ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 家庭

Category: Foods!   Tags: 育児    祈り    食事  食育  家庭  

鳥たちの落としもの

鳥たちの落としもの


6月1日はお世話になっている稲荷狐様にお礼と、今月の守護のお参りに行きました。
その帰り、根津神社に呼ばれたので途中下車して参拝させていただきました。

参拝して帰るとき、帽子に何かが落ちてきました。
見るとヤマモモでした。
鳥たちが盛んにヤマモモをついばんでおり、
食べこぼしなどがポトポトと落ちていました。

鳥たちの落としもの


せっかくなので、落ちた実を拾い集めて持ち帰らせていただきました。
量はそれほど多くないので、ヤマモモのシロップを作るため、現在寝かせてあります。

お参りに行って、思わぬお土産を頂きました。

日々の小さなことが喜びです。
よき光と共に在れますように。

南無遍照金剛
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: Foods!   Tags: 教育  育児    家庭  祈り  食育  

バァさんのおむすび

先日、夜勤をしている時ですが、あるバァさんがおむすびを持ってきてくださいました。
お漬物まで添えてくださってくれまして、無下にも断れず、ありがたく頂戴しました。
onigiri

夜勤の休憩時間になり、おむすびに感謝を込めて合掌していると、
ふと言葉が浮かびました。

感謝を忘れるなよ

これはどういう意味かと思っていろいろ考えました。
そこで思ったのは、このいただき物にきちんと向き合えよ、ということかと思いました。

日々の自分を振り返ってみると、いわゆる「ながら食い」をしていることが多々ありました。
パソコンをしながらとか、本を読みながらとか、スマホをいじりながらとか。
そういう態度で食べることは、
供せられたこの食事に対して大変失礼ではなかったのか?
という思いがこみ上げてきまして、
バァさまからいただいたこのおむすびに手を合わせながら泣けてきました。

そして、
「私はいまからこのおむすびをいただきますが、
本もスマホも手に取らずに、
このおむすびを食べる間はこのおむすびへ思いを向けましょう」
と心に思いました。

そうしておむすびを食べ始めると、
いつもにも増して
本のその先がきになったり、
スマホのSNSが気になってしまうのです。

これが悪魔の囁きというものだと思い、
「一生懸命に」おむすびを食べることになりました。
物事に向き合うというのは、それなりの覚悟が必要だなあと思いました。

そして、普段の何気ない行為の中に、
悪魔の囁きのままに事を行っている自分の存在に、少し気づく
ことができました。



当ブログの Foods! カテゴリーには、お伝えしたいことが凝縮されています。
食事の時間を学びや内観、家族交流の場とするか、
ただのエネルギー補給の場とするかは、個々人の心次第です。

神仏、眷属様と共に食事をする時間となれば最上と思います。

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。


こちらの本もおススメです。↓


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags:  育児  教育  家庭    祈り  子育て  

転生を知ると、差別や暴力などとどう向き合うべきかが見えてくる


前世の記憶を持つ方は少なくありません。
そんなの妄想だという人は、世界中に多数存在する転生の記憶や話が嘘だと証明できるでしょうか。
科学では証明できないことの方がはるかに多いのです。

それ故、自然由来の人の生活に反することは、極力しないに越したことはありません。
→ 予防接種やワクチンなども危険です。

輪廻転生の話をなんども取り上げるのは、タイトルに書いた理由からです。
人としての生き方の判断基準になります。


人は宇宙の星々をめぐる魂の旅を続けており、今は地球という星を巡礼中です。
この地球は、残念ながら最悪の輪廻転生の場所です。嘘と暴力、欲望にまみれているからです。
ここはよく考えてみてください。
地球では一切が苦です。

・・・転生の話です。
転生を繰り返すということは、過去の歴史の中にあなた自身も生きていたということです。
その時は別の人種、別の性別、別の動物、別の国にいたかもしれません。
生きていた時代もさまざまです。
→ ご先祖様を供養することの大切さ、意味が感じられるでしょうか。

転生のことをよく認識したうえで目を向けていただきたいのは、
果たして国や民族同士の差別、争いとは、いったい何なのか、ということです。

黒人差別はいまもアメリカでは顕著ですが、今は白人でも、かつて黒人奴隷として過ごした人生があるかもしれません。
もしそういう魂の旅を過ごして来たのなら、かつての自分は、白人から迫害されていたわけです。
今生は白人に生まれたわけですが、そこで黒人差別を行う、黒人を蔑むとしたら?

学校にしろ家庭にしろ、教育ではこういう『現実』をお子さんに伝えることは大切です。
にほんでは古来から地獄極楽という真実の教育が当たり前でした。これをバカにした者の方がよほどのバカです。
・・・個々人でよくお考え下さい。

魂の旅は因果応報です。自業自得です。
これは、今の一回の人生での話ではありません。

そんな小さなはなしではないのです。
「どうして私がこんな目にあうのか?!」
「私が何をしたというのか?!」
そう思ったとき、自身の魂の旅のことを思うとよいのかもしれません。
魂の記録が今の人生に反映されていることを思うと、
今、自身が何を思い、どのような方向に心を向けていくのが魂のためになるのかが見えてくると思います。

死ねばチャラになる・・・・そんな都合のいい話などありません。

↓ に、転生に関する動画を2本と、関連リンクを紹介しておきます。

日々おだやかにすごせますように。
南無遍照金剛。





「僕は女性だった」前世を語る5歳の少年↓



ポロック家の生まれかわりの双子 ― 死んだ姉妹が転生した奇跡と前世のしるし

・転生を科学的に研究した人:イアン・スティーヴンソン

【 Ian Stevenson、1918年10月31日 - 2007年2月3日 】


子供によっては、「前世」で死亡してから今世に生まれるまでの中間生の記憶を持っている場合がある。
そうした「幕間記憶」をもつ子供たちが証言する「前世」の記憶は、その記憶を持たない子供より正確な傾向がある。[1]



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児      子ども  家庭  

プラス マイナス ニュートラル → 中庸

今の地球文明はおかしなことが「常識」とされていることが多いです。
武田さんの動画を2つ貼ります。

ひとつ目は地球温暖化の議論についてです。




ふたつ目は自衛隊のことです。↓



憲法9条を変えるという議論に関係しますが、そもそもの解釈がおかしいのであり、武田さんの動画で言っている内容をよく考えてもらいたいものです。
何度か書いていますが、自衛隊を日本国軍にしたらおしまい → 滅亡です。 自衛隊の国軍化は絶対に認めてはいけません。
戦前も、「オレたちは天皇の軍隊だ」などと思いあがり、暴走したことを忘れてはいけません。いつも思い違いをしたバカが暴走するのです。先の戦争も天皇の責任などありません。ここを理解できない内は、歴史と、天皇という存在への認識が足らないということです。


マスゴミ、テレビ、ラジオなどの多くは真実を報道しません。
日本のテレビではツナとチョソのことばかり報道し、中東やイスラエルはじめ東南アジアや台湾などの情報はほぼありません。これは日本人に見せたくないということ → 日本人に知られると都合が悪いと考えて良いのです。

政治家、役人、教員など、「えらい」者たちが破滅に導くのが世の常です。
民はよく情報を選び、なにがおかしいのかをよく考えて過ごす必要があります。
酸性、アルカリ性に傾かず、心の pH をよく見直すことが大切です。



南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児    教育  家庭  祈り  瞑想  

心の観察は大切です ~動画紹介~

今の世界は史上最低レベルに堕ちており、今の文明は滅亡の最終段階に入っております。


現在の地球上の貨幣経済、カネというのは、本来しなくて良いことをわざわざ生み出さないと成り立たない仕組みになっており、それが多くの貧困や不幸、脅迫感を生み出して、多くの人々を悪霊の隷属として囲い込んでおります。これは日々のニュースでも感じると思います。

いつも書きますが、おカネの心配がないとしたら、あならの悩みはあとは何でしょうか?
多くの人の悩みや脅迫観念の多くがカネの問題ではないでしょうか・・・。

心の点検、社会の観察をするのに参考になる動画です。↓

佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。。。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >