ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 憲法9条

Category: 日々雑感   Tags: 憲法  自衛権  憲法9条  改憲  教育  歴史  

自衛権と憲法 002

憲法9条があるから命を守れない、拉致した人を救えないというは詭弁でしょ、ということを書きました。それに関係して、憲法について考えです。

保守層がよく言っている 『現在の憲法はGHQの押し付けだ。日本は独自で憲法を作るべきだ、改憲すべきだ』という話です。


現憲法成立に関して、動画がふたつ目に留まりました。
寄せられているコメントが対照的でした。



知られざる日本国憲法の正体─マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか



日本国憲法の草案はメイドインジャパン 4K Video


憲法は、国が理想とする姿を謳うものです。
国家も個人も、心の軸にすべきは 平和や安寧、協調、調和 であるべきです。

いまの保守たちが目指している 『改憲』は、戦争を普通にできる国にすることです。
軍隊を持つことが独立した国だと思っているかのようで、これは理想や心の向きとしては問題があります。

軍隊になると、国外展開が容易になります。保守層はこの点を否定しますが、先の戦争の反省が足りません。
戦争というのは仕掛けられることもあるのです。これは保守層も認めるところであり、保守層は「だから軍隊が必要」と言います。
戦争は仕掛けられることもある・・・というのは、戦場に引きずり出されやすいということです。巻き込みです。実際、明治維新以降の流れがこれでした。日本は西欧諸国に、戦争に使われたのです。


自衛隊を軍隊にすることのさらに悪い点は、軍隊にすることと同時に、国家総動員法のようなものまで作ろうとしていることです。
 ※国家総動員法・・・戦時において、国内のすべての人的資源・物的資源を統制・運用する権限を政府に与える法律です。しかも政府が勅令さえ定めれば、統制・運用できるものの範囲を後から拡大することが可能で、「白紙委任状」と呼ばれる理由です。
これをどう思うかも人それぞれでしょうが、私はとんでもない法律だと思います。


時々、スイスを例に出す人がいますが、スイスは徴兵制があり、国民皆兵です。家には武器、シェルター装備が標準です。ある意味でアメリカの拳銃社会と同じです。外国の軍事基地設置も容認しており、軍事利権で食べている面があります。
これは日本人にふさわしいでしょうか?


日本人として、ほんとうに人類の理想とすべき姿のイメージで持っているか?
自衛と理想の微妙なバランスを、個人個人がどのような意識して過ごされているか?

平和が欲しければ、平和に向かう心でものごとを見据える必要があります。
これは私たちの日常でも常に起きていることを、国レベルで考えるということです。
国の対応も、個々人レベルの感覚と基本的には同じです。
ここを別物とか、国のことは大きなことと考えると、どんどん感覚が鈍磨してしまいます。

我がこととして考えることを基礎としたいものです。


南無遍照金剛

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 自衛隊  憲法9条  自衛権  軍隊  祈り  教育  歴史  

自衛権と憲法 001

自衛力は強力であるべきと私は思っています。相手が手を出すのを恐れるくらいのものであってよいかと。
例えばヒョロヒョロの男が、「オレ様は強いんだぞ!」と叫んでいても、誰が信用するでしょうか?
例えば身長190センチの大男がいたら、それだけで近寄りづらくなりますし、下手に手を出そうとも思いません。
自衛隊はいくら強くてもいいと思います。



保守層が良く使う言葉が2つあります。
1:憲法九条では国は守れない
2:現憲法は、GHQ、占領軍に押し付けられた憲法である



まず、憲法9条では国は守れないという主張ですが、そもそも自衛権を矮小解釈しすぎだと思います。

例えば、自分の家の庭の隅に誰かが入ってきたら、そこは私の敷地ですと声をかけるはずです。
また、誰かが勝手に庭の一部にペットの便を放置したり、ごみを捨てたり、穴を掘り始めたら、それを咎めたり制止するのは当然です。
この感覚は、個人宅だろうが国だろうが同じことです。
勝手に領海に入ったら注意しますし、勝手に領海に戦艦を入れるなら、警告するはずですし、それでも領海から出ないなら撃沈も当然です。

個人宅でも、自分の子どもが隣の人に拉致されたら親は取り返しに行くでしょう。
場合によっては警察や公的機関と協力して子どもの返還を求めたり、裁判をしたり、我が子を取り戻すためにあらゆる手段を講じます。それでラチがあかないのなら、最終手段で、子どもをさらった隣家に突入するかもしれません。こられはすべて自衛権の内です。
もしこれらすべてを認めないというのであれば、それは自衛権とは言えません。 国のことも同じです。


自衛権に関して、武田邦彦氏がお話されていましたが、私も同じ思いです。


使えない自衛権って、自衛権なの?



憲法9条が自衛権を否定しているなら、そもそもこの国には自衛権すらないのです。
憲法9条をなくせというのは、自衛隊を軍隊にしたい人たちの詭弁です。

保守層がよく使う言葉のふたつめが、現在の憲法は押し付けられたものだという主張です。

私は学生時代に日本国憲法の成立についてはかなり調べました。 
当時のさまざまな公開文書、記録を読むと、一方的に押し付けられたとは思えない点が多々あります。
もし、一方的に押し付けられた憲法だと言うなら、当時、憲法をよきものにしようと奔走した人々をあまりにコケにしています。
・・・、「特攻した人々を犬死だというな!」 と思う人なら理解できると思います。

押し付けられた憲法だという人のどれくらいの人数が、憲法成立までの史料を調べたのかは不明ですが、自衛権がどういうものであるのかを考えるなら、憲法9条で守れないといのは間違っています。


憲法は押し付けられたものという主張については次に・・・

南無遍照金剛




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 防人  歴史  東国  天皇  憲法9条  与謝野晶子  

防人のこと

防人【さきもり】というのは、今の若い人でも言葉は聞いたことがあるかと思います。
Wikiの説明の一部抜粋です。赤丸、赤線は私です。*****

防人

*****
「防人」を学校で習ったときから疑問だったことがあります。
九州の守りをするなら、九州や西国から兵を集めればいいのに、
どうしてはるばる東国の人を連れて行くのか?ということでした。
しかも防人というのは、敵国である唐の制度がそのまま導入されています。

加えて、徴兵されている間も税の免除がないという過酷な条件。
これが仁徳天皇さまの時代ならば、仁徳天皇さまは反対されたかと思います。

先日、古代日本の人口は東国を中心に、西には人が少なかったという記事を転載しましたが、
とするならば、天皇の都もおそらく東国に栄えたものと考えられます。
・・・そこで防人を考えてみると、東国の勢力をそぐための処置ではななかったかと推測してしまいます。


それにしても、戦争というのは何時の時代も不毛です。
愛する人のため、守るべき人のために戦うといえばもっともらしく聞こえますが、
愛する人のために他人を殺すということは、どう考えても幸せになれそうもありません。
与謝野晶子さんの「君死にたまふことなかれ」は、真実の歌だと思います。

神々は血や殺人など望みません。
そんな常識すら理解できない馬鹿は上に立つべきではありません。
これもまた利権と所有欲の問題です・・・。

憲法9条は、この暗闇世界が順守すべき規範です。
民の命をコマのように使い捨てる馬鹿政治家共は、さっさといなくなって欲しいと思います。
聖戦と叫んで争う者たちも、いい加減に真実の神の愛に気づくべきです。



Instagram ブログランキング・にほんブログ村へ
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 食事  植物    自衛  憲法9条  

馬鹿な世と自然界の慈悲

7月1日は、地球に生まれたことが心底嫌になった一日でした。
武力行使と戦争の違いなどありません。
ツイッターやフェイスブックにも書きましたが、
スネオの家でジャイアンに殴られるスネオを助けに行ったドラえもんが、
スネオは友達だからぼくはジャイアンをぶん殴る!
こう言ってジャイアンに殴りかかるのは、
すでに自衛権の行使でも正当防衛でもありません。

来世も前世も神仏も信じられない頭がおかしい人間が政治をするとろくな事になりません。
もはやソドムとゴモラ以上の悲惨な状況です。
母なる星:地球はたいへんな迷惑です。

馬鹿なことばかりが続く地表低次元世界にはさっさとおさらばしたくなります。(-_-;)


昨日に続き猛毒を吐きましたので、最後はきれいなお花を掲載します。



自然界の植物たちは、おバカな地球人の所業を見ています。
作物は、大地を滅ぼすためにその身を人間や動物に捧げているのではありません。
誰が悪魔の栄養になって喜ぶというのでしょうか。

植物は動物よりも崇高です。光をその身に宿すからです。
人がその光をいただきつつ、悪行を重ねるというのは、もはや人間失格なのです。

頂いた植物の光を大切にする人でありたいものです。





Instagram ブログランキング・にほんブログ村へ


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >