ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 母親

Category: 自転車   Tags: 育児  自転車  交通安全  教育  母親  父親  子ども  

お子さんを乗せて自転車に乗る親御さんたちへ

うさぎ自転車

自動車も自転車も、便利な乗り物です。
でも、使い方を間違えば、自分を傷つけるだけでなく、他者の生命を奪いかねない道具です。

自転車は、子どもから高齢者までが使える便利な道具ですが、
使い方のルールを知らないと、他者を殺してしまう危険があることを十分に理解することは、とても大事なことです。

動画です。



車載カメラ 自転車転倒! 間一髪! ドラレコ Close Call


この動画を観て何を思うかは人それぞれなのかと思います。
まずは、この自動車の運転手はよく停止できました。
周囲の状況をよく意識されていたのかと思います。

動画のコメント欄は、自転車女性への厳しいコメントが目立ちますが、ほぼ正しい意見です。
動画で転倒した自転車が全面的に悪いです。


まず歩道は、歩行者が安全に歩くことができるためのものです。
自転車で歩道を走る場合、マンションや曲がり角から人が突然出てくることもありますので、そんな時でも、すぐに停止できるくらいの速度で乗る意識が必要です。

また、動画の自転車のように自分が転倒した場合に、この車は停止できましたが、停止できずに車にひかれる場合だってあるのです。
そしてその場合、転倒した自分を車がひいたとしても、車の運転手は罪を負うことになるのです。
自分の不注意や無自覚さ、勉強不足から、他者を不幸に巻き込んでしまう・・・ということです。


そしてさらに考えて欲しいのは、もしこの自転車の女性がお子さんを乗せていたとしたら?
どれほど恐ろしいことかは理解できるはずですし、自転車に乗るということがどのようなことなのかを考え直せるはずです。



自転車は左側を通行しましょう(広報CM)



通勤時に自転車の人々を見ていると、タイヤの空気圧が足りないのが目立ちます。
空気圧が足りないと、少しの段差でパンクしたり、漕ぐのに力が必要になったり、自転車本体に無理が生じます。ハンドルもふらつきやすくなります。
そのような状態でお子さんを乗せて自転車に乗せているお母さんも目立ちますが、見ていていつも恐ろしくなります。

また、自転車を駐輪場から出す時に、後ろを確認もせずに出す人も多いです。


自転車の扱い一つから、その人の、周囲への配慮がどの程度のものかがうかがい知れるわけです。
そしてその周囲への配慮の程度が、そのまま自分や、乗せているお子さんに戻ってきます。
このことを、親御さんはよく認識していただければと、祈るような気持ちで毎日見ています。

日々の生活が忙しいのは理解できますが、そのゆとりのなさが、自分やお子さんを危険にさらしていることに気づいてほしいです。
ほんとうに大事なのは何でしょうか。
ほんとうに守らないといけないのは何でしょうか。


気持ちの向きに、よく注意をしていただきたいと切に願います。


南無遍照金剛






-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日々思うこと   Tags: 育児    教育  子育て  父親  母親    

Hate ヘイト 差別!

何でもかんでもヘイトだ! 差別だ! と騒ぐのが昨今の流行のようでゲンナリします。(=o=;)

ところで最近よく耳にしているヘイト・スピーチなどの ヘイト は hate ですね。これが差別と訳されているようですが、私の感覚では嫌悪感、憎しみ、嫌う って意味なんです。
私の中には何かを憎む心、嫌う心はあります。この、「何かを嫌う、憎む心」って、誰でもあるんじゃないですか? 憎しみの心や何かを嫌う心ががないって人がいたらぜひお会いしたいので、ぜひ連絡ください。

日本は恥の文化だって言った人がいました。
これは恥ずべき行為・・・裏切ったり嘘をついたり、騙したり・・・そういうことを憎む心、嫌う心があったからできた文化風土ですよね。正々堂々、素直に、正直に、まっすぐな心根を愛する気持ちが、名誉を重んじる日本の文化風土を育んできた。もし平気で嘘をついたり、騙したりすることを普通とか当たり前と思っていたら、今の日本の文化風土などないんです。

これは隣の国を見ていればわかるでしょ?
嘘を刷り込み、恩を忘れて自分たちの手柄の様にすり替えて【転利して】、反日反日で怒りの矛先を日本に向けることで大事なことを隠蔽して教育をしてきた結果、どうですか?今や世界中から嫌われていることにすら気づいていないんです。騙す、脅す、ゆすりたかり、盗む、犯す、暴力、常に何かを叩いていないと気が済まない・・・・。

花 夕日 


とにかくですね、そうした不正や悪、暴力、恐喝、などの、あらゆる悪しきものを憎む心は大事です。
そういう悪しきものを嫌い、憎むことで、真善美愛を愛する心を育むことに活かせると、これは良いわけですね。

冒頭に言いましたが、憎む心や何かを嫌う心がない人なんていないんですよ。
あ~、なんかこの人イヤだなぁ。
私この人好きじゃないな・・・。
なんだかこの人、変な感じがして近くにいたくないな・・・。
そう思うことは、自身の身を守る術としても必要な感覚なんです。

いちばん大事なのは、そういう嫌う心、憎む心を認めて、それと向き合うことじゃないんでしょうか?
それにはまず、私はこの人のこと嫌いだと思っている。ということを認識することから始まりますね。
その感覚を無視して、知らず知らずにその人に辛くあたる、嫌味を言う、邪険にするのは最低最悪だと、私は思います。

まずは、自分はこいつが嫌いだと認めるんです。
そして次には、嫌いだという感覚と自分自身が向き合い、嫌いだからいじめていいんだとか、嫌いだから邪険にしても仕方ないよねなどという自分の甘えと闘うことです。

じゃあ、どうして自分の中にある憎しみや嫌いという感覚と闘わないといといけないの?
これは心の奥底にある自身の光とよく対話してみて下さい。
私が書いても良いのですが、これは誰もが背負ってくる人生の課題です。自身で見つけるのが良いかと思います。

何度も書きますが、心の奥深~く、そこには神仏の世界から持ってきた光がいるんです。その光こそが本当のあなた自身です。
肉体と物質世界という制約をしばし忘れ、よく見つめて下さい。
これは仏教でいうところの内観になります。
瞑想、内観というと難しいですが、自分の心の状態をよく観察することです。

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >