ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 聖徳太子    東国  太陽    

聖徳太子と「ひのもと」のこと

歴史は新たな遺跡発掘などで刻々と修正されています。

聖徳太子について少し調べていて、面白いものがあリました。
聖徳太子といえば奈良の法隆寺が有名です。斑鳩宮、太子道など、考古学的にも貴重な遺構がたくさんあります。
そして浪速:大阪には太子ゆかりの四天王寺があり、七星剣が納められているとか。
私はかつて京都にも奈良にもアクセスしやすい土地に住んでいたので、聖徳太子は馴染み深いのです。でもその反面、地方の伝承や神社寺院のことはあまり知られていないようです。

本日の聖徳太子のことは、埼玉県行田市荒木の天州寺です。
聖徳太子の木像が有名なようで、毎年2月22日に、この太子立像がご開帳されるお祭りだそうです。

行田市太子立像


そういえば千葉には蘇我という地名もあります。その近くの木更津には鎌足という地名もあったかと思います。鴻巣生出塚窯跡遺跡などで焼かれた埴輪は房総半島などにも運ばれており、その運搬範囲は広大です。これは地方豪族程度が云々の次元ではないように思えます。そして東に行けば鹿島、香取両神宮があり、共に太古からの歴史があります。

古代の朝廷が関西にあったという歴史認識には、私ははなはだ懐疑的です。
太陽を拝むなら東が良いはずです。
そもそも日本、ひのもとというのは太陽と共にあるのですから、文字通り東の国こそが ひのもと ではないでしょうか?
また、朝廷というのは朝に神々の宣託を受け、それに基づいて政(まつりごと)を行うわけですから、日の昇る東に行くほど聖なる場所とされるはずです。
そういえば聖徳太子は「日出處天子致書日沒處天子無恙云云」(日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや・・・)と書いた文書を隋に送ったという話もありますが、日の昇る国の聖地はやはり東国だと思いますがいかがでしょうか。

藤原の息のかかった『日本書紀』が東国人は鬼だの悪党だのと何度も書いているのは、東国の栄光を妬んだものと思われます。また、墾田永年私財法なども、東国に山ほどあった古墳の破壊、つまりは歴史の隠ぺい工作が目的と・・・個人的には思っています。

ともあれ聖徳太子さんの縁日はもうすぐです。

佳き光と共にあれますように。
南無遍照金剛


■関連リンク
せきどよしおの仏像探訪記・・・
鹿野山神野寺・・・関東最古の聖徳太子ゆかりの寺です。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 草花愛ずる   Tags: 谷中    マクロ    

秋の陽だまり 宗林寺 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(153850)」

今朝は晴れ晴れ いいお天気

秋の光に包まれて

 

秋の光に咲く萩の

優しい色に癒されて

今日も淡々と笑顔で過ごせますように


うしろ萩


 



すかしば









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 建築浴◆Architecture shower   Tags: 千葉県  柏市  布施  弁天  紅竜山  東海寺    モクレン    

紅竜山弁才天東海寺





千葉県柏市にございます紅竜山東海寺

通称「布施弁天」と呼ばれます。


不忍池弁才天、江島神社と共に、関東三弁天 に数えられているそうな。



布施弁才天正面

 

布施弁才天の周辺は「あけぼの山農業公園」として整備され、

春の桜、チューリップ、ひまわりと、四季折々に花が楽しめるほか、

バーベキューや芝生広場、体験農園などの設備もあり、多くの人で賑わっております。








楼門(千葉県指定有形文化財)までの石段はなかなか急ですね。

楼門の漆喰部分は現在コンクリートとなっておりますが、

各所に配された龍や麒麟、亀などの素木造彫刻が美しいです。

 

楼門を登って、苔の生えた燈篭越しに振り返ってみます。

 

画面奥に広がるのが桜山で、名前の通り桜の見所です。

道が大きく左へ曲がり、その先に先ほど書いた風車広場や芝生広場などの施設が展開します。



 

 

現在の本堂(千葉県指定有形文化財) は、

享保2年(1717)年、本多豊前守が98名の大名から寄進を求めて完成。

本堂内陣の天井には、それら諸大名の家紋が描かれています。

本堂外陣の天井鏡板の竜は狩野探舟の作。

唐風向拝を持つ三方破風造総朱塗り。 

特に春の季節は、モクレンの白が本殿朱色と相まって素晴しい光景を楽しめます。

とみたや いち押しの季節です♪


 

 

本殿朱塗りの美しさはもとより、ご覧頂きたいのが鐘楼(千葉県指定有形文化財)

構造が非常に独創的で、下から

八角形の基壇 → 円形の縁 → 十二角形に配置された柱

となっております。

装飾には、方位を示す軒下の十二支をはじめ多くの彫刻が使われており見応えたっぷりなのです。

(この中に鐘が収められていると思うと、ちょっと不思議ですよね。)

 

 

そして三重塔。これがなかなか曲者でして、本堂側から撮影すると、

電燈が邪魔して美観を損ねてしまうのです。

今回ようやく電燈が邪魔にならないアングルを見つけましたが、

まだ邪魔モノが入り込みますね。

 

 

***** お ま け *****

利根川堤防から柏市方面に広がる畑の風景。

遮るものが少ない風景っていいですね。





にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


人気ブログランキングへ

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 建築浴◆Architecture shower   Tags: 古民家    鎖樋  

鎖樋と雨の楽しみ 

本日もお天道様が輝いておりましたが、夕から夕立がございました。

さて、昨日のポタリングの写真を。

ポタリング
ポタリング posted by (C)とみたや

梅雨には梅雨の楽しみがございますので、

雨を疎ましいと思うより、それを少しでも楽しみたいものであります。

アジサイなどの花の鑑賞はその代表格ですね。

あじさい灯
あじさい灯 posted by (C)とみたや

そして、雨自体を楽しんじゃおうというもののひとつに、鎖樋がございます。

最近は一般住宅でも取り入れているのを見ますが、いかがでしょうか。

鎖樋というのは ↓ 写真のようなものです。

錆びてなお
錆びてなお posted by (C)とみたや

一般家庭ではプラ素材のパイプ管のものが一般的ですが、

鎖樋は神社仏閣ではよくお目にかかります。

写真のようなもののほか、古くからあるリング状のもの(清水寺などで見れます。)

蓮の形、雲の形など、実に多種多様なものがございます。

パイプ状のものとは違い、金具の表面に雨を沿わせるという構造ですので、

大雨のときなどはあまり役に立たないという欠点はございますが・・・。

年季入って
年季入って posted by (C)とみたや

しかしながら、雨を楽しむという発想には、

自然に対する温かな眼差しと、

厳しい自然には抗えないという覚悟を感じ取れます。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

しずくちゃん(2)

しずくちゃん(2)

価格:840円(税込、送料別)

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >