ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by

Category: 日々思うこと   Tags:  育児      祈り  

赤木春恵さんとペコロスの母



『ペコロスの母に会いに行く』:岡野雄一さん原作のこの映画は以前紹介しました。笑って泣ける名作です。
「おしん」 「女太閤記」 「渡る世間は鬼ばかり」などで名脇役を務めた赤木春恵さんが 最後に主演した映画です。
11月29日午前5時7分、府中市内の病院で心不全のため亡くなった赤木春恵さん、お疲れさまでした。94歳だったそうです。
赤木春恵さんといえば、私にとっては金八先生の校長役が一番印象に残っていますが、好きな女優さんでした。

赤木春恵さん


心身機能の低下、そして死。
これは誰もが避けて通れない道かと思います。
ピンピンコロリが良いという思いもありますが、これはこれで重大な問題があることは以前から何度か書いています。元気なままころりと死ぬことが良いというのも自己都合、思い込みによるところが大きいです。現実はそんなたやすいことではありません。

他人の死から、自身の生き方、死に方について見直しをいただくことは大切なことです。
自身の人生をよく点検できる人生でありますように。

南無遍照金剛

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日々思うこと   Tags: 教育  育児    介護    病気  

早く死にたい ~その言葉を見つめること~

介護の現場にいると、早く死にたいなどという高齢者の言葉を聞くことがあります。
死にたいと思うにも理由はさまざまあるのかと思います。
肉体の衰えによる不自由さや身体の痛み、寂しさ、虚しさ、喪失感・・・挙げれば切りがありません。
でも、「死にたい」 という言葉そのままが本音ではないと思います。
どうして 「死にたい」 という言葉を発する状態になっているのかを、自分自身も、介護をする職員も考えることが大切です。
もちろん 「死にたい」 と言う方自身の自己内観がもっとも重要ですが、
介護現場で出会う高齢者には、それができていない方も少なくないように見受けられます。


早く死にたいなどと簡単に言いますが、
かつての日本では死後の世界について極楽地獄などの認識、道徳感が普通にありました。
現代は死後の世界などない、魂などないという人も多くおり、それが死後の混乱を招いている部分も少なくないようです。

現代人は霊的作用をあまりに蔑ろにしており、肉体的な施術だけでは改善しないことを知ってもらいたいと訴えている整体師もおりました。


そもそも現代人のほとんどは極楽などには行けないでしょう。
私も含め、現在生きている人はみな、下記の動画にある人類の業を共有しております。
まずはそういう認識をもち、それに対して人がどうあれば良いのかを思うことが大切と思います。
動画リンク

おじいさんおばあさん

いま生きているこの肉体が「自分自身」ではありません。
肉体に乗っている魂こそがあなた自身の本体です。
そして
魂は何度も転生します。
この認識がないと、生や死についていくら考えても徒労に近い
といっても良いと思います。

私たちが肉体にいる状態は、謂わば霊界から出張中ということ。
物質である肉体には寿命があるので、寿命が尽きればそれを捨てて霊界に戻ります。
霊界こそが魂である自分自身のふるさとであり、この物質界のことを「現世(うつしよ)」と呼ぶ所以です。



そして「死ねば極楽か地獄か」と言いますが、極楽などには行けず、かといって地獄にも行けず、この地表で迷い迷っている霊も多いのです。
どうして霊になっても現世に残るのかというと、この世への執着や思い残しなどがあると思います。
死んで霊になっても思いは肉体の時とほぼ変わりません。
当然ながら恨みつらみや執念や怨念を抱いていたり、魂などない!などと固く信じていると、霊の世界に行くことは難しくなります。地縛霊などはその典型です。

正しい認識がないと、行くべきところが目の前にあっても見えなかったり、否定したりするものです。これは肉体のあるなしに関係ありません。
当ブログで何度も自分の認識を見つめましょうと繰り返すのはそのためです。




この世に生まれた時点で、前世から引き継いだものを持って生まれてくるのです。
いいことを積んでいれば良い因縁、
悪いことを重ねていれば、それを清算するための試験(試練)が返ってきます。
人はみな平等ではありません。
世で言われる概念としての「平等」など戯言です。


前世で人を殺しまくった魂が、次に他の人と同じスタートラインに立てると思いますか? 
もし同じスタートラインに立てるなら、これほど不平等なことはありません。
この点はよく考えて、自分自身の言行心を見つめることが大切です。


長くなりました。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。



アミの本は宇宙認識を深めるとてもよい本です。
アミ小さな宇宙人』 や、その続編 『もどってきたアミ』 を読んでみて下さい。
やさしい文章で子どもでも楽しく読めると思います。









-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々思うこと   Tags:  生きる    遠隔透視  

夢と暗示 


リモート・ビューイングの練習を始めて以来、見た夢の内容を覚えていることが多いです。
そして、夢は現象界へのなんからの暗示であったり、ヒントであったりすることを感じます。

今朝【20160123】の夢は奇妙でした。
仲間と撮った写真が出てきました。
ある方の姿にピンクの丸印がしてあり、何か文字が書かれていました。
違う方は、顔の左側に黄色い丸が描かれてあり、そこにも何か文字が書かれていました。
書かれている文字は夢では理解できたのですが、目覚めたら何と書いてあったのか忘れていました。。。
そして私の顔の部分にも黒い丸が描かれており、はっきりと 訃報 と書かれていました。

目が覚めてから、これはなんだろうか?と思っていたのです。
自分の、しかも顔に訃報と書かれてあるということは、病気になって不治の病に罹るのか?いや、訃報なのでもしかしたら事故にでも遭って死ぬのかもしれないな?・・・などと少し考えました。

浄化


11時前後に以前の職場の仲間2名からメールが来ました。
見ると、私が大好きだった利用者の方が逝去されたという知らせでした。
訃報の文字はこれだったのかなと思いました。

いつも前向きで、寝たきりになっても明るく楽しそうに生きていた方でした。
食事もいつも「おいしいおいしい」とそれはおいしそうに食べる方でした。
ストレッチャーでの入浴【寝たまま入浴できる設備】でもとても気持ちよさそうでした。
彼女くらい明るく逞しく気持ちのいい方は私は会ったことがありません。
また、彼女も私のことを随分とかわいがってくれました。
生きることについてたくさんのことをその姿から教えていただきました。

佳き光の世界で、しばしの安寧の時を過ごされることをお祈りいたします。
この方は、次はこんな魔界の星:地球には転生されなければいいなと心から思います。
南無変更金剛。



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々思うこと   Tags: 生命  人生      生々流転  

アルバトロス ~人の長さ~

アルバトロス
アルバトロス 谷中の古書 posted by (C)とみたや


昨日仕事中に身体が重く感じてまして、
ちょっと熱を測ってみたら39度・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)
終業後、帰宅するのもしんどくて、結局会社で寝ることにしました。

人を看取ることもある仕事をしてますが、
今回のように、不意の熱が出る時は、
一番容態の思わしくない方が逝かれる・・・というのが私の場合です。
今回も例外ではありませんでした。

昨日出勤直後から、その方の周囲に変な空気感。
この世のものならない異次元のオーラといえば良いでしょうか、
そのようなものを感じてました。【不快とか怖いとかではないのですが・・・。】


午前2時過ぎ。
ちょうど私は身体のけだるさが取れてやっと眠りに入れたのですが、
それと時を同じくしてその方は逝かれました。

午前4時前に目覚め、当直者に尋ねるとやはりその時刻に逝かれたと。
何度も瀕死の状態に陥って、その度に復活されてきた方だけに、
なんとも言えない気持ちで一杯です。


人の生命は不思議です。
人を支えている生命力って、何なのでしょう。
人の生命を削るいのちあれば、逆に生命を生かすいのちあり。

アルバトロスのように、
風を見事に捉えて飛行できる人生なんて、
私にはできそうにありませんが、
さだまさしさんの『生々流転』のように生きてゆきたいものです。

----------------------------------
あたりまえに生きたい
ささやかでいいから

道に迷い苦しみ 時には人のそしりを受けて
それでも笑って 胸張って生きられる程
強く強くなりたい
逃げたあと悔やむより 悔やまずに血を吐いて
ひたむきに歩ける程 勇気とちからが欲しい
----------------------------------

いずれにしましても、
最後の最後までいろいろと勉強させていただきましたIさん、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 生活雑貨   Tags:  育児  思い    人生  生き方  

形見のマーライオン■Furuyamaさんご夫妻のこと 「暮らしを楽しむ(626114)」

マーライオンの置物



このマーライオンの置物
人生の中で最もお世話になった第2の両親:Furuyamaさんご夫妻から頂いたものです。

そのFuruyamaご夫妻。。。。。私が関東に出て程なく天に召されました。

まず「おっちゃん」が、そしてその後を追うように「おばちゃん」も。

ある日の午後、私は職場で「痛!」と大声を出すほど強く両肩をワシ掴みにされました。

それはもう尋常ならない掴み方で、力いっぱい縋りつくような哀しい掴み方でした。

「おばちゃん」が亡くなったと電話が来たのはその日の夜でした。

しかも肩を掴んだあの時刻頃に・・・・肩を掴んだのは「おばちゃん」だったのです。

頭を鈍器で殴られたような衝撃。。。私は何と親不孝をしただろうとまず思いました。

私が関東に出てどれだけさみしい思いをさせただろうか。

どれだけ私の事を心配して見守ってくれていたのだろうか。

他を顧みない我利、愛情への不感症。。。私はそんな人間かもしれません。

どう生きたかが重要なんだ。。。。。という2日前の言葉は、

至らないだらけの私には、ただ一つの救いであり、拠り所なのです。

2月はある願をかけて毎日更新を目指し、無事達成できました。

役についていよいよ忙しくなってきましたので、これからはまたマイペース更新に戻します。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >