を顧みることがありません。これもまた現地球の深い闇かと思います。

食事というのは、本来そんなに大量に消費しなくてもいいのです。そういう時代が発掘される古代の世界です。
極端な例ではありますが、仙人は霞を食って生きていたという伝説が残っています。
これは、人は本来そんなにたくさん消費しなくても正常に生きることができる存在だということです。
普通に生きれるどころか仙人は空を飛んだという話もたくさんあります。そういう霊性を備えるにも少食でいいはずなのです。
まして動物の死骸など食わなくていいはずですね・・・。

古代の話は、遅ればせながら肉をまったくやめた私が目指すところでもありますが遅すぎでした・・・。


ここで面白い人がいます。水野南北といいます。wikiから転載します。
水野南北

読んで分かる通り、かなり悪いことをした人です。(^_^;)
でも、その後の精進が凄まじいです。荼枳尼天や毘沙門天が悪行三昧から改心し、神々に匹敵する力を発揮して民衆を救ったという話と同じですね。

なぜ食事の話で観相学なのか。
水野南北を出したのは、彼が食事が大事だと言っているからです。
というか、運命は食事が左右するとまで言っています。
いくつか本より抜粋します。。。

・・・仏法は精神を治めることを本とするゆえに食を慎むのである。
なぜなら万事心が乱れることは、みな飲食を本として起るからである。
飲食を慎むときは心静かになり不動心を得る。
不動心を得れば、その道(仏道)を得ることはたやすい。

・・・食事量の多少によって、人間の貧富や寿命や未来の運命を予知することができる。古人の言葉に「天に禄なき人は生じず、地に根なき草は生えず」ということばがあるが、その身ほどによって天より与えられた一定の食事量がある。みだりにむさぼり食う者は、天の戒律を破る者である。生命の存在するところに必ず食べ物があり、逆にいえば食べ物あるところに必ず生命が発生する。食べ物は生命の源であり、生命は食べ物に随うものである。そして人間の生涯の吉凶は、ことごとく食によって決まるといっても過言ではない。


・・・一飯一菜を常食に貴人には食無く、小人に食ありという。つまり貴人は常に正しくしており、むやみと食べないが、小人はべらぼうに食らいながらなおその節度を知らない。これを見て次のように解釈できよう。貴人は食してその与えられた天命を知ることができるが、小人は食して己を忘れ去り、ついには自ら善をなくしてしまう。


最後の一文は、まさに現代社会を表しているように感じます。


本日は長々と綴りましたが、半ば自分宛ての忘備録でもあります。
肉を食うことを否定はしていますが、私も昨年までは食っていた身ですから、肉を食う人を見て怒るとか軽蔑したりとかはしませんので心配されませんように。

ブログランキング・にほんブログ村へ


Instagram-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事



-*-*-*- 自転車と地図 -*-*-*-
In the Blog Search ◆ ブログ内検索
Shops
フリーエリア
□■□■ Mail Box □■□■

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >