ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 自衛隊

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 自衛隊  憲法9条  自衛権  軍隊  祈り  教育  歴史  

自衛権と憲法 001

自衛力は強力であるべきと私は思っています。相手が手を出すのを恐れるくらいのものであってよいかと。
例えばヒョロヒョロの男が、「オレ様は強いんだぞ!」と叫んでいても、誰が信用するでしょうか?
例えば身長190センチの大男がいたら、それだけで近寄りづらくなりますし、下手に手を出そうとも思いません。
自衛隊はいくら強くてもいいと思います。



保守層が良く使う言葉が2つあります。
1:憲法九条では国は守れない
2:現憲法は、GHQ、占領軍に押し付けられた憲法である



まず、憲法9条では国は守れないという主張ですが、そもそも自衛権を矮小解釈しすぎだと思います。

例えば、自分の家の庭の隅に誰かが入ってきたら、そこは私の敷地ですと声をかけるはずです。
また、誰かが勝手に庭の一部にペットの便を放置したり、ごみを捨てたり、穴を掘り始めたら、それを咎めたり制止するのは当然です。
この感覚は、個人宅だろうが国だろうが同じことです。
勝手に領海に入ったら注意しますし、勝手に領海に戦艦を入れるなら、警告するはずですし、それでも領海から出ないなら撃沈も当然です。

個人宅でも、自分の子どもが隣の人に拉致されたら親は取り返しに行くでしょう。
場合によっては警察や公的機関と協力して子どもの返還を求めたり、裁判をしたり、我が子を取り戻すためにあらゆる手段を講じます。それでラチがあかないのなら、最終手段で、子どもをさらった隣家に突入するかもしれません。こられはすべて自衛権の内です。
もしこれらすべてを認めないというのであれば、それは自衛権とは言えません。 国のことも同じです。


自衛権に関して、武田邦彦氏がお話されていましたが、私も同じ思いです。


使えない自衛権って、自衛権なの?



憲法9条が自衛権を否定しているなら、そもそもこの国には自衛権すらないのです。
憲法9条をなくせというのは、自衛隊を軍隊にしたい人たちの詭弁です。

保守層がよく使う言葉のふたつめが、現在の憲法は押し付けられたものだという主張です。

私は学生時代に日本国憲法の成立についてはかなり調べました。 
当時のさまざまな公開文書、記録を読むと、一方的に押し付けられたとは思えない点が多々あります。
もし、一方的に押し付けられた憲法だと言うなら、当時、憲法をよきものにしようと奔走した人々をあまりにコケにしています。
・・・、「特攻した人々を犬死だというな!」 と思う人なら理解できると思います。

押し付けられた憲法だという人のどれくらいの人数が、憲法成立までの史料を調べたのかは不明ですが、自衛権がどういうものであるのかを考えるなら、憲法9条で守れないといのは間違っています。


憲法は押し付けられたものという主張については次に・・・

南無遍照金剛




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 教育  育児    自衛隊  祈り  

自衛隊や憲法のこと 03

今の憲法改正は、自衛隊の問題は切り離せない問題です。

何度も書きますが、自衛隊を国軍化することは危険です。
傭兵への道です。
手を変え品を変えて、日本は戦争に駆り出されます。
明治維新後もそういう面が多々あります。ここは歴史をよく学ぶ必要があります。

そして自衛隊を考えるときにしっかり認識していただきたいのは、自衛隊員はすべて志願者であるということです。
志願して国防のために命を懸けてくださっているのです。彼らの地位や生命を最大限守ってあげるための法整備、憲法整備は絶体に必要なのです。
その為に日本国民はしっかりと国防のことを考えないといけません。


交戦規定
【引用元:AERAdot 20150716】


国家の話になると、まるで他人事のような認識に変わってしまう人も多々おります。
国レベルの話になると何か大きな問題のように難しく考えすぎてしまう様ですが、これは完全に認識の間違いです。国家のことは個々の人間レベルの問題とほぼ同じです。これは青山繁晴氏も同じことを言っておりますが、まったく同感です。
国のことを考える際も、一人の人間だったらどうする?と考えることが大切です。
ただし、人ならその場から逃げることができますが、国家防衛の場合、その場から逃げ出すことが不可能なのです。
人なら、殴られそうになればその場から逃げることはできますが、国土はそうはいきません。


ここで議論になるのは、防衛とはどの範囲までを防衛というのかです。
私は現代言われているような「自衛権を行使してよいう条件」それ自体に問題があると考えております。

例えば、よその国がミサイルを打ってきた場合、領空に入らないと撃墜できないという馬鹿な主張があります。これは相手がピストルで撃ってきても、手の届く範囲に入らないと打ち落としてはいけないと言っているようなものです。これが防衛といえるのでしょうか。

自衛権とは言いますが、深手を負った後で撃退することは不可能で、これは人間も国も同じことです。

防衛省のHPからです。↓
憲法と自衛権

↑よく読んでください。
これで日本人の人命、人権、国を守れるのでしょうか。

「戦争は人殺しだからいやだ」「殺すくらいなら殺されたほうがましだ」、「戦うくらいなら侵略されろ」という主張も、左派の一部が言っておりますが、彼らは新疆ウルグイ自治区の惨状を知っているのか?と疑問に思います。
黒人奴隷のことや、インディオなどの辿った道などもよく考えてみるのがいいと思います。

急ぎはよくありませんが、国防に関しては早急な法整備が必要です。
戦争は自分たちがけしかけなくとも巻き込まれることがあるのです。
その時に泣いても遅いです。
国民(つまりは自分たち)の命を守れと言いながら、殴られても殴り返すなというのであれば、それは都合のいい二枚舌です。
戦わず相手の言いなりになったとしても命の保証はありません。生きながらえたとしても、奴隷にされる覚悟や辱めに合う覚悟はできるのでしょうか。


自衛隊を国軍化するのは右の極み。
自衛隊を否定するのは左の極み。
中の道はどこでしょうか。

そんなことを考えてしまいます。

どこで何が起きているのか、日本人はよく見て、考える必要があります。↓



南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児      憲法  自衛隊  

自衛隊や憲法のこと 01

インスタグラムに、一般に、右翼だ左翼だといわれる人たちのことを書きました。
それを踏まえて大幅に加筆などしてブログにも書きます。

ここ一年ほど、政治系のツイートをまめに見ているのですが、憲法と自衛権に関して下記のような傾向があるようです。
◆右側、いわゆる保守とされる陣営
・憲法改正すべき。
・自衛隊を日本国軍化し、戦争をできる国にすべき。
◆左側。いわゆる左翼と呼ばれる陣営
・憲法改正反対
・自衛隊は憲法違反、もしくは消極的賛成

左の、一部過激な人や団体では、自衛隊を人殺し集団と批判し、迷彩服すら否定。自衛隊のイベント中止要請をしたり、そればかりか避難所に入るなというところもあったそうです。驚きました。
自衛隊になってから戦争などしてませんので人殺しではありませんし、被災地で人命救助をしているので国民の役に立っている実績は山ほど積んでおります。PKOでは現地の方々から帰らないでくれという要請まで受けるほどの信頼を得ています。・・・ただし、自衛隊を外に出すことは、私は個人的には反対意見です。
ともあれ、自衛隊を頭ごなしに罵倒したり、不当な言いがかりをつける連中こそが差別主義者、人権侵害をしていることを考えるべきでしょう。

折鶴国旗


左右関係なく過激なコメントをしている連中はおりますが、とりわけ左には組織的に動いている様子が見られます。
ここ5年ほどはユーチューブでは、保守とされるアカウントの停止が相次いでいますが、その内容はダイカンミンコクや北チョーセンジンミンキョーワコク、品などに言及しているものがほとんどという印象です。大変分かりやすいです。
これに対しては一部ネットメディアで「言論統制だ」!と声をあげている方々がおりますが、これは正論です。
人権、差別、平等、ヘイト、暴力反対と大きな声で言っているヒトや団体こそがそういうことをしているのは明らかです。

話を戻します。
憲法改正論は、ご存知の通り、自衛隊を抜きに語れません。
自由民主党は、党の結成理由の一つが憲法改正でした。

宝蔵門


自衛隊を云々する前に、すこしは知っておいたほうがいいのは砂川事件です。この解釈をめぐってはさまざまな意見が出ていますが、解釈の問題は言ってみれば机上の議論でしかありません。
砂川事件を知っておいたほうがいいと書いておきながら逆のことを言うようですが、
いま重要なのは、いまの自衛隊は必要か必要ないのかという点です。
私は自衛隊は誰が何と言おうと必要と考えておりますので、
自衛隊の存在根拠として改めて憲法に明記する必要はあると思います。そういう意味での改憲賛成です。

左の一部には自衛隊すら認めないというのがおりますが、これは話になりません。論外です。


長くなるので何回かに分けます。

kodaihasu (13)



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 教育  育児    自衛隊  天皇  皇室  

自衛隊を軍隊にしたらオワリです

自衛隊のことです。

まずは動画を貼ります。



憲法改正と共に、自衛隊を国軍化しようという動きがありますが、これはダメです。

私は憲法改正には賛成ですが、自衛隊を軍隊にすることには反対です。

自衛というものを拡大解釈してはいけませんし、矮小解釈するのもいけません。

それ故に、現在の曖昧すぎる憲法は改正すべきであり、

自衛のなんたるかをきちんと考えることが必要と思います。


そして、にほんを守るために、どういうことが必要なのかをしっかり考えることが、大変に重要です。
当然ながら、外交というのは自衛手段の最大のものです。故に外務省に入り込んだ在日やニセ日本人を一掃しないといけません。

・・・自衛隊の国軍化は、神仏も反対です。原発も同様です。



戦争に近づいてはいけないのです。
君子危うきに近寄らず・・・という言葉があります。

これはカネ → 利権 を超えた次元に思考を持っていく必要があります。
今の政治家にそれが可能かどうか、国民がきちんと思考しているかどうかが問われています。
ブログのトップ記事にも書いてますが、人が一番大事にすべきは心の光です。行いはそのあとの話です。考えのない行いは災いにもなるからです。日々の心の向きをよく点検しましょう。

自衛隊のよき皆様には、心から尊敬と感謝をしております。
日々、にほんの国の守りと国民の生命の保全に勤めていただいておりますこと、まことにありがとうございます。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。


手賀沼の朝20161007


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる   Tags: 市谷本村町  靖国通り  キンモクセイ    自衛隊  

金木犀 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

晴天



 



 





金木犀の香る



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ     人気ブログランキングへ





市谷の防衛省前の金木犀。

ちょっと急いで撮ったので、

構図などは気に入らないのですが。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >