ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 戦争

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 歴史  祈り  教育  育児    戦争  

悲惨な 人類の歴史 と 古代の偉大な遺構

歴史の書き換えと、現在の金融支配のことを考えるときに避けて通れないのがローマ帝国、そして現代に直接つながる英国のことです。
下の動画では、他国の蹂躙と植民地化の歴史の次に、偉大な古代の遺跡のことを紹介しています。
人類がどのように在ればよいのかを考えるときに大切なのは、自分自身がどのように在ればよいのかということです。
人類云々というと巨大なことに思われますが、結局は一人ひとりの改めや修正が『人類の行為』であります。



アルシオン・プレヤデス81:英国の植民地、インド、ヴィマナ、宇宙創世、ヒンドゥー教寺院タージ・マハル




アルシオン・プレヤデス52:トランプとシオニスト、世界大戦の原因、ロシアのツァーリの滅亡、メキシコ革命


日本の植民地化を批判する日本人がいますが、英国をはじめとした世界を植民地化した国々を批判する日本人(ほぼサヨク系)は知りません。これは基本思考がズレています。

人権や自由、侵略戦争などを批判するのは当然ですが、これは、日本だけを標的にして言うではなく、人類すべてに対するものでなければいけません。個々の事例を批判するにしても、日本だけを標的にする以上は、それは反日でしかないのです。人権だの帆船だのきれいな言葉を使っていても、間違いは間違いです。人類すべての戦争責任と、愚かな行為への反省と、何より改めこそが必要です。


戦争の根を探ると行きつく命題は、他の生命への態度ということです。
それを考える材料は、毎日の食事です。

食事は他の生命そのものです。
それはどのように自分の前に来たのでしょうか。
そして、それはどのような思いで目の前のカタチになったのでしょうか。
ここを深く見つめていくと、他の生命をどのように扱っているのかが見えてくるかと思います。
そしてそれこそが、人類が行ってきた過ちの根源であることに気が付けるはずです。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛


観音様


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 歴史  祈り  時事問題  戦争  平和  育児  教育  

共に在ろうとする祈り

今月は、日本にとって大きな出来事があった月です。
原爆、終戦。
戦争の真っ最中でも、人々は生活をしてきました。
私は介護を通して、多くの方々の戦時中の体験談や思いを聴いてきました。
そういう人々がいてくれたからこそ、今の私たちの生活があるのです。・・・感謝。



【この世界の片隅に】空襲&高射砲シーン


戦争を体験してきた方々のことを 「犠牲」 とは呼びたくありません。
彼らは良い世界の到来のために・・・前に進むために命を懸けてきたのです。

かつて世界各国には「人柱」という儀式もあったようですが、
これは私は完全に悪魔にそそのかされた者たちのモノだと思っています。

なぜなら、それは広義の意味では自己満足、責任転換に属するモノだからです。
共に在ろうとする愛や祈りがないからです。

例えとして、以前にも書いた話を再度書きますが、
自分が産んだ赤子が病になり、どこの病院に行っても手の施しようがないと分かった時、
親はおそらく祈る他ないと思います。
どうぞこの子を助けてください! と。
この時、私の命に代えてでも助けてください!と祈るのは、それは犠牲であり人柱であり交換条件の願いです。
もし本当に赤子を救って欲しいのなら、
私にこの子を育てさせてください!
どうぞ私と共に、この子を救ってください!
という、共に生きる祈りこそが、真のさいわいなる祈り
かと思います。
赤子には親が必要なのです。
自分の代わりに赤子が助かったとしても、
子が育った時に、自分の代わりに親が天に召されたと知ったとしたら、
その子は悲しむでしょうし、自責の念に駆られるかもしれません。
「私のせいで親は命を失った・・・」と。これの最悪は神を恨んだり、呪ったりするかもしれません。

祈りは常に、共に在れますことを軸に置き、自他共にさいわいなる世界に向けることが大切なのかと思っています。

祈り 天使 



1日に歴史教育のことを書きました。
現代にいたるまでの経過をまずは知ることが大切です。
時代の動きは、より近い時間史の影響を強く受けているのですから、最低限知っておくべき歴史は、「今」に至るまでの200年ほどの歴史だと私は考えます。
自分たちの父母、祖父母の時代・・・つまり現代史を習った後、一度幕末に戻り、そこから現代までたどる…政治を見るときも、ここの歴史が大変重要です。
・・・そしてその後、神話と天皇について。


天皇はにほんとは切っても切れない関係であり、天皇はそのままにほんです。
天皇の存在が在るからこそ、日本は精神の根幹を崩さない政治体系を維持できました。
海の表面が波打っていても、海の底では穏やかな海流が流れるように・・・。
どんなに表面上は乱れても、根底に天皇がおわすという国体を維持できる素晴らしい態勢です。
世界で唯一の、国の在り方です。


水 しぶき


天皇は祈る存在で在ることを理解しない人々が、天皇を否定しようとします。
そういう人々は、天皇を利用してきた者共にもっと目を向ける必要があります。天皇の周辺を囲む者たちに、です。
ここを理解できていないと、天皇が在ることのありがたさは理解しにくいです。


そして日本を含む世界の動きです・・・。



「ひとりがたり馬渕睦夫」#26 トランプの世界浄化作戦!米イラン戦争を起こしたいのは誰か?
※アメリカ制裁強化 ハメネイ ローハニ 核合意



昔、「神にはふたつあり」 と教えられました。
ものごとには違う側面があるという意味と私は解釈しています。

悪魔にとって、自分たちを住みにくくするのは神々であり、邪魔な存在ですが、
神々にとっては、平和や愛を認めない悪魔こそが鬱陶しい存在です。(実際は悪魔も神々の愛の内に生かされていますが・・・。)
人類の悪弊をため直すために大洪水を起こした神々は、人類にとっては殺戮の悪魔かもしれません。
しかし、神々の宇宙から見たら、人類は地球を壊し続ける悪魔であります。

心の軸足をどこに置くかで、世界の見え方はどうにでも変わってきます。
であるならば、
自分の外にある者たちを批判し、対立し、殺し、消し去る方向に心を向けるのか、
自分の外にある者たちの存在を認め、過干渉せず、共に違う役割であることを認め、共存する方向に心を向けるのか、
これは個々人レベルがまずはよく見据えることが必要です。

naizou



私はよく、地球を一人の人として考えてみます。
臓器という国々が調和して存在しないと、地球という人は体調を崩し、病気を呼び込むことになります。
国の境界はどこまで在れば、その機能を全うできるでしょうか。

星は生命体です。
母なる大地、地球という母親をいつまでも苦しめ、深い悲しみと苦労をいつまで背負わせるつもりでしょうか。

自分の子どもが「もう手の施しようがない」と言われても、親はおそらくあきらめずに祈るでしょう。
同じように、いまの世界が救いようがないと言われても、あきらめずに、小さくともろうそく一本の光を灯せますように。


南無遍照金剛。




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児  教育    祈り  靖国神社  戦争  

東京招魂社 ~靖国神社 創立150年~

今年は靖国神社 創建150年だそうです。東京招魂社、今の靖国神社は明治2年6月29日に創建されました。
たかだか150年です。 50年が3つです。

このわずかな間に、日本は3つの戦争に巻き込まれました。
日清日露太平洋戦争です。
ヨーロッパ金融が、幕末からすでに日本に手を伸ばしていたことは、今の時代ならネットで多少は理解できます。
戦争ある所にユダヤあり・・・は本当のようです。このユダヤをひとくくりにして語る人もいますが、これは間違いだと思います。
経済から歴史を読み解くという手法は以前からありましたが、近年、一般人にも理解しやすい本がちょくちょく出てきたので参考になります。

・・・日本は、戦費調達、戦争遂行のために多額の借金をしましたが、その返済はつい最近まで行われていたは多くの人は知りません。最終的に誰が潤うのか・・・。

日本人はまじめで律儀ですので、それを逆手に取ればいくらでもお金を巻き上げることができます。
かつては日本魂と屈強な軍事力がありましたが、先の大戦で魂の抜き取りと軍事力弱体化→外堀、内堀の埋め立てに成功しました。
今は仕上げの段階で、国内分裂扇動と外国人移入です。


靖国神社


話を戻します。
靖国神社のことです。
↓は簡潔にまとめている方の動画です。入門的にはこの程度がいいのかと思います。



靖国問題① ~そもそも靖国神社ってなんぞや?~


靖国問題② ~靖国問題の発端と”いわゆる”A級戦犯~


■関連他ブログ■靖国神社焼却は犯罪行為とローマ教皇庁→GHQ焼却中止→現米政権,経緯無視→大使館FBに質問コメ→削除される


自分の国の悪口を言ったり批判する人はいますが、外圧を利用して自国批判するなど日本ぐらいです。
まさに売国奴です。
日本人によく似た余所の国の者は通名、戸籍の背乗りまでしているのですから、対策は緊急を要します。

それにしても、与党を本当の意味で恐怖させる野党がまったく存在しません。日本の不幸です。。。
ツイッターを見ているだけでも、どこら辺に今の国政の改善点が在るのかが見えるのですが、そのことに言及している国会議論はほとんど見たことがありませんし、追及した議員は与野党両側から叩かれたりしています。
この国の議員はもれなくただのパペットかも知れません・・・。




にほんを覆う黒雲が祓われますことをお祈りいたします。
南無遍照金剛





-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: ツイッター  

04/30のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 戦争  教育  育児    家庭    

大東亜戦争のこと

私は、歴史の勉強は自分の両親、祖父母、曾祖父母・・・と、自分に近いところから辿っていくのが良いとずっと言っております。
歴史というのは己のルーツを思うことで、それが国の歴史の勉強にもリンクしていくのです。

歴史を学んで何の役に立つのかという方もおりますが、歴史は自分自身を見つめるために必要なことです。

そのために、歴史教育は暗記ではあってはいけません。
当然それに点数をつけるなど本来キチガイな話です。
学校教育は根本からその姿勢を考え直さないといけません。
昔の寺子屋方式に戻せ→塾、私学を教育課程として認めろというのはそういう意味もあります。
教師の激務と質の低下、馬鹿な親の増加・・・これではまともな教育など学校ではできないからです。
教育現場に入り込む特亜の連中も一掃しないとダメです。

龍神様の雲


先の大戦、大東亜戦争に関しても、真実は多くが闇の中です。盧溝橋事件に関しても、どこぞの国が戦闘に誘導したのは明らかです。
中国は日本に責任を追求しますが、イギリスには責任を追求しません。これは何を意味するかは少し考えれば理解できると思います。江戸時代末から日本にちょっかいを出しているのは英国の他に仏国もあります。英仏はともに拷問などの深い闇を抱える国々です。この意味は大変深いです。

そして米国はアイリッシュの農奴が逃げてきたのが始まりです。その手引は仏国も関わっております。自由の女神はどこから送られたでしょうか?
そして・・・アイリッシュの農奴が重い税金に苦しんで逃げてきたのがアメリカ大陸であり、その際、彼らの飢えを救ったのがアメリカの先住民でした。ところが救われた者とその子孫たちは、救ってくれた恩人たちを殺しまくりました。こうして作ったのが今の米国です。

大東亜戦争は日本が自国を守ろうとした戦争で、植民地拡大のための戦闘ではありません。
下に動画を貼りましたが、歴史の真実は自身の目と耳でしっかり精査しないといけません。
嘘の教育で洗脳されると、隣の国のようになってしまうのです。 → この国は既に滅亡の道まっしぐらです。もう止められません。



ヒロシマの平和を疑う

佳き光とともにあれますように。。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >